カテゴリ:Daily fun-まいにち遊び( 141 )

アイシングクッキーパレット。

d0018646_1531970.jpg
海外に暮らしていると、どんなに毒々しい色のクッキーだってマフィンだって、結構当たり前になってしまうけれど、
帰国してずいぶん経ち、久々にこうやって見てみると、あまりのビビッドさに不安、、、は通り越して、やっぱりハッピー!

さて、私が、夢中になって夜なべで作ったのは、色とりどりのクッキーたち。
アルファベットも、数字も、全部がいろんなデコレーションをされて、パーティみたいに嬉しくなる彩りに仕上がった。
色んな色のアイシングが飛び散ったプレートは、まるで絵の具を散らしたパレット。
ちゃんとした完成品のお披露目は、またの機会まで焦らすとして、これは余り物で作った失敗作風マイネイム。
ついつい、欲望に負けて「I」(アイ)を食べてしまったので、そのポジションはビックリマークで代用。笑
時間が経つほどに湿気ってくるとこを考えると、早く食べねば。
だけど、見てるだけで楽しくなるから、うーん、、、、と、心の葛藤。
とか言いつつ、あっという間にパクリ。
目にも、色彩の補充。
失敗作風じゃないやつのお披露目もお楽しみに。うふふ
by makisaegusa | 2009-03-12 01:40 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(4)

活きのいいジンジャーエールを作る。

d0018646_2185651.jpg
ジンジャーエールといえば、ウィルキンソンだけど、実は、自家製のが一番おいしい。
「だいたいのものは家でも作れる、しかも外で食べるよりもおいしく。」というのが持論なので、ジンジャーエールにだって、挑戦しないわけがない。
昨年に、具合のいいレシピを手に入れて以来、炭酸水から自家製。
それが、飛び抜けて刺激的な味になる上、調合する様子が実験的でそそられる。
ぜひぜひ、ぜひとも、みんなにやってみてほしい!
ジンジャーエールのジンジャーって、ジンジャーだったんだね、と当たり前のことに気づくはず。

写真は、私が作った吹きガラスグラスに入れたジンジャーエール。
グラスとの相性は、ビジュアル的に、あんまりな感じだけど。笑

【Recipe】
ショウガ 100グラム 
砂糖 100グラム 
水 100cc
シナモンスティック 1本
グローブ 3粒
レモン汁 大さじ1/2
*ショウガやスパイスは、無農薬なら尚良し。
*ちなみに、我が家は砂糖ではなく黒糖なので、ジンジャーエールは黒っぽくなるものの、味わい深くて贅沢風。おすすめ。

1. ショウガをすりおろす。
2. 小鍋にショウガ、砂糖、シナモン、グローブ、水を入れ弱火で10分ほど煮る。
3. レモン汁を小鍋に加えひと煮立ち。
4. 茶こしでこす。
5. 冷やす。
6. 炭酸水で、5〜6倍に割っていただく。

【炭酸水の分量】 コップ1杯分
クエン酸 小さじ1/2
重曹 小さじ1/2
水 150〜200cc
(氷 適量)
**************
この炭酸水の泡立ちようといったら、もう。
毎度のことながら、あたふたしてしまうほど、急速にブクブクと泡が沸き上がってくる。
上の写真もブクブク後。(なので、ちょっと絵的には美しくないことになってしまっている。笑)
まだまだ寒い毎日、自宅でこういった実験はいかがでしょ?
実験結果、報告を待ってます。うふふ
by makisaegusa | 2009-02-10 02:18 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(6)

定点観測:チューリップのワンカップ水耕栽培。

d0018646_1711879.jpg
土に植えるには時期を逃してしまったチューリップを水耕栽培で育ててみることにした。
nao(リンク先はブログ"now")がかつてお土産にくれたワンカップ日本酒の鯉のコップを使用。
風情。

