カテゴリ:Daily fun-まいにち遊び( 168 )

キテレツデザイン:あのエキセントリック鉛筆「ポンシル」1.5ヶ月後の風貌!

7月()から使っていた、かなりヤバい鉛筆「ポンシル」!

本気なのか冗談なのか、「PENCIL」じゃなく「PONCIL」の文字がプリントされているという魅惑のセンスと、
何者なのか問うことすら愚問に思えるほどのクレイジーな風貌で、圧倒的ポテンシャルを誇り、
見る者の美的感覚を激しく揺さぶる、自称「鉛筆」

そんなわけで、この珍品
重点的にマイニチ使っていたら、こんなに短くなったーーーーーーーー!!!
ヤッタ、、、ひとりフツフツとこみ上げる歓喜に酔いしれる。
d0018646_21224014.jpg
「この鉛筆については、触れちゃいけないんじゃないか?」という、周囲の気遣い怯えの気配を感じつつ、
それをものともしないメンタルの強靭さを発揮して、よくぞここまで使った、な、私。

この鉛筆を使い切ったあかつきには、上の謎の黄色いキャラの部分、
神社とかに持ってった方がなんかしっくりくるなぁ・・・などと、半ば本気で閃いたりした今日。

どこまでも規格外なのが、アナドリガタい。
一周まわって、表現しがたい好感が持てたりするあたり。



⇒「GOOD DESIGN」なものたち/⇒「文房具」リスト/⇒「ヘンテコ」トピックス

by makisaegusa | 2019-09-06 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

「修学旅行でどこの宿に泊まったか思い出す」部

そういえば、この前。
地元の関西で小学校から中学校まで一緒だった友だちと、『中学校の修学旅行でどこに泊まったか』という話になった。

「ディズニーランドのあと茨城の宿に泊まったと思う。なんせ人生で初めて納豆を食べた記憶がある。」と茨城説主張すると、
納豆を食べずに残した記憶はあるけど、わざわざ千葉から茨城に移動するかなあ?」と茨城説否定する

お互いにアレコレ記憶を掘り返してはみたけれど、
どこまで行っても、納豆絡みな記憶しか出てこないワレワレでは、ラチがあかず。
知っていそうな人材に訊いてみようということで、同級生メールするも、
返ってきたのは、またもや納豆とのファーストコンタクト武勇伝!

「どんだけみんな納豆やねん!!」と堪えきれず心の中でツッコミつつ、
まさか当時、そんなに誰もが静かに納豆と向き合っていたとはゼンゼン気付かなかったなあと、
フツフツ笑いも込み上げて、愉快な感慨深さまでもを味わいつつ、
やはり、生まれも育ちも関西の人間にとっては納豆クリアするというのが、
どれほどのビッグイベントだったのかという点については、カンペキに理解した。(笑)

・・・とは言え、まだ宿の場所は不明。
そんな状況の中、別の友だちから入った新たな情報は、
「◯◯くんのパンツがアニメのキャラで攻めていた。」とかいう、さらに役に立たないヤツ!

ちょっとーーーーー!!!
d0018646_12000999.jpg
そんなこんなで、迷走するばかりの解決への道。

どこかに確かな記憶の持ち主はいないのかー??というわけで、
念のため、に訊いてみようとメールしてみたところ、
驚異的スピードで、しかも宿のHPのURL付きで返事が返って来たから、ビッッッッックリ!!!

えーーーーーーーーーーー!!!
フツー、宿の名前とかまで覚えてなくないーーー??!??!?

聞けば、その宿の料理が不味すぎて吐いたらしい。

えーーーーーーーーーーー!!!
吐くほど不味いって、そんなことあるーーーーー!?!?!?!(笑)

なんかもう、色々オモシロくて、
もう半ば、宿がどこであろうがいいかなという気になってきてはいたけれど、
ちなみに正解は、茨城だった。

たしかに「料理が不味すぎて吐く」は、「納豆」よりも「パンツ」よりも明らかにインパクトがある。
やっぱり、衝撃度が高いほど記憶に深くこびり付く仕組みらしい。

かくして、にそんな興味深いトラウマがあったということが発覚し、
やっぱり、納豆といえばの茨城だったかと納得し、どこの宿だったのか解決したはいいけども、
それよりなにより「どんな不味いもの食べて吐いたのか」が、むしろ気になって気になって仕方ない。(笑)

不味いものを食べて吐いた経験のある方からのご一報、求む!


※ちなみに、その後、私がとうとう納豆を克服したのは、2008年()のこと。・・・・・長かった!



