タグ:maki+ ( 67 ) タグの人気記事

【不定期連載】例の「婚約者が結婚式当日に事故って記憶喪失になる」のヤツ・半年後。



うちの記憶喪失の婚約者が半年を経て、またもや謀反!
今回の症状は、私からの呼びかけにノーリアクションを貫くという、あるまじき無礼っぷり。(笑)

しかしながら、やっと回復を遂げたため、当サイトもしばらくぶりの更新をば。
ふぅ、、、
今度こそ幸福なる日々を祈願しつつの、皆様ごきげんよう。えへへ

[NOTE]
私が「記憶喪失の婚約者」と言うとき、
それはMacのことを指しており、命名の経緯については以下を参照のこと。
d0018646_22124712.jpg
【うちのMacが「記憶喪失の婚約者」と命名されるに至ったワケ】

その瞬間まで心地よく暮らし、共に多くを成し遂げて来た我々だったというのに。
ある日、いきなり電源が落ちたMacは、
次に起動したとき、私に関する記憶のすべてを失っており、すべての関係は停止。
うわーーーーーお!

緊急オペ(= 修理)を要するはめになったものの、
私は、その事態に動揺するというより、むしろ、なんだか愉快デジャヴを感じ、しばし記憶を辿ってみたところ、あーーーーーーーー!!!

それは、「結婚式当日に事故って記憶喪失になってしまい、シアワセの絶頂から一気に不幸に突き落とされる」的韓流ドラマとかの婚約者ーーー!

かくして、迷惑をかける私のMac「記憶喪失の婚約者」命名されるに至ったのであった。(笑)

--------------------------------

ソンナコンナデ復活イタシマシタ。
ヨロシクドウゾ。



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「事件」の項/⇒「「記憶喪失の婚約者」」シリーズ

by makisaegusa | 2018-09-30 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

新称号「下痢と涙を呼ぶオンナ」

「下痢と涙を呼ぶオンナ」・・・なる刺激的呼び名は、まさかの私自身によって私に与えられた最新の称号!(笑)

ふと自分史を振り返りつつ近況をプラスしてみたところ、
自然と降りて来たこのネーミングは、誇張でもなんでもなく、しっかりどっぷりめくるめきの自称
d0018646_20284687.jpg
とても大きく深い愛のある人物に会うと、それだけで、があったまって、
自分の中の固まりがやさしく溶かされて行くように、じんわりほぐれ。
ただただ、あったかい涙になってこぼれ落ちるってことがある。

ーーーどうやら、私も誰かにとってのそういう人であるらしく。
初対面で思わず泣いてしまうだとか、私と会話しながらポロポロ流す友だちの姿に遭遇することが、しばしばで。
遂には、浄化の力がスゴすぎて、私に会うと下痢になるとまで告白されたこともあるという狂おしい我がポテンシャル。(笑)

よって、命名された「下痢と涙を呼ぶオンナ」
嗚呼、なんと誇らしい。・・・いひひ!

愉快痛快。
さあ、存分に出したまえ、皆の衆!(笑)



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「称号」の項/⇒「」の項

by makisaegusa | 2018-09-19 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

続々・新しい称号「おんなじニンゲンとは思えん」からの「もはやドラえもん」!

d0018646_23433116.jpg
友人知人が私に与えてくれる称号()が、いちいちオモシロいので収集していたら、
なかなかのボリュームになってきて、ますます愉しい、昨今!

そんな最近の称号は、小5の友・マアヤからの「おんなじニンゲンんとは思えん」。(笑)
さらには、私に新たに開花したドラえもん的才能がゆえに、友だち・ミータから与えられた最新の称号「もはやドラえもん」。(笑)
うわーーーーあ!
めっちゃ万能な感じなやつ来たーーーーーー!!!