チューリップは、驚くほどに成長が早かった。
朝と夜に撮ることにした写真には、毎度、目に見えて変化がある。
根っこの伸びなんて、じっと眺めてたら動きが見えるんじゃないかと思えるほど。
日に日に皮が剥けてのが待ち遠しくて、ある時、欲望に負けてつい取ったなら、
球根がすごい恥ずかしそうだったので、再びかぶせることにした。(写真の下の段右から1つ目と2つ目)
あれは、ちょっと見てはいけないものを見てしまった気分だった。笑
そんな経緯で、なにやら違和感のある帽子になってしまったけれど、きっと気にせず成長を続けてくれるはず。
何色の花が咲くのか楽しみ。
ワンカップでどこまでいけるのかってのも、挑戦的でいい。
ともあれ、春よ来い。
寒いと私は非常に怠惰で、半ば冬眠。
by makisaegusa | 2009-01-26 16:59 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(4)

「山手線一周ぐるり歩こう会」のまとめ地図(後半)。

d0018646_20325773.jpg
(クリックで画像拡大)

話すたびに、一緒に参加したかったとみんなを悔しがらせた企画「山手線一周ぐるり歩こう会」
眠気と寒気にやられた前回、深夜の決行の反省を元に、「なんで、夜中になんかやったんだっけ?」との教訓に従って、
第二回挑戦の後半のウォーキングは、スルッと昼間に変更し、今度は、太陽の高いうちに出発することにした。
出発地点は、前回無念の終了の地、目黒駅前マクドナルド。

ああやっぱり、陽の光は、気持ちいい。 天気もいいから、気分よく、ズンズン進む。
暗闇よりも、ずっと発見も多いし、コンビニ以外のお店もやっているのが、また良い。
行き交う人がいることも、心強く、ピクニック気分の歩こう会メンバー。
そして、光のもとで大活躍なのが昭和カメラ
スタートの目黒駅から、日が傾くまでの有楽町駅までの写真は、とてもアンティークな雰囲気に写してくれた。

さてさて、今回もまた面白い発見が、たくさん。
キレイに色づいた紅葉を楽しみつつ、まずは、五反田と大崎間で見つけた、巨大ピーマン。
種の部分が、風で動くキュートな作品に、「かわいいねぇ」と歩いていると、次に出くわしたのが、頭がやけに長い小人!笑
不気味なこれは、ヨーロッパ人アーティストによる作品らしいのだけど、意図が読めず、奇妙がる私たち。
(ちなみに、電車からも見えるところにあるので、通過の際は要チェック!)
その後は、ヘアピンカーブになっていたため、警戒していた大崎もサラリと越えて、黄色に色づいたイチョウ並木をテクテク品川へ。
そこで、二度寝で遅刻のudanaoと合流。
言い訳もそこそこに足りない分は、後日の残業ということで示談。(現時点で、やり終えたとの連絡はまだない。笑)

それにしても太陽がいるだけで、足どりが軽い。
線路沿いには、いろいろな看板があって、予想外の楽しさを提供していた。
外国の人にも分かるようにと配慮してか「線路に入ったら即手錠」的なものや、
「右は東京、左は新大阪」という脅威の視力を思わせるアハハ解釈のものまで。笑
有楽町のあたりからは、暗くなってきたけれど、なんかすごい行けそうな気運。
大改修工事中の東京駅を過ぎ、神田、秋葉原、御徒町。
おいしいトラップだらけのアメ横では、まんまと「まぐろ焼きハラス丼」をほおばり、気付けば上野。
そして、とうとう、夜7時ちょうどに出発した西日暮里に到着!!
ゴールテープを持った友だちが現れやしないかと密かに期待もしてたけど、そんなサプライズもなく、にわかに、それでも、にやけてゴール!!!
グッジョブグッジョブグッジョブ。ワーイワーイワーイ!!!
さて、ルノアールでお茶でもしよう。

さぁて、次回は、これまた環状つながり、大阪の環状線などどうだろうねと、企む面々。
夜行バスで大阪インして、その日に歩き切り、再び夜行バスで東京に戻るという、歩き逃げなスケジュールを策略。
今後の活動も、すごく楽しみな「歩こう会」。
どこまでも、平和で、愉快で、仲間想い。
参加したい陽気な方は、ご連絡を。笑

ふぅ。よくやった。
by makisaegusa | 2008-12-28 20:32 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(6)

