カテゴリ:Days-そんな日々( 329 )

『メタトロン』によって私が「健康完全体」であることが判明した話

波動測定『メタトロンをやって来た!

身体の中をDNAレベルまでサーチしスキャンできる、ロシアで生まれた量子波動機器
簡単なヘッドセットを装着するだけで、
松果体を通じて、全身の何百ものポイントの状態を計測するという、
まさに未来医療機器でもいうべき安心安全なメカ!

臓器細胞がそれぞれに持っている固有の周波数が、本来あるべき数値からズレることにより生じる体調不良
そんな波動の乱れを検出し、さらには調整してくれるという魔法みたいなスグレモノ!

『メタトロン』によって私が「健康完全体」であることが判明した話_d0018646_08445694.jpg
計測中は、ディスプレイに次々と映し出される、各種臓器血管
一体それどこ?みたいな興味深い画像計測結果のアイコンを眺めながら、ワクワクしながら待機。

そしてそして、パンパカパーン!!
なんと、その結果、私の身体は、カンペキな健康体だということが判明したーーーー!!!
うわーーーーーぁ!!!

一周まわってツマンナイくらいに、ちっとも悪いところがなく、
世界の最高峰を登頂してしまったかのような、
「もはや目指すところはないのか」的なガッカリ感も多少味わうも(笑)、
いやはや、これはスンバラシーーーーーーい!!!
私の身体は最高のパフォーマンスで活動してくれているようで、ほんとにありがたーいっ❤︎❤︎❤︎

聞けば、そのサロンでも、これほど健康体のお手本のような人は、
一年に一人か二人いるくらいのごく少数ということなので、どうやらかなり稀な健康っぷりを発揮しているらしき、私。
そんなわけなので逆に、どんな暮らしをしてるのかだとか、
どんなものを食べてるのかだとかを尋ねられたりして、ちょっと愉快。

徹夜もするし、豪快すぎるムチャなスケジュールとか平気でやってるのに、
こんな結果になろうとは、実にオモシロい。
自己分析するに、頑張らずに心地よいモノを摂取するケミカルを避けた食生活
何よりもストレスフリーでいつもリラックスしていることが大きい、間違いなく。
そして、私はセラピストでもあるので、
全身のチャクラなどの潜在意識のレベルから、自分で浄化して整えてますってことも伝えておいた。うふふ

いままでは街で「モデルさんですか?」って声を掛けられるたびに、
「いえいえ、ただのガリガリです!」って返して来たけど、
どうやら健康面では、かなりなモデルだったらしい。(笑)

なるほど、私は、物理的にはもう完全を極めているのか・・・。しめしめ
さらにこここから、精神意識レベルに至るまで、さらにしなやかな美しさを維持しつつ、
不老不死不死とまではいかずとも、不老くらいは達成したいものだと野望。イヒ!

さてこの『メタトロン』!
全国的に保有している医療機関クリニックサロンなどで受けられるので、ぜひ一度どうぞ!
無数のポイントで細やかにスキャンされてく様を見てるだけでも、ウキウキ楽しい♫

ちなみに、私の行った神楽坂のサロン()では、
私(の胃)に合った食べ物の波動転写したものを、いただくことができたのだけど、
それを飲んで、見えざるものを見る眼によって私自身のチャクラを確認したところ、
まさに「胃」のところにある第3のチャクラの光が増幅して強く放たれるようになっていたーーーー!!
スゴイーーーー!!

ほんとスゴいな、ホンモノの未来の医療
次は、AWGも試してみよっと。



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「セラピー」の項/⇒「波動」の項

by makisaegusa | 2020-09-13 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback(36) | Comments(0)

新しい称号:「パワースポット」「カリスマモデル」「宇宙船」!!

