タグ:DAYS JAPAN ( 14 ) タグの人気記事

『地球の上に生きる2014』DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展。

今年も、また、足を運ぶ。

真実に挑み続ける、フォトジャーナリズム誌『DAYS JAPANによる、フォトジャーナリズム写真展『地球の上に生きる
d0018646_037358.jpg
10回目を迎えた、今回の展示。
多くの写真を前に、私は、これまでで最も、コントラストを痛感した。

ありのままの「奇跡」に司られ、のびやかな「生」を営む、動物たち。
理性「利権」に絡め取られ、(イビツ)な「生」に滞る、人間ども。
それら、両者の間にある、歴然とした、差。

私たちは、本来在るべき姿から、いかに遠く離れてしまったのだろうかと。
同じ惑星を住処とする、ひとつの生命体として、羞恥心を禁じ得ないほどに。


あらゆるものは、単独で起こるのではなく、様々な要因が、複雑に絡み合って起こる。
戦争、飢餓、原発、災害・・・、それらは、決して、別々の存在ではなく。
この世界の構造の一部が、露呈して、可視化された結果だけなのであって。

軍需産業
があり、製薬産業があり、原発産業があり・・・、際限のない腐敗のシステムが、重層となり機能している。
利益を生むため、必ず、誰かを病気にしておく必要があり、必ず、誰かを貧困にさらしておく必要がある。
どこかで、必ず、戦争を起こしておく必要があり、さもなくば、必ず、火種を撒いておく必要がある。

動物たちの躍動感あふれる写真と、壁一枚を隔てた、こちら側にある、そういった、人間の日常的狂気の沙汰を眺めながら。
どこまでも欲深く、エゴイスティックに環境を破壊し続け、自壊するだけならば、自業自得で済むところ、
調和などには目もくれず、ちゃっかり周囲を巻き込んで、皆を、滅亡へと先導するかのような、人間様の悪行の数々。
タチの悪さと、おぞましさには、辟易の極み。
ただ、それでも、写真という“空間の窓”を通じて、私は、とても冷静に、俯瞰で世界を眺め知り、自分の中に、吸い込んでいるような気がしていた。

苦痛に遭遇しようが、どうしようが、自らの無知を放置しておくほどの無責任はない。
多くの人たちに、覚悟を持って、共に、目撃して欲しい。
写真に対峙したとき、突風のように吹き付けて来る、現実の威力を。

これが、私たちの暮らす惑星で、今起きている、進行形の事実なのだということを。
それを知った上で、何をすべきなのか、考え、動くために。


【コニカミノルタ特別企画展「地球の上に生きる2014」 DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展
2014年4月25日(金)~5月8日(木) 10:30~19:00(最終日は15:00まで)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー B+C /新宿高野ビル4F (JR「新宿」駅東口駅前)
会期中無休/入場料無料

「1枚の写真が国家を動かすこともある」「人々の意志が戦争を止める日が必ず来る」



⇒「トテモステキ」なものたち/⇒「EXHIBITION」一覧/⇒「REVIEW」あれこれ

⇒「DAYS JAPAN」関連
by makisaegusa | 2014-04-30 02:10 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

『地球の上に生きる2013』DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展。

毎年、覚悟を持って臨む、展示がある。

真実を伝え続ける、フォトジャーナリズム誌「DAYS JAPANによる、フォトジャーナリズム写真展『地球の上に生きる』
今年で9年目となる、その写真展に、私は、また、足を運んだ。
d0018646_3274736.jpg
自分が、世界に対し、未だ、圧倒的に無知であることを、自分に突き付けるのに、格好の場所。

紛争、難民、災害、環境問題、、、
一瞬を切り取った写真は、どれもが、真実を映し込んだ「窓」の様で。
決して、私に、目を逸らすことを許さず、問答無用、その現場に、立ち会わせる。
ファインダー越しの視界を通し、無知であるがゆえの未知を、追体験しながら、私は、
この地球上に在る、「ありのままの現実」という名の激痛を、改めて、味わっていた。

