タグ:GIFT to me ( 98 ) タグの人気記事

決して吸ってはならない「ビードロ」の恐怖ふたたび!

d0018646_23393096.jpg
引き出しを整理していたら、ずっと前に長崎の友だちがくれた「ビードロ」を再発見した。
ポッペン!!

久しぶりに広げた説明書には、魅惑的なおどろおどろしい注意書き

「吸ってはいけません!!」


ギャーーーーーーーーーッ・・・相変わらず、だいぶん気になる。

トラブル
を求むる生来の性質由来の、いちかばちかチョーーーットだけやってみようかという遊び心をぐっとこらえて、吸わずに吹くっ。(笑)

ペコペコ、ペコ!


これが正しい音色なのか、本場の友にコンタクトを取って一応確認。(笑)
うん、どうやら、これでいいらしい。
なんて、平和な響き



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「ヘンテコ」あれこれ/⇒「民芸」ちょこっと



by makisaegusa | 2017-06-12 12:12 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

南米土産:「ボブ・エスポンハ」のエスポンハ!

d0018646_22133694.jpg
弟からブラジル土産にもらった、素晴らしく南米クオリティな「ボブ・エスポンハ」エスポンハーーーーーーー!!(笑)
(※ボブ・エスポンハのエスポンハ = スポンジ・ボブのスポンジ)

スーパーの店頭に並んでたボブは、プリントの自由度(!)のせいで、全員、違う顔だったらしく、
私のところにやって来たボブは、これでも一番まともな顔のやつだというから、だいぶんウキウキする愉快な品揃え。(笑)
目の下のクマっぽさに、ウヒヒ★ニンマリ。

・・・このクッタリ脱力テイストの懐かしさ、よ。
ジッツニ、南米、ダーーーーーーー!

ほんとにスポンジとして使ってしまうと、
一瞬ボロボロになっても消え失せてしまうのは300%確かなので、これは部屋に飾っておくことにしよう。(笑)

ムーチャスグラシアーーーーース!
ありがとーーーーう。



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「ヘンテコ」あれこれ/⇒「お土産」いろいろ



by makisaegusa | 2017-04-18 02:42 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(2)

珍妙なる『岡山弁トランプ』来たる!

岡山の友・ブンから『岡山弁トランプ』なる珍品が、送られて来た!

イントネーション
が的確に伝わるようにとの配慮からか、音階表記付きという親切設計。
なのに、ほぼほぼの用語の構成要素が、「ド」「ミ」というザックリ感(笑)
いやさすがに、そんなことはあるまい・・・と、不信感全開で、とりあえず発音練習を試みてみたところ、で、またもや驚愕

わぁーーーー!この雰囲気、思いの外、岡山の友だちの喋り方にソックリだったーーーーーー!!・・・ってなわけで、
発音面のフォローも申し分のなかった、意外なインテリジェント「ザ・岡山弁トランプ」。(笑)
d0018646_09351555.jpg
学生時代に、岡山の小学校で教育実習に行っていたとき、
私が、あまりにもネイティブ関西弁で、子どもたちの心ワシづかみな爆笑の(!)授業をしていたためか、
後で、指導教諭「教師が教えなくて誰が子どもに標準語を教えるんですか!」を、純度100%岡山訛りで説教されたという、、、シュール記憶も蘇りつつ。(笑)

"はよーしねー"て、大揉めの遺産相続か、完全に殺しにかかってるときに使うやつやん!」などと、
興味深い岡山由来の各種異言語に、ツッコむだの、意表突かれるだので。
なかなかトリッキーでユルい、未知感たっぷりの方言を遊んだりしている、近頃。

デーレー!オオガッソー!からのゾンゾガチーター!

もはや、新手の呪文
コトバが気になってトランプで遊ぶとこまでいかない件。(笑)



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒「アイテム」の項⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「ヘンテコ」あれこれ



by makisaegusa | 2017-02-22 02:22 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

マリメッコの"にじみ"のお皿がやって来た!

d0018646_23151042.jpg
つい先日まで渋谷のBunkamuraで開催していたマリメッコ展-デザイン、ファブリック、ライフスタイル

年明け早々、私もチャッカリ行って来たのだけれど。
ミュージアムショップで、前から気になっていた、マリメッコ"にじみ"のお皿を発見して、うひゃあと歓喜!
一緒に見学を愉しんでいた友・マユに、「これ欲しかったやつーーーーー♥︎」と浮かれた想いを伝えたところ、なんと、過ぎ去りし去年8月のマキ誕生日祝いだと言ってプレゼントしてくれた。
うわあぁい♥︎ウレシーーーーーーイ!
マユ、アリガトーーーーーーーーーーーーッ!!