こうなったら次は、何次元なやつが来るのか・・・!?
キテレツ奇抜な予測不能の称号、盛大に募集中。
ニヒヒ★熱烈ウエルカム。



⇒「maki+」の項/⇒「称号」の項/⇒「」の項

by makisaegusa | 2018-08-09 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

「結婚相談所」用だの「遺影」用だのの撮影を私に依頼する『それ、正解』。

d0018646_22412757.jpg
友だちから「結婚相談所」登録用に、撮影依頼がやって来て、
さらに、彼女のお母さんから、未来の「遺影」用の撮影を依頼されたりする日々。

私自身、人の自然体を引き出して、その自然な写真を撮ることは、得意なことだと自負してるので、
そんな友だち親子からの指名に、「さすが我が友、分かっておるな」とニンマリ。

さて、「遺影」の撮影
ご希望の方は、死にそうになる前の前あたりで、どうか早めのご依頼を。(笑)



⇒「そんな日々」トピックス/⇒「maki+」の項/⇒「」の項/⇒「特技」の項

by makisaegusa | 2018-07-11 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

「出国前、最後に会う友だち」と「入国後、最初に会う友だち」の座!

d0018646_21475831.jpg
2018年6月25日月曜日は、私が、同時に二つの「座」を手中に納めた記念すべき日となった!・・・と言うと、大げさすぎるけど。(笑)

ひとりの友だちが、その日、パラグアイに旅立ち、
ひとりの友だちが、その日、ベルギーから帰国した。

私は、にとって「出国前、最後に会った友だち」となり、
私は、彼女にとって「帰国後、最初に会った友だち」となった。

誰かが、この地球上ダイナミックに歩いている。
空気が動いて、が吹いて、空間が揺さぶられること、そのニュアンスに、私は、希望の気配を読み取る。

未踏の地を踏み、未知の世界に挑む、誇らしい友たち前途に、痛快な試練壮大な絶景が届けられることを祈って。

「いってらっしゃい。」

「おかえりなさい。」

再会を約束するハグと、再会に歓喜するハグ
幸福、、、ダ。



⇒「そんな日々」トピックス/⇒「maki+」の項/⇒「称号」の項/⇒「世界」の項

by makisaegusa | 2018-06-25 23:59 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

【子どもだったときの話】「涙腺」落としてめっちゃ泣く。

「どんなふうに育てられて、どんなふうに育ったら、こんなふうになるんですか??」と興味津々に訊かれることが、めっぽうあるので、
「親の顔が見てみたいって、よく言われます。」と応じること数多。(笑)

そんなわけで、自分でも自分自身が興味の対象でもある私は、子供時代を振り返ることも多く。
記憶ストックの中で、ときどき秀逸なエピソードに出くわしてニンマリしている。

そこには、昔も今も変わらない私自身のコアの性質が滲んでいて、
そこらへんのニンゲン味に愛おしさを感じながら、マインドトラベルを面白がっているという、かれこれ。

そんなこんなの今回のストーリーは、もうタイトルだけでもアッパレ!と言いたくもなる、コレ。
器用を通り越して、奇跡の仕業。

『「涙腺」落としてめっちゃ泣く!』

!!!!!!!!!(笑)
d0018646_02470448.jpg
子どもの頃、私は、大地とは年子なこともあって、とにかくよくケンカして、負けて、いっつも泣いていた。
「いつまでもこれじゃあダメだ!」と一念発起した私は、ある日!
座るとキュー♫と音の鳴るお子さまイスを投げ付けるという大発明によって、とうとう勝利納めることに成功。
満足感に酔いしれようとしていたら、結局、からしっかり怒られて号泣するはめになり、
「くう。どうやら人生は、泣くこととは切り離せないらしい。」と気付き始めていた、そんな矢先。

アイデンティティの一部でもあった「泣く」という行為。
飽きもせずによく泣いていた、そんな私は、遂に知ったのだった
「目には、涙が出て来る穴があるんだということ」を!
わあぁぁぁ♥︎それ、ゼッタイ見てみたいーっ
早速、ウキウキ♪との前で、をあっちに引っぱりこっちに引っぱり観察開始。・・・・と次の瞬間!
「何か」が、ポロッと落っこちた、私、の、、から!!

ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
私、涙の出る穴、落としてしまったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

まさかそんなことあるだなんてっ。
突然に突き落とされた恐怖のまっただ中、もう人生泣けないかもしれないという悲壮感に、私は、わんわんワンワン泣いた
・・・・・・泣いた。(!)

