カテゴリ:Travel-旅+おでかけ( 153 )

【新野望】サエグサ日本代表くらいな心意気で「サングエサ」に行く!・・・べくスペイン語の勉強を再々々々開!

「海外の旅にまた自由が戻ったらどこに行こう??」世界地図を眺めながら、
次の旅路に想いを巡らせていたら、思い出した!

去年、スペインにたまたま発見()した私の名字「サエグサ」にそっくりなスペリングの町Sangüesa(サングエサ)のこと!

そうだった!危うく「サングエサ」を外すとこだったーーーッ!!
・・・というわけで、
「サエグサ日本代表くらいな心意気でサングエサに行く!」を次なる野望に設定!
誰にも承認されてないけど、日本代表。(笑)
【新野望】サエグサ日本代表くらいな心意気で「サングエサ」に行く!・・・べくスペイン語の勉強を再々々々開!_d0018646_01314572.jpg
¡Iré a Sangüesa como representante de Saegusa en Japón!
¡Vamos juntos!

市長にも表敬訪問して挨拶しなきゃな、なんて妄想も膨らませつつ。
旅の完全解禁までは時間もたっぷりありそうなので、
今度こそ、しっかりスペイン語をマスターしようと再々々々スタディを開始したところ。

これまで、南米4回も訪れておきながら、テッキトーエスパニョールで、
テッキトー会話して巧い具合にすり抜けてきただけの自負しかないので、
今度こそ、しっかりスペイン版のスペイン語を習得しようと、改めて改めて新たに改めての勉強中。エヘヘ

楽しみ!
しれっと習得して、さらっと披露する日。
新しい旅に向けての準備着々。

延々のびしろ!



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「野望」の項/⇒「ことば遊び」の項/⇒「Sangüesa(サングエサ)」シリーズ

by makisaegusa | 2020-11-14 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback(50) | Comments(0)

春が来たので『深大寺のだるま市』!

が来たので、毎年3月3日・4日深大寺で開催される「だるま市」へ行って来た!

コロナウィルスが蔓延るご時世のため、例年よりも境内のだるまやさんの出店は少なかったけれども、
太陽が顔を出す心地よいお天気のもと、そこかしこに溢れるだるまたちの赤い色彩は、
目にも鮮やかで、突き抜けにオメデタかったーーーっ。
春が来たので『深大寺のだるま市』!_d0018646_19352424.jpg
今回、新しく迎えたのも、ヒゲの線の軽やかさがお気に入りの東京だるま
(※ 高崎のは、ヒゲがすごい濃い!)

去年のだるまちゃんたちの目には、阿吽のを入れてもらい、ありがとう!さらば!
今年のだるまちゃんたちの目には、阿吽のを入れてもらい、開・・・眼!
白目目入れの順番を待つ姿が、愛らしい。(笑)

こうして私は、束の間の滞在ながら、春と言えばの風物詩を堪能してゴキゲン満足

寒風吹き荒ぶ季節を越えて、が咲き、モクレンのつぼみがほころんで、だるまが色を差しながら、
じわじわ本格の春に移り変わっている季節が嬉しい。
ようこそ春!

ところで、今回のだるまちゃん
現在開催中のブログビンゴBLOG BINGO 2020にて「ビンゴ」一列イチバン乗りした方に、おひとつ特別にお届けいたします。
うわぁい、スペシャル!
お楽しみにっ。




【BLOG BINGO 2020】DAY13 -> Today's Number is................."34"!!
※ だるま市が開かれる日にちにちなんで。
- ビンゴ:0人
- リーチ:2列x1人、1列×5人



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「ダルマちゃん」活躍一覧/⇒「だるま市」リスト/⇒「深大寺」散歩/⇒「」のこと

by makisaegusa | 2020-03-05 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

【瞬間的*熊本の旅】噴煙を上げる阿蘇山『中岳』とカルデラ在住の「牛」とサヨナラの「彩雲」!

世界を旅して痛感するのは、
「人間は、ビックリするくらいどんな所にでも住んでいる。」ということ。(笑)
無謀に思えるような過酷な環境にすら、ちゃっかり定住者がいるもんだから、その逞しさには驚嘆するばかり、なのが、常。

これまた阿蘇も、まさにそれ!
カルデラの中に農地があって道路があって住居がある、そんな風景を初めて目撃したときには、かなり驚いた。
最初にここで住むことを決めた一人目は、
一体どんな心意気でここに乗り込んだんだろうかと考え出すと、様々なバリエーションが想像されるけど、
結局のところ、その勇敢さ強靭さには、アッパレしか出てこない気がする。(笑)
ホント、アッパレ。

