ケッキョク、ナンなのかわからない「ナンナンくん」。

また来た、ド偉いキャラクター!

この謎の生物は、神戸の友だちカスミが、行きつけのカフェで発見したご長寿作品らしく、
見付けた瞬間、私のことを想ったという、得体の知れぬ直感の仕業により、この度、送りつけられて来たという代物。(笑)

どことなく、我が作4本脚のニワトリ型サシェと似通った雰囲気も漂わせつつも、
その決定的な違いは、「だから、何なん?!」(※「何なの?」の関西弁)と、ツッこまずにはいられない、尋常ならざる「正体不明」感「住所不定」臭
d0018646_1623955.jpg
よって、命名「ナンナンくん」!

作家は、一体どういうつもりで、この珍妙なる生命体を生み出したのか。
どういった生態なのか。
どこまでも、想像力を掻き立てる、この風貌。
その上、作り手の並々ならぬ自信の現れか、「2、3個ならべてもかわいい」との文句を、タグに書き付けてくるあたり!
末恐ろしさ半端なし。(笑)
とはいえ、このキャラの濃さは、一匹で充分満腹!

我々が、知ろうが知るまいが、この世に跋扈(ばっこ)する、奇才ご長寿
そのポテンシャルには、ただただ感服するばかり。
彼らの年輪に裏打ちされた、卓越したイマジネイションを再確認したところで、なんなら、もう一度言っておきたい。

「だから、何なん?!」



⇒「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私がもらったもの:「GIFT to me」/⇒「ご長寿匠芸術」リスト
by makisaegusa | 2014-04-02 04:44 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://makisgs.exblog.jp/tb/20537760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 一粒の和。 Shisui deux : 6... >>