【いきなり鳥取の旅】#03:因州和紙の紙すき体験★マキ式自由奔放作品「和紙」!

そうだ!・・・の閃きからふいに飛んだ、3月のすっごい弾丸「鳥取の旅」()。

その旅先で、私は、初めて「因州和紙」なる存在に遭遇
あおや和紙工房という工房で、手漉き和紙ワークショップに参加してきた。

ブラヴォォオオ。
d0018646_23035888.jpg
想像以上にクリエイティブな遊びのできる、和紙ポテンシャルの高さにカンゲキ。

私は、ショップで見かけて一目惚れした、ぽこぽこ穴あきみたいになっている和紙を作ろうと決意。
先生に訊けば、「高い位置から、水をポタポタとランダムに落とすといいですよ」とのことだったので、気分に任せて、パシャパシャポトトトト!
・・・やりすぎて完全に穴が空いちゃったとこは、ちゃんと先生に補修してもらい、(笑)
テキトウにちぎった色の和紙を好きに配置して、金箔銀箔の混じった液も、美しく散らしてキラリンも追加。

朝に見た鮮やかな菜の花がすごく印象的だったので、黄色の和紙から手に取った私は、もっと春色に仕上げようというだったのに、
もっと自由だった私の手足とイマジネーションは、ゼーンゼン違った雰囲気に仕上げてくれた。(笑)
そんな奔放なる感性の作、満足の出来映え!(-> photo1)

その後、ビックリするほどの吸引力で、あっという間に水分を吸い取るマシンで、ギュイィイイイイン!!(-> photo2)
さらば、水滴。

続いては、少しだけ手作業
まだ少しウェットな和紙を二枚の布の間に置いて、ローラーでゴロゴロとプレス
そして最後は、カラッカラに乾燥させることのできる壁型マシン(!)に貼付けて、乾き切ったら完成!!(-> photo3)

うわーーーーい♥︎ゴーージャス!
トッテモイイノデキター!!

※ ちなみに、数日前の(⇒「GiFT」)幻想的だった写真の正体、実は、この和紙でした。うふふ



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「鳥取」の旅/⇒「」の項/⇒「WORKSHOP」リスト



by makisaegusa | 2018-03-30 00:00 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://makisgs.exblog.jp/tb/26628000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ny at 2018-04-04 16:42 x
金魚すくいっしょ!
Commented by makisaegusa at 2018-04-04 22:05
> ny

その線でいくと、金魚煎餅が正解◎w
<< yOur PatH ご長寿匠芸術:奇才おばあちゃん... >>