タグ:PHOTO ( 1206 ) タグの人気記事

ミチアマタ

d0018646_01140385.jpg
間違えることよりも。

間違いに気付いてもなお、
「それしか道がないのだ」と突き進もうとする狂信と、視野の狭窄は、実に、嘆かわしい。

ましてや。
間違いに気付くこと不能レベルの思考放棄などは、あまりにも、救いがたい。

ただ常に。
私たちに与えられる道は、数多ある。
辿り着きたい場所が、あるの、ならば。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「スタンス」の項



by makisaegusa | 2018-04-13 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

「ヒゲ」ヲ捨テヨ

d0018646_21513924.jpg
美しい軌跡を描く道を歩く作法の一。

今日を限りに捨てたとして。
人生が好転する以外、なんら悪影響を及ぼさないものを発表します。

「卑下」

万一、この決断により、人生が暗転した場合には、ぜひご一報を。
第一人者、確定につき。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「転機」の項



by makisaegusa | 2018-04-06 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

yOur PatH

d0018646_23115038.jpg
誰かの期待に応えようとして、道を選んではいけない。
決して。

人生のパズルが美しくはまるのは、自分の本心が真に求める選択をしたとき。
その道を歩き始めたとき、カチッと耳の奥で音がする。

本物の決断の音。
本当の人生が動き出す始動の響。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「決意」の項

【SeRiEs "YoU/yOur/YOu"】
⇒「To bE yOurSeLF...」/⇒「DisCovER yOurSeLf」/⇒「OpEn YouR miNd」/⇒「BrAnd NEw You」/⇒「ReSPECT YourSELF」/⇒「SpEAk YOuR TrUTh」/⇒「PRoUdD YOuRsELf



by makisaegusa | 2018-03-31 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

GiFT

d0018646_03572928.jpg
疲れて、弱って、雑音がうるさすぎるなら、「閉じて」しまえばいい。

だけど。
閉ざしたままでいることは、「良きもの」までも、腕をすり抜けさせてしまうから。
しっかり休息を取って、呼吸を整えられたなら、次は、「開きかた」を学ぶステップ。

滞った空気を押し流すように、新しい風を取り込んで。
胸を開き、両手を広げ、あなたに降り注ぐ、たくさんのギフトを受け取るといい。

幸福のアンテナは、開いたときに起動するもの。
幸福の感度は、受け取るたびに開花するもの。

心に届くいろんな刺激は、感性が生きてる確かな証拠。
だから、世界は、こんなに鮮やか。


⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「感性」の項



by makisaegusa | 2018-03-28 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

unCOLORed

前を向いて生きるってのは、振り返らないことじゃない。
d0018646_01415171.jpg
時に、無理を強いてきた集大成として。

目に宿る光が、極端に不足すると、私たちは。
目に入るものすべてから鮮やかな色を吸収しようとする、メカニズム、らしく。
心に灯る火が、極端に不足すると、私たちは。
心に届くものすべてから暖かな熱を吸収しようとする、メカニズム、らしい。

もしも、世界が色彩を失って見えているなら。
それは、あなたが、本来の自分を取り戻す好機の到来。
もはや、どうあろうが気付き、決めねばならない地点に来たということ。

彩度を失った景色は、あなたが、息を忘れかけている証拠。
輝度を失った景色は、あなたが、心を閉じかけている証拠。
活力を失った景色は、あなたが、立ち止まるべき時の知らせ。
そして、もう一度、ありのままの自分に戻るべき時の知らせ。

満ちるまで英気 養い、呼吸 整え、重心 確かめ、過去 振り返り、未来 見定め。
そして、進め。

最良の道を見いだすのは、自らの歩幅・呼吸・速度で歩める者。
色付けなしの自らの美しさを、真に誇れる者。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「色彩」の項/⇒「好機」の項



by makisaegusa | 2018-03-17 03:17 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

奇々的得体

d0018646_22464621.jpg
ワレワレは、地球在住。

この宇宙、地球誕生程度の奇跡なんて、めっぽう平然と起きている。
そんな奇々の世界に生きているということを、くれぐれもお忘れなく。

掴まえるのは、感性の刺。
美しい巡り逢いも、折り重なる魅惑の未知も。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「奇跡」の項/⇒「宇宙」の項



by makisaegusa | 2018-03-16 03:16 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

