タグ:Natsu ( 8 ) タグの人気記事

ハフュッフェン社の出張「突如贈答部」 in Kobe!!

d0018646_148691.jpg
今回の関西滞在、最後のイベントは、生まれて18日目の新しい仲間、ナツの赤ちゃん(ポッちゃん改めユウダイ)に、会いに行くこと。
ハフュッフェン社』の代表「ハフュッフェンくん」と一緒に、私は、いざ、神戸のナツ宅へ!
贈答のチャンスを待ちわびていたギフト、「ハフュッフェン・ベビー*ポッちゃんの生誕を祝うニワトリ"にぎにぎ"」も、きっちり持参して、ごめん下さいませ。

あけましておめでとう。おたんじょうびおめでとう。はじめましてユウダイ。
あれこれ祝賀が、忙しなくて愉しい。
私は、ここぞとばかり、誇らしげに、ニワトリの"にぎにぎ"をプレゼント! えっへん

生まれたての赤ちゃんは、想像よりもずっとちっちゃかったため、ユウダイのにぎりこぶしは、穴にスッポリ収まってしまったけれど、
ごきげんなユウダイは、特技の白眼をいっぱい見せてくれ、最高にキュートなぶちゃいくさで、私をもてなしてくれた。笑
贅沢な時をありがとう、グラシアス!
そんなわけで、迷惑行為ギリギリ(笑!)の突如すぎるほど突如決行された、今回の"突如贈答部"活動は、幸福感に満たされてミッションを完了。
こうして私は、大満足で、東京への帰路に着いたのだった。
今年もこうして、ナイスでハッピーなサンタ業を楽しみたいもの。
もうちょっと、ユウダイが大きくなって、にぎにぎを握れる日を、心待ちにしよう。
良い友だちになれますようにっ。

なんてことない毎日を遊びに変える『ハフュッフェン社』、2011年の大活躍にも乞うご期待!! にやり


ハフュッフェン社のあれこれ
by makisaegusa | 2011-01-07 00:20 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

WA RA SHI BE 2010 : #33 Natsu.

私が、死の床に至るまで物々交換を続けた上、
最終的に何を得ようとも、物質は決してあっちの世界には、持って行けない"Making Nothing"のEverythingを楽しむ、哲学アート的遊び『WARASHIBE2010』!
前回、デニムのスペシャリスト、TAIL DESIGNSのダニーからやってきたのは、
#32 Dany : CROWN RADIO commercial set - クラウン社トランジスターのPRセット(ラジオ+3匹マスコット)」!!
その豪華なセットの中でも、ハフュッフェン崩れ(笑)のオリジナル・ハフュッフェン人形たちは、ちびっこにもピッタリだということで、
現在妊婦のナツを、今回、33人目の交換相手に選んだ。
d0018646_0305821.jpg
#33 Natsu : Otokomae Wine & Book - 男前ワインとワインに合う料理本

やってきたのは、男前としか言いようの無い、巨大なワイン!
1.8リットル、つまり一升のワインは、どこにも優雅さを兼ね備えておらず、栓も、コルクではなくプラスティック製。
気軽に、パーティにでも持って行こう♪ということにはならない、重量級の不便さも、また、オトコマエ。(笑)
次回、34人目の候補者が決定しているという状況での交換は、すでに、酒豪のその人物に直接に向けられた、最適の品。
d0018646_0394864.jpg
それでは、こんな珍しい一品を出品してくれたナツからのメッセージを、以下に。

『「男前ワイン」
新しい家族が増えるために、モノを捨てまくったタイミングでやってきた、わらしべに、ドギマギやったけどわらしべ史上初?次の人が誰かを聞かされ、ほっ。
わが家で春から眠っていた男前ワインを、わらしべに。(ちょうど私の妊娠期間と一緒にわが家でおねんねしてた品。苦笑)
他に類を見ない男前ぶりなワイン。
洋酒の壁を打ち破った国産ワインというだけでなく、そのサイズがなんとも男前。
おしゃれなボトルが多いワインという飲み物のイメージを根本的に打ち崩す『一升瓶』スタイル。
ラベルへのこだわりも、抜群。ラベル制作途中に住所変更か?ただの間違いか?さりげなく訂正シール。
これを受け取る新婚AIの新居に、是非このどデカ男前ワインを餌に人が集まり、ますます明るい家庭になることを祈りつつ。
その際のおもてなしスペシャルおつまみガイドブックも添えて、この男前ワインを送ります。
因みにもちろん、男前ワインを、男前に1人で飲み干すもよし!ある意味最も男前なワインの最も男前な飲み方(笑)     なつ』

というわけで、次の交換は、お酒ともビンとも相性の良いアイ、よろしく!
出来ることなら、小ぶりな品で、、、、、お願い、致しま、す。(笑)

■これまでの「わらしべ」変化はコチラ⇒WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2010-11-06 02:16 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(2)

ナツとトッキーの結婚式を祝うスペシャル写真集『¡Feliz Matrimonio!』!!

