<   2019年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

おばあちゃん學枝:まさかの急展開!★とよ子の天寿まっとう追悼フェス「おばあちゃん學枝」展 at Shisui deux!今春開催決定!!

先日、最後の授業「あまりにも美しい旅立ちの作法のタイトルで、全世界のファンの皆々様にご報告させていただいた、
我らが奇才おばあちゃん「とよ子もうひとつの世界への旅立ち!

たくさんの友人知人から驚きと共に、あたたかいコメントをこれでもかってくらいに頂戴し、
ほんとうになんて幸福なことだろうかと、しみじみじんわりアリガタさを噛み締めていたところ。

まさかの!!ここに来て急展開!!!
なんと、とよ子の天寿まっとう追悼フェス★『おばあちゃん學枝』展の開催決定!!!!!

うわーーーーーーお★☆★☆★
なにこのオモロすぎる流れ!!!・・・と天のとよ子地のマキも一緒に笑い転げているという事態。(笑)

おめでとーーーーーーーーーーーーーーーーーう!!!
とよ子ファンにとっては、まさに「鼻血★滝のごとし」(笑)な衝撃的朗報であることは間違いない。
d0018646_03124786.jpg
会場は、大塚cafe & dining Shisui deux(シスイ・ドゥ)!!
宇宙に飛んでったもの(*)以外では、地球上最大の私の作品(**)で、まもなく11周年を迎えるおめでたい場所
そして、おめでたい人々の集う場所。

そんなわけで、この話!
パワフルな踊り子店長ヒロコちゃんからの突然の打診により、でまとまったという案件。(笑)

とよ子の奇抜作品「ご長寿匠芸術の数々、そして、数多の名言遊び仕掛けをちりばめてお待ち申し上げております!
なんせ、私にとってもここからが準備開始のため、どうなることやら・・・、未知未定のもう宇宙的に読めませんが、
会期は、4月あたまよりスタート!・・・の気配、希望、野望。(笑)

ご家族・ご親戚・ご近所、皆様でお誘い合わせの上、
さらには、「知らぬ人」(=とよ子の真骨頂でもあった似顔絵の題材として、あまりにも有名。)までも巻き込んで、心してお越し下さいませ。(笑)

続報に、乞うご期待!!


------------------------------------------------------------------------------------------------------
(*) 宇宙に飛んでったやつの解説
JAXA 人工衛星『だいち2号』ミッションマークデザインのこと。
2014年5月24日、ロケットのてっぺんに、5メートル四方に拡大されて貼り付けられ、宇宙に旅立ったのデシタ。
(⇒打ち上げの様子)
------------------------------------------------------------------------------------------------------
(**) 我が作品の断片たちリスト at Shisui deux
・直感的な配色の遊びが、造形のオモシロさにいいニュアンスを加えた「天井の配管」⇒:天井配管のカラー配置
・木が落とすをイメージして、テーブルに写し込んだ木々のシルエット。風合いを増した「木陰のテーブル」⇒:木陰のダイニングテーブル
・地上エントランス壁面を飾る、凹凸加工の「ランドマーク」とドアの上にある丸ロゴ⇒:四角いドゥーロゴの看板外壁⇒:角ロゴと丸ロゴ
・地下へと続く階段から生えた地上絵みたいな、いや、地下絵。床に大きく描いたのびやかな「樹木の線画」。 ⇒:フロアに描く樹の線画
窓から見える木々のイメージングが、物語る「木々の切り絵画」⇒:「窓の外に見える木々」の切り絵絵画



⇒ ALL about TOYOKO:「とよ子」の仕業いろいろ/⇒「おばあちゃん學枝」のすべて

⇒「とよ子と似顔絵」作品集/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ/⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子語録」の項/⇒「とよ子と手紙」リスト/⇒「とよ子とぬりえ」リスト/⇒「とよ子とルール」の項/⇒「POSTCARD」リスト
by makisaegusa | 2019-02-28 00:00 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

ART WORK: "LIFETIME-DOT" / Toyoko 35276dots !! (マダマダ途中)

人生に重ねた歳月を「年」ではなく「日」で測り、
人生の長さを可視化して体感するプロジェクト『LIFETIME-DOT』(ライフタイム・ドット)!!