なんか、、、魔法みたいな展開魔法みたいな魔法言霊使い、みたいな、。(笑)

・・・てなわけで、私も、近々、誕生日を迎える彼女へのプレゼントとして小鉢追加
ラッピングに使ったのは、マリメッコのをマネした花と、私が子どもの頃に発明したオリジナルの花筆ペンの豪快なタッチで遊び描いた紙![Photo: 右下]
ますますベリーハッピーで、ごきげんに完成したマリメッコギフトに、私も、大満足のウヒヒ★

とりあえず、"にじみ"のお皿には、『ちっちゃいもの博』の絶滅種の村から来たマンモスくんを、チョコリ。
ルーツが同じなんじゃないかと思うほどにマッチする絶妙の相性に、ニンマリしつつ、美のニュアンスを、まだまだ、うっとり愛でているトコロ。

リンダ!



⇒「トテモステキ」なものたち/⇒「アイテム」の項⇒「GOOD DESIGN」なものたち/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me



by makisaegusa | 2017-02-17 07:07 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

食卓のデザイン#42:デコポンって書かれた「デコポン」!

d0018646_03580111.jpg
実家の家庭菜園で採れた「デコポン」
が、他の柑橘と見分けがつくようにと、わざわざ「デコポン」と書いてくれたその姿が、かなりシュールでじわじわ来る。

なんだか、柴犬「柴犬」と書くかのごとき、可笑し味。(笑)



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「果物」あれこれ/⇒「ヘンテコ」の項


by makisaegusa | 2017-02-02 02:22 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)

ワレワレ式フェアトレード:⇔ 建具職人の作る『REVEL -woodwork-』の美的「まな板」!

私が、そのを、まるで我がことのように誇っている友人のひとりで、を美しく生かし新たな息吹きを吹き込むスバラシキ才能が、土屋建具店』の建具職人マサ
そして、彼の手掛けるオリジナルプロダクトが、REVEL -woodwork-(レベル)。

先日、ワレワレ式フェアトレード(!)により、美しい「まな板」が、私の元に届けられた。
数年前に誕生日祝いとしてもらって以来、愛用していたヒノキの「まな板」)が、すっかり使い込んでくたびれてしまったので、「それじゃあ!」ってことで製作してもらった今回。

※ ちなみに、ワレワレ式フェアトレードとは、"お互いの天賦の才を使ってギブとテイクをやり合うこと"の意。(笑)
d0018646_00195756.jpg
[Photo: Shooting by "REVEL" x Retouched by maki+saegusa]

送られて来る前日に、この完成間もないキリリとした「まな板」写真が届き、洗練されたサスガの仕事っぷりに、改めて、感心感動感服を覚えた次第で。
ワクワクと到来を待ちわびつつの、、、宅配不在通知を挟み、もどかしくも、やっと受け取りを完了することになったという逸品

は、「タモ」
硬いのが特長だとのこと。ほほう!
しかも、一般的には機械鉋(カンナ)で仕上げるところを、しかと手仕事にてをかけてくれたというから、なんともアッパレ有り難い!

とても美しく心地良いエネルギーに満ちているため、まだまだ、飾って眺めているのだけども。
そろそろ、本格的に生活に取り込もうかと考えているトコロ。
抜かりのない職人のシゴトに、つくづくうっとり、敬意多々。

から生み出されるものには、すべてにおいて、その信念が表出している。

美しい生活の所作には、丁寧に生み出された道具が、必須!
・・・感謝



⇒『土屋建具店』HP/⇒PRODUCT『-REVEL- レベル』/⇒WEB SHOP『REVEL -woodwork-

⇒「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「REVEL」あれこれ/⇒「アイテム」イロイロ



by makisaegusa | 2016-10-17 07:07 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

ニゲラの種が、トレビアン!

d0018646_00044820.jpg
いつも自然界との心地良い生活の欠片をお裾分けしてくれる、愛媛在住の友・ヒサミ (husica & 小さな集会所「ホオル」)!

このニゲラの種」もまた、彼女から、私の盆が正月的誕生日)を祝うべく届けられた、たくさんの誕生日プレゼントのうちのひとつ。

和名「クロタネソウ」の名前のとおり、は、ゴマみたいなで、
ヒサミの手紙によれば、を揉むといい匂いがするから、昔っから"においだま"と呼んでたよとのこと。
ほうほう!
・・・どんなものかと早速、モミモミやってみたならば、
うわーーーーーーぁ!なんて、やさしくて甘い匂いーーーーーッ!!

