タグ:WORKSHOP ( 13 ) タグの人気記事

WA RA SHI BE 2010 : 体験ギフト式ワラシベ贈答完了報告★ピアノレッスン!

2010年年明けスタートから、地道に続く8年目の日常遊び。
ブツブツの一期一会に歓喜する、私の物々交換『WARASHIBE2010』!!

"いかなるものを手にしていようとも、あの世には、なぁんにも持ってけない"という、この世の理までをも逆手に取って、
哲学ですらも娯楽する壮大なプロジェクトであり、
私が今世を終えた瞬間に作品としての完成をみるという、人生という芸術を体現する劇場型愉快犯企画!

そんなこんなで、今回は、遅ればせながら・・・、ワラシベ史上初・・・だったはず(!)の体験ギフトの贈答が決行されたよ、の、ご報告!
d0018646_22470073.jpg
それは、心地よい暖かな季節の到来を未だ遠目に望む、とある春隣の候。
場所は、都内某所のピアノ教室。

かくして、第81人目の参加者ヨシミ)から第82人目の参加者ハナ)へのワラシベのひとつ「ピアノレッスン」は、無事に見事に、届けられたのであった。
わぁい。ハピネス!

私も、見届け係、兼、鼻歌係としてちゃっかり参加。
こうやって自分を介し、が、有機的繋がり合っていく様は、常々つくづくホントウに喜ばしい。

さてと。
ところで、第83人目の参加者は、我らが奇才おばあちゃん「とよ子(94歳)のための遊びの学校『おばあちゃん學枝が、エントリー。
そんなわけで、私は、おば學の先生係として、のんびり次なるワラシベのアイディアを練っているところ。
オタノシミニーッ!!!

ちなみに、この『WA RA SHI BE 2010』
「誰でも、人生に一度きり」参加条件に、私が生きてる限りズンズン続くという、人生まるごとを遊び倒す気の長い娯楽のため、
参加は、どちら様もお好きなタイミングにて、いつでもヨウコソ大歓迎。

日々、是、変化ノ坩堝。
変化、是、進化ノ源流。



⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒参加者に送られるカード:"参加証明書" 兼 "未来のワラシベ展への招待状"「"WA RA SHI BE 2010"トランプカード:♣W
⇒いままでの「わらしべ」変化全編:『WARASHIBE2010



by makisaegusa | 2017-04-11 11:11 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(0)

[WORKSHOP] 「さをり織り」でストールを織る★愉快な一日体験。

日夜、未知の体験感動を求める私の元に、新たなチャンスが、またもや到来。わぁい★☆★☆★

今回は、奇遇の連続によって遭遇した「さをり織り」という、おおらかな機織りに挑戦すべく、
服飾系には、めっぽう強いマユと一緒に、吉祥寺の手織工房『Jota(じょうた)へ、ワクワクおでかけ。
d0018646_23163375.jpg
工房の中には、ずらぁり織り機と、色とりどりの糸、糸、いとーーーーッ!
うわあぁ、こりゃ、トッテモ迷う、、、

瞬間的インスピレーション任せに、完全ノープランで臨んだ私は、
素材色彩選びに、うーんうーんと幸せな悩みを、まずは堪能し、結局、オレンジグレーの糸に決定!
ふと、その色合わせの特徴に気が付いて、「坊さんの袈裟か!」と自分にツッコんでからの、いざ開始。(笑)

かくして。
作業を始めるも、早々、フツーの織り方に飽きた(!)と言い出した奔放な我々は、
スタッフの方から教えてもらった、エキサイティングな手法満載の織り方テクニックの本を広げ、アレコレ新種の試みを交えつつ。
縦糸を間隔を広げたり、横糸を引っ張り出したり、引っ掛けたり、引っ掛けなかったり・・・♬
糸の太さや、を変えて、印象の違いを遊びながら、遂には、織物なのに「織らない」の荒技までも発動させたりなんだったりで、(笑)
かなり表情豊かな一枚のストールを完成させることに成功した。バンザイブラボー!
なんともアグレッシブで、エキセントリックな作品!
もはや、遊び心と名付けたいほどのムチャクチャっぷりも、それはそれで、初心者ならではのオモシロ味ってなことで、・・・ニヤリ!

