タグ:PHOTO ( 1154 ) タグの人気記事

未知の未定の未踏の地

d0018646_01095444.jpg
未来は、光の方角に続くから。
逆光に向かうことに同じく、その輪郭は、イメージの領域。

未踏の地に到達を果たし振り返るとき、やっと、今という過去は、クリアに見えて。
そこに至るひとすじの美しい軌跡に、歩み来た道の真の意味を知るだろう。

ここから望む未来など、どこまでも未知であれど。
だからこそ、好ましい。
掴めそうで掴めない、その曖昧な、、、されど確信のニュアンス。

頼もしいのは、未知であること。
未定であるからこそ、自在は描ける。

それが、希望。
未来の余地。
余白の才。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「未知」の項



by makisaegusa | 2017-09-11 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

或ル降ルメクルメキのメカニズム

d0018646_22261258.jpg
上質の出逢いは、まるで「降る」ように訪れる。

天から舞い落ちる羽のように、軽やかに。
柔らかに、人生に混ざり合って。
新しい視界と呼吸を注ぎ込む。

とりわけ。
下手な演出抜きに巡り合わせた「自然体」の出逢いには、心地のよい「再会」の気配が宿っていて。
日々を彩る鮮やかさと、行く道を照らす輝ける光に、充ち満ちている。

それがたとえ、逆境の中であっても。

狂いなく、あなたが、然るべき道を刻んで来たという証左として。
私たちは、繰り返す。
何度でも、こんなふうに、永劫に。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「出会い」の項/⇒「仕組み」の項



by makisaegusa | 2017-09-03 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

そこのところ ここのこころ

d0018646_04544492.jpg
本心は、案外、無自覚に発した言葉にこそ潜んでいて。
滑稽なほど、そこに、自身の心の真実があったりする。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「本心」の項/⇒「真実」の項



by makisaegusa | 2017-09-01 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

言葉ハ、ソモソモ食用デハナイ。

d0018646_00553759.jpg
言葉は、そもそも食用ではないので。
溜め込むのは、まったくもって消化に悪い。

表現に恐怖して、躊躇して、飲み込み続けた言葉たちは。
心に降り積って、重く苦い澱(オリ)になって、いつか、あなたを窒息させてしまうから。

不器用でも、不格好でも。
相手の真意を伺ってみるだの、探るだの。
わざわざ、そんな回りくどいことして、挫けてないで。

たくさんじゃなくていい。
ただマッスグに、シンプルに。
打算からも、駆け引きからも離れたところで。
言葉の息吹を宿らせて、想いを、ありのままに解き放つだけでいい。

私たちの人生は。
自分の不器用さを、愛おしく抱きしめることができたとき、一層、美しく動き出すもので。
下手くそな言葉にこそ、なんとも言えない特別の味わいがあったりするもので。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「表現」の項



by makisaegusa | 2017-08-29 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

未来を変える鍵の在処

d0018646_21075432.jpg
刻一刻、私たちは、その未来を塗り替えている。

「今」という、この瞬間にも。

その思考、その一挙手一投足が、無数に存在する「未来」のひとつを選び、繋がり。
そこに至る道を、結ぶ。

「未来」とは、それらが紡いだ到達点でありながら、同時に、さらなる未来への布石。
「今」とは、常に、可塑性を秘めた、未知領域への鍵。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「未来」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2017-08-17 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ヒカリのリンカク

d0018646_10423585.jpg
「光」の輪郭を見失わないように。
人生の仕様として、私たちは、時折、「闇」の界隈を通過する。

悟るべきは、絶望の深度ではなく、希望の彩度。

光、一縷すらこぼれないほどの困難の道を歩いていようとも。



⇒「アナタのサイハヒ

⇒これまでの「写真とことば」/⇒「陰陽」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2017-08-11 11:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

Element "X"

d0018646_23034363.jpg

人は、愛情を呼吸しながら生きてゆく。

人生は。
例えばそんな、不可視のエレメントに育まれる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「呼吸」の項



by makisaegusa | 2017-08-05 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

「誰と一緒に旅するか?」

d0018646_03114650.jpg
誰と旅に出たいかと考えると、おのずと、誰と生きて行きたいかが見えてくる。

その喜びを、その驚きを、その悲しみを。
誰と分かち合いたいのか、ということ。

そして。
答えは、極めてシンプル。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2017-08-01 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

「不可能」なんて、所詮、「可能」の序章。

d0018646_00352554.jpg
始まってもないのに怖じ気づいて降りるなんて、なんて物語がいのない、物語。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「可能性」の項/⇒「序章」の項



by makisaegusa | 2017-07-26 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

自分にイチバン無礼なパターン

d0018646_23251542.jpg
他人の言葉は、「助言」の域を決して出ない。

それを、従順にも「本心」に差し替えて「採用」するだなんてことは、
唯一自分だけに許されたテリトリーを、他人に明け渡すことに等しい。

それが、どれほど「無礼」なことであるか考えてみるといい。
自分自身に対して。

それが、どれほど「無責任」なことであるか考えてみるといい。
自分自身の人生に対して。

そして、再三再四、思い出すといい。
あなたの人生が、誰の「想い」を果たすべく、ここに存在するのかということを。

主(あるじ)が、誰なのかということを。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「本心」の項/⇒「領域」の項



by makisaegusa | 2017-07-18 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)