さてそんなこんなで、あっという間に過ぎ去った濃密な阿蘇の旅
心地よい旅っぷりに満足して、町を目指した帰り道
【瞬間的*熊本の旅】噴煙を上げる阿蘇山『中岳』とカルデラ在住の「牛」とサヨナラの「彩雲」!_d0018646_02252294.jpg
【瞬間的*熊本の旅】噴煙を上げる阿蘇山『中岳』とカルデラ在住の「牛」とサヨナラの「彩雲」!_d0018646_02253583.jpg
もくもくとグレーの噴煙を高く立ち上らせている阿蘇山『中岳』を眺めながら。
のんびり放牧されているを横目に、火山灰をうっすらかぶったで走りつつ。
外輪山を反対側から見たとき、「わぁ!グランドキャニオンに似てる!!」ってことを大発見した。
(まだ、行ったことないけど!笑)

そんな穏やかな旅路の終わり、夕陽サヨナラの彩雲を見せてくれて、ますます贅沢な気分にどっぷり。
虹色ギフトに歓喜!
スペシャルな時の運に、シメシメ!

嗚呼、自然界別れのセンスも抜群にいいらしい。

たくさんの素敵な出会いに満ちたいい旅だったッ。
デリシャス!



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「熊本」のこと/⇒「自然」の項/⇒「異次元」の項

by makisaegusa | 2019-12-22 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

【瞬間的*熊本の旅】透明の風が抜ける生命の杜『上色見熊野座神社』(かみしきみくまのいますじんじゃ)の穏やかな異次元!

見えざるものたちの生物多様性
この参道を歩きながら、そんな言葉が頭を過った。

ここは、南阿蘇は高森町『上色見熊野座神社』(かみしきみくまのいますじんじゃ)。
ゼッタイ読めない系のヤツ。(笑)

さて、この地。
誘ってくれた友だちも行ったことがなく、それならば!と訪れてみれば、
どうやら、夏目友人帳のスタッフによって制作されたアニメーション映画『蛍火の杜への舞台となった神社らしく、
冬の日にも関わらず、火山灰降る日(!)にも関わらず、訪れる人が途切れることがなかった。

・・・にも関わらず、決して自然の呼吸が乱れることがなく、
多くの生命たちが、共に静かに穏やかに暮らしていることが感じられて、それが悦ばしく清々しく有り難かった。

尊い杜
【瞬間的*熊本の旅】透明の風が抜ける生命の杜『上色見熊野座神社』(かみしきみくまのいますじんじゃ)の穏やかな異次元!_d0018646_21161533.jpg
【瞬間的*熊本の旅】透明の風が抜ける生命の杜『上色見熊野座神社』(かみしきみくまのいますじんじゃ)の穏やかな異次元!_d0018646_21400272.jpg
【瞬間的*熊本の旅】透明の風が抜ける生命の杜『上色見熊野座神社』(かみしきみくまのいますじんじゃ)の穏やかな異次元!_d0018646_22211695.jpg
【瞬間的*熊本の旅】透明の風が抜ける生命の杜『上色見熊野座神社』(かみしきみくまのいますじんじゃ)の穏やかな異次元!_d0018646_23074886.jpg
「神秘的」なんてありきたりな言葉にしてしまうことが、どうしてもはばかられる。
・・・なんて言うか、もうちょっと複雑で、それでいてシンプルな息吹きのニュアンス。

神殿の裏手に続く坂道を登って行くと、「穿戸岩」と呼ばれる大きな空洞があって。
そこから吹き抜ける風は、スゴくヒンヤリしていて心地よくもあり、やっぱり、最終的にめちゃくちゃ寒くて震えたけど。(笑)
この勢いよく流れ込む風が、この領域から滞り澱みを吹き飛ばしているんだなと納得。
そんな自然界力強さ頼もしさを感じつつ、神社を後にしながら、
太古の昔には、こんなふうに多様な息吹きに彩られた場所が、きっともっとたくさんあちことにあったんだろうなと想いを馳せた。

異次元へのささやかなトリップ
鳥居から出たとき、ほんとに「あ、現実に戻った。」って思わず口に出していたほど。

緑の苔に覆い尽くされた季節に、また訪れてみたいな。



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「熊本」のこと/⇒「自然」の項/⇒「異次元」の項

by makisaegusa | 2019-12-21 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

【瞬間的*熊本の旅】南阿蘇村に湧き出る『白川水源』のあまりにも美しい天然水!

それ言われたら行く。」性質のある私は、それ言われたのでビューンと旅に出た。
ほぼほぼ友だちに会うためだけに向かった、あっという間の熊本の旅路!