ちなみに、私のは、そのままストールとして使うから、織り方は、柔らか
マユのは、バックを制作する生地にするから、織り方も、ギュ
お互いの性格が、テキメンに反映された作品の個性雰囲気までもが、かなり愉快。

嗚呼、トーッテモ楽しかったーッ!
次は、どんな新体験に挑戦しよっかなあ、、、と妄想新たに、ウキウキの帰路。


追記:さてさて。マユはというと、帰宅後すぐさま、念願のトートバッグを完成させたというから、さすが。スンバラシ!



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ/⇒「WORKSHOP」一覧/⇒「新体験」リスト
by makisaegusa | 2015-07-06 00:56 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

子どもごころワシヅカミの「まっきん学校」開校の巻。

こいのぼり泳ぐ、爽快な新緑のシーズン!
イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ、まいにち遊び」シリーズ

今回は、突然の閃きで、ピースなワークショップを開催。
私のことを親(or 叔母)リサに習って「まっきん」と呼ぶ子どもたち相手だから、その名も「まっきん学校」!(笑)
d0018646_20141464.jpg
まずは、みんなが心待ちにしていた「ゴッデス(女神)のオラクルカード」で、遊んでみる!
机にかじりつくほどの勢いで集結し、カードに集中する子どもたち心ワシヅカマれっぷりが、なんとも愉快。
それぞれが選び出したカードを、私がシンプルに翻訳&解説して、その助言を、みんなで「ホウホウ」「フムフム」「ナアルホドー!」
大切な言葉たちは、ちゃんと残しておきたくなったらしく、すぐさま、白い紙を取り出してメモしていた、マアヤミウ
ナイスアクション!

そして、我がハフュッフェン社の人気キャラクター「ハフュッフェンくん」も、モデルとして大活躍!
たくさんの似顔絵を書いてもらって、とってもハッピー☆★☆★☆
一家で、4匹ものハフュッフェンくんを保有しているだけあって、特徴的な脱臼の表現も、みんな、さすがオミゴト!(笑)

アハハたっぷり、ごきげんな空間!
どこまでも自由に広がって、次々と繋がってく活動が、のどかで、のびやか。
グッジョブ★「まっきん学校」!!←早くも、自画自賛。(笑)

さあて、次回は、何をやろ。



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ

⇒「WORKSHOP」いろいろ/⇒「まっきん学校」シリーズ/⇒「WORKSHOP for kids」シリーズ
by makisaegusa | 2015-05-05 00:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(2)

[WORKSHOP] 和菓子の「サクラ」を作る・新体験!

まだまだ、いっぱい存在しているのが、未知の体験

今回は、鎌倉にて、季節感たっぷり「サクラ」の和菓子作りに、挑戦!
友だちと一緒に、美しい和菓子を創作する工房手鞠主催のワークショップ)に参加して、一喜一憂しながら、練ったり押したり伸ばしたり・・・。
初めての経験に、アタフタ、ワタワタ、、、嬉々と作業していたら、あっという間にタイムアップ!
d0018646_1821195.jpg
[Photo: 左_マキの「サクラ」*ぽってり。/右上_マユの「サクラ」*はんなり。/右下_ハナの「サクラ」*しゃっきり。]

ジャジャーン!
完成したのは、三者三様のサクラ、サクラ、サクラ!
同じコンセプトなのに、こんなにも違うサクラたちが、トッテモステキ。

しかも、実物は、もっとヘタクソだったのに、写真に撮ると、そこそこ上手に見えるという、ありがたい写真のトリックに、にんまり★グフフ。
「あれ、私って、意外と和菓子の才能あるんじゃないの?」と、軽々しく酔いしれる、愉しさ、、、よ。
なんて、私、シンプル設計。(笑)

★☆★☆★

鎌倉の散策までも楽しめて、すばらしい充実っぷりを発揮した、日曜の午後。
さぁて、次は、どんな新たな未知にチャレンジしよう??
ナイスなインフォメーション、いつでも求むッ。

嗚呼、オモシロカッタ!



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ/⇒「WORKSHOP」一覧/⇒「新体験」リスト
by makisaegusa | 2015-03-22 23:24 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

[WORKSHOP] 天ぷらとレタスの 「食品サンプル」を作る・新体験!