当然、その瞬間には、「いや、ちゃんと泣けてるやん!」ツッコむ人は誰もいないので。
「そもそも涙腺取れるわけないやん!」ツッコむ人もいないので。(笑)

ひたすらに泣けるだけ泣いて、
この件は、あんまりにもヤバいから、しばらくは「誰にも言わないでおこう」覚悟を決め、に秘め、
家族心配させてはならないと普段通りを装って、気丈にも晩ご飯の食卓に臨んだ、幼き頃のマキ

それが、目ヤニだったと判明するまでの数日間
いまも感触することのできる、あの心の震え・・・。(笑)
ふう、今でも思う、・・・ホントよかった、落っことしたの涙腺じゃなくてっ。

だけど、"大概のことは「起こりうる」の範疇"にあり、
"イマジネーションが走り出すと、そうそう停止しない"という習性は、すっかりしっかり現在の私にも継承されているからオメデタイ

皆様も、どうか涙腺を落っことされませぬよう。
でも落っことしたとしても大丈夫、それ、十中八九、目ヤニですから。イヒヒ!



⇒「maki+」の項/⇒「記憶」の項/⇒「子どもの頃」の項

by makisaegusa | 2018-06-18 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

続・新しい称号「意外と人間!」

d0018646_23341898.jpg
周囲から数多の称号()を授けられし私に、また来たーーー!オモシロい称号!!!
最新の称号は、あまりにも潔い言い回し・・・「意外と人間」!(笑)

私が「朝から部屋の掃除してた」と言ったのが、その友だちには、そこそこの衝撃だったらしく、
聞けば「マキが、そんなフツーの人間みたいなことするなんて?!」な点で、驚いたんだとか。
それを聞いて、こっちも驚く。
えーーーーーーーーーーー!!!
私、どんな異次元の人物扱いやねーーーーーん!!!と、そりゃもうツッコミも禁じ得ない。(笑)

私という存在が、彼の中にどんなふうにインプットされているのか、かなり興味深く。
やっぱり、この新称号もまた気に入ったっ。
ええ、私、むしろ、完全に人間。(笑)

つくづく、自分がこんなにのびやか感性な友だちたちに恵まれていることが、ホント悦ばしくて誇らしい。
エッヘン!ありがとう。

今後とも末永くヨロシクドウゾ。
ますます斬新な新称号の到来を待ちわびて、まだまだますますココロ踊ル!



⇒「maki+」の項/⇒「称号」の項/⇒「人間」の項

by makisaegusa | 2018-06-16 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

新しい称号「自然体のお手本」

d0018646_00015132.jpg
「スピリチュアル様」「未知世界の超人」「ゴッデス」「宇宙人」から「ホンモノの天然」を経由して、褒め言葉の極み「ヘンタイ」(笑)に至るまで・・・!
友だちから私に授けられる独特の称号が、可笑しくて興味深くて、どれも、けっこう気に入っている。

そしたら本日、またまた、新しい称号が授与された。
・・・曰く、「自然体のお手本」!
おお、しかも、珍しく感触のいい語感のやつ。(笑)

自然体のときに、人は、もっとも魅力的で、もっともポテンシャルが発揮され、
チャンス試練もすべてが最適のタイミングでやって来るんだよという話をしてたとき、
「自分がイチバン自然体だと思う人をイメージしてみるとやりやすいかもね」と友だちにアドバイスしたら、
「それは、まきちゃん!」即答され、「うわぁ、なるほど!」と私も納得

そうだった、、なかなかだいたいどこでも「私」なんだった。(笑)
エッヘン!

そんなこんなで、到来した新称号
次は、一体どんな斬新なのがやってくるのか、ウキウキ楽しみーーーーっ♥︎
称号熱烈歓迎。ワクワクリ!