友だちが、私に付けるオリジナルの称号が、
たいがいいつも独創的でオモシロいので、ちょっとずつ収集している。

そんな中、また新しいのがやってきた!!
新しい称号:「パワースポット」「カリスマモデル」「宇宙船」!!_d0018646_20071128.jpg
コレクションに加わったのは、この3つ!
「パワースポット」
「カリスマモデル」
「宇宙船」

宇宙船て!!!!!(笑)

もはや人ではない辺りに、私自身の計り知れぬポテンシャルを垣間見た。

どんなのが登場するのか、これからも引き続き斬新な称号に期待。
皆々様、想像を軽く越えてくようなヤツをお待ち申し上げております。(笑)


【ここまでの称号リスト】
ホンモノの天然
ゴッデス
スピリチュアル様
ヘンタイ
未知世界の超人
スターピープル
かみさま
転機を告げるひと
宇宙人
自然体のお手本
意外と人間
おんなじニンゲンとは思えん
もはやドラえもん
下痢と涙を呼ぶオンナ
母校に帰らない "ようこそ先輩"
フツーのオトナじゃないオトナ
笑って来て笑って帰る
パワースポット
カリスマモデル
宇宙船



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「称号」の項/⇒「宇宙」の項

by makisaegusa | 2020-09-11 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

人生15346日目の盆が正月「マキ式新年」!

人生15346日目の盆が正月「マキ式新年」!_d0018646_00482637.jpg
地球のあっちこっちから、
私の生誕の日をお祝いするたくさんのメッセージをありがとう!!
本人不在にも関わらず、友だち宅では、
マッキン誕生日前夜祭なるものが開かれただとかなんだとか。(笑)

目に見えるものから見えないものに至るまで、
スペシャルなプレゼントがとめどなく私の元に届けられ、
贅沢な幸福を噛み締めながら、浸りながら、溢れるほどに満ち満ちて。
さてと、またみんなに返していこうと決意も新た。

人に好かれようというスタンスを一切持たない私を、
こんなにも愛してくれる仲間が、こんなにもいっぱいいるだなんて、
もうそれだけで奇跡かと思うよ。(笑)
みんな性懲りもなく、ありがとう。
これからもどうぞ末永くよろしくねっ。

さてと、さらなる新章。
盆が正月なこの新年に際して、
これまでとは比較にならないほど、私に含まれる光と力の増幅が凄まじかった今年!
※まだ継続中。

きっと、まさかなまさかなことが、怒涛の勢いで巻き起こるはず。
巻き起こせるはず!
心して、驚愕する瞬間をお楽しみに。

それでは、皆々様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
さらに数多の歓喜を分かち合ってくことを誓います。

謹賀新日々!
感謝。



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「マキ式新年」の項/⇒「」の項

by makisaegusa | 2020-08-16 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

おばあちゃんの形見のボタンの中から「昭和19年」の「大日本十銭」を発掘した!

おばあちゃんの形見のボタンの中から「昭和19年」の「大日本十銭」を発掘した!_d0018646_11440442.jpg
おばあちゃんから生前に譲り受けた形見ボタン箱をかき混ぜながら、
ちょうど使いたいデザインのボタンを探していたら、なんと「十銭」が出て来たー!!
いままで何度もここからボタンを使って来たというのに、
ほんっとに今日の今日まで気付かなかったということにも、ビックリ
驚嘆。

十銭には、「昭和十九年」「大日本」と書いてある。
なんとも時代を感じる表記!

そして、調べてみると昭和19年は、1944年
うわぉ、第二次世界大戦の終わる前の年!
戦時中のお金が、こんなところで出土するだなんて、感慨深い。

このボタン箱は、どんな時代を過ごして来たんだろうかと遠い昔に想いを馳せて、
なんともスゴイぞと、また感動。

あの世に居ながらにして、まだまだ孫へのサプライズを怠らぬとよ子
あなどれぬ、、、おばあちゃんめ!
ありがとう。イヒヒ



⇒「そんな日々」トピックス/⇒「形見の項/⇒「骨董」の項/⇒「三枝家」の項
by makisaegusa | 2020-07-31 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

