<   2020年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ベビベビフュッフェン*赤ちゃんだったときの服から作る「ベビベビサヨフュッフェン」STEP2!

ハフュッフェン(⇒)な作品たちを、ハフュッフェンな気分で生み出している、我がハフュッフェン社

通算155匹目となる最新ハフュッフェンくんは、
大阪在住の友ナオミちゃんからの依頼により、
愛娘・サヨ赤ちゃんだったときに着てた服から作る『ベビベビフュッフェン』!
その名も、「ベビベビサヨフュッフェン」!!

"STEP 1"「ハフュッフェン社に赤ちゃんだったときの服を送りつける!」()で、
うちにやって来た想い出深いベビー服たちは、
私のインスピレーション降臨をウキウキと待つ日々を経て、とうとう始動

今回は満を持して、
"STEP 2"「ハフュッフェン社が世界でひとつのスペシャル・ベビベビフュッフェンを完成させる!」の段!

9種類の服は、あっという間にオシャレな1匹に仕上がったっ。
すごいいいのになったーーーー★エッヘン!!
ベビベビフュッフェン*赤ちゃんだったときの服から作る「ベビベビサヨフュッフェン」STEP2!_d0018646_01332723.jpg
ベビベビフュッフェン*赤ちゃんだったときの服から作る「ベビベビサヨフュッフェン」STEP2!_d0018646_01565936.jpg
ベビベビフュッフェン*赤ちゃんだったときの服から作る「ベビベビサヨフュッフェン」STEP2!_d0018646_11162026.jpg
本体に着手するよりもまず、スタイマリー・アントワネット的なズラっぽいことに気づいた私は、
それを具現化すべく、中に綿(わた)を詰め"ゴージャスなズラ"を誕生させ、(笑)
そのズラありきのサイズ感ですべての制作をスタート!
服を解体して、パーツをいろんなとこから集めて再構築

スタイに付いてた「SAYO」のタグをハフュのお腹にレイアウトして特別感をキープ。
さらにリボンと、ロンパースフリルから作った"花柄のスカート"は、
"ポンチョ"にも"帽子"にも変身可能!
風の強い日ピューっとした感を演出できる、多機能性を備えた斬新なハフュ。イヒヒ
まだまだいろんなスタイルが生まれそうで、スゴイ頼もしい。

嬉々!
大満足のクリエイションになった。
そんな「ベビベビサヨフュッフェン」、、、届ける日がスッゴク待ち通しい。

ベビー服を着なくなっても、ずっと一緒にいられる「ベビベビフュッフェン」!
我ながらコンセプトもお気に入りのシリーズ。
ハフュッフェン社への御用命は、いつでもようこそっ。

スペシアル♥︎ハフュッフェン!

155 : BabybabySAYOfüffën
Dearest : Naomi & Sayo
Embroidery : -
BIRTHDAY : 30-Jun-2020
Label : Babubabyfüffën



⇒いままでの『ハブ式会社ハフュッフェン社』プロダクツ/⇒いままでのハフュッフェン人形/⇒What's Hafüffën?「ハフュッフェンとは?

⇒復興支援のハフュッフェンくん=『ファフュッフェンくん』作品のあれこれ

by makisaegusa | 2020-06-29 00:00 | Hafuffen-ハフュッフェン社 | Trackback | Comments(0)

【NEW】生活感分布調査"帖" 2:p.06-p.07「Blue type_A」#1

生活圏で手に入る、いろんなシールから、自分の生活感を調査し観察する遊び生活感分布調査

中でも、「白い本」の一冊すべてを、私の生活感で埋め尽くすという野望を果たすべくスタートした
プロジェクト「生活感分布調査"帖"の続編として封切られた生活感分布調査"帖" 2」!

これは、前回紹介した"帖"p.04-p.05「Red type_A」の次のページでスタートした新作

をメインに集めるのがコンセプトの見開きページ。
ジャーン!
爽快感たっぷりに展開していきそうで、ワクワクする。
【NEW】生活感分布調査\"帖\" 2:p.06-p.07「Blue type_A」#1_d0018646_22182873.jpg
Kiriクリームチーズ
自然栽培レモン広島県産 道法さんのレモン!
『Nabi』イランのオーガニック・ローズウォーター
Ziplocジップロック

クリームチーズのKiriとジップロックZiplocの色がすっごいそっくりだったのが、
私にとっては、ニンマリな新発見だった!

そして、イラン語で書かれているブランドの『Nabi』であろう文字!
言語が難解すぎて、箱から切り取ったらどっちが上か下か分かんなくなってしまったので、
一か八か、この向きで貼ってみたイッピン。(笑)

ツヅク・・・!