⇒「maki+」の項/⇒「称号」の項/⇒「自然体」の項

by makisaegusa | 2018-06-12 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

【凄みあるサイキックニュース!】 とんでもない才能が開花した話

d0018646_23480834.jpg
とんでもなくスペシャルな才能が開花したーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

なんと私、人の中にある「宝石」が見えるようになりましたっっっ!!
それは、誰もが生まれながらに持つ、唯一無二の「内なる宝石」のこと。

ヒーリングセラピストとして友だちへのメンタルクリーニングセッションの最中に、ふいに宝石が見えたのが発端で。
ここ1ヶ月ほど、30人ほどの身近な友人知人・会ったこともない人たち相手(!)に、
対面・遠隔の両パターンで、内なる宝石リーディングして伝え様子を見ていたところ、
驚くようなシンクロが多発し積み重なったため、「こりゃあはマチガイない!!」確証を得るに至ったというワケ。
・・・で、の、このファンタスティックなインフォ!
エッヘーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

ウソみたいな、だけど、ホントにホントにホントのハナシ!(笑)

色彩色のコンビネーション透明度輝き・・・。
本当に、誰ヒトリ同じ宝石の持ち主はいなくて、本当に、誰もが異なった使命と才能を持っているんだってことを、
視覚ではない視覚を通して見ていると、心底、それぞれの人生への尊さを実感して、とめどなく感動的
どれもが、個性に溢れて美しい。

----------------------------------------------------------------------------------------
たとえば、こんな雰囲気。
・私 → アレキサンドライト」みたいな青/マゼンタ × ゴールドの輝き!
・弟1 →イエロースミソナイト」みたいな黄色・グレームーンストーン」みたいなグレー少々とハーキマーダイヤモンド」みたいな透明
----------------------------------------------------------------------------------------

私に見えた宝石のヴィジョンは、
パワーストーンジュエリーのショップHariqua(ハリックア)のサイトにあるパワーストーン辞典エネルギーの情報と一緒に本人に伝えていて、
それが、自身の解説書であるかのように、あまりにも見事にその人の性質を表しているのが、ますますエキサイティング。
なによりも、メッセージを受け取った誰もが、とっても喜んでくれるのが、私にとってもスゴク嬉しい。

宝石リーディングは、今度、私のセッションにも取り入れるとして・・・。
自分の宝石!興味のある方は、お知らせあれ。
気分が乗ったら見ます。イヒヒ★

「あなたの宝石」プロジェクト、始動!

ワーイ♥︎たくさんのちがった輝きとの出会いが、ワクワク楽しみ!

私の才が、どこまで進化するか、自分自身にも予想つかないってあたりが、かなり頼もしくて喜ばしい。にんまり!(笑)

近い未来、肩書きじゃなくて宝石自己紹介するような愉快なパーティを開きたいなぁ。
ウズウ、、、、ズ★★★

[宝石いろいろ]
色彩:あらゆるカラー
色のコンビネーション:1色もあれば、2色もあれば、3色もある。イロイロ!
透明度:透明だったり、不透明だったり。
輝き:精神性のレベルによって違う。精神性が高いと、金色に輝いているっぽい。



⇒「スペシアル」なこと!/⇒「」の項/⇒「あなたの宝石/your inner jewel」プロジェクト



by makisaegusa | 2018-05-07 05:07 | SPECIAL-スペシアル | Trackback | Comments(3)

母いわく「マキみたいな自己主張の仕方をする桜」(笑)

日常の中。
まさかのタイミングでやってくる他人の感性との遭遇は、ビックリでオモシロい。
d0018646_15464656.jpg
それは、つい先日。
実家のを散歩していたとき。

が、木に一輪だけ咲き残っている、ちょっと風変わりな開き方の桜を指差して、ひとこと。
「この桜、マキみたいな自己主張の仕方やろ!?」

えーーーーー!
私の自己主張って、こんな感じなのーーーーっ!?!?!?
誰もライバルいないとこで、フツーじゃない咲き方してるってニンゲンとしてちっちゃくないかーー?!(笑)
・・・とか絶叫しつつも、
身内からこういうふうに見えているのか的観点が、ちょっと新鮮で可笑しくて、一緒にアハハ

いろんな観点、いろんな感性
日々は、そこかしこ、たっぷり愉快
アリガタ、ヤ



⇒「そんな日々」トピックス/⇒「感性」の項/⇒「視点」の項



by makisaegusa | 2018-05-02 05:02 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)