タグ:色彩 ( 27 ) タグの人気記事

食卓のデザイン#48:『夏の野菜グラデーション』2019年・晩夏!

食卓に並ぶ、オモシロい造形スタイルを娯楽する、目にも美味なる食卓のデザインシリーズ。

本日は、台風一過の関西の空の下。
伸び放題、グリングリンに埋もれる実家の家庭菜園にて。
ベトナムみたいなをかぶり、かなり濃厚に東南アジアの雰囲気を醸し出すと共に、
収穫した野菜たちの美のセンスをジャジャーンとお披露目!
d0018646_04583821.jpg
Summer Vegs Color Gradation / Late Summer 2019
夏の野菜グラデーション:サエグサマキ / 2019年・晩夏

▶︎トマト▶︎イチジク▶︎ブドウ▶︎ナス▶︎トウガラシ▶︎トマト▶︎ゴーヤ▶︎ピーマン▶︎キュウリ

ちなみに私は、
「うつくしーい!」「スゴーい!」「カワイーイ!」などと感嘆することを主な活動としていたので、
これらは、と格闘しながら汗水たらして収穫する母の活躍により、
さほど役にもたたなかった私が、易々と手に入れたありがたい産物たちと言える。(笑)
エッヘン。

なんという美しい天然色!!
目眩レベルに、感動的世界の色彩のめくるめき。

さてさてところで、このラインナップには、
ちょうどお盆で帰省したが持って帰って来てた、自家製のヒョロリンこじんまりナスも追加してあり、
これぞ姉の慈悲じゃないかと、私はスッカリ悦に入っていた。イヒヒ

夏は、ヴィジュアルまでデリシャス!
アリガタキ幸セ。



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒「野菜」トピックス/⇒「色彩」の項/⇒「グラデーション」の項

by makisaegusa | 2019-08-16 23:00 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)

赤い爪と流れ星とおばあちゃん

お盆、田舎に住んでいる母方のおばあちゃん)に会いに行った。
・・・ら、グウグウ寝てた!ので、こっそり、おばあちゃんの爪に私と同じ赤いネイル)を塗って。

目覚めてサプラーイズ!!ってのをやりたかったのに、おばあちゃん、
起きてからお茶を飲んでも、膝をさすっても、何をやっても爪の変化には気付かなくって。
結局、娘に「爪、見て!」と言われて、二度見してからやっと「ウッワーーー!!」と驚嘆。

そんなにって見ないもんなのかと、こっちもサプライズだった快事件の夜。(笑)
d0018646_04404399.jpg
人生92年にして、初めて彩られたおばあちゃんの指の先

私が「見せて見せて!」と言うと、
見たこともない女子力たっぷりな仕草で、嬉しそうに恥ずかしそうに赤い爪を見せてくれた。

幾つになっても、マダマダ新しい自分は隠れているらしく、
私も、なんだかスッゴイ新鮮な光景を目にした感慨深さに、じんわり浸り。

そうだ!と思い出して、「今夜は、流れ星がいっぱい見えるよ!」って教えてあげたら、
すかさず一言「お米になる星やな!」と、おばあちゃん。

!!!!!

なんてなんて、ステキなストーリー!!
流れ星お米になるだなんて、私にはその発想なかったーーーーー!!!と、またもや遭遇した新体験
いつからどこから誰から言い出したのやら、そのやさしいイマジネーションに、私は、すっかり感動した。

うん。
さすが農業に、長年、携わってきただけのことはある。

人生は、すべてが芸術。
こんなとき、一言一言にもそれが凝縮されてるんだなって痛感する。

Bon 盆!



⇒「不動の久子」の活躍/⇒「久子と手芸」作品集/⇒「勇治と久子」あれこれ/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ

⇒「新体験」リスト/⇒「色彩」の項

by makisaegusa | 2019-08-14 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

⌘ + SKY

d0018646_10373411.jpg
息を呑んだ。
夕刻の空の極彩色。

色が沁みて。
魂に転写。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「色彩」の項

by makisaegusa | 2019-08-12 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

TruE cOLors

d0018646_17215639.jpg
「嫌われること」を恐れない人のほうが、ずっと、「孤独」とは無縁だったりする。

他人の評価なんて必要とせずに、ありのままの自分の価値と魅力を知っているから。
自分の愛し方を知るほどに、人生は誰とも違う色彩を放ち奏でられるから。



⇒これまでの「写真とことば」作品/⇒「孤独」の項/⇒「色彩」の項

by makisaegusa | 2019-07-10 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

食卓のデザイン#47:『夏の野菜グラデーション』2019年・初夏!

食卓に並ぶ、オモシロい造形スタイルを娯楽する、目にも美味なる食卓のデザインシリーズ。

今回は、実家から届いた夏野菜の鮮やかな色彩に、心トキメキすぎてハシャギすぎて、
とにかく色順に並べて眺めずにはいられない衝動に駆られ、
白い絵具を塗りかけにしてた木のキャンバス上に、とんでもないスピードで完成させた『夏の野菜グラデーション』!!