⇒「生活感分布調査"帖" 2」シリーズ


by makisaegusa | 2020-06-28 00:00 | ms-生活感分布調査 | Trackback | Comments(0)

まきのまいにちのおよぎかた

まきのまいにちのおよぎかた_d0018646_01293637.jpg
「どうしてマキは、いつも愉しそうで穏やかでハッピーなの?」と、
私の仕組み(!)を知りたがる友だちが時々尋ねてくるので、チョットまとめてみることにした。(笑)
こういう感じで生きてます的な私のスタンス。
私のマイニチの泳ぎ方、、、カクノゴトシ!

・他人の言葉は助言でしかない。
・遊び心で日々を彩る。
・自分に生じたすべての感情を受け入れる。
・全力でやったならば反省しない。
・常識に照らし合わせて意義を判定しない。
・すべてが新しいチャンス。
・自分にはベストしか訪れないことを知っている。
・知識を得ることを答えとしない。
・ナゼを追究し続けて、思考をやめない。
・絶望を諦めと同義としない。
・不測の事態を娯楽する。その瞬間の自分のリアクションに期待する。
・「人と違う」を心底オモシロがる。嬉しがる。
・勝ち負けに興味がない。
・嫌われようが好かれようがどっちでもいい。
・自分のダサさを愛する。
・ただし自分の中にある信念という美意識に基づいて行動する。
・すべての決断の責任を自分で引き受ける。
・たいがいのことがめでたい。
・正直。
・本心を話す。
・自分にも他人にもリスペクトを表す。
・コネクションを求めて人と繋がらない。
・失敗を楽しむ。
・リラックスしたとき発揮される無限のポテンシャルを知っている。
・どんな状況にあっても不可能を口にしない。
・心躍ることをする。
・義務感で決断をしない。
・媚びない。
・急がない。
・愛する。

ホントはまだまだありそうだけど、ひとまずザッとまとめたリスト。
私の輪郭、なんだかぼんやりこういうカタチ!感。(笑)

エキサイティングなメモの序章、完。



⇒「そんな日々」トピックス/⇒「maki+」の項/⇒「」の項/⇒「スタイル」の項

by makisaegusa | 2020-06-26 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

【告知】『cocoro casa』セラピストトークとセッション*シリーズ "LOVE yourself" vol.1 開催のお知らせ!

瞬間的な閃きにより、
セラピストとしてただのヒトとして、「自分を愛する」をテーマにしたおはなし会を開くことにしましたっ。
(※FBでの告知から遅れること数日、やっとブログで発表するという、こののんびりっぷり。うふふ)

第1回「自己肯定」をメインにお話をします。
シリーズとして毎月開催できたらいいなぁと考えているところなので、
今回、日程が合わない場合も挫けることなく、次回にご期待を。

さて当日は、セラピーの手法も交えつつ、
「自分を肯定すること」そして「自分を愛すること」の根っこを体感します。
こじんまりとリラックスできる心地よい空間をご用意してお待ちしております。
まだ、当日のプランは、組み立てているところだけど!(笑)
新しい自分との出会いに、乞うご期待。

※以下、ご案内文と詳細!
【告知】『cocoro casa』セラピストトークとセッション*シリーズ \"LOVE yourself\" vol.1 開催のお知らせ!_d0018646_19390110.jpg
"cocoro casa" therapist talk and therapy session / series "LOVE yourself" vol.1

多才を誇り、
ヒプノセラピストメンタルクリーニングセラピストとしても奇跡的な才を発揮する三枝真紀が、
自分を愛するためのレッスンヒーリングワークおはなし会を開きます。
第1回テーマ「自己肯定」

あらゆることへのと言っても過言ではなく、大切な人生の鍵のひとつでありながら、
苦手とする人の多い「自分を肯定すること」について、
その方法イメージの仕方を一緒に体験しながら学びます。
「自己肯定」は、自信、そして揺るぎない精神、情報の真贋を見抜く感性にまでも繋がっていきます。

おはなし会は、数人から最大でも10人程度の少人数のとてもリラックスした空間で行います。
ヒプノセラピーの手法を用いたワークを織り交ぜながら、「自己肯定」を体感として得られるような構成、、、の予定。

潜在意識が整えられ、新しい視野で世界を眺められるようになるはず。
自分の変化に大きく期待しつつ、ぜひお気軽にようこそ。

参加希望は、6月中にお知らせいただければ幸い。

日時: 2020年7月19日(日) 13:00〜
会場: 新宿渋谷あたり(目下リサーチ中!)
会費: 4000円
持参: 筆記用具
※zoomとかリモートで参加したい場合、打診どうぞ。←次回から!
※お問い合わせもご遠慮なくっ。