マキの夢に出られる特権

マキの夢に出られる特権_d0018646_07304563.jpg
ときどき凄まじくくだらないのあるけれど、
私の夢はたいてい明晰なので、夢日記を書けるほどいつも記憶に残っている。

しかも、幼い頃から啓示や予知がしれっと紛れ込んでいることが珍しくなかったため、
それと思しき夢に友人・知人が出て来た場合には、その詳細なストーリーを祝福と一緒に伝えることにしている。

とりわけ高次元を感じる夢に出られる人物は、ごく限られており、
そのランクに登場したとなると、なおさら!
私の中では「よくぞここまで、、、同志よ。ヨウコソ!」な気分が盛り上がって、かなり熱烈歓迎のムウドになる。

どうやら私の夢に出演するためには、幾つものたいへんなオーディションがあり、
その関門を突破した者だけが、晴れて登場する仕組み、たぶん。(笑)
今夜は、誰か来るかなあとささやかに期待しつつ・・・。

ハイディメンションの扉からどうぞ。
出られた人は、ほんと誇っていい。
それほどにどうやら狭き門!

いつでもようこそ。うひ、ひ!



⇒「そんな日々」トピックス/⇒「maki+」の項/⇒「」の項/⇒「次元」の項

by makisaegusa | 2020-07-15 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

まきのまいにちのおよぎかた

まきのまいにちのおよぎかた_d0018646_01293637.jpg
「どうしてマキは、いつも愉しそうで穏やかでハッピーなの?」と、
私の仕組み(!)を知りたがる友だちが時々尋ねてくるので、チョットまとめてみることにした。(笑)
こういう感じで生きてます的な私のスタンス。
私のマイニチの泳ぎ方、、、カクノゴトシ!

・他人の言葉は助言でしかない。
・遊び心で日々を彩る。
・自分に生じたすべての感情を受け入れる。
・全力でやったならば反省しない。
・常識に照らし合わせて意義を判定しない。
・すべてが新しいチャンス。
・自分にはベストしか訪れないことを知っている。
・知識を得ることを答えとしない。
・ナゼを追究し続けて、思考をやめない。
・絶望を諦めと同義としない。
・不測の事態を娯楽する。その瞬間の自分のリアクションに期待する。
・「人と違う」を心底オモシロがる。嬉しがる。
・勝ち負けに興味がない。
・嫌われようが好かれようがどっちでもいい。
・自分のダサさを愛する。
・ただし自分の中にある信念という美意識に基づいて行動する。
・すべての決断の責任を自分で引き受ける。
・たいがいのことがめでたい。
・正直。
・本心を話す。
・自分にも他人にもリスペクトを表す。
・コネクションを求めて人と繋がらない。
・失敗を楽しむ。
・リラックスしたとき発揮される無限のポテンシャルを知っている。
・どんな状況にあっても不可能を口にしない。
・心躍ることをする。
・義務感で決断をしない。
・媚びない。
・急がない。
・愛する。

ホントはまだまだありそうだけど、ひとまずザッとまとめたリスト。
私の輪郭、なんだかぼんやりこういうカタチ!感。(笑)

エキサイティングなメモの序章、完。



⇒「そんな日々」トピックス/⇒「maki+」の項/⇒「」の項/⇒「スタイル」の項

by makisaegusa | 2020-06-26 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

マキのカオ トヨコに似てると ツウはいふ

死後多忙でお馴染み(!)、
スルッと天の住人になった人生のスペシャリスト、我らが奇才おばあちゃんとよ子

生誕98周年だなあと思いながら、過ぎてった6月8日
マキのカオ トヨコに似てると ツウはいふ_d0018646_19512544.jpg
・・・自分ではゼンゼンそうは思ってないんだけど、「マキは、おばあちゃんに似てる!」と言う人が、たまにいて。
(※たぶん、奇抜な言動を指しているわけではないはず。笑)
そういう相手に遭遇すると、
「お、さては、ツウだな!?」と言いたくなるってのを、ふいに思い出してウフフ
※「鼻が三枝家」「三枝の鼻」のが言われがち!で、おじいちゃん由来のポイントのが指摘されがちなため。