指にも、しっかりいい匂いが残って、しばらく堪能。
自然界クリエイションて、ホンット、イッツモ、アリガターーーーーーイ!

感謝!ヤオヨロズのクリエイターたち!!うふふ



⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「」あれこれ/⇒「植物」の項



by makisaegusa | 2016-10-05 05:05 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

『ちっちゃいもの博』の絶滅種の村から来たマンモスくん!

d0018646_22185092.jpg
まだまだ届く、我が灼熱シーズンの盆が正月)を祝うギフトの数々。
なんて、アリガタ!

これは、愛媛のヒサミ (husica & 小さな集会所「ホオル」)から届いた、たくさんのハッピーな誕生日プレゼントのひとつ。

『ちっちゃいもの博』絶滅種の村で見付けたという、ナイスなキャラの、、、ゾウじゃなくてマンモスくん!
なんとも言えぬ、この愛くるしい風貌に、・・・キューン♥︎♥︎♥︎(笑)

さすがのセレクト!
アリガトーーーーーー!!
アイモカワラズ、本年モ、ヨロシクオタノモウシアゲ〼



⇒「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「Birthday GIFT」いろいろ/⇒「アイテム」あれこれ


by makisaegusa | 2016-10-01 01:01 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

食卓のデザイン#41:まさかのミイラ風ラッピング★「ツタンカーメンのエンドウ豆」!

食卓に並ぶ、オモシロい造形スタイルを娯楽する、目にも美味なる食卓のデザインシリーズ!

今回は、トッテモ興味深い古代エジプトからのギフト「ツタンカーメンのエンドウ豆」!!
知り合いからたくさん貰ったという実家が送ってきてくれた、この珍しい豆は、
ツタンカーメン王の墓から副葬品として出土した豆子孫といわれている、なんともめくるめいた逸品。

ジャジャーン★★★☆★
d0018646_21021822.jpg
意図してかせずしてか、ティッシュで包んだ姿が、まさか、まんまとミイラ風!(笑)

しかも、「ツタンカーメンのえんどう豆」と書いて巻き付けてある長い付箋が、片側から見ると、ただの「ツタンカーメン」にしか見えず、
「何コレ、ツタンカーメンのミイラ?・・・ってどういうこと?!」と、一瞬で心ワシヅカミされるというツッコミ待ちの演出が、かなり愉快でムフフ♥︎と含み笑えた。
珍事

※ 育ててみたいという方は、御一報をッ。、お裾分けイタシマス。



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「」あれこれ/⇒「植物」の項



by makisaegusa | 2016-09-25 05:55 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)

食卓のデザイン#40:ベリベリー★ゴールデンベリー!

食卓に並ぶ、オモシロい造形スタイルを娯楽する、目にも美味なる食卓のデザインシリーズ!

今回、北海道の大自然在住のコショ)から私の元に届けられたのは、彼女の健やかな庭でのびやかに育った、たくさんのゴールデンベリーーーーーー!!!!

ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ♥︎♥︎♥︎
突如やって来た、スペシャルなギフトに、歓喜★感激。
ホントアリガトーーーーーーーーーーーー!

d0018646_21394139.jpg
一般的なほおずきよりも、ちっちゃくてかわいい食用ほおずき(フルーツほおずき)。
中に潜むは、まだ黄色だけど、香りは、ちゃんと甘くて、どう転んでも不味くなるはずがない雰囲気を醸し出している。

☆★☆★☆

食べ頃
になって来ると、もっと付いて、オイシイ香りになってくるらしく、その日が、かなり待ち遠しい。
・・・とか言いつつ、堪え切れずにパクリ!と食べてみたなら、すでに、ちゃっかりデリシャス!(笑)
ほんのりの甘みスッキリした後口が、まるで、梨のような収穫季節のアリガタテイストで、
生のゴールデンベリーを味わうという、これまで未知の領域にあった人生の新体験に遭遇した私は、すっかり満足。

この美しい造形軽妙なカサカササウンドを愛でつつ、追熟を愉しむとにしよう。

自然は、つくづく天然の富の宝庫
友人は、つくづく富の運び屋。
・・・嗚呼、ナイスなシステム!グフフ



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「果物」あれこれ/⇒「美味」の項


by makisaegusa | 2016-09-08 00:00 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(2)