⇒「cocoro casa」メモリスト/⇒「maki+」についての数々/⇒「ヒプノセラピー」リスト/⇒「メンタルクリーニング」リスト

by makisaegusa | 2020-06-25 00:00 | cocoro casa-セラピー | Trackback(43) | Comments(0)

層と視座

層と視座_d0018646_22485803.jpg
見ている世界、見えている次元が違いすぎて、愕然とすることがある。

同じ時間にいて、同じ空間に生きていても、人はまったく異なるものを捉えている。




⇒これまでの「写真とことば」/⇒「cocoro casa」メモリスト/⇒「次元」の項/⇒「視野」の項

by makisaegusa | 2020-06-23 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

世界を旅する『白黒ロボットくん』015♥︎パラグアイ☆サンタ・エレナ小学校 vol.5『発表会』午後の部スタート!/ El espectáculo de la tarde ha comenzado!

子どもたちのイマジネーションを刺激する絵本として私が制作した、
世界中の子どもたちとのコラボレーション・プロジェクト★世界を旅する『白黒ロボットくん』!!

アップデートがゆっくりすぎて、
あっという間に一年目の日がやってきそうな気配を多分に漂わせながら、
やっぱりゆっくりアップしている当プロジェクト活動レポート。(笑)

今回もまだまだパラグアイ『サンタ・エレナ小学校』でのスペシャル発表会の続編、第5弾!
午後にはメンバーもガラリと変わって、「発表会」午後の部スタート!!
午前に来てお昼には帰る学年と、午後に来て夕方に帰る学年がある。

午前には、をアタマに載っけるダンスを見せてくれた子どもたち。
なんと午後ダンスアイテムは、ホウキだった!!
うわぁ、これまたオモシローーーいっ。
-------------
男の子たちがホウキで床を掃いてポイっと捨てる。
女の子たちは踊る。
それから、みんなで、一緒にクルクル踊る♥︎♥︎♥︎
-------------
どんなストーリーなんだろうと想像しながら、
かわいくって愉しいショウを堪能して幕開けた、本日2回目の新鮮なスペシャル時間!
世界を旅する『白黒ロボットくん』015♥︎パラグアイ☆サンタ・エレナ小学校 vol.5『発表会』午後の部スタート!/ El espectáculo de la tarde ha comenzado!_d0018646_11062815.jpg
世界を旅する『白黒ロボットくん』015♥︎パラグアイ☆サンタ・エレナ小学校 vol.5『発表会』午後の部スタート!/ El espectáculo de la tarde ha comenzado!_d0018646_11232125.jpg
世界を旅する『白黒ロボットくん』015♥︎パラグアイ☆サンタ・エレナ小学校 vol.5『発表会』午後の部スタート!/ El espectáculo de la tarde ha comenzado!_d0018646_11242721.jpg
「おうちの方々もヨウコソ!」な日だったので、
まずは、ロボットくんの絵本プロジェクターででっかくに映して、みんなにご紹介
そして、ロボットくんワールドを表現した彩り取りの力作たちを代表の子どもたちが「エッヘン☆」と発表してから、
スペシャル講師・マキが開催するワークショップに突入!

「自分のハートの中にあるキラキラの宝石をロボットくんにプレゼントする」コンセプトに、
自分の内側にあるカラフルな世界をイメージしながら、宝石ヌリエ
それぞれがそれぞれの道具で、
オトナコドモもみんなが夢中で色付けて完成させてった愛おしい作品たち。
ひとつとして同じじゃない斬新な色合わせで、オリジナリティを炸裂させるみんなの自在のクリエイション!

ヘンテコなスパニッシュで、子どもたちの作品を片っ端から称賛する私と、
誇らしげに作品を見せてくれる子どもたち。
愉快極まりない、なんとものびやかでハッピーな空間になっていた。イヒヒ!

こうして、ごきげんなひとときは、あっという間に過ぎて行き、
続いては、お気に入りの宝石を選んで、「ロボットくんにハートをプレゼントする」のステップ。
ギリギリ忘れない程度の頃合いにてアップされるはずなので、どうぞ気長にゴ期待をっ。(笑)

自在の色彩
ブエニシモ!