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ/⇒「記憶」の項/⇒「事件」の項/⇒「納豆」の項

by makisaegusa | 2019-09-03 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

「シャボン玉を作る会」まさかのひとの役に立つの巻

d0018646_00483105.jpg
ずいぶんと前に、シャボン玉を遊び倒すことを目的に創立した遊び「シャボン玉を作る会」!
(⇒「シャボン玉遊び」まとめ

なんとこのたび、まさかの依頼によって私が会を代表し、"シャボン玉アドバイザー"として、
男性の家事や育児をサポートするパパズ・スタイル取材協力することになるという愉快な展開。(笑)


そしてリリースされたのが、このムービー!

パパと一緒にシャボン玉遊びをする、ごきげんな子どもたち☆
おっきなシャボン玉を作るポイントやもっと愉しむアイディアが、1分にギュッとうまくまとめられててステキ!

シャボン玉のハッピーなおともに、ぜひ御覧あれ。
エンジョイ!



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ/⇒「シャボン玉」トピックス

by makisaegusa | 2019-08-24 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

こどもてがみとおとなてがみ:ハルとマッキンさんの「おんなのこ」♥︎文通!

生まれたときから私(マッキンさん)のことを“イチバン会いたい人”と呼ぶという、
スペシャルな教育方針(笑)によってスクスク育っている、5歳の友だち・ハル

おうちにお邪魔したときに、
彼女が、私にくれたかわいい「まっきさん」の絵ラブレターから始まった、
「おんなのこ」の絵を交換し合う、私たちの文通を、本日、お披露目!

ごきげんな「こどもてがみ」と「おとなてがみ」が、コチラッ。
ジャジャーン☆★☆★☆
d0018646_18240552.jpg
40本の色鉛筆セットがあるのを発見したら描かずにはいられないのが、ヒトの性。(笑)
そろそろ出発しなきゃいけない時刻だってのに、
「全色使って、お絵描きしたいーーーーーーー!!!」という衝動に勝てず、
スラスラクルクル、イメージが浮かぶままに色鉛筆を走らせて描いたのが、虹色の草原在住ガール!

ハルが、きっとまねっこしてくれるだろうという予測のもと、ちびっ子が描きそうなテイスト仕上げ。
多少のあざとさは否めない。くぅ!(笑)

・・・ともあれ。
私のおんなのこレターを受け取ったハルは、ちゃっかりまねしてお絵描きしてくれたらしく、
冷蔵庫に貼られている様子が、送られて来た。
「さいぐさまきさん」の絵!

スゴーーーい!!
かなりの再現力!!!
そして、何より、さっすが現役ちびっ子の描く絵のカワイさよ♥︎

ちなみに「え」「い」になっていた名字の「さえぐさ」については、
最初、すぐに「え」の文字が出てこなかったらしく、
思い出してから書き直したというエピソードも、味わい深くて好き。

カラフル「おんなのこ」手紙の文通!
たのしーーーーいっ♥︎♥



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「手紙」の項/⇒「Haru」のイロイロ/⇒「文通」の項

by makisaegusa | 2019-08-22 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

赤い爪と流れ星とおばあちゃん

お盆、田舎に住んでいる母方のおばあちゃん)に会いに行った。
・・・ら、グウグウ寝てた!ので、こっそり、おばあちゃんの爪に私と同じ赤いネイル)を塗って。

目覚めてサプラーイズ!!ってのをやりたかったのに、おばあちゃん、
起きてからお茶を飲んでも、膝をさすっても、何をやっても爪の変化には気付かなくって。
結局、娘に「爪、見て!」と言われて、二度見してからやっと「ウッワーーー!!」と驚嘆。

そんなにって見ないもんなのかと、こっちもサプライズだった快事件の夜。(笑)
d0018646_04404399.jpg
人生92年にして、初めて彩られたおばあちゃんの指の先

私が「見せて見せて!」と言うと、
見たこともない女子力たっぷりな仕草で、嬉しそうに恥ずかしそうに赤い爪を見せてくれた。

幾つになっても、マダマダ新しい自分は隠れているらしく、
私も、なんだかスッゴイ新鮮な光景を目にした感慨深さに、じんわり浸り。

そうだ!と思い出して、「今夜は、流れ星がいっぱい見えるよ!」って教えてあげたら、
すかさず一言「お米になる星やな!」と、おばあちゃん。

!!!!!