「山手線一周ぐるり歩こう会」のまとめ地図(前半)。

d0018646_19461429.jpg
(画像は、クリックで拡大)

誰に強いられた訳でもないのに、真剣にバカな企画をやりとげる達成感は、人生の楽しみの一つ。
さてこの度、私がやったのは、「山手線を一周ぐるり歩いてみようの会」。
12時間で達成できるらしいとの噂を聞きつけ、富士山登頂成功の経歴を持つ、頼もしい友だち3人と共に挑戦。
千駄木のいい感じのカフェでお茶してから出発しようということで、気合いも入れず軽々しく出発。
とりあえず、地図を持ってる人がいて良かった、、、てな具合で、スタート地点の「西日暮里駅」までも、早々に迷った危うい四人。
だいたい、一周がどれくらいのキョリなのか、いくつ駅があるのか、それすら、誰一人知らないという不安な情報量。笑
出発は、夜7時。
12時間計算でいくと、朝の陽の光を浴びつつ、爽快なるゴールができそうだなぁのドラマチック構想で、テクテク。

山手線でも、なかなか利用しないような北側の地域は、特に新鮮。
予想外にいかがわしい店の多い駅前や、予想外ににぎわいを見せる駅前を、驚きと爆笑で通過。
途中で、中華まんや、道ばたの焼き鳥を買ってほおばったり。
始まってまだ5駅目なのに大塚駅前の、私が手がけた大きめ工作「cafe&dining Shisui deux」にて、
打ち上げか?みたいに、美味しくお食事して、サングリアまで飲んでみたり。
やっとここで山手線には29駅あって、全長が34.5kmだということを知り、ガゼンやる気。
そして、充分リラックスしたあとに、再びトコトコ。

道中、まさかのセーラー服女装おじさんとや、外国みたいな町、新宿の夜景に、ひとっこひとりいない竹下通りなど、
普段は会えない世界との遭遇と、くだらない話で、常にアハハと楽しく歩き続ける。
とはいえ、脚がじわじわ痛んでくる。
変に途中で休憩をとると、寒さで筋肉がこわばって、再出発後がつらい。
柔軟して身体をほぐしつつ、眠気とも戦いつつ。
ほんとこんな得にもならないことを一緒にやれる友だちがいて幸せだなあと思いつつ。
なんで、夜歩きにしたんだっけ?と思考もあやふやになって来た頃、そろそろ一周は無理ということに気付いてきた。
そしてなんとか、半分の15駅目「目黒駅」前マクドナルドに到達。休憩。朝の五時。
あまりの眠さに眠り、再三、真面目でザンネンな店員さんに「寝ないで下さい」と注意を受ける仲間。笑
いやはや、とにかく、すばらしくグッドジョブ!!
生まれたての子鹿脚で、フニャフニャと歩みを進めて電車で帰宅。
すんなり乗ってしまうことに、少々癪だけど、ああ、電車って、速い。

目黒駅からゴールまでの後半記録は、また後日。

子どもの頃、NHK教育テレビでやっていた『たんけんぼくのまち』のチョーサンみたいに、
上手なまとめ地図をずっとずっと描いてみたかったんだけど、我ながらなかなか上手にまとめられたので満足。
by makisaegusa | 2008-12-13 19:44 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(12)

新しい日課:むかしことば。

d0018646_2573931.jpg
ある日、私は考えた。
よし、今日は、ひとりごとを言わない日にしようと。
そして、次の瞬間、気付いた。
もう言ってた!!!と。
さらに、その驚きをすでに、言葉に発するひとりごとっぷり。
これは却下。
じゃあ・・・と思いを巡らせ、次に思いついたのが、このフレーズ。
「するってぇとなにかい?」
ちょっと粋で、滑稽。
時代劇なのか、落語なのか、とにかく古典のこの言葉を、今日のマイブームにしようと決めた。

誰かと会話した場合、脈絡に関係なく、「するってぇとなにかい」を使うルールにおいて、開始。
しかし、すぐさま、挫折。
このフレーズ、後には、結論的なひとことがこないと、すごい拍子抜ける。
なのに、私には、それを頻繁に多用するほどの頭脳明晰ではなかった!
いい目の付けどころだと思ったのにーーー。
悔やまれる。
今日は、もっといいのを思いつきますよう祈ろう。

何か良い、”むかしことば”があれば、お知らせください、みなさん、よろしく。
by makisaegusa | 2008-12-03 03:11 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(2)

新しい日課:非頻出ひとりしりとり。

d0018646_85317.jpg
いかそうめん、トーマス・アルバ・エジソン、魏志倭人伝、ルイ・ヴィトン、ロズウェル事件。
これらに共通するのは、何か?

