[DAILY STUDY] 水質基準の欺瞞。

既に、政府やメディアの言うことなど本気で信じているような、ヌルい人など居ないだろうと思われる、この頃。
現状は、最低の状況を日々更新しているだけに過ぎないというのに、原発の状況は安定してるだなどと、いけしゃあしゃあと宣う、専門家という輩。
欺瞞に満ちた会見報告にも、慣れつつある不安な頃合い。

17日、厚生労働省は、それまで遵守してきたWHOの定めた飲料水水質ガイドライン値を、平然と無視し、
ヨウ素で従来30倍、セシウムで従来の20倍を、日本の暫定基準として定めた。


この大幅な規制緩和について、マスコミも大きく報道することなく、乳児は飲用を避けるようにと伝えるばかり。
震災のマグニチュードも、保身を目的に、阪神大震災時のそれとは、別の尺度で測ったことと同じく、とんでもなく不届きな所行であって、
所詮、WHO飲料水水質ガイドライン(10ベクレル)を大幅に超えていることに変わりなく、そんな基準に基づいた「安全」な水など、決して信じられるわけもない。
水を求めて買い漁ることも、至極当然。

ちなみに、ヨウ素-131の数値に関してのWHO基準は、平常時:10Bq/L非常時:100Bq/L
今回、原子力安全委員会が定めた飲食物制限に関する指標値は、300Bq/L
17日以前の基準⇒WHO水質ガイドライン

■詳細⇒「厚労省、3月17日に水道水基準を30倍も緩和していた! 青山貞一(E-wave Tokyo)

以下は、日本に原発が導入されるに至った経緯のドキュメンタリー。
CIAのエージェントであったと言われる正力松太郎(読売新聞)が、政治カードとして、いかに原子力を利用し、宣伝したのか。
「毒をもって毒を制する」第5福竜丸事件で反核・反米の世論が高揚する中、日米が協力し民間から行った世論形成の全貌。

『原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~』(現代史スクープドキュメント 1994年放送)


そして、以前も紹介した『真実探求』に見付けた記事「自分の体から放射能を除去する方法」。
なかなか興味深い詳細は、上記のサイトをどうぞ。
玄米と生味噌、この美味なる伝統食が、ひとつの救いとなるかも。
もちろん基本的に内部被曝を避けることは、必須。

この状況で、無責任にも、ただ、"だいじょぶだよ"だなんて、軽々しいことは、言えない。
終わらないストレスの日々に緊張を解きたくもなるけれど、どうか偽物の安心に惑わされることがないように。
やっとやっと、私たちが議論を始めた、原発のこと。
今こそ大きく声を上げなければ。
失望で未来を失わないために。
信念こそが、今とは違う景色を、必ず与える。

日本の電力は、原子力なしでもまかなえるということを、多くの人は、知らないのだと思う。
計画停電を、原発がダメになったせいだと思っている人が、多く居るのだと思う。
働きながらに被曝するというような、危険な電力の、どこがクリーンなんだか。
代替の方法なら、ある。
■署名⇒「福島原発の「廃炉」を求める有志の会
by makisaegusa | 2011-03-27 16:04 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://makisgs.exblog.jp/tb/13269256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TAKA at 2011-03-30 00:34 x
様々な安全基準値を緩和したことは海外でもびっくりニュースとして
流れていて、日本への信頼を裏切るものだと警告していたものもありました。

個人的には、原子力の技術に関しては、これがロストテクノロジーと
なることは弊害のほうが大きいと思います。
失敗を糧にして進んでいくのが人間。
怠慢と無責任による人災なんだから乗り越えてほしい。

海外が注目している被災地跡には、日本の技術を結集して
中国も韓国もまねのできないような宙に浮いた未来都市なんかを
作ればどうだろう?
Commented by happy at 2011-03-30 02:46 x
WHOの基準値は通常時用のもので、今回のような原子力事故発生時にはまた別の基準値が国際的にあるらしく、日本の暫定基準値はその間(やや通常時寄り)に設定されているみたいね(出典 http://www.who.or.jp/index_files/FAQ_Drinking_tapwater_JP.pdf)。だけど今、特に食品についてその暫定基準値を更に緩和しようという動きがあるようで、それは気になります。

