タグ:PHOTO ( 1138 ) タグの人気記事

ソレハ、壁、ソシテ、扉。

d0018646_08442323.jpg

高くそびえる壁に限って、絶景の新天地へと続く扉だったりする。

「まさかまさか、この向こうに世界なんてありはしません、ここが世界の終わりですよ」なんて、厳しい顔をしながら。
壁は、私たちを試し、見下ろし、待ちわびている。

たもとに到達する勇敢なる者を。
閉じられた世界に吹き込む新風を。

たとえ今、壁の落とす影の中に立ちすくんでいても。

怖気づいて逃げ出すことなく、向き合い挑んだ者だけが、その扉を目の当たりにすることができる。
いつか、新鮮な世界へと一歩を踏み出すべく、扉を開きくぐり抜けるとき、
未知の気流を肌に感じながら、あなたは、また、新たな自分自身を呼吸することになるだろう。

だから、先に言っておく。
オメデトウ、試練との遭遇!

あなたはきっと、それを越える。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2017-06-08 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

至極のコンセプト

d0018646_08565301.jpg
健全な身体が、綺麗に活力を巡らせ、毒を排出させるように。
健全な精神が、上手に感情を巡らせ、澱を排出させるように。

一見、好ましくない症状は、それ自身が正しく機能していることの証であったりするもので。

・・・人生もまた。
招かざるとも、完璧なタイミングを見計らって訪れる試練こそが、その実、健全さの証。
そして、その絶妙な調合が、ここに生きてく面白み。

然るべくして、「順風満帆に」逆境は与えられる。

無視も、拒絶も、無関係。
卑下も、後悔も、不必要。

ただシンプルに。
私たちを、いかに成長させるかというのが、この世界での絶対的なコンセプトだから。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「意味」の項/⇒「コンセプト」の項



by makisaegusa | 2017-06-04 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

決意の音は、宇宙に轟く。

d0018646_00062871.jpg
「決意」の音は、六十兆の全細胞に染み渡り、顕在から潜在の意識を貫いて。
天に届き、宇宙に轟き、次元を超えて響き渡り、その現実を連れて戻る

未来へと結ぶ「道」を紡ぐのは、「決める」の軌跡。

意志の照準が、具現化の引き金であることの確証として。
私たちは、こうして今、此処に立つ。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「決断」の項/⇒「音色」の項



by makisaegusa | 2017-05-31 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

絶望なんて、すればいい。

d0018646_23131072.jpg
絶望なんて、すればいい。
何百回でも、何千回でも。

「諦め」を選ばないかぎり、それらは、新たな扉を開くから。
「諦め」を決めないかぎり、そこには、新たな道が続くから。

何度でも。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「諦め」の項/⇒「絶望」の項



by makisaegusa | 2017-05-29 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

時代と刺と呼吸の精度

d0018646_23593650.jpg
この時代に漂う不穏な腐臭と、如何わしい感触に。
もしも、まだ、気付けていないのだとすれば。

その感性の刺は、完全に朽ちている。

とりわけ、表現者を自称しているのであれば。
なおさら、呼吸の仕方を違えている。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「感性」の項/⇒「表現」の項



by makisaegusa | 2017-05-25 05:25 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

余りある物語の奏でる音色

d0018646_22404409.jpg
宣告されようが、されまいが、私たちは、常に「余命」を生きている。

その差は、その「視点」に想いを馳せられるか、否か。
ただそれだけ。

決して取り戻せない、刻一刻の特別な価値に。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「生命」の項/⇒「生きる」の項



by makisaegusa | 2017-05-19 19:19 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ソレフヨー論

d0018646_23032570.jpg
ご乱心なのやら、ご執心なのやら。

ご愁傷様なのは、「こんな自分じゃダメ」だと過剰に思い込まされて。
心に自傷、続けてる様。
空っぽの威勢、振りかざす様。

そろそろ、そんなの捨て去る頃合い。
その感情が、幸福に出来る相手なんて、きっと、一人もいないから。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「自信」の項/⇒「感情」の項



by makisaegusa | 2017-05-13 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

αρχη/τελος

d0018646_21155953.jpg
意識、信念、所作、言葉。

必要なのは、フィロソフィー。

人生に独自の哲学を有する人は、その軌跡に、揺るぎない美しさを纏う。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「人生」の項/⇒「哲学」の項



by makisaegusa | 2017-05-11 11:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

見えないモノを見るヴィジョン

d0018646_01082171.jpg
目を閉じることでしか見えないモノなんて、けっこう、いっぱい、ある。

目ではない視力で見なきゃいけないモノなんて、けっこう、いっぱい、ある。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「視野」の項/⇒「感覚」の項



by makisaegusa | 2017-05-07 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

はやてはやぶさことのはことば

d0018646_01241508.jpg
言葉に宿る、言霊の実力を侮ってはならない。

肯定であろうと否定であろうとお構いなしに、それは外界に放たれた途端に、即座に、純粋に。
驚くべき精度で、指し示す現実をたぐり寄せる。

言葉は、疾風。
具現化の引き金。

矛先の調律は、意識の範疇、意志の手綱によって為すがよろし。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「言霊」の項



by makisaegusa | 2017-05-05 05:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)