Vision 2018

いかに厳しい時代が到来しようとも。
挑み乗り越える勇敢さを、揺るぎない信念を、真実を見抜く目を。
何よりも、大切なものを守り抜く、逞しさを。
誰もが、失わぬように。

ーーー『2012年の章』_2012


閉じてはならない。
投げてはならない。
いかなる、苦境に在ろうとも。

繋がり、分かち合う中に、私たちは、答えを見付ける。

ーーー『黎明の書』_2013


常に、未来の可能性は、私たちの手中に、握られていて。
常に、世界の色は、私たちの想念に、塗り替えられてゆく。

ーーー『決意の句』_2014


心得ておくべきは、いかに、苛酷な日々が、私たちに降り注ごうとも、
絶望を友にすることなく、常に、未知の試練を学びの場として、未踏の地へと挑み、歩み続けること。
多くの意識の投影として、此処に、世界が在ること、そして、強い意志と信念に世界が導かれること。

いかなるときにも、思考を止めず、無限の想像力で世界を彩ることを、自らに約束。
森羅万象との新たな出会いに、心踊らせつつ、自身の果たすべき使命を、心に再び刻んで。

ーーー『謹賀新章』_2015


インスピレーションの精度が、狂わぬよう。
イマジネーションの彩度が、濁らぬよう。
感性の棘を錆びさせず、腐らせず。
常に、"凪"の海を心の内に、意志の照準を"光"に据えて。

いざ、新章。

ーーー『改メテ新タ』_2016


錆びず、媚びず、ただし、驕らず。
この惑星の鼓動に耳を傾け、根を深く張り巡らせて。
天と地に意識を繋ぎ、広く世界に目を向ける。
順境であれ、逆境であれ、そこにしかない人生の滋味を慈しみ、食し、糧として。
さらに、しなやかに世界を泳ぎ彩り、多くを導く光となれるよう、信念に向き合い真摯に精進することを、改めに改めて、自分に誓う。

d0018646_17484148.jpg
毎年、年明けには、自分の残した過去の新年の言葉たち(↑)を懐古し反芻するのが、私の恒例。

我ながら気後れしそうなほど、アッパレでオトコマエな(笑)言霊たちに、感嘆などを交えつつ噛み締め直し、
さて今年は、一体どんな一年を決意するのかと、自らの内なる世界に旅をし、問い、定め、そして、戻る。

まずは皆様、遅ればせながら、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本年もアレやコレやナンやカンやと何卒よろしくお願い申し上げます。・・・漠然(!)

時代が、いかに照準を狂わせ、進路を誤ろうが。
揺るぎない信念を軸として、強くしなやかに今を生き抜く覚悟を、改めて自分の中に刻み直して。
可視から不可視に至るあらゆるエレメントと、多次元を視野に入れ、フォーカスを定めながらも柔軟性を失うことなく、
自然体であることが、無限の可能性の源であるという自明の理を、心の芯に据え
独自の美意識と呼吸で世界を認識し、思考し、創造し続けること。
イマジネーションを自在に泳がせる余白と遊び心、そして、ユーモアを忘れず、鮮やかに未来をヴィジョンすることを誓う。

一縷の光すら見えない漆黒の闇の中でさえ、一滴の躊躇なく彩りの未来を描き、
それが幻想ではなく、未知に秘めたる希望の顕現であることを、この生き様そのものが語ればいいと願う。
まるで、私という存在それ自体が、決して潰えない光の証左であるかのごとく。

新たな着地点は、常に、未踏の場所に築かれるもので。
私たちは、どこまでも生まれ変わってゆける。

人生で為すべきことなど、そう多くはない。
ただし、悲観で未来を描く暇なんてないほどには、忙しい。

なにより大切なものを、再度、自分に確認して使命に向き合い。
私は、また新たな一歩を踏み出すことにする。

原動力は、心底の歓喜。

2018年。
新章の始動。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「新年」の項/⇒「決意」の項/⇒「使命」の項



by makisaegusa | 2018-01-04 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://makisgs.exblog.jp/tb/26292765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< みんなのかおのつぼ / Fac... おばあちゃん學枝:刺激的「とよ... >>