日夜、珍しい未知の体験はないかと目を光らせている私が、今回、挑戦した新体験は、「食品サンプル」作り!

同じ野望を持つ友マユと共に、合羽橋元祖食品サンプル屋さんで、定番とも言える「天ぷら」「レタス」ワークショップに参加した。

最寄り駅を間違えるという初歩的ミスをやってのけ、開始一分前に到着するという離れ業を披露した私も、(笑)
到着するやいなや、汗を拭き拭き、エプロンを装着。・・・イザッ!

まずは、何の天ぷらにするかを決定!
シイタケ、ナス、カボチャ、サツマイモ、レンコン、エビなどのベースの型から、2種類をチョイス。
色が濃いモノの方が、透け感が、本物っぽく見えるらしい。ほほう!

マユは、「ナス」「カボチャ」。 [※ マユ作品:写真・上の作業工程/ナス・カボチャ・レタス・↓]
は、「エビ」「カボチャ」。 [※ マキ作品:写真・下の完成品/エビ天・カボチャ・レタス・↓]

どんなことになったのやら、じっくり、ウキウキ、ご覧あれっ。 [画像:クリックで拡大。]
d0018646_4311555.jpg
「天ぷら」の衣は、水をたっぷり張った容器へ向けて、高い位置からロウを、ポタポタポターーッと、落として制作。
薄いところや厚いところが出来ないように、均等にバランスを取るのが、なかなか難しくって、オモシロい!
分量を落とし切ったら、野菜型をそっと乗せ、指3本で静かに押さえて水の中へ。
クルーンと引っくり返したら、不要な衣を取り去って、後は、やさしくカタチを整え、完成!
うわぁお、それっぽーい!

さらに、「レタス」制作に至っては、もはや、ちょっとしたイリュージョン
知ってはいても、実際にやってみると、感動ひとしお。
白いロウを、水の上にそっと置いたら、おたまの裏を使って、そおーーっと伸ばし、長いテープ状に。
続いて、緑のロウを重ねて、二色の帯が出来たなら、水面を滑らせて、奥に移動させ、水の中へ引っ張って、ズズズイーーーーーーッ!!
一気に、レタスの葉っぱみたいな模様が、出現して、ワーーーーーッ★カンゲキ!
しぃっかり伸びたら、集めて折り畳みながら、丸く包んで、ジャジャーン!と完成。

かなりのリアルな出来映えに、自画自賛甚だしく、感動に酔いしれる人々。(笑)
いやはや、アッパレ!
近く、私とお茶でもしようものなら、「エビ天」持参で登場の上、作品と才能を、やたらに自慢されることは、かなり確か。
ご注意、及び、ご期待を。エッヘン!!

あぁ、オモシロかったー☆



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ/⇒「WORKSHOP」一覧/⇒「新体験」リスト
by makisaegusa | 2014-09-22 22:22 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

[WORKSHOP] 三鷹天命反転住宅「カラー・インスタレーション」!

三鷹天命反転住宅』 In Memory of Helen Keller は、
芸術家/建築家の荒川修作+マドリン・ギンズによる、世界で最初に完成した「死なないための住宅」。

先日、私は、このエキサイティングな場所でのワークショップカラー・インスタレーション - 色にまみれるに参加した。
いやはや、そりゃもう、ブリリアントなエクスペリエンス!

幼き頃から「色」に、並々ならぬ執着心を発揮してきた私にとっては、まさに極楽。(笑)
部屋は「死なない」仕掛け(!)に溢れ、どこもかもが、興味の矛先!
心が踊れば、身体も動く。
カラフルな紙テープ風船、そして、紙コップを使用アイテムとして、
参加した誰もが、空間を縦横無尽に動き回りながら、自由な発想発明で、
変幻自在に新作を生み出すという、めくるめくインスピレーションの宴