時折、呼吸を整えるように、大きく息を吐き、また、奥歯をキリキリと擦り合せている自分に気付き、ハッとしながら。
そこに焼き付けられた世界に対峙し、静止した空気の向こう側にある、温度ある非日常的「日常」へと、意識を飛ばした。
「尊厳」という言葉が、幾度も、脳裏を過った。

真の「希望」は、「現実」を知り、向き合うことからしか、生まれ得ない。
ぬるい夢でなく、確かな未来を拓くため。

私たちは、世界を、再構築しなければない。
私たちの知るべきことに、終わりはない。

現実の鋭い痛みを、痛切に体感することが、何よりもの始まり。


会期は、17日まで。是非に。


【コニカミノルタ特別企画展「地球の上に生きる2013」 DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展
2013年5月3日(金)~5月17日(金) 10:30~19:00(最終日は15:00まで)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー B+C /新宿高野ビル4F (JR「新宿」駅東口駅前)
休館日年中無休(但し、特別休館日あり)・入場料無料


⇒「DAYS JAPAN」関連
by makisaegusa | 2013-05-12 23:09 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(2)

[DAILY STUDY] 「DAYS JAPAN」2011.11月号 "子どもたちを救え!"。

d0018646_23463973.jpg
本当に世界を良くしたい人と思っているは、決して他人を脅したりしない。

フォトジャーナリズム誌『DAYS JAPAN』の最新号を読んで、瞬間的に言葉が、浮かんだ。
雑誌が伝えるのは、悲観でも恐喝でもなくて。
紛れも無く、世界の真実。
心臓をえぐられるような、衝撃的な現実。
それでも、私たちが、知ることを放棄してはならない、この世の姿。


⇒「DAYS JAPAN」 / ⇒「DAYS INTERNATIONAL
⇒maki+'s Blog:これまでの「DAILY STUDY」/⇒maki+'s Blog:『3.11』トピックス
by makisaegusa | 2011-10-23 18:03 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(0)

[REVIEW] DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展『地球の上に生きる2011』 。

少なくとも、地球の上に生きている人は、必ず観に行くべき写真展。
(いや、場合によっては、地球外の人までも 。笑)

フォトジャーナリズム誌「DAYS JAPAN」が、コニカミノルタプラザと共催で、毎年開催している写真展『地球の上に生きる』。
この惑星に暮らすものの義務として、知るべき真実を得るため。
自分が、現実に真っ向から対峙して、目撃することから逃げてはいないか、その覚悟を確かめるため。
私が、毎回欠かさず、足を運んでいる写真展のひとつ。
未だ訪れたことのない人は、一度、自分を試しに行くと良いと思う。
この世界で起きていることのうち、自分の知っていることなど、寸分だということに、少なからず自責の念を抱くことを目的として。
d0018646_18433346.jpg
強烈に訴えかける迫真の写真を前にして。
私は、無意識のうちに、奥歯を噛み締めながら、その現場に遭遇した。
いかなる状況においても希望を見出せるのが、人間の能力なのだけれども、現に、この地球上の出来事は、生易しいものばかりではなく、
その苛酷さは、時に、顔を背けたくなるほどの痛みを伴っている。
写真展で遭遇した、完璧な構図で切り取られたワンシーンは、まるで映画のように現実離れした、印象深い美しさを体現し、
それは、「DAYS JAPAN」が常に掲げる言葉、"一枚の写真が国家を動かすこともある"、その証明のように思えた。

希望を語るのは、真実を見据えてからでいい。
現実から逃げた場所で語られる希望など、妄想に同じ。
まずは、地球という現場を、痛烈に体感すること。
苦々しい現実、それでも、あらゆる瞬間に輝ける生命。
畏敬を持って育まれるべき、地球という巨大な生命体。

これが、私たちの生きる時代。
選ぶべき未来が、そこに示唆されているかのようだった。

[info]
コニカミノルタプラザ特別企画展
『地球の上に生きる2011』 - DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展
2011年5月3日(火・祝)〜5月18日(水)
コニカミノルタプラザ ギャラリーB+C
10:30〜19:00(最終日のみ15:00まで) 会期中無休/入場無料
TEL 03-3225-5001 新宿高野ビル4F(JR新宿駅東口駅前)
by makisaegusa | 2011-05-06 17:43 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