【ART DIRECTION for Kids* 白黒ロボットの見た夢】
>>> JAPAN

>>> CHILE

>>> PARAGUAY

>>> FINLAND

⇒「スペシアル」なことリスト!/⇒「ART DIRECTION」一覧/⇒「絵本」の項/⇒「BOOK」たち/⇒白黒ロボット「BlackWhite_ROBOT」作品

by makisaegusa | 2020-06-22 00:00 | SPECIAL-スペシアル | Trackback(203) | Comments(0)

あてど

あてど_d0018646_12500652.jpg
「褒める」という行為は、価値の在処を暗に示す。

だからこそ大切なのは、その照準。
そのコンセプト。

スジが違えば、モトもコもない。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト⇒「cocoro casa」メモリスト/⇒「価値」の項⇒「褒める」の項

by makisaegusa | 2020-06-20 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

COLLAGE CARD #123 : MIZUHIKI neo 14

コラージュ・カード」最新作は、123作品目!

続々、新型“水引”シリーズ「MIZUHIKI neo」作品
シリーズ14作目!

別段、制作する気なんてなかったのに、
前作COLLAGE CARD #122 : MIZUHIKI neo 13」を作った後で、続けざまにパラパラと『VOGUE』を眺めていたら、
唐突にこの丸いポコポコビーズでデコレーションされたウェディングドレスを見付けてしまい・・・!

「うぁーーーーーあ、これはーーーーーー!!!!
まさに、ポコポコの紐とコラボすべき仲間のポコポコドレスじゃないかーーー?!??!」ってことで即座に誕生
もはや、全宇宙ポコポコ世界観

※新型“水引”シリーズMIZUHIKI neo
ゼンブの紐は水引である》をコンセプトに採用する勢いで、あらゆる水引の類と言い張る系作品群。
COLLAGE CARD #123 : MIZUHIKI neo 14_d0018646_21440047.jpg
ハッピーに昇ってどんどん広がってくような、ごきげんで嬉し楽しいイメージに完成!
これは、これから結婚する友だちへのプレゼントにしよう♥︎と心に決めた。
・・・のはいいんだけども、悩ましいことに、近々、結婚する友だちがいなーーーいっ!

なので、どうかだれかーーーー!
私の「このカードを送りたい欲」を叶えるために、結婚してくださーーーーいっっ!(←無茶。笑)

そんなこんなで、いつか誰かを祝福するために。
本日はお日柄も良く、、、ハッピーウェディング!



⇒「コラージュ」作品一覧/⇒「コラージュ・カード」作品たち/⇒「Birthday GIFT」いろいろ/⇒「3D CARD」少々/⇒「GREETING CARD」作品いろいろ/⇒「MEMBER'S CARD」作品あれこれ/⇒「祝福」の項

by makisaegusa | 2020-06-19 00:00 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(0)

COLLAGE CARD #122 : MIZUHIKI neo 13

122作品目となるコラージュ・カード」最新作は、
またもや、お気に入りの新型“水引”シリーズ「MIZUHIKI neo」作品
早くもシリーズ13作目!

近頃、多用しているポコポコの紐が、またもやかわいい。

※新型“水引”シリーズMIZUHIKI neo
ゼンブの紐は水引である》をコンセプトに採用する勢いで、あらゆる水引の類と言い張る系作品群。
COLLAGE CARD #122 : MIZUHIKI neo 13_d0018646_16395303.jpg
今回は、cocoro casa(私がヒプノセラピストメンタルクリーニング・セラピストとして活動するときの名義)が、
来月開催するトークヒーリングセッションの参加者へ贈る、インビテーションとして制作。

インカ帝国のキープ(:紐の結び目を使った伝達手段)をイメージしつつ、(笑)
1ポコ1文字って感じで作ってみた!

「c」「o」「c」「o」「r」「o」
「c」「a」「s」「a」

もともとが丸っこい文字列だから、近からず遠からずでちょうどいい。うひひ

ゆったりリラクシングな空間になりますように。
そんな招待状
ご参加の皆々様、到着をお楽しみにっ。



⇒「コラージュ」作品一覧/⇒「コラージュ・カード」作品たち/⇒「Birthday GIFT」いろいろ/⇒「3D CARD」少々/⇒「GREETING CARD」作品いろいろ/⇒「MEMBER'S CARD」作品あれこれ

by makisaegusa | 2020-06-17 00:00 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(0)

CircuiT

CircuiT_d0018646_12575956.jpg
誰かから与えられる「完成品」の答えだけを欲しがるから、いつまでたっても思考回路が完成しない。

「思考」を「苦悩」と取り違え、
考えているつもりで、その実、悩んでしかないくせに。
"Don't think, Feel!"に免罪符を得たとばかり、
嬉々として「思考」を手放してしまうから、「思考」も「感覚」もどっちつかず。

空を切って、虚に戻る。
深く沈めど、前へは進まず。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト⇒「cocoro casa」メモリスト/⇒「思考」の項⇒「依存」の項

by makisaegusa | 2020-06-15 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)