何をもって基準を「厳し過ぎる」とするのか…。事故収束の見通しがつかない(=長期化の懸念が十分ある)まま、基準の緩和が行われるのでは、基準に対する信頼はますます揺らぎ、それはさらなる「風評」被害を生むような気がする。生産農家の損害を縮小させるための基準緩和が逆効果に帰結する可能性は小さくないかもなと思うよ。

とにかくこれ以上汚染が広がらないよう、毎日何かひとつでいいから前進したという明るいニュースが聞きたい。
Commented by TAKA at 2011-03-30 09:09 x
Happyさん、ありがとうございます。勉強になりました。
が、なぜ非常時は基準が変わるのでしょうね。
基準緩和が逆効果になるというのは、ぼくもそう思います。
政官民学マ、前から言われていたことだけど根は深い。
Happyさんもマキちゃんも他の皆さんも何か困ったことがあったら
言ってください。
Commented by makisaegusa at 2011-03-30 12:08
>TAKA, happy

うん、そうなんだよー。
緊急時には、そこまであげてもいいよってのがあるみたい。
私も、通常はどうなんだろうかと調べたときに、それを知って、じゃあ、どうして基準を変化させる必要があるんだろうかと思ったんだよね。
たとえ、基準を変化させた上で、その非常事態用の基準に従うのだとしても、
そのこと自体を公表せずに、まるで、通常の基準に従ってるような錯覚を与えるのは、すごく嘘つきだと思うのです。
(もともと日本には、基準がなかったんだってね。)
ただでさえ、不安な状況にあるにも関わらず、
さらに何も確かな情報が与えられないということ、信用出来るソースがないということ、本当に何なんだろうかと思うよ。
私が、国を作り直したいです。
タカサンありがとう。
海外のニュースのが、よっぽどしっかりと伝えている気がします。
Commented by makisaegusa at 2011-03-30 12:12
>happy2

私は、一週間ほど仕事しに東京に戻ったけど、また実家に戻りました。
そして、大地も仕事しに戻りました。
被災地への救援物資をスポーツ選手から集めて送ってるみたいです。職場で。

何か必要なものがあったら、いくらでもゆってね。
サポートするからね!
どうかどうか、事態が、一刻も早く収集しますように。
ほんとに、願いを込めてばかりの毎日です。
Commented by onnea at 2011-03-30 15:37 x
唯一の核被爆国なのにね・・。
だからこそ、本当に安心できる基準や取り扱い等々を考えていかなきゃいけないんだよね。
起きてしまったことは戻せないけど、こらからが本当の意味で日本にとっての正念場だね。

日々、ワイドショー化した報道を見るのは嘆かわしい・・・。
makiさん沢山教えてくれてありがとう。
Commented by makisaegusa at 2011-03-30 19:00
>TAKA2

前に調べた数値を、記事の中にアップしておいたよ。
うーーーーーぬ。
やはり、異常である。
Commented by makisaegusa at 2011-03-30 19:03
>onnea

本当にね。
ここで、動かなければ、もう再起不能じゃないかと思えるほど、正念場に来ていることを、ひしひしと感じます。
あんなに酷い事故を起こしておきながら、廃炉にすることを避けようと、アメリカからの支援要請を一旦断ったという事実も知り、
もう、アホすぎて、嘆かわしすぎて、言葉も失いました。
日本人特有の性質を、今回のことで、海外は、とてもよく理解したのではないかと。
日本そのものへの信頼を失わせるに足る事象だったと、思っています。
ほんとに、こんなじゃダメだね。
やらねば!我々。
Commented by TAKA at 2011-03-31 13:38 x
数値アップありがとう。
理解を超えているよねえ。
Commented by makisaegusa at 2011-04-01 12:54
>TAKA

ちなみに、IAEA(国際原子力機関)の基準は、WHOが定めるものよりも、さらに甘くなっているようだけど。
健康への影響を考えるなら、保険のプロフェッショナル機関の基準に委ねるのが順当だろうし。
とにかく、国民へ危険性も伝えず、「安全です」を垂れ流すだなどと、言語道断とは、このことだ!!と思うところです。
<< [RECOMMEND] 小出裕... ・×・◯・・・×。 >>