細胞も、呼吸も、会話も、、、片っ端から、極彩色に染められてくような気配に、私の感性も、健やかに歓喜。
色空間に、酔いしれ、酔いどれ、ひたすらごきげん。

それは、「空間を飾る」というより、「空間と戯(たわむ)れる」の感覚で、
無限に湧き出すアイディアと、ライブ・カラーの世界が、スバラシく喜ばしかった。
d0018646_0244646.jpg
カラーのトラフィックジャム。
d0018646_116291.jpg
あっちこっち、イロのミチ!
d0018646_1215175.jpg
カラフル風船プールと、にょっきり足。
d0018646_0253463.jpg
ぴょんぴょん。跳ねる、はしゃぐ、ちびっ子☆ユキちゃん!
d0018646_026128.jpg
繋がってく、広がってく。クモの巣ならぬ、イロの巣!
d0018646_125505.jpg
こんがらがらり☆くるくるくるり!
d0018646_119519.jpg
私の地味な作品「デコボコな床の頂上を紙コップでマークする」は、歩くとき邪魔で仕方ない仕立て。
d0018646_141020.jpg
[上]. 球体の部屋にて。ゴロリ、コロリ、ウワー、ワハハーー!の人々。Mayu / Maki / Nao + Yuki
[下]. Photo by Nao:空間パノラマ。
d0018646_0245289.jpg
割れた風船が、「りんご」になっていた瞬間。にんまり。


色彩を纏(まと)ことって、こんなにも幸福!
心地よい達成感と共に、じんわり痛感。

※『三鷹天命反転住宅』を説明するのに、言葉は、少なからず無粋で、多分に不足するため、やはり本物の体験を推奨!
見学()も、宿泊()も、居住()も、可。
ゼヒとも「死なない住宅」の体感を。エンジョイ!



⇒「まいにち遊び」一覧/⇒「荒川修作」の項/⇒「WORKSHOP」の項
by makisaegusa | 2014-01-18 23:51 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(4)

Maki's Cosmetic Lab* WORKSHOP x Saiko : "Eye Color" 2013 A.

地球の恵み「アースピグメント」(鉱物からなる天然の顔料)を使って作る、心地良いハンドメイド・コスメ
私の自家製コスメ・ラボ『Maki's Cosmetic Lab、最新イベントは、アイカラー」のワークショップ!

メンバーは、オーストラリア時代からの付き合いで、かれこれ十数年来の友。
私のことを、師匠だの、メンターだのと呼び、地球の裏側からでも、呼べばピョーンと飛んで来る、サイコ
彼女が、我が家にやってきたので、絶好の待遇と、フィエスタ開催の上、レッツ★コスメラボ。
d0018646_2136942.jpg
カラーマイカを使って、特別な調色要らずのカンタンレシピ。
サイコは、サンストーンは、コッパーのカラーをチョイス。
素材を調合して、ケースに流し込んだら、アッと言う間に出来上がり!

ただ、それだけの手順なのに、作者の性格が現れてるのが、なんとも、可笑しい。
サイコ作品のスゴイ表面グチャっと感、、、この大雑把さたるや!!(笑)
そうしてこうして、愉快なワークショップ、完!

秋の新作コスメ、ちょっぴりデビュー。


【Coloring memo】
Sunstone: サンストーンマイカ/Copper: コッパーマイカ



⇒「アロマテラピー」作品いろいろ/⇒自然素材の手作コスメ・ラボ「Maki's Cosmetic Lab」(仮)/⇒「アイカラー」作品一覧


『Handmade Natural Cosmetics "Eye Color" by Maki's Cosmetic Lab.』
⇒「#01 "Eye Color" 2012 S/A」/⇒「#02 "Eye Color" 2013 S/S」/⇒「#03 "Eye Color" 2013 S
by makisaegusa | 2013-09-17 19:24 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)

念願の第一志望「バカ田大学」の模試を受ける。

私が、猛烈にホームステイを希望するお宅は、兎にも角にも、バカボン家!

