タグ:Katoko ( 2 ) タグの人気記事

鳥取・おもちゃミュージアム「わらべ館」 x MY DESIGN BOOK「POP&FUN」: 太陽のポスター!!

私のデザイン「行ったら、あった」シリーズ。

小田急新宿店の赤ちゃん休憩室のPOP&FUNウォール」のサプライズに続き、今度は、山陰でも!

鳥取在住のカトコから、「おもちゃミュージアムの『わらべ館』で、マッキンデザイン見付けたよー!」・・・との知らせ。
娘のユイカを連れて、たまたま、遊びに行ったら、たまたま、あったらしい。

送られて来た写真は、ミュージアムのお知らせポスター!
そこにレイアウトされいたのは、まさに、私が、デザイン素材集「POP&FUNに収録した、フェルト太陽!
うわぁい!!!
ナイスなコラボレーションが、またもや、私の知らぬ所で展開していたことに、そして、こんな奇遇な出会いに、歓喜感激。
d0018646_3452471.jpg
[Image: 左*制作中"ガジガジくん"と呼んでいた謎のキャラ。/中上*「POP&FUN」表紙のハフュッフェヌ。/中下*フェルトのサンサン太陽。/右*カトコから送られて来た「わらべ館」の案内ポスターの写真。]


私のデザインが、どこかで誰かを楽しませられていることが、実に、有り難くて、光栄至極!
それにしても、自分の作品ならまだしも、これに気付いたカトコの目利きに、何より、ビックリ。
スタッフの方にも話して、一緒に、不思議な縁を味わったんだとか。ステキ!

鳥取に遊びに行く楽しみが、梨と砂丘以外に、新たに出来た。・・・ニヤリ。

いやはや、こんな、ごきげんなサプライズなら、いつでも大歓迎!
もしも、どこかで、「POP&FUN」デザインが、愉快にコラボレートしてるのを発見した際には、ご一報を是非。

アリガトウ、カトコ!
アリガトウ、ワラベカーン!!
うれし、たのし、うしし!


※制作の途中、腱鞘炎が悪化したおかげで、ちょうど私の誕生日が発売日となった、ミラクルな本「POP&FUN」は、
DVD付きのデザイン素材集で、営利目的でない限り、どうぞご自由にお使い下さい★ということになっているため、
作者の知らないところで、未知のコラボをしている様子。今なお、ミラクルな驚きを与えてくれる、オモシロい一冊!




⇒デザイン素材集『piece of Design "POP&FUN" たのしい素材806点』(ソーテック社)

⇒いろいろ「デザイン」/⇒「POP&FUN」関連あれこれ

⇒童謡・唱歌とおもちゃのミュージアム「わらべ館」HP
by makisaegusa | 2013-11-20 23:46 | Design-デザイン | Trackback | Comments(2)

WA RA SHI BE 2010 : #65 Katoko.

ブツブツの一期一会に、歓喜する、物々交換遊び『WARASHIBE2010』!
私が生きてる限り、ズンズン続く、壮大なる娯楽プロジェクト。

前回、"1040 -ten forty-"のトヨシマ氏からやってきた、
宇宙規模のワラシベ「#64 Toyoshima *1040 : Solar System T-shirt - 羊毛プラネットの3D太陽系T-shirt + 製作過程の記録」は、鳥取のカトコの元へと、ビューンと渡鳥。
もうすぐ生まれて来る赤ちゃんに、ここが、あなたの星だよって、宇宙の住所を教えてあげるのにピッタリだと、大歓喜の彼女。
そんなカトコは、学生時代、ゼミは違えど (katoko=自然地理, maki+=法学)、同じ研究室だった仲良しの後輩。ナッツカシーィ!

そして今回、鳥取で生まれ育った彼女から届いたワラシベは、かわいいエピソード付きのまんまるいもの!
d0018646_17474012.jpg
#65 Katoko : ○ garasu-dama + ◎ shuki daruma - ガラス玉と酒器ダルマ

初めて見た、初めて知った、こんなステキな「ガラス玉」のこと。
大きさは、7センチくらい。
キレイなまんまるじゃなくて、歪なところが、いい味わい。
カトコは、子どもの頃、これを水晶玉に見立てて、遊んでたんだとか。ま、かわい!
そして、もうひとつは、まぁるいもの仲間、まぁるいトックリとオチョコが、合体させると雪だるまみたいになる、愉しい「酒器だるま」

それでは、本人からワラシベにまつわる解説と、次の参加者へのメッセージをどうぞ。


『WARASHIBE No.66さま

はじめまして。海王星が守護星のNo.65です。
さて、私のWARASHIBEは、海王星人らしく、はるばる海をただよってきたガラス玉です。
このガラス玉の正体は、実は、漁に使う浮き玉。
今は、浮き玉といえば、プラスチック製ですが、その昔、漁網につけられて大海原で、ひと仕事も、ふた仕事もしていたヤツです。
私が、子どもの頃は、嵐の後の海岸に行くと、流木や海藻に混じってキラリと光る、このガラス玉が流れついていたものでした。
が、そこは繊細なガラス製。
割れていたり、ヒビが入っていたり・・・キレイな状態のガラス玉をみつけると、子どもながらにとてもテンションが、あがったものです。
今となっては、なかなかお目にかかれない、このガラス玉。
すべて職人さんの手作りなので、色も形も大きさも、ひとつひとつ違います。
今回は、私のお気に入りの緑色のこの子をどうぞ。
そして相棒は、まんまるつながりで、雪だるまちゃんならぬ、酒器だるまちゃんです。
まんまるを愛する次なるWARASHIBEの方へ。それでは!      WARASHIBE No.65 カトコ』


次は、どこへ旅するのやら、コロコロ、コロコロ、まぁるいワラシベ!

参加希望は、いつでも、ご一報ウェルカム。
今後の展開にも、ワクワク、ご期待をッ!!



⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒参加者に送られるカード:"参加証明書" 兼 "未来のワラシベ展への招待状"「"WA RA SHI BE 2010"トランプカード:♣W
⇒いままでの「わらしべ」変化全編:『WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2012-08-25 23:06 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(2)