[RECOMMEND] フォトジャーナリズム誌『DAYS JAPAN』 + 電子版『DAYS INTERNATIONAL』。

d0018646_0172086.jpg
人間の血液すらも許し得ないような、日本特有の潔癖な報道。
原発被害を「安全」と宣う、専門家が繰り返す虚言は、もはや読経と化し、私たち素人に、届けられる確かさは、一滴すらもない。

真実を伝える媒体は、権力と同じ側にあってはならない。
私は、今回の震災以降の報道に、それを改めて痛感した。

ここに再び、敬意を込め、フォトジャーナリズム誌『DAYS JAPAN』を、
そして創刊7周年を記念誌、先日遂に配信を開始した、電子版の『DAYS INTERNATIONAL』を紹介する。

掲げられたミッションは、「一枚の写真が国家を動かすこともある」「人々の意志が戦争を止める日が必ず来る」。
DAYS INTERNATIONALのイントロダクションに触れるだけで、この雑誌が向き合おうとしている、現実が見える。
伝えようとしている、真実が迫る。

ほぼ購読料だけで、ここまで存続してきた希有の、誇るべきフォトジャーナリズム誌。
一冊を読み終えるといつも、私自身が、未だ無知であることに、底無しの羞恥心をくれる。
そして同時に、自らに与えられた使命への啓示をくれる。

少しでも多くの人に知って欲しい。読んで欲しい。読み続けて欲しい。
この痛切な現実を知らずに、世界を語ることなど、到底出来ない。

少なくとも、地上派のテレビで"専門家"の喋ることを、丸ごと信じてしまうようなバカであってはならない。

⇒「DAYS JAPANについて」 / ⇒DAYS JAPAN 年間定期購読申込み
⇒「DAYS INTERNATIONALについて」 / ⇒DAYS INTERNATIONAL 会員登録(日本語版:年間購読料2000円、月額200円*英語版:現在無料)
⇒世界中の写真家が映した地球上の出来事「DAYS GLOBE」 - エキサイティングに地球が動く。


by makisaegusa | 2011-03-31 23:13 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

[RECOMMEND] 緊急報告:広瀬 隆/広河 隆一 「福島原発で何が起こっているか?」。

フォトジャーナリズム誌『DAYS JAPAN』の編集長 広河隆一さんと、ノンフィクション作家広瀬隆さんによる、原発の緊急報告会。
『緊急報告:広瀬 隆/広河 隆一 「福島原発で何が起こっているか?-現地報告と『原発震災』の真実」』。(2011/3/23)

隠蔽のむこうにある真実に、愕然とする。
「バカ」を「バカ」と呼ぶ、広瀬さんの軽妙な語り口が、非常に小気味良い。(笑)
報道のトリック、福島で起きていること、次々上方修正されたマグニチュードの理由、専門家の正体、「ただちに」の解釈、放射能の影響、等々・・・。
国民として、当然、知っておくべきことの多く。

募金をして終わりなどという支援はなく、祈っているだけで変わる未来などない。
私たちは、考え、描き、そしてここからアクションを。
ぜひとも、ご覧あれ。


http://www.ustream.tv/recorded/13509353
by makisaegusa | 2011-03-23 23:16 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

[REVIEW]『地球の上に生きる2010 - DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展 -』。

d0018646_23381496.jpg
また、この季節がやって来た。
毎度、覚悟して訪れるDAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展『地球の上に生きる』。
2005年から始まった写真展も、もう6回目を迎えた。

この惑星上にある現実という現実を正面に突きつけて、呼吸を忘れさせるほどの衝撃を私に与える写真展は、
静止画像である写真が、人の中にうねるような動の感情を引き出す力強さを持つことを、思い知るのに充分で。
私は、未だ自分が、いかに世界の微塵をも知り得てないかということを痛感することになる。
主要と考えられるメディアというメディアが、何らかの浸食にあい、真実を伝えることからかけ離れてしまった現代、
私たちに残された道は、自らの真実を知りたいという、ただただ純粋でシンプルな欲求によって、それを嗅ぎ分け辿り着くことの他にない。