タブーを知らない、子どもの頃は、ただの可笑しなマンガだった『天才バカボン』も、
数々のタブーを知る、オトナになってから観てみると、その、とんでもない型破りっぷりが、とてつもなく面白い。
赤塚不二夫は、改めて、天才だなあと、しみじみ。

ところで現在、『京都国際マンガミュージアム』では、特別展「赤塚不二夫マンガ大学展」が、開催されている。(〜12/25)
その上、バカボンのパパが卒業した、バカ田大学の模試を体験できる、「バカ田大学の模試なのだ」という、エキサイティングなワークショップまでも!
私は、長らくの野望を果たすべく、これを逃す手はないと、嬉々と、京都へ向かった。

マンガミュージアムは、烏丸御池駅から、歩いてすぐ。
廃校になった小学校を、改装し利用しているためか、館内を歩くと、床が、軋(キシ)んで、心地いい。
しかも、マンガの蔵書は、膨大!
誰もが、至るところに座って、ゆったりと読書を楽しんでいるという、贅沢な空間は、実に、穏やかな雰囲気。
こうして、グルリ探索をしてから、遂に、私は、念願のバカ大模試に、臨んだ!

ちなみに、一緒に試験を受けたのは、幼き頃より、頭脳明晰で有名だった、友だち。
とうとう、今日こそ、私の方が、天才でバカと証明できるのか?!(笑)
果たして、、、試験監督の解説を聞いたあと、30分の試験は、開始した。
共通問題、夢学部問題、のぞき学部問題、サギ学部問題、どれもが癖のある、全20問。
つい、後で誰かに、自慢したくなるような、設問ばかり。
ウーンと、唸ったり、ホホウと、自分の名解答に陶酔していると、あっという間に試験終了!
d0018646_4101122.jpg
模試の後には、すぐ、判定結果を受け取ることが出来る「個人成績表」。私は、54点の「C」判定!ムムム。

掲示板に、貼り出された解答を、見ても、いまいち、よく理解出来ないという、自分の凡人っぷりに、一瞬ショックを受けるも、
いつもは、間違いなく休憩している、脳みその未開の地を使った気がして、妙な疲労感と、満足感。
そして、すぐに発行される「個人成績表」を手にした私は、「C」判定という、どっち付かずな結果に、なんだかなあ、、、と思ったものの、
あと、6点で「B」判定だったというところを、非常に高く評価したいと思った。(笑)

また、展示は、"ケンキュー篇"と、"ゲージュツ篇"から成り、どちらも、独特の世界観が、常にエキサイティング!
そんなわけで、展示もワークショップも、とても充実の「赤塚不二夫マンガ大学展」。
賢くなりすぎてしまった人には、一刻も早く、バカボンを処方するのが、最適だと確信した。

ところで、模試の結果、私の方が、友だちよりも4点だけ、天才でバカと証明され、エッヘーン!
我ながら、その点も、高く評価。


[EXHIBITION info.]
2011/10/29〜12/25
特別展『赤塚不二夫マンガ大学展』at 京都国際マンガミュージアム
ワークショップ「バカ田大学の模試なのだ」→本展会期中の土・日曜、祝日、11/2
by makisaegusa | 2011-12-18 23:04 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

"MIYABI DESIGN FLOWER" presents Special WORKSHOP ★クリスマス・リース作り!

旅の人タオシンと共に、深大寺でリフレッシュした後は、心機一転、"T.T.T. PROJECT"の打ち合わせのため、恵比寿へ。
そして、合流した"MIYABI DESIGN FLOWER"のフラワーデザイナー、マサも交え、
プロジェクトの新たな展開について、リラックスした雰囲気の中、止めどなく溢れるアイディア三昧。
めくるめくクロストークを繰り広げ、これからの活動を妄想!・・・すればするほど、更に果てしなくイマジネーションは広がり、
どこまでもネタが尽きないまま、時間制限により、断腸の思いで打ち合わせは終了。笑
グッジョーブ!

それから、私は、マサのアトリエへ。
モミの木を使ったクリスマスリース作り教室を、特別にプレゼントしてくれるというから、贅沢すぎる!!
そんなサプライジングな体験ギフトに、嬉々としながら、私は、人生初のリース作りに挑戦!ワクワク。
d0018646_22402559.jpg
photo1. 材料のモミの木。これを、適度な大きさに切って使う。スモーキーグリーン。
photo2. 材料のヒバの木。これも、切って使用。モミよりも、ビビッドなグリーンが眩しい。
photo3. 完成したリースを少々手直しして、撮影用に配置しているマサ。
photo4. リースの飾り付けは、自由。私は、シンプルな赤い木の実と松ぼっくりのアレンジメントに。