改めて、【速報版】おばあちゃん學枝:「とよ子舞妓」変身体験の写真を見返しながら、
やっぱりゼンゼン似てないなあと思いつつ・・・。(笑)
自らをコジキと称する凄まじい語録が誕生した、あの日の会話を思い出して、またウフフ

おばあちゃん、誕生日おめでとう!
そっちは、平和そうでなにより。
私は、相変わらずの相変わらず、ニコニコごきげんにしているよっ



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「とよ子舞妓」の項/⇒「おばあちゃん學枝」の項

by makisaegusa | 2020-06-09 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

ザンネンながら、すべてお見通し。

ザンネンながら、すべてお見通し。_d0018646_00482549.jpg
取り繕って、誤魔化して、虚栄心掻き集めて演じてみても。
あいにく私には、すべてお見通しなので。

無様に悪あがきなんかするよりも、肩の力をもっと抜いて。
ただ、あなたは正直に、マッスグありのままでいればいい。

ここにいても、どこにいても。
たとえ私が、あなたの目の前にいなくても。




⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「」の項/⇒「正直」の項

by makisaegusa | 2020-05-23 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

「FBI」にマークされている可能性も否定しきれない『SSSS』の女。

ニューヨークを経由して成田に向かう便の乗るべく、その日、私は、ペルー首都リマ空港に居た。

搭乗口近くのベンチに腰掛けたとき、目に入ったのは、
向かい側のベンチに置かれた赤いバックパック
放置されていた。
ただし、その時の私には、その赤さの方が強く印象に残ったため、
持ち主不在であるということには、まったく意識が及んでおらず。
別段、気にも留めることなくトラベルジャーナルをしたためながら搭乗開始までの時間を過ごそうとした矢先、
突如、係員「ここから5メートル以上離れるように!」と周囲にいた数人に告げ、
パーテーションのテープを張り始めた。

私はすぐさま、その赤いバックパック不審物として認識されていることを理解し、
少し離れた場所へと移動
するとその後、「15メートル以上退避してください!」とさらなるアナウンスがあり、
その場にいた大半の人たちが、一斉に移動
遠巻きに観察していると、警察犬までもやって来て荷物のチェックをしている。

これだから米国便は・・・と言ったムードの中、安全確認は済み、
結局なにごともなかったということが発表されて、全員ぞろぞろと再びについた。

「不測の事態」超ウェルカムな私としては、
もうひと捻りオモシロいトラブルに発展してくれてもよかったのにと、多少不服にも感じつつ。
「いや、でもニューヨーク便でのそっち系のトラブルは、ガチすぎるだろうから、このレベルでちょうどなのかもしれないな」と、当の状況を甘受。(笑)
「FBI」にマークされている可能性も否定しきれない『SSSS』の女。_d0018646_23423883.jpg
かくして、人騒がせなバックパック事件は終わり、私にも搭乗の順番がやって来た。

毎度のようにに並び、係員に搭乗券を見せたところ、なんと即座に、
「あなた、なんかヤバいもの持ってる?」との劇的質問が投げかけられた。

え・・・?!

おばあちゃん「舞妓とよ子」の等身大パネル()を預けた以外、
自身で認識しているハッピークレイジーなとこはないし、
サスピシャスなとこもないので、迷うことなく「NO!!」と返答するも、
「あなたはそっちへ!」別の列を指定され、問答無用、隣のレーンへ誘導された。

そこは、「不審」の疑いをかけられた人たちが、重点的にチェックを受ける列。

うっわー!!!
ここに来て、私が、「不審者」なパターン来たかーーーーー!!!!(笑)