これは、「私たちに与えられた一生は、長いのか短いのか・・・??」
それをどうにかして実感してみたいと欲する私による、人生時間をヴィジュアライズする遊び
パンチアウトした色紙「1粒=1日」として、表現するこの作品は、
その色彩と数量を視覚触覚することで、人生という時間へのまったく新しい感情感覚を体験できるという、私の大好きなアートワーク!

「1粒=1日」ルールのために、
制作
段階から「ひとつとして落っことせない!」レベルの丁寧さで、慎重ドットを扱う自分の様子もまた、ずいぶんと興味深く。
まるで、別の次元に存在する作品の深淵を旅しているような。
自分の中に生まれる感覚の一部始終がオモシロいという、とんでもなく内界に刺激的なこのシリーズ
制作の一から十まで「随時、人生が愛おしい」という狂おしい仕組みになっている。

さて今回、ビジュアライズを試みたのは、
昨年この世でのシゴトを終えて96歳にて旅立った()、我らが奇才おばあちゃん「とよ子の人生!!

・・・実は、ずいぶんと前からのんびり制作を続けていたんだけども、なっかなか届かない。
本当は、おばあちゃんの手のひらに集めて、それを写真に収めたかったんだけど、
この大物の時間を相手にするには、私の時間感覚は、まだまだ素人だったらしい。ザンネン!

なにせ、余裕で3万日超え35,276日!
※ちなみに、27〜54歳だと、まだまだ1万日台
d0018646_14184274.jpg
圧倒的だなあと想いを馳せながら、地味な作業を地道に地道に・・・。
その過程も、なんだかんだで、やっぱり愛おしい。

いつ完成を見るのやら分かんないけれど、現時点で、見た感じ、まだ1万日にも到達していない感。
一日一粒作ってたら、あと90年ほどかかりそうなので、
せめて、一日三粒は作って、30年以内には終わらせたい所存。(笑)

ほんと、人生は、いつでもどこでもいつまでもブラヴォ!



⇒『LIFETIME-DOT』シリーズ/⇒抜け殻:「紙サラダ

⇒ ALL about TOYOKO:「とよ子」の仕業いろいろ/⇒「おばあちゃん學枝」のすべて

⇒ちょっとだけ「工作」群/⇒ちょっとした「」の話/⇒「紙工作」少々

⇒「生まれてから何日たったのかな」:今日が人生何日目か調べられるサイト。記念の日まで分かるステキさ。

by makisaegusa | 2019-02-26 00:00 | "LIFETIME-DOT"-人生点々 | Trackback | Comments(0)

[西日本豪雨+台風21号+北海道地震] ハフュッフェン社の復興支援:15. 感謝状と御報告★総額「¥160,000」の寄付を完了!

すっかりすっかりご報告が遅くなりました!!
ハフュッフェン社による西日本豪雨」「台風21号」「北海道地震」復興支援「ファフュッフェンくん

遂に遅ればせながら、2018〜2019年での寄付金総額¥160,000を、
北海道・岡山広島愛媛各¥40,000ずつに配分し、寄付完了いたしました!
このアクションに賛同協力してくれた、ハフュッフェン仲間のみんなに、心からの感謝を申し上げます。

ここに、各自治体からの感謝状を添えて、ご報告をさせていただきます。
d0018646_01141090.jpg
d0018646_19191901.jpg
ほんとにほんとにアリガトーーーーーーーーーーーウ!!

今後とも『ハフュッフェン社』のゆるぅい活動に、引き続きご注目をっ☆☆☆☆☆

------------------

一刻も早い復興を目指して、みんなと一緒に「ハフュッフェン社」も。
傍にひとつのファフュッフェン
いつも、復興への祈りを忘れないように。

みんなの新しいマイニチのために!