今回は、モミとヒバの混合リースを作ることにした。
作り方は、至ってシンプル、、、ベースになる木のリースに、モミの切り枝をバランス良く配置して、専用の針金で巻き付けて行くという手法。
それでも最初、私は、手が3本要るぅううと叫ぶヘタクソっぷりを露呈。笑
しかし、どうなることかと先を案じたのも束の間、自分の不器用をもアハハと楽しんでいると、いつしか、手は2本でもなんとか足りるように進化!デカシタ!!
更に、普通は集中して黙ってしまうという作業の最中も、とにかく喋り続け、マサを驚愕させるという非常に私らしいやり方で、順調に作業を続けた。笑
タノシーーーーイ!!
d0018646_23425187.jpg
photo: MIYABI DESIGN FLOWER × maki+saegusa "Christmas Wreath 2010" : Merry Christmas and a Happy New Year!

空間を見極めるセンスと、バランス感覚が必須のフラワーデザインの才能・・・、
もしや私にも、あるんじゃないかと錯覚しそうなほど、マサによる度々の出来映えチェックの恩恵を受けて、自分の能力に過剰に陶酔。笑
そして、配置する枝の角度や分量、ヒバを混ぜ込むタイミング、全体のバランスなどを常に意識しながら、様々な感覚を総動員する、あっという間の1時間半が経過し、
遂に、完成したリースは、ブリーーーーリアントなグリーーーン!!
どの工程も、私にとっては、未知の領域へ踏み込んで行く、エキサイティングなアクティビティだった。スバラシ!!

そして、最も悩ましいというアレンジメントの工程も、私は、勢い余ってか、直感か、ほとんど時間をかけずに決定!笑
松ぼっくりの大中小と赤い木の実のオブジェをチョイスして、右下の方に、シンプルにアレンジした。
初めてにしては、上出来のエクセレントな出来映え!!・・・と、大いなる自画自賛の上、大満足で記念撮影して、人生初のリース作りを終了。
本当に、愉しい体験を、ありがとう。
マサには、心からの感謝を込めて謝辞を。

そして、帰宅後すぐさま、我が家の玄関に飾られたクリスマスリースは、
無理矢理にでも、友だちを招待して自慢したくなるほど、立派でゴージャスな存在感を発揮!
寝癖みたいに所々跳ねているところも、愛嬌があってキュート!・・・と言えば、キュートだし。笑
こうやって、手作りで季節を感じるのは、やはり、特別に、嬉しくて愉しい。
ただただ、自慢されるだけなのが苦にならない強者は、どうぞ我が家に、メリーな風景を観にいらして下さいませ。いひひ

■マサがWARASHIBE2010で交換してくれた品々⇒「WA RA SHI BE 2010 : #35 SuyaMasa
by makisaegusa | 2010-12-08 22:36 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(4)

子どもたちの楽しいスタンプとTシャツ。

"ART CAMP 2009" WORKSHOP REPORT
d0018646_13505578.jpg
アートキャンプでの私のワークショップ。
セッションタイトルは、「手作りハンコで自分だけのTシャツを作ろう!」

1日目に作ったのは、オリジナルのはんこ。上は、子どもたちの作品。
ひとつひとつの彫り方にも、個性が表れていて、とってもステキ!
色づけしてハンコをおした木の板とゴム版をくっつけたなら、売り物みたいな本格的な一品になりました。ニヤリ☆
d0018646_13513234.jpg
そして、2日目には、自分たちで作ったスタンプを使ってTシャツデザイン。
いろんな色のインクでペタペタ、ペタペタ。
友だちのハンコを使ったり、私の自慢した高級デラックスはんこセットを使ったり、その他の素材を使ったり、みんなそれぞれに楽しくレイアウト。
最後にアイロンがけしたら、洗っても色落ちしない自分だけのTシャツの完成!!ワーイ♪

ほんとに、全部がスペシャルな作品になりました。
感謝感激、愉快な時間!!
みんな、とってもよくがんばりました☆☆☆
一生懸命作って、いっぱい笑って、すごくハッピーだったね。
by makisaegusa | 2009-08-09 13:46 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(2)