ナツの人生1万日を祝うスペシャル写真集『10,000 dias』」に続き、今回、ナツに贈るのが、この特別ギフト。
ナツとトッキーの結婚式を祝福するフォトアルバム『¡Feliz Matrimonio!』(スペイン語で、結婚オメデトウ!の意味)。

・・・あれはまだ、汐留で『生きてく子ども』の写真展開催中だった、極寒の1月。
青山で開かれた結婚式(⇒「マトリモニオ」)で、二人の専属カメラマンとして、写真を撮りまくった私が、満を持してリリースするのが、この作品!
たくさんの幸福なシーンを、ふんだんに盛り込んだ、めくるめく一冊は、華やかで喜びに溢れる絶品に完成した。ブラボー!
制作過程にも、幸せな空気が満ちていて、渾身の作なのに疲れ無しという、つくづくおめでたい、このアルバム。
完成までに、長らく時間を費やすことになったのも、決して、怠惰のせいではなかったと信じつつ、(笑)
何はともあれ、その幸福な雰囲気をお裾分けすべく、全ページを、ここに発表致します。(写真は、是非ともクリックで拡大!)

カバー用に選んだのは、チャペルの光に、やわらかく照らされたウェディングドレスの写真。美し。
d0018646_2125373.jpg
d0018646_2126149.jpg
d0018646_21265844.jpg
d0018646_21271598.jpg
d0018646_21273330.jpg
d0018646_21275379.jpg
d0018646_2128986.jpg
製本前には、夫妻にプリントアウトしたものを提出し、スペイン語の直しや、友人知人の名前を指示してもらったため、今や完璧。
抜かり無し!
二人には、この写真集を、いつまでも大切に眺めてもらえますように。
改めて、心からの祝福を込めて・・・、フェリスマトリモニオ!!!


previous work for Natsu:⇒「ナツの人生1万日を祝うスペシャル写真集『10,000 dias』

カンタン便利で、おすすめ*私、御用達の製本キット⇒KANRANSHA"本工房" ・・・お試しあれ。
by makisaegusa | 2010-10-20 01:33 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(6)

金太郎ガジェータ:花とミツバチ。

d0018646_1521483.jpg
2010年に入って初の金太郎クッキーは、花畑に飛び交うミツバチを表現した、春めく作品に完成!
マーガレットらしき花が、予想以上にかわいらしく上手に出来上がったことが、とても嬉しい。
・・・反面、「蛾(ガ)」と見紛うばかりの「ミツバチ」の出来映えには、我ながら魂消た。
もうハチだと主張していること自体、反省に値するのじゃないかというほど、別種の昆虫になってしまったところが、逆に究極魅力的。笑
総じて、のどかでナイス。

甘味には、ハチミツを使用!と言いたいところ、無関係にも黒糖を使用したコクあるクッキー。
これは、先日結婚式で、ハッピーな時間をくれたナツのファミリーに、様々の感謝を込めて突如贈答予定。
かつて紹介したように(⇒ナツがくれた春と秋。)、ナツパパはハチミツ取りのプロフェッショナル。
きっと、ぴったりのギフトになるはず。

ハピネスも、わらしべ長者遊び(WARASHIBE2010)さながらに、やっぱりギブとテイクで、与え与えられるのがいい。
もちろん、物じゃなくっても。

あと、余談だけれど、タマゲルとは魂が消えると書くオモシロさ。なんだか、多めに納得。笑

いままでの金太郎クッキーシリーズ
by makisaegusa | 2010-01-26 23:51 | Cookies-金太郎クッキー | Trackback | Comments(0)

マトリモニオ。

d0018646_2241132.jpg
祝福と歓喜にあふれた空間は、とてもあたたかで感動的。
親愛なる友だちナツの結婚式で、カメラマンを務めた週末。
お祝いの言葉と一緒に、何度も何度もシャッターを切る私は、自然と笑顔になって。
出会いは、偶然のフリをした必然で、誰かと人生を共に歩くということは、穏やかにお互いを補い合うことなのかもしれないな、なんて思った。

心の底から、たくさん詰め込んで、おめでとう!
二人の新しい毎日に、輝かしいサプライズを。

"ナツの人生1万日を祝うスペシャル写真集『10,000 dias』"
by makisaegusa | 2010-01-24 02:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

ナツの人生1万日を祝うスペシャル写真集『10,000 dias』。

27歳と4ヶ月を盛大に祝うのは、ちょうど人生10,000日目の特別な記念日がやってくるから!
そんな10,000日目を、今日、めでたく迎えたのが、友だちのナツ。
私は、彼女を祝うべく、秘密裏に、友だちや家族のみんなからのメッセージや写真、自分の人生日数(⇒「今日はうまれて何日目?」)を少しずつまとめ、
さらに私の撮った写真と言葉を織り込んで、一冊の本に完成させた。
夢中で作業してたら、あっという間に、朝が来たという渾身の作。実に、よい出来映え!!