会場に入るやいなや、私は、息を潜めた。
それも、無意識に。
世界の孕(ハラ)む現実は、緊張感に満ちていて、その張りつめた空気が、写真から私の現実に流れ込む。
環境、戦争、宗教、政治、難民、動物、、、
真っ向から、受けて立たねば、風圧にやられそうになるほどに臨場感を発揮する風景は、悲劇までも、美しい絵画と見紛うほどの現実離れした様相を呈していた。
けれど、それは現実。
同じ地続きの、とある場所で起きた、もしくは今もなお続く、惨劇。

生命は、それだけで畏敬の念を表したいほどに、感動を秘め、愛に満ちて存在するもの。
その根本的なルールを無視して、一体、私たちは、この惑星の生命を、自然を、どんな風に変えてしまったのか?
それに加担していないと言いきることが出来るのか?
自問自答しながら、私は、一枚一枚の写真に対峙し、
その時、その場でシャッターを切ったフォトグラファーの気迫を目の当たりにする。

存在を無視するなら、気付かないふりをするなら、何も語る資格がないと断言できるほど、これらは私たちが知るべき現実。
ぜひ、ご来場を。
この写真展を観に行かないような人とは、金輪際口をききません!と言いたいほどに(笑)、是非とも。

現実は、痛い。
しかし、それでいい。
夢見がちなだけじゃ、何も動かない。
激痛を伴っても、現実を知るところから、全ては始まるものだから。
未来を拓くために。
未だ、希望は失われない。

そして、私も、伝えねば。

【地球の上に生きる2010 - DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展】
2010年6月23日(水)〜7月7日(水)
コニカミノルタプラザ ギャラリーB+C
10:30〜19:00(最終日のみ15:00まで) 会期中無休/入場無料
TEL 03-3225-5001
新宿高野ビル4F(JR新宿駅東口駅前)

追記:特別展示「触れる地球」は、現実と未来を映し出す興味深い展示。触れる、動かせる、面白い。

⇒maki+saegusa:"DAYS JAPAN"に関するこれまでの記事
by makisaegusa | 2010-06-24 23:37 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(2)

政治、世界、情報、デイズ。

d0018646_2144561.jpg
嘘をつかれること。
真実を隠されること。
騙されること。
人を嘲(アザケル)ること。
それら、私の心底嫌うことが、あまりにもはびこって、私は日夜、悪臭と悪寒に苛(サイナ)まれる。

大臣の失態叩きの執拗さは、事態の大きさを鑑(カンガ)みても、やはり揚げ足を取りたがるだけの低俗な騒ぎにしか見えないし。
首相の批判に、ここぞとばかり出てきた政治家を安易に支持する人々は、浅はかさを無防備にも露呈している。
平和主義の看板を掲げて、実のところさらっとアフガニスタンに増兵する大統領の欺きにも、辟易。

強弱をつけ演出される情報に、人は危うくも翻弄される。
けれど、私が言いたいのは情報を信じるなということじゃなく、
すべてを流れてくるままに受け取っていても意味がないということ。
私たちは、真実を、もっと欲しがらなければいけない。
その裏に何かあるんじゃないかと疑ってみて、向き合ってから自らの決断を下す。
本筋を忘れたかのように、無難にどっちでもいい情報ばかりを提供するメディアに、
私たちは目くらましをされたかのように、本当に思考すべきターゲットを、間違えそうになるけれど。
タダほど高いものはない、とは情報に関しても然り。
実際タダで手に入る情報には、とある方向から加圧後の歪んだものだってことを念頭に置いておく。

中身も分からず郵政の民営化を支持して、政治を動かし貧困を推進してしまった過去も、
争いのない世の中になればいいのにと言うくせに、オバマ大統領に期待してると言う矛盾も。
そういうのが無知の典型で、私は怖さを憶える。
私たちは、情報を操作されてしまうという意味では、被害者なのかもしれないけれど、
本筋を探ろうとしなければ、次の瞬間、無感覚のまま加害者になりえる。
そして、自分に返ってくるという無自覚と無責任のループ。
いつまでも、真実に関わる勇気もなく、情報の裏にある隠されたことへの無知からくる不幸の循環は、もう終わりにしたほうがいい。