いいぞいいぞ、オモロイことになって来たぞー!・・・と、
あらゆるデキゴトを愉快犯的に娯楽する私は、めっちゃ楽しい気分になってウキウキと検査待ち。

いかにも善良そうな人々が列に並んでおり、
前のおじさんから、「こんなコトよくあるの?」と訊かれたので、
「ないないー!なんでだろうねぇ??」としれっと答えるも、
「いや私、結構いろんなとこで確実に怪しがられて来ました!!」経歴走馬灯のごとく、脳裏を駆け巡る。(笑)

・・・とは言え、今回も後ろ暗いトコは一切ないので、
こういった場合のいつもの流儀にて、ひたすら従順に、
ジャケットを脱ぎ、を脱ぎ、薬物の痕跡がないかを衣服リュックの中までチェックされ、
「はい、オッケー!」ってなったとこで、辺りを見回してみると、おっとビックリすでに誰もいなーい。
どうやら、私が最後の搭乗者らしい。

不審系イベント帰国のはなむけだなんて、なにこのセンス、サスガすぎるじゃないかと強運の自分を讃え、
内心ニンマリにて、やっとの搭乗完了。(笑)

おばあちゃんを預けるときに、きっちり等身大パネルですと言わないで、
「Obra (de arte)! /作品!」と漠然と説明してしまったのが、怪しさを醸したのだろうかと省みながら、
即座に私を不審者レーンに誘導したのは、
もしや、このチケットに見慣れぬ『SSSS』が書かれていたせいなのだろうか?と考察したりもしながら、
嗚呼、なんともエキサイティングな体験だったと愉快なネタに満足し、
帰路につき、帰国を果たし、日本での日々を過ごしていた、、、先日、
ふいにネットで『SSSS』関連の記事()に遭遇!

なんとそれは、
『FBIのテロ対策ウォッチリストに名前がある要注意人物』を判別するために使われているとのこと!

エフビーアーーーイーーーーーーーーーー!!!(笑)

なんかもうオモシロすぎる。
突如、日常に降って湧いたFBI。(笑)
万が一には、彼らにマークされている可能性もあるということではないか?!
なるほど、私が怪しがられがちなのはそういう理由からだったのかと半ば冗談的に納得しつつ、
訓練がてらランダムに一般人にも付与されるとのことなので、そっちで選出されたんだろうと良き解釈にて、ひと呼吸。
・・・そうは言っても、ある意味、
亡きおばあちゃん舞妓姿のパネルを持ち歩くのも、考えようによっちゃなかなかのサイコかもしれず、
それが選出理由になったのかと、滑稽さが湧き出てたまらぬ。(笑)

注視するに越したことはない『SSSS』の女
今後とも気を抜かぬように、どうか。(笑)



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「怪奇」の項/⇒「」の項

by makisaegusa | 2020-02-12 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

それ言われたら行く。

魔法的な言葉で人を動かしがちな私を、魔法的に動かす言葉があることを発見した!(笑)
それ言われたら行く。_d0018646_22314670.jpg
「マキに、会いたい!」

この言葉を言われたら、一気に私、「会う」本気出すってことに気が付いた。(笑)

「今度ごはん行こう!」だとか「今度◯◯しよう!」だとか、
会うニュアンスの話をいくら重ねていても、
その中に「会いたい」のひとことが含まれているか否かで、「会う」の達成される確率歴然の差だと判明し。

ひとたび、「会いたい」ワードが含まれていれば、
距離時刻も無関係に「会う」を実現するために動き出す、、、らしい、どうやら、私。(笑)
軽やかすぎるフットワークで、地球上どこにだって飛んでくし、
困難な場合にも、新たな策を講じてなんとか現実に持ってこうと試みる。
・・・というシンプルな習性が過去の自分を顧みて、ワカッタ。

誰かと「会う」ためなら、
他の時間を削ることを厭わない私の人生のコンセプトを垣間見た感触が、悦ばしい。

いい発見!



⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「言葉」の項/⇒「再会」の項

by makisaegusa | 2019-11-19 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)