勝手にちょこっと冷えとり倶楽部通信『風呂と靴下と私』が、来た!

重度の冷え性だった私が、ヒサミから「冷えとり」を教えてもらったのが、今年の2月か、3月。

それは、進藤義晴先生という、東洋医学のお医者さんが提唱した健康法らしく、
病気の元になる、内臓の冷えを防ぐため、内臓を温めて血行を促進し、免疫力を高めることで、
身体が本来持っている自然治癒力をしっかり発揮し、健康な身体を維持しようとするもの。
・・・ほほう、納得!なにやら、頼もしい。
しかも、方法は、「靴下の重ねばき」と「半身浴」だというから、驚くべきシンプルさ。

基本スタイルは、冷えとり用の、ゆとりのある靴下を「綿(5本指)→絹(5本指)→綿→絹」の順番で、重ね履き。
初心者が、4枚重ねなのに対し、プロ(?)になると、10枚くらいは、平気で履くというから、これまた尋常じゃない!(笑)
こうして、「冷えとり」の存在を知った私は、"ナンジャソリャー!"と、めくるめくニューワールドへ誘われ、早速、冷えとりを始めることにした。

・・・・とは、書いたものの、本当は、違った!
肝心の靴下が、売り切れ続出。
ネットでも、数ヶ月待ちの人気っぷりで、入手できず。
自分の知らないところで、こんな気になるブームがあったとは、まだまだ世界は未知であると痛感する、私。
しかし、幸運にも、1ヶ月くらいで手に入るショップを発見し、とうとう、冷えとりを始めることが出来たのであった。

かくかくしかじか、私が、「冷えとり」を始めて、現時点で、5ヶ月ばかり。
3ヶ月くらいして、不思議なことに、靴下の3枚目に、穴がポッカリ。(毒が出てった痕らしい。)
好転反応までもが、ワクワク。
今は、"私が、あったかい!"という、人生初の体験に、感動ひとしおの効果を、実感中。
そして、何より、びっくりする程、愉しい!
冷え性の人はもちろん、ダイエットしたい人も、婦人科系の病気のある人も、騙されたと思って、一度やってみるべし。

と言った訳で、自分に訪れたポカポカに驚愕するあまり、
私は、何かの怪しい勧誘かと思われること覚悟で、猛烈に、話術巧みに「冷えとり」を、周囲に薦めまくっているという、実態。ウフフ。

[...........ここまで、長いイントロ。笑]
d0018646_10455444.jpg
さて、こうして、私の周りでも、着実に増殖している、"冷えとりの友"。
怪しがられようとも、頭が変になったと哀れまれようとも、情報交換をしつつ、変化に歓喜している、心挫けぬ仲間たち。(笑)
その一人、ヒサミが、この度、メンバーの「冷えとり」具合をまとめた、「冷えとり通信」を制作してくれた。
それが、こちら。ワーーーオ!!
突然、送られて来た、このえも言われぬ風合いの倶楽部紙に、テンションも上がる。
聞く所によると、レイアウトは、うちの父が毎週発行しているフリーペーパーを参考にしたんだとか。
ならば、なるほど合点、この渋さ!

タイトルは、『風呂と靴下と私』。
さすがのセンス!
命名したのは、世田谷ボロ市の達人、ハナオと言うから、頷ける。
表面には、ヒサミの「冷えとり」との出会いエピソード、裏面には、メンバーたちの「冷えとり」事情が、掲載されている。
素晴らしい出来映え!
(ただし、作者の意向により、ちっちゃく公開に改変!いひひ。)

こうやって、普通の毎日を、楽しむ術はいくらでもあるんだってこと。
こうやって、友だちと分かち合っていると、ますます、分かって来るから、幸福でたまらない。
ちょっとした、日常の遊びのセンスが、平和な精神の宿るところなんだろうと、つくづく。
毎日は、遊びのチャンスに満ちていて、どんな風にも楽しめるから、ブラボー!

ちなみに、この冷えとり倶楽部通信、編集長は、一回きりの気分だったらしいのだけど、
この企画が嬉しくて、私が、早速、編集部宛てに投書してしまったので、第2号も制作されるかもしれないとのこと。
シメシメ、ワクワク。


※みんなの冷えとりや、役立つ情報は、『murmur magazine』サイトの「冷えとりガールズ」ページが、愉快で良質!

※基本の勉強は、進藤先生のサイトが、オススメ。⇒「冷えとは」/⇒「冷えと病気」/⇒「冷えとり健康法
by makisaegusa | 2011-08-11 18:35 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://makisgs.exblog.jp/tb/14336993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カヨ at 2011-08-13 13:50 x
makiさん〜ヒサミさんの倶楽部通信読んだよ〜。
私も冷えとり実施中の1人。
実は、知ってる人にもね冷えとりしてる人がいたりね。
かなりの冷えとりガールズが居る模様。
私も、冷えとりの効果がかなり出て来てるよ。
めまいやら色々。
第二弾私も楽しみにしてます〜制作お願いします♪
靴下に穴があいたら、報告しま〜す。
Commented by makisaegusa at 2011-08-13 23:49
>カヨ

ヒサミには、黙って載っけたからなあ。
見付かったら、ワーーーーー!!って、びっくりするだろうなあ、うん。笑

自分の周りに、冷えとり仲間がいただなんて、ステキなサプライズ!
心強いね。
私の、母も、冷えとりのなまけものバージョンで、参加中です。
お腹のお肉が、勝手に落ちてくことを夢見ている様子。
落ちたらいいなあと、私も、ワクワク。
私は、元々、体重を測ってないから、そこんとこは分かんないけど、
肌の調子も良くなったし、やっぱり、手足が、ポカポカしてて、嬉しいーーーー☆
今度、いっぱい、握手しようね。アハハ
カヨの報告も、待ってます!
<< マキ式歳末のお歳暮の儀。 「絶望の共有」。 >>