⇒いままでの『ハブ式会社ハフュッフェン社』プロダクツ/⇒いままでのハフュッフェン人形/⇒What's Hafüffën?「ハフュッフェンとは?
⇒復興支援のハフュッフェンくん=『ファフュッフェンくん』作品のあれこれ

【西日本豪雨】

【3.11】
⇒「震災:ハフュッフェン社に出来ること 【Fafüffën】
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:1.ファフュッフェンくん・しっかり先行予約開始!
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:2.ようこそ"Zakuro"テキスタイル! [ハフュッフェン社×Zakuro]
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:3.ハブ式会社ハフュッフェン社+増産ファフュッフェン
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:4.布マニア"Doily"からのマニアック布とボタン![ハフュッフェン社×Doily]
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:5.ひなたぼっこファフュッフェン
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:6.ハフュッフェン・ポイント
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:7.感謝とファフュッフェン義援金の行方
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:8.南相馬市からの御礼状
⇒「ハフュッフェン社の復興支援:9.ファイナル・ファフュッフェン

by makisaegusa | 2019-02-24 00:00 | Hafuffen-ハフュッフェン社 | Trackback | Comments(0)

『チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ』at 八王子市夢美術館


たまたま情報を見つけて「これ絶対行くやつ♥︎」とときめいて、その1.5時間後には会場にいるという瞬発力を発揮。(笑)
じっくりチェコ堪能した。
d0018646_01280434.jpg

精緻やさしい空気をまとう、あったかくて懐かしい雰囲気の作品たち。
チェコ独特の愛くるしい世界観が、ほんとーーーーにっっっ♥︎♥︎♥︎かわいかったーーーっ!

まだ行ったことないくせに「我が祖国よ、、、」とか言いたくなるくらい(笑)、なめらかに私に馴染んで、
心の琴線にやさしく響いて、自分の中に色彩幸福が満ちてくるような心地さだった。
流れる時間の粒子までもが穏やかで、まるで別次元に存在しているみたいな、なんだか、そんな。

イマジネーションの世界をどこまでも旅しながら、しみじみ「この感じ大好きだなぁ♥︎」って、ワクワク踊る心を感じながら、すっかり没頭!

このかわいくてステキで愉しい展示。
気軽なチェコ散歩に、とってもオススメ。

とりあえず、チェコ!
最終目標、移住に決定。(笑)


------------------------------------------------------------------------------------
チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ/ 春日明夫コレクション
佐久間奏多、林 由未、ミロスラフ・トレイトナル、バーラ・フベナー
Czech-born Contemporary Puppets and Art Toys from KASUGA Akio Collection:
SAKUMA Sota, HAYASHI Yumi, Miroslav Trejtnar, and Bara Hubena
会期:2019/02/08(金)〜2019/03/24(日)
開館時間:10:00〜19:00 ※入館は18:30まで
休館日:月曜日(ただし、祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
会場:八王子夢美術館
------------------------------------------------------------------------------------



⇒「トテモステキ」なものたち/⇒「EXHIBITION」一覧/⇒「REVIEW」あれこれ

by makisaegusa | 2019-02-21 00:00 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

1月「行く」→2月「逃げる」→3月「去る」→4月「死ぬほど長い」!

未知ワードと痛快に遭遇した話。
d0018646_00310658.jpg
「一月、行く。」「二月、逃げる。」「三月、去る。」・・・からの「四月、死ぬほど長い。」

えーーーーーーーーーーー!!!
なにそのオモシロイ言い回しーーーーーーーっ★★★★★★
初耳なんですけどーーーーっ!!!

これスゴイ関西っぽい表現だけど、やっぱエリア限定のやつ?なの、か??

情報、熱烈ニ求ム!(笑)



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「称号」の項/⇒「感覚」の項

by makisaegusa | 2019-02-20 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

おばあちゃん學枝:最後の授業「あまりにも美しい旅立ちの作法」!

