[PEACE news]『世界平和』を祈られたがばっかりに、ずうっと片目の「だるまちゃん」!

2月も半ば。

毎年3月3日・4日深大寺で開催されているだるま市も、もうすぐだなぁと季節感をしながら、
また今年も納めることのできない、
うちの相棒のひとりで『世界平和』を祈られたがばっかりに、ずうっと片目でいるだるまちゃんを想った。
d0018646_01380232.jpg
我が家にやってきた2009年から、かれこれ9年の歳月。
身長7センチのサイズの彼の(ないけど!)に乗っけるには、大きすぎる願いごとだったというのか。(笑)
をぐりぐりと自由なテイストで、しかも右目に入れてしまったからだというのか、
まだまだ片目

・・・かつて、南米への飛行機で隣の席になり、
トランジットの北米までのフライト中、ずーーーーっと会話し続けた当時84歳の神様みたいだった(!)おばあさん「奈良の冨美子さん
(※ 出会いのエピソード:
彼女からのいつかの手紙にしたためられていた「世界の平和を見届けてから人生を終えたいです」の言葉を、
また、ずっしりとした責任感の重みと共に思い出しながら。

もうひとつの目を入れられる日が、早くやってくるように。
穏やかに強くイメージする世界の平和

うん、可能の範疇!



⇒「そんな日々」一覧/⇒「平和」の項/⇒「世界」の項



by makisaegusa | 2018-02-12 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://makisgs.exblog.jp/tb/26469662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iroha8788 at 2018-02-15 08:28
冨美子さん、本当に素敵な方ですね。
Commented by makisaegusa at 2018-02-15 23:07
> happana

神様!
ほんといい出会いだったなあ。
ちょっと未来を行く私だった。イヒヒ
<< ヒトリヒトツのチクとタク aromatic "... >>