タグ:PHOTO ( 1279 ) タグの人気記事

いちりふ

d0018646_22500413.jpg
表現者とは、魂の衝動を具現化する人物。
芸術家とは、その生き様につけられる称号。

手法は、あくまでもアウトプットの最終地点にすぎず。
源流に宿る熱量こそが、ホンモノとニセモノを示している。

一粒。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「表現」の項/⇒「」の項

by makisaegusa | 2019-09-02 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

いちりう

d0018646_20542459.jpg
他人と違うってこと、わざわざ主張しなくても。
風変わりな部分を、わざと強調しなくたって。

もともと、あなたは他の誰とも同じではないから。
その本領が発揮されればいいだけのこと。

他の誰かと比べるべくもなく、あなたにしかなれない「あなた」がある。
あなたは、「あなた自身」であることの一流を目指せばいい。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「流儀」の項

by makisaegusa | 2019-08-26 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

⌘ + SKY

d0018646_10373411.jpg
息を呑んだ。
夕刻の空の極彩色。

色が沁みて。
魂に転写。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「色彩」の項

by makisaegusa | 2019-08-12 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

スパルタ狂シンドロウム

d0018646_01081822.jpg
その文化圏で、やたら美談として推奨されがちな「苦行」や「忍耐」を。
あなたが、必ずしも採用しなきゃならない道理はない。

今を愉しむことは、悪行ではないし、
心の踊るほうへ向かうことは、愚行でもない。

笑い、泣き、怒る。
真摯に「生きる」に向き合うほど、感情は、ほとばしるもので。
排除しようとすればするほど、
封じ込められ行き場を失くした熱量は、毒となって心身を巡り狂わせる。

感情を失うことは、真剣さの証左ではないから。
もしも、過酷な日々にあってなお笑うことができるのならば、
むしろ、その強さを誇ればいい。

大切なのは、“まだ頑張りが足りない”と、理想に届かない自分を責め立てることじゃなく、
“よくやった”と自分を労(ねぎら)い褒めること、そして、労(いたわ)り休ませること。

肩から強ばりがほぐれるほど、深く滑らかな呼吸を取り戻すほどに、
あなたは、驚くべき天賦の才を、さらにとめどなく発揮する。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「強さ」の項

by makisaegusa | 2019-07-22 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

選リ択ルの紡ギ

d0018646_21331999.jpg
どの道を行こうとも、その先に「未来」は繋がり。
ひとつひとつの紡ぎ重なった「選択」のむこうに、その景色は広がっている。

「自ら選択しない」という選択肢すら「選択」であって。
ゆえに、どう言い逃れようが「免責」の対象ではなく、「放棄」の表明。

私たちは、
誰のせいにもできない「今」を生きて、誰のせいにもできない「明日」を生み出す。

理。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「決断」の項/⇒「未来」の項

by makisaegusa | 2019-07-16 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

TruE cOLors

d0018646_17215639.jpg
「嫌われること」を恐れない人のほうが、ずっと、「孤独」とは無縁だったりする。

他人の評価なんて必要とせずに、ありのままの自分の価値と魅力を知っているから。
自分の愛し方を知るほどに、人生は誰とも違う色彩を放ち奏でられるから。



⇒これまでの「写真とことば」作品/⇒「孤独」の項/⇒「色彩」の項

by makisaegusa | 2019-07-10 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

p:roof

d0018646_20505050.jpg
空虚な言葉ほど流布するのは、
空っぽなだけに、よく響いて、軽々しいだけに、よく飛ぶから。
の、かも、しれない。

さりとて、浮薄なる存在に与えられた寿命は、さほど長くはない。




⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「」の項

by makisaegusa | 2019-07-07 07:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

let it gO

d0018646_20112318.jpg
変わることへの拒絶と恐怖を手放したとき、
人生は、驚くほど劇的な風を受けて動き出す。



⇒これまでの写真とことば/⇒「変化」の項/⇒「決意」の項

by makisaegusa | 2019-07-06 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

およぎば

d0018646_20335729.jpg
内なる世界。
そのテリトリーでは、あらゆる存在が許されていて。

湧き出す感情に、タブーはない。

常識に染め上げられたタブーを信じる刷り込みが、
その想いに「悪し」の烙印を捺し、反省を強いるから、ムダな足掻きを味わうはめになるだけのこと。

内なる宇宙は、世界中のどこよりも、心が自由に泳ぐことのできる場所だから。

正直な気持ちをすべて、あるがまま、その空間に解き放って泳がせればいい。
それが、のびやかな未来に飛び込むためのメソッド。

きっともっとおおらかに、自分のことを好きになる。



⇒これまでの写真とことば/⇒「感情」の項/⇒「領域」の項

by makisaegusa | 2019-07-02 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

をどりば

d0018646_02550889.jpg
アイデアは捻り出すよりも、降り立たたせるのが美しい。

限りないインスピレーションのキーは、リラックスの技。

必要なのは、イマジネーションの踊り場。
自然体の心の領域。



⇒これまでの写真とことば/⇒「自然体」の項/⇒「インスピレーション」の項

by makisaegusa | 2019-07-01 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)