震災後、道路が完全に復旧しておらず行きたくても行けなかった白川水源への想いを、再会した友だちに告げたところ、
「じゃあ、行こう!」ってことになり、ふいに念願が果たされ、叶えられたあまりにも美しい場所への探訪。
【瞬間的*熊本の旅】南阿蘇村に湧き出る『白川水源』のあまりにも美しい天然水!_d0018646_00330413.jpg
【瞬間的*熊本の旅】南阿蘇村に湧き出る『白川水源』のあまりにも美しい天然水!_d0018646_00331456.jpg
驚くべき勢いで湧き上がり続ける、透明よりも透明な水
あまりにもキレイで、粒子のひとつひとつまでもが美しく輝いて目眩

水中の苔地上の紅葉の映す色彩が見事に溶け合って、目を疑いたくなるほどの絶景で、
もはやイリュージョンと言っても過言じゃないほどの異次元感に、うっとりありがたく手を合わせる心地だった。

この生命力!
心が洗われるって、きっとほんとこの場所で体感する、この感じ!

・・・深呼吸

ちなみに、この場所、
見えないものを見る仲間たちによれば、妖精もしっかりちゃっかり居るらしい。
ステキ!!



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「熊本」のこと/⇒「自然」の項/⇒「」の項

by makisaegusa | 2019-12-20 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

【Libro de Fotos "Sudamérica" 南米フォトブック 2019】"Trujillo" edition トゥルヒーリョ編!

死後が多忙(!)でお馴染み、我らが奇才おばあちゃんとよ子『おばあちゃん學枝』世界巡回展ならぬ、世界徘徊展南米編!

今月初旬まで続いたの先々、各国各地にて、
そのファンタジスタっぷりを炸裂させ、
多くの人々を魅了し笑顔にしたとよ子の功績は、ミゴトの一言。

さて、そんな素晴らしいの中でも、
15年振りに再会した友だちたちと探索したペルー・トゥルヒーリョでの様子をふんだんに収めた、
濃密なフォトアルバムが、このたび完成!!
【Libro de Fotos \"Sudamérica\" 南米フォトブック 2019】\"Trujillo\" edition トゥルヒーリョ編!_d0018646_13242238.jpg

私的な保存用と、ペルーへの贈答用として制作していたものの、
日本の奇特な友達たちからの「欲しい❤︎」な声をキャッチして、まさかの増刷。(笑)

チャンチャン遺跡の散歩やら、
インカの王との奇跡のコラボなどが収録された、問答無用のスペシャル版
万一、ご希望の方がいらっしゃいますれば、お問い合わせドウゾ。(笑)

今後は、是非とも別のエディションにも着手してみたいところ。
Que bueno!
ケ ブエノ!



⇒「旅 + おでかけ」一覧

by makisaegusa | 2019-10-19 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

しとしと雨降りの『深大寺のだるま市』2019

アメにも負けず、ヒンヤリにも負けず。
・・・でも、やっぱり寒いのは苦手だから、ピューーっと!

毎年3月3日・4日に『深大寺』で開かれている春の風物詩『だるま市』に今年も行って来た!
しとしと雨降りの『深大寺のだるま市』2019_d0018646_00500352.jpg
ちっちゃな金ピカだるまちゃんと、フツーだるまちゃんを新たに迎え入れ、
「あうん」「阿」(あ)の字を書いてもらい、開眼完了!
今年のは、去年とは、ちょっとひげのスタイルがチガウ。

そして、この一年間、実家に飾っていた「阿」だけの片目ダルマちゃんには、「吽」(うん)の字を入れてもらってから、
さよならポスト(「だるま納め所」)へ、シュート!
コロコロコロコローーーーー!!っと勢いよく転がって行った。
満足!!

新しい一年も健やかでありますようにっ。



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「ダルマちゃん」活躍一覧/⇒「だるま市」リスト/⇒「深大寺」散歩/⇒「」のこと



by makisaegusa | 2019-03-05 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

ラオスの旅:#20 メコン川の島にホームステイ「第一村人:カニ」

かつてのラオスの旅で撮影した懐かしい写真を眺めていたら、ふいに見付けた。

記憶をくすぐる魅力的な存在。

それは、メコン川の下流で、島で高床式住居ホームステイすべく、舟で中州に渡ったときに遭遇した第一村人「カニ」!

カラカラに干涸びたカニ!!
ラオスの旅:#20 メコン川の島にホームステイ「第一村人:カニ」_d0018646_23043575.gif
嗚呼、実に、深みある雰囲気。
まさしく、メコンの摂理の仕業。

ちなみに、第二村人は、ニンゲンでした。(笑)