なんてなんて、ステキなストーリー!!
流れ星お米になるだなんて、私にはその発想なかったーーーーー!!!と、またもや遭遇した新体験
いつからどこから誰から言い出したのやら、そのやさしいイマジネーションに、私は、すっかり感動した。

うん。
さすが農業に、長年、携わってきただけのことはある。

人生は、すべてが芸術。
こんなとき、一言一言にもそれが凝縮されてるんだなって痛感する。

Bon 盆!



⇒「不動の久子」の活躍/⇒「久子と手芸」作品集/⇒「勇治と久子」あれこれ/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ

⇒「新体験」リスト/⇒「色彩」の項

by makisaegusa | 2019-08-14 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

抜かった場合の初盆あそび:とりいそぎ「熨斗」を描く!

今年は、初盆

おばあちゃん()へのお供えには、
ただ自分が食べたいがためだけという魂胆を隠し、
故人の生誕の地広尾のショップという建前で、
AND THE FRIET(アンド ザ フリット)のポテトスナックBOXをセレクト!

ところが、いつもみたく「仏壇に供えて、あとはみんなで食ーべよっ♥︎」ってな気楽さだったのに、
帰省してみれば、仏壇に先に供えられているとよ子への貢ぎ物(!)は、驚愕のボリューム!!
20箱はあろうかと思しき、その上、当然各々しっかり熨斗が付いてる。
!!!!!

うわーーーあ!!!ナンテコッター!
初盆家族こじんまぁりやるもんだと思ってたのに、
まさか、こんな本格派のパターンだっただなんてーーーーーーー!?!?(笑)・・・というわけで、
私は、とりいそぎ筆ペン片手に、ゼンブ手描き「熨斗」を作成することにした。
d0018646_12253901.jpg
つい先日まで、勢い余ってゼンブの紐は水引である》コンセプトで、
コラージュ作品▶︎新型“水引”シリーズ「MIZUHIKI neoを生み出し愉しんでいた私が、
今度は、水引ドローイングをやることになるとは、我ながらちょっと小気味いい展開。

特に煩わしい水引の本数に関しては、
ウソをついてでも、極力、体よく見えることを優先し誤摩化しに徹することで、なんとか見目よく完成。(笑)

“御供 真紀”

さらには、一品ではどうもあれだなと思われたため、
母へのお土産にと岡山に行ったついでに買っていた大手まんぢゅうまでもをかり出して、
今度は、かな文字版「熨斗」を作ってお供えに採用した。

“おそなへ まき”

ふう、、、、イイシゴトしたーーーっ!
これぞ日々のクリエイション。
愉!快!也!

おばあちゃーーーん!
マキからのお供えは、ぜひとも熨斗っぷりを見てねーーーーーーっ★☆★☆★



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ

⇒「」の項⇒「熨斗」作品/新型“水引”シリーズ「MIZUHIKI neo

by makisaegusa | 2019-08-13 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

何の役に立つのか分からない独自のポイント「mkn」(マキン)を贈呈する遊び!

d0018646_21200843.jpg
いかなるときも、いかなるところでも、いかなることを遊び倒す私の中で、
最近、いいシゴトをしたりいいコトがあったりした友だちに、莫大なポイントを贈呈するのが流行っている。

私の長年の愛称マッキン由来のmkn [マキン]』という独自の単位が採用されており、
だいたい一回に、少なくとも「数百万mkn」規模という気前の良さでポイントが与えられるものの、
集めたところで何になるのかは、

そのくせ、たいがいの人が喜んでくれるので、
こっちも漠然といいことをしたような気分になって、調子よく配っている。

「一億mkn」を集めたときに天変地異的ナニカが起きるだとか、
コーヒー一杯当たるだとか、さまざまな憶測が飛び交っているものの噂の域を出ない。

・・・かくして。
こんな私の遊びに付き合ってくれる心優しい友人・知人感謝しつつ、
私は今日も、マキンの贈呈に満悦するのであった。(笑)

さて今なら、「ポイント欲しいよ」とご一報頂けるだけで、
取り急ぎの「500万mkn」が、豪快にも授与されます。
こぞってどうぞっ。

ホント、たいがいマイニチ、だいたいなんでもオモシロ可笑しい



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ

⇒「単位」の項/⇒「ことば遊び」リスト/⇒「」トピックス

by makisaegusa | 2019-08-04 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

キテレツデザイン:近頃の私が主に使っているエキセントリック鉛筆「ポンシル」!