松の日を過ぎ、節分を越え、も隣、天の光も神々しく和やかな頃合い。

本日は、独自のメニューで“ボケ防止”を娯楽する、我らが奇才おばあちゃん「とよ子のための遊びの学校『おばあちゃん學枝より、
特別の感謝の想いを込め長らくのとよ子ファンの皆々様に、ご報告を申し上げます。

それは、昨年の年の瀬、2018年12月27日の夜のこと。
『おばあちゃん學枝』は、突如として最後の授業を迎えることとなりました。

とよ子の旅立ちの流儀は、あまりにも美しく。
家族の誰ひとり予期しなかったほど、滑らかに日常の延長線上にあり。
カンペキな「老衰」というスタイルにて、この世を後にし光の世界へと旅立って行きました。
もう「アッパレ!」と表現するより他にないほどに見事で。
その素晴らしさたるや・・・!
「生き切る」とはまさにこういうことであるのだと、まさに、そこには彼女の生き様凝縮されていました。

その朝までは、いつもどおり歩き、に乗り込み、その2時間前までは、いつもどおり「ご飯はまだや」と言い、
何が悪化したわけでもなく、突如のに襲われたわけでもなく。
ただ静かに身体のパーツのひとつひとつが少しずつその瞬間に向かい、穏やかに役目を終えていったという次第。

このセンスのいい圧巻の「してやられた感」には、もはや「天寿まっとう祝福フェス」とかやりたいレベル。(笑)

「先生」おばあちゃん「生徒」の役割で、これまで学校ごっこを遊んで来たけれど、
結局は「教えることは教えられること」だったなぁと法則をまさに痛感しつつ。
出会えた奇跡、共にすごせた時間、交わした会話を思い起こすにつけ、押し寄せるのは、とめどない感謝の念
d0018646_22085793.jpg
四十九日
を迎えた先日。
「あの世ビギナー」として本格的にあの世に旅立つおばあちゃんには、おじいちゃんの大好きだった『とらや』の羊羹を供えました。
あっちで渡してもらおうという下心が透ける、いきなりのパシリ扱いにて上等のはなむけ。(笑)

おばあちゃんの新しい旅路が、幸福な光に満たされていますように。
今頃は、久々に再会したおじいちゃんとヤイヤイにぎやかに口喧嘩でもしているに違いないな、きっと。

さて、とよ子コアなファンの皆々様。
これまで、うちの奇才おばあちゃんに、あたたかな眼差しをさまざまありがとうございました!
本人にしてみれてば、なぜに自分が孫の友だちの間で有名なのか、皆目見当もついていなかったであろうと思いますが。
Tシャツやら切手やら、さまざまな「とよ子」アイテムが誕生したのは、皆様からの声援愛情のおかげ。
これより先は、とよ子のあの世での大活躍をお祈りいただければ幸いです
d0018646_12012305.jpg
旅立つ者へのはなむけといえば、当人のもっとも執着したワードと相場は決まっておりますゆえ、(笑)
ここは、ぜひともご一緒に。

「チン!」はたまた「キン!」()

----------

※写真は、6年前『おばあちゃん學枝』課外授業にて、京都での舞妓体験に出かけたときの()もの。

とよ子:「アンタ俳優みたいやのに、アタシ乞食みたいやなあ!」

マキ:「こんな着飾ったコジキどこにおるねん!」

かくのごとき会話が、帰りのバス車内にて大声で、執拗に繰り返されたという怒濤のオカシ味が、懐かしく思い出深い。
「一体、あの人たちは、どんな写真を見てるんや?!」と、他の乗客たちの心を掻き乱し、
繰り広げられる愉快な会話により、"含み笑い堪えきれぬ"地獄に突き落とした所業に、とよ子の実力の一端を垣間みることが出来る。(笑)

----------

さてと、私も。
たくさんって、たくさんして、たくさん分かち合って、日々を丁寧に生きて行くとしよう!

おばあちゃん。
ほんとにほんとにありがとう。



⇒ ALL about TOYOKO:「とよ子」の仕業いろいろ/⇒「おばあちゃん學枝」のすべて

⇒「とよ子と似顔絵」作品集/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ/⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子語録」の項/⇒「とよ子と手紙」リスト/⇒「とよ子とぬりえ」リスト/⇒「とよ子とルール」の項/⇒「POSTCARD」リスト

by makisaegusa | 2019-02-18 00:00 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

京都のおみやげ*京春日「大原野神社」の神さまのつかい♥︎シカみくじ!

d0018646_04124762.jpg
かわいいシカのアイテムを、もう一個、お披露目し忘れてたーーーーーーっ!!!