⇒「ラオスの旅:#00 始動
⇒「ラオスの旅:#01 家族の肖像
⇒「ラオスの旅:#02 Flight = ナリタ(日) → ハノイ(越) → ルアンパバーン(老)
⇒「ラオスの旅:#03 遥かなる朝市への道 - 壱. 近所のワット
⇒「ラオスの旅:#04 遥かなる朝市への道 - 弐. スゴキャラ図鑑
⇒「ラオスの旅:#05 遥かなる朝市への道 - 参. エキセントリック「ミノムシ」と「アリ」の観察
⇒「ラオスの旅:#06 遥かなる朝市への道 - 肆. まんまんちゃんあん
⇒「ラオスの旅:#07 遥かなる朝市への道 - 伍. みんなの朝
⇒「ラオスの旅:#08 「朝市」ギャフン三昧
⇒「ラオスの旅:#09 「朝市」モグモグ
⇒「ラオスの旅:#10 グッド「ハロー」・グッド「シーン」・グッド「ミール」
⇒「ラオスの旅:#11 小学校前の「アイスキャンディーやさん」と「パートタイムふた係」
⇒「ラオスの旅:#12 街角の小坊主さんたち
⇒「ラオスの旅:#13 「ワット・シェントーン」のおっちゃん★オンステージ
⇒「ラオスの旅:#14 「ワット・シェントーン」赤堂と本堂のモザイク画
⇒「ラオスの旅:#15 『ワット・シェントーン』スゴ屋根「本堂」と、金ピカ「霊柩車庫」
⇒「ラオスの旅:#16 「精霊人形」の天才的作家★おばちゃんパリィ
⇒「ラオスの旅:#17 ルアンパバーンの「早朝の托鉢」
⇒「ラオスの旅:#18 キット美味シイ「ニワトリくん」

⇒「」の項/⇒「ALBUM」シリーズ/⇒「ラオス - Laos」の旅あれこれ

⇒「laos」by hisami (husica)
by makisaegusa | 2019-01-30 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

[FOOD EVENT] 『ケフィールxケフィール Newロシアンフード・パーティ』に行ってきたっ!

[FOOD EVENT] 『ケフィールxケフィール Newロシアンフード・パーティ』に行ってきたっ!_d0018646_23112487.jpg
友達のタオシンから楽しげな気配たっぷりのお誘いがあったので、参加を即決。

それは、ロシアから来た新しいヨーグルト種菌"ビオ・ケフィール"お披露目パーティ
ケフィールを使った彩りたっぷりの美味しくいフードに、DJケフィール(!)のセレクトする心地いいサウンド
未知なるロシア暮らしケフィールにまつわる興味深いトークバレエヨガのレッスンまで!

いろんな楽しみの詰まったエキサイティングでデリシャスなロシアンイベントだった。
満腹、満足!

それにしても、ロシアのデザインてほんとかわいい♥︎♥︎♥︎



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ

⇒「EVENT」の項/⇒「Russia」の項/⇒「FOOD」リスト

by makisaegusa | 2018-11-27 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

【いきなり鳥取の旅】#03:因州和紙の紙すき体験★マキ式自由奔放作品「和紙」!

そうだ!・・・の閃きからふいに飛んだ、3月のすっごい弾丸「鳥取の旅」()。

その旅先で、私は、初めて「因州和紙」なる存在に遭遇
あおや和紙工房という工房で、手漉き和紙ワークショップに参加してきた。

ブラヴォォオオ。
【いきなり鳥取の旅】#03:因州和紙の紙すき体験★マキ式自由奔放作品「和紙」!_d0018646_23035888.jpg
想像以上にクリエイティブな遊びのできる、和紙ポテンシャルの高さにカンゲキ。

私は、ショップで見かけて一目惚れした、ぽこぽこ穴あきみたいになっている和紙を作ろうと決意。
先生に訊けば、「高い位置から、水をポタポタとランダムに落とすといいですよ」とのことだったので、気分に任せて、パシャパシャポトトトト!
・・・やりすぎて完全に穴が空いちゃったとこは、ちゃんと先生に補修してもらい、(笑)
テキトウにちぎった色の和紙を好きに配置して、金箔銀箔の混じった液も、美しく散らしてキラリンも追加。

朝に見た鮮やかな菜の花がすごく印象的だったので、黄色の和紙から手に取った私は、もっと春色に仕上げようというだったのに、
もっと自由だった私の手足とイマジネーションは、ゼーンゼン違った雰囲気に仕上げてくれた。(笑)
そんな奔放なる感性の作、満足の出来映え!(-> photo1)

その後、ビックリするほどの吸引力で、あっという間に水分を吸い取るマシンで、ギュイィイイイイン!!(-> photo2)
さらば、水滴。

続いては、少しだけ手作業
まだ少しウェットな和紙を二枚の布の間に置いて、ローラーでゴロゴロとプレス
そして最後は、カラッカラに乾燥させることのできる壁型マシン(!)に貼付けて、乾き切ったら完成!!(-> photo3)

うわーーーーい♥︎ゴーージャス!
トッテモイイノデキター!!

※ ちなみに、数日前の(⇒「GiFT」)幻想的だった写真の正体、実は、この和紙でした。うふふ



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「鳥取」の旅/⇒「」の項/⇒「WORKSHOP」リスト



by makisaegusa | 2018-03-30 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(2)