*現実を教えてくれる雑誌DAYS JAPANくらいは、読んでおくことを推奨。
広告に頼らない、つまり、どこの権力にも迎合しない雑誌。
一切報道されないことが、いかに多いかを思い知るだろうし、自分のしょぼさを痛感するにはちょうどいい。
この時代に生きる私たちは、今、どうすべきなのかを真剣に考えなければならない。
by makisaegusa | 2009-02-20 16:08 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(10)

[REVIEW]『地球の上に生きる2008 -DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展-』

d0018646_23115221.jpg
(「地球の上に生きる」フライヤーと、パレスチナを録ったドキュメンタリー映画「NAKBA(ナクバ)」のフライヤー)

先日、このブログでも紹介した『地球の上に生きる2008 -DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展-』に行ってきた。
やはり、そこには、日頃私たちが把握できていない、ありのままの現実があって、
私は、幾度も深呼吸しながら、葛藤しながら、その窓から世界を覗き込んでいた。
危うく忘れそうになるのは、私が今、立っている、この地面の延長線上に、
目の前の写真が伝える景色が、確かに存在しているのだということ。
展示のタイトルにある「地球の上」という言葉を強く意識しないと、大きすぎるギャップに、
ついフィクションを観るような感覚になってしまったりした。
私の日々と、むこうでの日々。
この瞬間の、全く別世界の、同じく刻まれる、まったく別の時間。
私が、こうして写真を見つめる、そのときに、まだそこでは、日常化した大量の異常事態が起こり、
戦争では、人がむやみに命を落とし、北極からは氷が消えている。
私たちが、今、直面している真実を、真に迫って伝えている写真展。

そして、自分の立場として痛感したのは、どんなに些細なことでも、
私が知り得た現実もまた、周りに知らせる義務があるのだということ。
それを、無きものにしないためのアウトプット。

会期は、今月19日まで。ぜひ、訪れて頂きたい。

【DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展】
date: 2008年5月31日(土)〜6月19日(木) 10:30〜19:00(最終日のみ15:00まで)
会期中無休
place: コニカミノルタプラザ ギャラリーB+C (新宿高野ビル4F)
入場料無料
by makisaegusa | 2008-05-31 23:10 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(4)

[EVENT]『地球の上に生きる2008 -DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展-』

d0018646_14305586.jpg
弱さは、ニンゲンの特性として。
それは、それであるとして。

真実を認めないことは、弱さの一部。
そして、嘆かわしいのは、弱さと相まって、現実を曇らせる数々のファクター。
真実を知らないことも、知らされないことも、隠匿されることも、偽りを掴まされることも。
全部は、それぞれ、愚の骨頂。
殊に、今、この世に起こっている現実に関しては。
メディアは、扇動に加担するだけで、いつも届く情報には、バイアスが入っている。
それならば、自分の目で確かめようじゃないか、と思うのだけど、
私は、戦火に飛び込む勇気を持ち合わせない。
悲惨すぎる光景を目の当たりにして、涙を流さず直視する強さも、ない。
だから、卑怯だけれど、それでも、ここに開かれた真実の投影を見に行く。

今年も、DAYS JAPAN フォトジャーナリズム展『地球の上に生きる2008』 が開催される。
「一枚の写真が国家を動かすこともある」
その信念に、なんどきもリスペクトを表して。
少しでも多くの人に、足を運んで欲しいと思う。
痛みを覚悟の上で。

【DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展】
date: 2008年5月31日(土)〜6月19日(木) 10:30〜19:00(最終日のみ15:00まで)
会期中無休
place: コニカミノルタプラザ ギャラリーB+C (新宿高野ビル4F)
入場料無料


DAYS JAPAN*http://www.daysjapan.net/
-パレスチナ子どものキャンペーン*http://www32.ocn.ne.jp/~ccp/
-パレスチナの子供の里親運動*http://www5e.biglobe.ne.jp/~JCCP/
by makisaegusa | 2008-05-21 14:30 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(6)