2011年 10月 18日 ( 1 )

おばあちゃん學枝 :スマスイさんぽ。

私を知る人ならば、もれなく、知ることになるであろう人物が、うちのおばあちゃん
抜群に悲観的で、鬱々とした思考の持ち主ながら、
陰も極まれば、陽に転ずるの理(ことわり)通り、驚くほど後ろ向きに、かつ、独特に愉快な生き様をみせる、御年89才。(笑)

さて、そんなおばあちゃんのボケ防止のために、私が創設した、
おばあちゃん=生徒(本人の流儀では、行人弁に"歩"!)と、私=先生の遊びの学校が、『おばあちゃん學枝』!
数々のカリキュラムを自在に遊ぶ、本校のプログラム、今回は、久々の課外授業を、須磨水族館にて決行することになった。
私が、毒舌の師と仰ぐ(笑)、陽気なかず子おばちゃんが、またもや一緒・・・とくれば、奇抜でオカシな事件は必至。なんて、ワクワク!
気分上々、快晴の空の下、テクテク、トコトコ、御一行。
こうして到着早々、歩く気などサラサラない、おばあちゃんのために、車椅子をレンタルし、いざ海の散歩へ。

[All photos: retouched by LOMO!!] 画像はクリックで拡大
d0018646_2356678.jpg
水族館に入って、すぐの大水槽。その迫力には、幾つになっても、やっぱり歓喜。うわーーーあ。
日差しが射し込んで、幻想的。サメやエイや、小さな魚たち。共存の具合が、いつまでも見飽きない、興味深さを演出している。
前回、ここを訪れた頃、私の身長は130cmだったため、奇遇にも、全長が同じくらいの巨大魚「クエ」の存在を知った、という思い出の地。
あれから、40cm以上も伸びた私は、人って伸びるんだなあと、魚のことそっちのけで、感慨に浸る。(笑)


d0018646_23562313.jpg
敷かれたタイルまでも、海の彩色!ステキ。
眠そうな「フグ」や、水中をビューンと飛び泳ぐ「ペンギン」、シャバダバ走る人っぽい「ヒトデ」。いろんな形、いろんな動き。


d0018646_235634100.jpg
おばあちゃんも、大喜び、エキサイティングなイルカショウ!とんでもなく跳ぶ、イルカたち。とてつもない身体能力と知能には、とにかく感心。
前方の席のちびっ子たちの、ずぶ濡れ具合も、これまた凄まじすぎて見応えあり。必見!(笑)


d0018646_23561467.jpg
にょろにょろ、ぷかぷか、ふわふわ、ついー。ウミヘビ、クラゲ、イロトリドリの小さな生き物。

こうして、大興奮のうちに海の旅を終えた、おばあちゃん学校メンバーたち。
次は、かずこおばちゃんが、仕入れた情報に従い、芸術を鑑賞すべく、大丸で開催中のガラス彫刻展へ!
ところが、大丸神戸を訪れてみれば、ガラス展は、京都店で開催だと判明し、愕然!(笑)
ナンテコッターー!という訳で、どうせならと、開催中の生け花展を鑑賞して、生田神社にもなんとなく寄ってから、帰路に着いた。
イヒヒな課外学習、今回もグレイトに、完了。スンバラシッ。


⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」トピックス
by makisaegusa | 2011-10-18 23:13 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(10)