答え...すべて最後に「ん」が付くこと。

新しい日課提案シリーズ
さて、ホンジツ考案した「非頻出しりとり」。
それは、ほとんど「しりとり」に出てこないレアな言葉ばかりで「しりとり」をしようとする試み。
どういうわけだか、頭に"一本背負い"という、珍ワードが浮かんだので、そこから開始することにした。
しかしながら、判明したのは、しりとりに非頻出の言葉とは、つまり、最後に「ん」が付くからということが、結構大きな理由の様子!
そのためか、詰まる、詰まる。笑
"いかそうめん"なんて、二手目で終わる始末。
自分のボキャブラリーを試せること以外は、トラップだらけだけど、やってみてはいかがでしょ?
くだらなさと、弱さがハフュッフェン(語源参照)に楽しめるはず。


*memo
前回の新しい日課:あたまのでっかいこども唄に関して。
→今日は、「せっかちさんとのんびりさんの唄」を制作。笑
by makisaegusa | 2008-11-26 08:47 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

全世界ヒゲメガネ化計画#3:ルシーと仲間たち。

d0018646_22151277.jpg
あまりにも、しっくりと着用しているため、ヒゲメガネ日常使いなんじゃないかと思わせる、赤い服のルシー。
説明の必要もなく、優勝の貫禄。笑
ナイス。
by makisaegusa | 2008-11-17 22:21 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

全世界ヒゲメガネ化計画#2: エリサとアルメンドラちゃん。

d0018646_2352967.jpg
foto: mi SuperAmigas Elisa y Almendra

世界に広々活動する、全世界ヒゲメガネ化計画!
今回紹介するのは、スペシャルな友だちエリサと、キュートなアルメンドラ。
こんなにあったのか?!ってくらい、たくさんに操った見事なヒゲメガネっぷり!

エリサは、チリのサンチャゴに住む画家で、
いつも最高にリラックスしてて、どんなことでも、なんとかなるさって思わせる居心地の良い笑顔が特徴。
もちろん、年齢不詳。
マプチェ族であり、また日本の血も引く彼女は、日本の筆でマプチェ伝統の絵を描いている。
彼女のアトリエで、マテを飲みつつ、ゆるい空気の中たわいもない話をした時間は、ほんとに穏やかだったな。
私は、ヘタクソなスペイン語でなんとか言葉を組み立てようとしてたけれど、最終的には、そういうものを越えたところで、
やっぱり、一番大事なものってamor(LOVE)だよねーーーって、決着してた私たち。
国籍も言語も越えて、繋がり合うものって、ちゃんとあるって信じられる喜びの空間の記憶。

さて、下の写真は、エリサがくれたもの。
民族衣装を着た、エリサとアルメンドラ。

ちなみに、アルメンドラとは、木の実のアーモンドの意味。
なんて、かわいい♪
彼女は、日本が大好きで、この日のT-shirtにも「龍」の文字。
どうしたことだか、日本の若者は、オシャレで自殺すると思い込んでいた様子。
ギャーーー!!
どういう伝播をしたのか日本文化?!笑
・・・不安を覚えつつも。

ああ、ヒゲメガネは平和だなあ。
d0018646_2355387.jpg
foto: regalo de Elisa
Gracias!
by makisaegusa | 2008-11-16 22:15 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(2)

あさがおの種の数え方。

どれだけ種が採れたのか、知りたい時の数え方。
あさがおの種の場合。
d0018646_8511695.jpg

by makisaegusa | 2008-11-10 08:48 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(4)