タグ:PHOTO ( 1140 ) タグの人気記事

幸福の粒子について

d0018646_00303481.jpg
それが、あまりにも、小さく隠れ潜んでいるからではなくて。
ただ、あまりにも、ありふれすぎているばかりに。
私たちは、見失いがちで惑いがち。

此処ではない場所にばかり、目をやって。
此処にあるソレには、目もくれず。
嘆き、揺らぎ、漂っている。

気が付くか、付かないかの差、たったそれだけ。

幸福の粒子。
それは、常に、空間を満たし鼓動しているのだから。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「幸福」の項/⇒「視野」の項



by makisaegusa | 2017-03-19 09:19 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

別種カテゴライザー

d0018646_03330351.jpg
他人をカテゴライズして。
自分とは別種の無関係な人種と決め付けて、外野を気取っているうちは。

新種の成長に至る、好機を得るということがない。
新種の次元に至る、視野を知るということがない。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「人間」の項/⇒「習性」の項



by makisaegusa | 2017-03-13 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

弱ミ強ミ

d0018646_03112815.jpg
内なる、その存在を。
咎めるでもなく、拒むでもなく、ただ、すっかりまるっとありのままに受け入れたとき。

「弱さ」は、「強さ」という真価を発揮する。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「真価」の項/⇒「強さ」の項



by makisaegusa | 2017-03-08 08:08 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

キギとヒトビト

d0018646_08573053.jpg
樹々が、自らを育むため、地上よりも地下に大いに生命を張り巡らせているように。

私たちも、また。

のびやかに空に向かうには、どっしりと地に足を着けて。
しなやかに夢に向かうには、しっかりと現実に根を張って。

歪まぬよう、揺らがぬよう。
どこまでも深く、広く、細やかに、大らかに。

可視の世界は、不可視の世界に源流を持ち、それは、凝縮されて太陽の下へ沸き上がる。
光は、闇を抜けて生まれ出ずる。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2017-03-07 22:24 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

気付きのキー・飛ぶのトーン

d0018646_00192399.jpg
嫌われることを怖がるうちは、そんなに強くなれないもので。

変わり者と呼ばれることを嫌がるうちは、そんなに遠く飛べないもので。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「性質」の項/⇒「強さ」の項



by makisaegusa | 2017-02-25 02:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

云々 [un-nun]

d0018646_22571258.jpg
惑いやすいのは、他人の反応の中に自分の正しさの証拠を見出そうとする者。

喉が締まるのは、当たり前。
息が詰まるのも、当たり前。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「呼吸」の項/⇒「表現」の項



by makisaegusa | 2017-02-19 09:09 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ジンセイ幸福判定員認定通知

d0018646_00125971.jpg
あなたの人生について。
もしも、幸福判定員がいるとして。
もしも、最終判定を下すのだとして。

その最適任者は、あなた以外に、いるはずもないのだから。

お得意の察しのよさを駆使などしつつ、自分を押し殺して善良を演じてみるだとか。
お伺いをたてるように、周りから浮かない言葉を選びながらに会話してみるだとか。
そんな無粋、往生際悪く、未だ、続けたりしてないで。

ご自愛を、とりわけ、ご自身の、ご本心に。
幸いは、それぞれの内なる声の示す場所にこそ、存在し得るもの。

あなたは、他の誰でもなく、あなたを幸福にするために此処に在る。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「幸福」の項/⇒「本心」の項



by makisaegusa | 2017-02-16 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

LEAP

d0018646_00430971.jpg
自分のショボさすら愛せないでいるうちは、そんなに高く跳べるはずもないってなもんで。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「飛躍」の項/⇒「性質」の項



by makisaegusa | 2017-02-12 02:12 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

会うべき人に会うために会っておくべき人

d0018646_01023652.jpg
会うべき人に、会いたいと願うなら。
まずなによりも、自分が、在るべき自分であるのかどうか確かめてみるといい。

あなたが、抜かりなく、あなた自身でありさえすれば。
あなたが、揺るぎなく、あなた自身でありさえすれば。

然るべくして、然るべきとき、狂いのない精緻なメカニズムによって。
出会いは、発動する。

装飾や虚栄を、取っ払ったその先で、嘘偽りのない自分自身に会えたとき。
あなたの物語は、真の幕を開ける。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「内界」の項/⇒「出会い」の項


by makisaegusa | 2017-02-11 02:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

瞬き と 瞬き [matataki to mabataki]

d0018646_22160211.jpg
夜空を見上げるとき。

「悠久」と「有限」の時空のコントラストの中で。
星の瞬きほどにも生きない自分の、途方もないちっぽけさを。

むしろ。
この上なく、この上なく、愛おしいと思う。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「生きる」の項/⇒「時間」の項



by makisaegusa | 2017-02-10 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)