嬉々的自体

d0018646_00465819.jpg
私たちが、慣れてしまった、多くのこと。

思いを馳せて。
日常のあたりまえ、それ自体が、どれほど奇跡の仕業なのかに気付くだけで。
愛おしいほどに、幸福の粒子は、嬉々として輝きを増す。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「幸福」の項/⇒「奇跡」の項



by makisaegusa | 2018-03-15 03:15 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

2560日目の「3.11」:"過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目になる。"

「過去形」で、語ることの出来る過去は、
終焉の見えない、「進行形」の過去よりも、ずっと、収まりがいい。

未だ、過去形にすることなど、到底、叶うはずもない、「3.11」に始まる世界の惨禍。
その、進み行く様を、目の当たりにしながら。
終わらないことの残酷さを、痛切に、思い知る。

進行する“過去”が、“現在”を浸食して。
描くべき“未来”に、濁色を混じらせている。

---「進行する過去の浸食


終わらない『3.11』。その始まりからの距離は、「2560日」。

あの日、大きく分岐した世界は、絶えず、問いかけている。
私たちは、何を誤って来たのか。
私たちは、そこから何を学び、どんな未来に生きることを選ぶのか。
d0018646_22275688.jpg
際限なく積み重ねられたフレコンバッグが、その不毛なる歳月を立証して。
あれから7年が経過した。

この不誠実と虚構の混沌の最中。
徹底的に、感度を鈍くした私たちが、
もしも、真に未来を拓くとするならば、それは、「嘘」の延長線上ではなく「真実」の先にある。

私たちには、まだまだ知るべきことがあり。
どこまでも払い抜けるべき、闇色の洗脳の霧がある。


「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目になる。」
Wer aber vor der Vergangenheit die Augen verschließt, wird blind für die Gegenwart.
----- リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー / Richard von Weizsäcker


再び未来に向き合うには、また、ちょうどいい頃合い。
終わりを見付けに、始まりを作りに。



[3.11 topics]
⇒復興支援のためハフュッフェン社が、動き出した頃:「震災:ハフュッフェン社に出来ること 【Fafüffën】
⇒シーベルトとシューベルトとシーボルトが似ていると気付いた頃:「シーベルト、シーボルト、シューベルト
⇒レベル7になった日:「レベル7
⇒キャラクターデザイン:「Character Design :「日暮里(現:東京)放射能測定所 -にっこり館-」の『マモルくん』
⇒フクシマとの往復書簡:「Letters from FUKUSHIMA

⇒幾重にもある、洗脳のためのレイヤー。まだ、その薄皮しか知らなかった、その頃。:「2さんカタン素」(2008)

⇒3.11にまつわること全部:『3.11』/⇒これまでに学んだこと、知ったこと:「DAILY STUDY」/⇒「ACTION!!」いろいろ/⇒「原発」の項

⇒生きるを動詞する:『生きてく子ども

⇒これまでの「写真とことば」/⇒「儀式」の項/⇒「生きる」の項



by makisaegusa | 2018-03-11 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

無音の音の変える世界

d0018646_23141481.jpg
音にならない音も。
声にならない声も。
言葉にならない言葉も。

世界を変えるに充分のポテンシャルを隠し持っていて。

思考に及ばない思考であっても。
意識に上らない意識であっても。

音なく、声なく、言葉なく。
それらは静かに、されど強く、世界に影響を与えている。

だからこそ、照準を低次元に定めることナカレ。

外界は、内界のリクレクション。

呼び出されるのは、シンクロする波動と次元。
ナニモカモ。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「意識」の項/⇒「世界」の項



by makisaegusa | 2018-03-06 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

不時着のメソッド

d0018646_22032778.jpg
私の大好きなものを、あなたが大嫌いでも構わないし。
あなたの大好きなものを、私が大嫌いでも構わない。

「同じ」に軟着陸しようなどとするから、会話は気色悪く不時着する。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「会話」の項/⇒「同調」の項



by makisaegusa | 2018-03-05 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)