この子は、
以前ここで、自慢を怠らず、そのキュート♥︎さを愛でた京春日『大原野神社「神鹿の張り子」!()・・・の仲間。
おみくじを「ぱくっ!」とくわえた、シカのおみくじ!!
これまたまたまたかわいすぎるーーーーー♥︎♥︎♥︎

さてさて、この「シカみくじ」
3匹連れて帰って、ぜんぶ友人知人たちへのお土産にしてしまったので、
私の手元にはもういないけど、その姿を見てるだけで、キューン♥︎と癒される。

この子が大吉なんてくわえてくれてた日には、歓喜の絶叫鼻血は必至。(笑)
京都の西の方にお出かけの際には、ゼヒ京春日にてシカたちとの遭遇をっ。
(※ ほんとのシカはいないので注意。)



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒「お土産」たち/⇒「京都」のあれこれ/⇒「GOOD DESIGN」なものたち

by makisaegusa | 2019-02-15 00:00 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

COLLAGE CARD #104 : Wow!「ワォ!」


ワンダー★ワンダーイマジネーション・ワールドを表現してみた作。
グッドデザインの旧式テレビからイロイロ飛び出した「ワォ!」な雰囲気が、かなり愉しげ!
d0018646_14015062.jpg
お気に入りは、画面から半分出ちゃってる躍動感ある「スポンジボブ」と、ころころリンゴ
そして、決意を秘めたる「ムムムッ・・!」凛々しき表情美しき瞳少年!

ごきげんなインスピレーションを刺激してくれそうな、愉快な世界観
誰に送ろう、このカード???
うん、、、まずは、ワォ!な瞬間に遭遇した友だちに贈呈するとしよう。
♥︎♥︎♥︎

Wow!



⇒「コラージュ」作品一覧/⇒「コラージュ・カード」作品たち/⇒「Birthday GIFT」いろいろ/⇒「3D CARD」少々/⇒「GREETING CARD」作品いろいろ/⇒「MEMBER'S CARD」作品あれこれ/⇒「愉快」の項

by makisaegusa | 2019-02-14 00:00 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(0)

しあわせのしずく

d0018646_01193218.jpg
あなたは、あなた自身の幸福をいちばんに。

どんなに与えたくても、どんなに応えたくても。
たとえ、どんなに周りが満たされたとしても。
あなたの心が満たされていないのならば。
それは、自分を粗末にしているに等しくて、それは、とても痛ましい。

誰かの願いを叶えることを、自分の目的に置き換えることは必要じゃない。
それが、自分自身を大切にするということ。

あなたは、あなたの本心が求めるものを求めればいい。
あなたが満たされたなら、溢れた分をいくらでも。
大切な他の誰かに与えられるから。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「幸福」の項/⇒「大切」の項

by makisaegusa | 2019-02-12 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

食卓のデザイン#49:ナンテコッタの「どら焼き豆」!

食卓に並ぶ、オモシロい造形スタイルを娯楽する、目にも美味なる食卓のデザインシリーズ!

今回は、実家で見付けたオモシロい
なんと、その姿が、まさにミニチュアのどら焼き!!

かわいーーーい!!
❤︎❤︎❤︎❤︎❤︎
しかも、すでにこんがり焼けてる風なのがトッテモ楽しげーーーっ。(笑)
d0018646_12481417.jpg
聞けば、知り合いに貰ったらしく、家族は誰もこの豆の名前を知らず。

ならば!・・・と調査してみれば、
馬に鞍を掛けたように見えることから名付けられた「鞍掛豆」(くらかけまめ)の一種で、
「赤鞍掛豆」とも「赤莢」(あかさや)とも呼ばれる希少種だとのこと。
おぉ、興味深い!

しかしながら、この難解な名称、私には、どうもしっくりこなかったため「どら焼き豆」と勝手に命名
今では、そのしっくり感を堪能している。(笑)

どんななのか、かなりウキウキ☆ワクワクーーーー★
ちっちゃいどら焼きの気持ちで食べて、口の中が軽くパニックになるのが、理想的な楽しみ方の気配。イヒヒ



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒「ヘンテコ」トピックス/⇒「名前」の項/⇒「」の項

by makisaegusa | 2019-02-09 00:00 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)