最近、私は、かなりヤバい鉛筆を使っている。

友だちからのどっかの国お土産だかなんだかで、何年も前に貰ったまんま、
ペン立てに立てたまんま、
私の美意識をとんでもないレベルで震え上がらせていた、エキセントリック極まりない風貌のコイツ。(笑)
d0018646_22404186.jpg
木製の黄色い顔した謎のキャラ造形もさることながら、
尋常ならざるカオス感を醸し出すコンセプト不明のデザイン。
また前述のキャラのせいで重心が高すぎて、めちゃくちゃ書きづらい。

さらには、鉛筆「PENCIL」と書くべきところ「PONCIL」と惜しげもなくミスを披露するサービス精神!
一貫してオリジナリティを貫く、自称「鉛筆」に圧倒的なセンスを感じ、
とうとう私は、日常的にむやみやたらと使ってみることにしたのだった。

・・・とは言え、
人目のあるところでも使っているにも関わらず、誰もツッコンでくれないところを見ると、
どうやら私、フツーにヤッバイセンスの人と見られているのやもしれぬ。(笑)
光栄!



⇒「GOOD DESIGN」なものたち/⇒「文房具」リスト/⇒「ヘンテコ」トピックス

by makisaegusa | 2019-07-28 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

【驚愕の発見】ほぼほぼ「サエグサ」な町がスペインにあった!⇒『Sangüesa / Zangoza(サングエサ / サンゴサ)』!!

たまたま、ほんと、たまたまのたまたま!
スペインの地図を見てたときに起きた、ナンテコッタのミラクルな大発見!!

なんと、限りなく「サエグサ」「サングエサ」()って名前のが、存在したーーーーーーーー!!!!(笑)
d0018646_23502901.jpg
d0018646_23503893.jpg
えーーーーーー!!!!ナニコレーーーー!?!?
これもう絶対に行くヤツに違いないじゃないかーーー!!と驚愕★歓喜。
なんかもう、思し召しレベルで気に入った、このサプライズ事件

しかも、宇宙の言語とも称される、ルーツ不明の謎の言語「バスク語」でも表記されるあたりが、
かなり、めくるめいてミステリアス!
UFOをたびたび目撃してきた私としては、これまた親近感。ニンマリ☆

※UFO memo
⇒乗る部:まいにち遊び「UFO乗る部

さらに、この「サングエサ」
キリスト教聖地へと繋がる世界遺産『サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路()の途上にあるとのことで、
キリストアセンテッドマスターのひとりとして持つ私には、まんまとしっくり
さらにかなりの親近感!

ギャーーーー♥︎♥︎♥︎
とりあえず、サエグサって名前の人は、サングエサを目指すといい。(笑)
なんなら近い将来、サエグサな人々の集いとか開催してみたい。
現地で、自己紹介するのがめっちゃ楽しみダーーーーー。

ほんと、、、この奇遇なる発見。
未知への扉、新たに開いた感。VIVA!



【ことば遊びシリーズ】

⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ

⇒「ことば遊び」の項/⇒「三枝家」の項/⇒「奇遇」の項

⇒マッチデザイン素材の元→拙著:デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点」/⇒「POP&FUN」あれこれ

by makisaegusa | 2019-07-24 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

[DISCOVER] ▶︎自分のルーツをついに発見した!▶︎▶︎▶︎MyHeritage DNA

5月に手に入れた、自分のルーツを発見するツールMyHeritage DNA』!

このエキサイティングなDNA解析サービスから待ちに待った結果がやってきた!
これが、私に繋がる先祖たちの旅路の痕跡。
d0018646_21503096.jpg
------------------------------------------------
93.8% Japanese and Korean
3.4% Central Asian
2.8% Chinese and Vietnamese
------------------------------------------------

日本・韓国のルーツがメインなのは、想定内として、
中国・ベトナムよりも中央アジア()のが少しばかり多めなのが、なんだかナルホド!
興味深い。

※ちなみに中央アジアってのは、ロシアの南部。「カザフスタン」とか「タジキスタン」とかの、主に「なんとかスタン」系

先祖たちの長い長い旅をイメージして、ますます人生のオモシロ味を噛み締めつつ。
「よくぞここまで辿り着いてくれたもんだ!」と、先人を労いたい気にすらってくる。

誰かのと比べて、もっと奥深さを楽しんでみたいので、
もしも『MyHeritage DNA』を試した方は、結果をお知らせ頂ければコレ幸い。
ワクり。

グレイト・ジャーニー!



⇒「そんな日々」一覧/⇒「アイテム」の項/⇒「ルーツ」の項/⇒「先祖」の項

by makisaegusa | 2019-06-29 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)