それを持って、今日はお宅にオジャマ。
他のスペシャルギフト共々、大いなる祝福の気持ちを込めて贈答の儀式!
それから、たくさんのおしゃべり。
こっそり進めてたプロジェクトから解放されて、話したいことを何でも話せる爽快感と、サプライズを喜んでもらえた満足感やら達成感やら。笑
とにもかくにも、ブラボーブラボー!!

***

『10,000 dias』 ・・・ 表紙+全24ページ
d0018646_23274740.jpg
d0018646_23283633.jpg
my text. 
"10,000 days, 10,000 times."

10,000回目の「おはよう」。 Buenos dias!

ナツが生まれてから、10,000日目の今日の日。特別の「おめでとう」を贈ります。

「こんにちは」と「さようなら」の間。
シンクロする時間。私たちが出会えたという、ゴージャスな事件。

二度と戻らない大切な日々は、もうそれだけで、涙が出そうなほどに感動的。
だから、分かち合って生きてこう。全然、器用じゃなくっても。

自分のペースで、ゆっくり、じっくり。晴れの日ばかりじゃ、なくっても。
エスペランサの音を聞きながら、明日の方向、見定めて。

***

最後の1ページ前は、スーパースペシャルサプライズの、ナツママから、最近の家族写真と1才満たない頃のナツの写真!Bonita!!!
手描きメッセージをスキャンして送ってくれたママに感謝感激!!
おおらかな性格がすごく垣間みられるステキなメッセージと、かわいい絵♪
(コミュニケーションには、エスパニョールの通訳として弟ダイチを利用。☆グラシアス!)

そして、最後のページは、私から彼女への手紙。
POP&FUNのデザイン素材やテクニックをふんだんに駆使してあるという点で、
このページがもっとも豪華に出来ているというところは、ご了承願うとして、、、(笑)
協力してくれた、みんなに心からの感謝を!!!
エクセレンテ!!!

さあて、次は、誰の何の日をお祝いしようか?
気付けば、ほぼ毎日が、実は、記念日。笑

*****

静かに続行されている、BLOG BINGOエクストラステージ!
今日の数字は、「62」!
まだ、出てない数字の中で、最も10,000に近い数字。笑
当たった人は、今日を何らかの記念日に認定すること!おお、ナイス☆
※ブログビンゴに関する記事&番号のまとめチェックは、タグ(Tags)のブログビンゴよりどうぞ。
※残された数字は、残り6つ。
by makisaegusa | 2009-12-07 23:26 | Collage-コラージュ | Trackback(1) | Comments(5)

私のデザインが出戻ってくる喜び。

d0018646_23575847.jpg
先日、友だちのナツから、すてきなものが到着した。
それは、発売したところの私の新作本『piece of Design "POP&FUN" たのしい素材806点』(ソーテック社)
収録されてる素材たちを使って、彼女がデザインしたポストカード!
私のリリースしたものが、また私の元に、新しい姿になって、戻ってくるなんて、すごいスペシャル!!
ブリリアントなサプライズ!!!
しかも、"JUST MARRIED"のお知らせだから、尚おめでたい。

自分じゃない人が作ったのに、自分のデザインが元になっているだなんて、奇妙で愉快。
ありがたいことに、私の本を手に入れてくださった方、どうか、その素材たちを駆使して、私にオリジナルのお便りを。
気長に待ちますので、どうか私に住所を聞いてくださいませ。笑


そして、何よりもナツにたくさんのおめでとうを!
by makisaegusa | 2009-08-25 23:57 | Design-デザイン | Trackback | Comments(2)

ナツがくれた春と秋。

d0018646_23212357.jpg
この前の土曜日、友だちのナツ(突如贈答部部員#049)から、今更ながら(笑)誕生日プレゼントをもらった。
それは、二つの季節!
一つは、秋の紅葉(モミジ)。
すでに赤く色づいていて、すごくキュートで、クール。
下には、ゴロゴロ赤い物体。なんてよい世界なんだ!と、私は感激。
もちろん、帰宅後すぐさま、ちっちゃいフィギュアを置き、マン盆栽化して、ジオラマを堪能。
あぁ、しあわせ。笑
そして、もう一つは、春の蜂蜜。
しかも、ナツのお父さんが採取したというから、びっくり!の贅沢すぎる一品!!

あまりに暑いのも嫌だけど、寒くなりはじめるとテンションが下がり始める私に、ぴったりの嬉しいギフトをありがとう。
さすが、ナツ。

さてさて、近い未来、六甲山のふもと、ナツパパの養蜂場で、蜂蜜とりを所望致します。
実現の日を思うと、とってもワーイ♪
ミツバチをも、手なずける日を心待ちにしております。笑
by makisaegusa | 2008-10-20 23:59 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback(1) | Comments(8)