スッゴイスッゴイカワイーーーーッ♥︎♥︎♥︎
d0018646_18570239.jpg
Summer Vegs Color Gradation / Early Summer 2019
夏の野菜グラデーション:サエグサマキ / 2019年・初夏

タマネギ▶︎トマト▶︎ジャガイモ▶︎ナス▶︎ズッキーニ▶︎キュウリ▶︎ピーマン▶︎トウガラシ

冷やして欲しそうな野菜たちの雰囲気をシカトして、
とりあえず片っ端から観察しつつ撮影しつつ、見事な天然色を堪能。

幼い頃から、色彩尋常ならざる興味こだわりを抱いて来た私としては、
見事なカラーリングの絶景を前に、沸き上がる幸福感を噛み締めつつ、鼻血吹き出すレベルの有頂天(笑)
ニンマリ!

ホントに、世界は美しい!
そして、デリシャス!!



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒「野菜」トピックス/⇒「色彩」の項/⇒「グラデーション」の項

by makisaegusa | 2019-07-03 00:00 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)

キづキのいぶキ

d0018646_16482803.jpg
「気付く」とき、世界は息を吹き返す。

瑞々しく新しい鮮やかな色彩の粒子を呼吸するとき、
感性の刺は、生気に充ちて歓喜する。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「呼吸」の項/⇒「色彩」の項

by makisaegusa | 2019-04-21 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

色々々々々々|々々々々々色

d0018646_23215000.jpg
内なる世界の彩りを知るほどに、あなたは世界の鮮やかさを目の当たりにする。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「色彩」の項/⇒「世界」の項

by makisaegusa | 2018-10-24 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

新天地のデザイン:#07 下塗りした『表札』にカシューを重ね塗り*3回目!

北海道新天地に暮らすことになった友だちコショから依頼を受け、
スッゴイじんわりのっそり(!)制作が進行中の新天地のデザイン大原家の『表札』

#06 彫り上がった『表札』にオスモを下塗り!」のステップに続く今回は、
ホコリの立ちやすいことが気に食わず、を避けを迎えて、やっとやっと満を持しての作業再開

下塗りした『表札』にカシューを重ね塗り!!
うわぁい。
d0018646_22084344.jpg
自然塗料『osmo(オスモカラー)で下塗りした表札に、
の代用塗料として知られるカシューで、彫り込んだ部分につや消しの黒ペイント

乾かしては塗り、乾かしては塗り・・・3回目にして、やっといい感じになってきたっ。
嬉々!
漆黒が、しっかりしっくり美しい。

一番いい景色になるまで、これから何度も重ね塗り
まだまだ続く!
ワクワク、タノシミ。



⇒「デザイン」カテゴリ

新天地のデザイン」シリーズ
→「新天地のデザイン:#01 「のびやかに大地に根を張り日々を育む」がコンセプトの『表札』
→「新天地のデザイン:#02 『表札』を彫るべく「イチイ」の木を学ぶ
→「新天地のデザイン:#03 『表札』下絵をイチイの木に写す!
→「新天地のデザイン:#04 イチイ改めセンノキに『表札』を彫る!
→「新天地のデザイン:#05 彫り上がった『表札』にヤスリをかける!
→「新天地のデザイン:#06 彫り上がった『表札』にオスモを下塗り!

⇒「色彩」の項



by makisaegusa | 2018-05-03 05:03 | Design-デザイン | Trackback | Comments(4)

unCOLORed

前を向いて生きるってのは、振り返らないことじゃない。
d0018646_01415171.jpg
時に、無理を強いてきた集大成として。

目に宿る光が、極端に不足すると、私たちは。
目に入るものすべてから鮮やかな色を吸収しようとする、メカニズム、らしく。
心に灯る火が、極端に不足すると、私たちは。
心に届くものすべてから暖かな熱を吸収しようとする、メカニズム、らしい。

もしも、世界が色彩を失って見えているなら。
それは、あなたが、本来の自分を取り戻す好機の到来。
もはや、どうあろうが気付き、決めねばならない地点に来たということ。

彩度を失った景色は、あなたが、息を忘れかけている証拠。
輝度を失った景色は、あなたが、心を閉じかけている証拠。
活力を失った景色は、あなたが、立ち止まるべき時の知らせ。
そして、もう一度、ありのままの自分に戻るべき時の知らせ。

満ちるまで英気 養い、呼吸 整え、重心 確かめ、過去 振り返り、未来 見定め。
そして、進め。

最良の道を見いだすのは、自らの歩幅・呼吸・速度で歩める者。
色付けなしの自らの美しさを、真に誇れる者。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「色彩」の項/⇒「好機」の項



by makisaegusa | 2018-03-17 03:17 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

極々彩色

d0018646_21231100.jpg
あなたと私が、別人で。
あなたと私が、異色で。

違う才を放つからこそ、この世界は、鮮やかでたまらない。
それが、ひとつの大きな幸福。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「色彩」の項/⇒「個性」の項



by makisaegusa | 2017-11-28 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)