食卓のデザイン#20:玄米焙煎グラデーション。

d0018646_19501388.jpg
d0018646_19502589.jpg
d0018646_1950372.jpg
d0018646_19504594.jpg
d0018646_19505273.jpg

放射能の除去に効き目を発揮するという、「黒焼き玄米茶」。
玄米を、土鍋に入れて、グルグル焙煎すること、約二時間。
どんどん焦げ茶色、どんどん良い香りになってって、どんどん軽やか、廻るまわる。
こちら、美しい色合いで移り行き、しっかり真っ黒になった玄米の晴れ姿。

玄米は、黒焼きにして"極陽性"になると、ますます絶大な効果を発揮してくれるらしい。
10倍の水で煮出して頂くと、身体ポカポカ、甘み溢れる幸せな味。
毒素や老廃物の排出にも、テキメン。
そのままポリポリ食べても、またヨロシ。

じっくりスローな時間が、のどかでハッピー。
次回は、はじけさせずに上手に炒りたい、、、の野望。

More⇒「Macrobiotique News:放射能汚染に対するマクロビオティック情報

⇒いままでの「食卓のデザイン」シリーズ。
by makisaegusa | 2011-04-24 17:38 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://makisgs.exblog.jp/tb/13455846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ハフュッフェン社の復興支援:4... [DAILY STUDY] 世... >>