タグ:PHOTO ( 1149 ) タグの人気記事

流転

d0018646_23503714.jpg
誰かのようになりたいと、願ってばかりいるよりも。
もっと、ほんとの自分自身になれるように。
内へと向かう旅に出ればいい。

始点も、支点も、そして、視点も。
すべて自身の中にある、人生のコンセプトに由来する。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「内界」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2016-12-23 23:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

流刻

d0018646_8353512.jpg
時、満ちて、紐、解けるとき。
息を吹き返すように、時計は新たな意味を刻み、針は新たな方位を指し示す。
次なる地へと向かうには、気流の乱れを抜けるけれど。
それが、然るべき進化の証。
ひとつひとつを浄化しながら、一歩一歩。

好転反応は、往々にして、激しい。
殊、成長ということに関しては。

始まる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「時間」の項/⇒「始動」の項



by makisaegusa | 2016-12-21 12:21 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

キヅキのダンジョン

d0018646_09073571.jpg
「道は、1つしかない」と思い込みがちな、自分の癖に気が付いたとき。
新生への鍵を、手にする。

「道は、1つしかない」と思い込ませる、社会の圧に気が付いたとき。
新章への扉が、開く。


⇒これまでの「写真とことば」/⇒「習性」の項/⇒「選択」の項


by makisaegusa | 2016-12-13 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ひとつの旅ひとつひとつの今日

d0018646_21421065.jpg
「昨日」という日を旅してこそ辿り着ける「今日」という日があって。
「今日」という日を旅してこそ辿り着ける「明日」という日がある。

ひとつ飛ばしも、ひとつ戻りもできない、その摂理のシンプルな美しさに、そっと想いを馳せるとき。
際立つ「今日」という一瞬の重みと輝かしさに、ただひたすらの有難さを覚えて。

生きて来たこと、生きていること、生きて行くこと。

描かれる軌跡の終わりない物語に、感涙やら、感心やら、感慨やら入り混じって。
長く静かに穏やかな息を、フゥーーーーーーーーッと、、、、、、ひとつ。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「生きる」の項



by makisaegusa | 2016-12-07 07:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

或いは、或る日、或る所

d0018646_00055200.jpg
自然体で居られないのならば、そんな場所に長居は無用。

もはや、自分を偽り演じ
すぎて正体不明になっている場合、その限りではないけれど。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「居場所」の項/⇒「自然体」の項



by makisaegusa | 2016-12-05 05:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

אור

d0018646_935521.jpg
どんなに空が狭くても、見上げることを忘れないように。

三次元に生きているくせ。
時々、スッポリ平面世界に落っこちて、息苦しさに喘ぎ苦しがる、それはそれは人間味ある私たちが。

その思考に、その感覚に、その感情に、そして、その人生に。
再び、立体感を取り戻すため必要なのは、
もうひとつの次元を深く呼吸して、失った視野を心身にチャージすること。

いつでも、たったそれだけのことで。
あなたの世界は、息を吹き返す。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2016-12-03 04:56 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

人間嫌いの処方箋

d0018646_01042312.jpg
「人間嫌い」をのたまう人ほど、誰よりも愛情を欲していたりするもので。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「人間」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2016-11-29 09:09 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ThEre iS nOthiNg LiKe yoU

d0018646_13512591.jpg
「唯一無二の存在である」ということに、自分の最大の価値があると気付くことができたとき。

人は、ありのままの自身の魅力に出会う。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「価値」の項/⇒「自分」の項

【SeRiEs "YoU/yOur/YOu"】
⇒「To bE yOurSeLF...」/⇒「DisCovER yOurSeLf」/⇒「OpEn YouR miNd」/⇒「BrAnd NEw You」/⇒「ReSPECT YourSELF」/⇒「SpEAk YOuR TrUTh」/⇒「PRoUdD YOuRsELf



by makisaegusa | 2016-11-27 07:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

コエルのビュウ点

d0018646_02120691.jpg
そもそも、「越える」「越えない」は、争点ではなくて。
もともと、「越えられる」「越えられない」も、論点ではなくて。

壁に対峙したときには、常に、すでに。
「どう乗り越え、何を学び取るか」・・・そこに、焦点は、集約されている。

心配しないでもいい。
有り難いことに、越えられない試練など用意されていないのが、人生の摂理。

その深意は、きっと、自らが越えることを果たしえたときに、大きな実感として心身に染み渡る。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「選択」の項/⇒「試練」の項



by makisaegusa | 2016-11-23 03:03 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

人と糸 [hito to ito]

d0018646_1365925.jpg
感謝の想いは、人をなめらかに結い、縁を紡ぐ。

糸は、紙縒り(こより)に。
紙縒りは、織りに。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「関係」の項/⇒「人間」の項


by makisaegusa | 2016-11-17 07:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)