タグ:言葉 ( 56 ) タグの人気記事

デリシャスナマモノ

d0018646_23425736.jpg
想いを閉じ込めておくだけならば、言葉なんて、不要っちゃ不要。

言葉は、私たちを結ぶツールだから。

手元にも、胸元にも、喉元にも、留めておくには期限があって。
それらは、本来、相手に送り届けられてこそ、意味を成し、役目を全うする仕組み。

言葉は、生鮮。

瑞々しいうちに解き放つのが、対話の流儀。
そして、美味なる所作。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「会話」の項



by makisaegusa | 2017-04-01 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

まぁるいことのは

d0018646_23572246.jpg
まぁるいことば、まぁるいこころ、まぁるいつながり。

「ありがとう」は、ヒトのカドを、やさしく、やんわり、やわらかくする。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「感謝」の項


by makisaegusa | 2016-06-10 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

長年、腑に落ちなかった『天地無用』の用法に、やっと納得のスッキリ!

私が、ずうぅっと、腑に落ちないままだった言葉のひとつが、「天地無用」

宅配便を送る際に、荷物の絶対に上にして欲しい面を示して記載しておく用語。
・・・ということは、知りつつ使用して来てはいたものの、
これって、どうしても「天とか地とか関係ないよ」と言っているようにしか思えないのになぁ、、、と、納得いかないままだったのが、この度、遂に!

やっとやっと、その意味用法に、到達、理解、納得デキタ自分的快挙!←大袈裟。(笑)
ヤッターーーーー★☆★☆★
すっかり腑に落ちて、かなり、しっくり。
d0018646_22202443.jpg
漢字が、4文字並んでいると、ついつい、2文字ずつに分解しがちなので、
これも、「天地」「無用」に分けてしまいそうになるところ、その想いをグッと堪え、
「天」「地」「無用」に分けるのが、グッド。

意味は、「天」を「地」にしたらダメですよが、正解!

この場合の「無用」は、「心配無用」の不要の意味じゃなく、「他言無用」禁止の意味ってこと。
うわぁ、ナァルホドーーーーーー!!!!!

このスッキリ感、、、言うなれば、人生における、大いなる謎の一つが解明した級!(笑)
嗚呼、これで、堂々と「天地無用」に発送できるってなもんダ。
爽快!



【silhouettes】:⇒「「ファン」なる人材」/⇒「「翼ヲ授ケル」業」/⇒「「親の顔が見てみたい」と言われる光栄」/⇒「ブログ10周年★BLOG "maki+saegusa" 10th Anniv.!!」/⇒「虹色オーラの作品を生むヒト」/⇒「「スターピープルなの?」と訊かれるヒト」/⇒「「もはや、私、独立国家になりたい。」」/⇒「イケメン守護霊モーレツ求ム」/⇒「「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ」/⇒「続・「吾輩は天使である」かもしれない、、、からなのか羽根がよく降ってくる件」/⇒「「オノヨーコ」と「小野妹子」の記憶方法にまつわる:マキ式検索エンジンの性能に驚愕するの件」/⇒「私のアセンテッドマスターがキリストで、しかも、その説教がセンスありすぎて笑い悶えた話」/⇒「そろそろ年賀状の返事でも書こうと思う

⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「言葉」の項/⇒「

⇒デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点」/⇒「POP&FUN」あれこれ


by makisaegusa | 2016-05-11 01:01 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(2)

COLLAGE CARD #72 : 色shIkiソクZE空!!!世界ハNYOi!!!「色即是空、世界は如意!」

最新「コラージュ・カード作品は、つい先日、私が、友だちにメッセージした、語呂のいい言葉をヴィジュアライズ!

表には、色即是空! (=すべては空[クウ]である。)
裏には、世界は如意! (=世界は思いのままである。)
合わせて、「色即是空、世界は如意!」

漢字カタカナアルファベットの文字ミックスが、愉快なアンバイ。

★★★★★

写真は、単に気に入ったのを雑誌から切り出しただけという、コンセプトの薄さも特長。(笑)
d0018646_1553712.jpg
このカード、友だちに渡すときには、 ナニハトモアレ、私のネイル赤色にするのを一滴の遊び心にするとしよう。
イヒヒッ!

シキソクゼクー★セカイハニョイ。

色shIkiソクZE空!!!世界ハNYOi!!!



⇒「コラージュ」作品一覧/⇒「コラージュ・カード」作品たち/⇒「Birthday GIFT」いろいろ/⇒「3D CARD」少々/⇒「GREETING CARD」作品いろいろ/⇒「MEMBER'S CARD」作品あれこれ


by makisaegusa | 2016-05-08 08:08 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(3)

コトバ科コトバ属コトバ [cotoba-fication].

d0018646_2134165.jpg
「言葉」の数は、どうやったって、「感情」の数に追い付けはしないから。
重ねれば重ねるほど、無粋になってしまうのだけど。

それでも、伝えたいという想いを諦めずに。
それでも、伝えるという試みを止めないこと。

それが、ワレワレ、地球人式コミュニケーション、基本の心得。

テレパだってかなり捨てがたいけども、如何せん、そっちは一般向けでないが故!(笑)



⇒「言織 [KotoOri]」/⇒「歳・寿 [toShi]」/⇒「折 [Timing]」/⇒「糧範疇 [CateCategory]」/⇒「思描 [Shikaku □/■ Vision]」/⇒「心海 [Inner Ocean]」
⇒「鳥目 [Bird's-Eye]」/⇒「虚 [zero]」/⇒「転起点 [Turning/Starting Point]」/⇒「批比ヒ [hi-hi-hi]」/⇒「刃 [IgnoranT]」/⇒「人生味 [Flavor Of Life]

⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「表現」の項


by makisaegusa | 2016-02-22 02:02 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

イメージを「言葉」でスケッチする。

d0018646_23184835.jpg
私の紡いだ言葉たちを、皆は「詩」と呼ぶのだけれど。
私には、「詩」を書いている感覚などなくて。

それらは、私にしてみれば、
想像力の目を通して観る目の前の風景を、眺め見つめ、「言葉」でスケッチした絵に等しい。

「筆」ではなく「言葉」で、イメージをビジュアライズする。
それが、私の描き方で。
そのときそれは、「詩」という名を授けられる。

どうやら、そういうことらしい。
どうも、とても、興味深い。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「表現」の項
by makisaegusa | 2016-01-25 01:25 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

「難しい」のカフカ。

d0018646_23115235.jpg
そこに、「可能」を見るか「不可能」を見るかは、自由だけれど。

「難しい」という言葉は、一度だって「不可能」を意味したことなんてない。

断言できる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「可能性」の項/⇒「言葉」の項
by makisaegusa | 2015-12-16 20:24 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

感情の彩織。

d0018646_11137100.jpg
言葉の無力を痛感するとき。

同時に、強く実感するのは、
人の感情が、驚くほど多彩な糸で織りなされているということ。
それらが、言葉など遥かに及ばない、心の深い場所から生まれ来ているということ。




⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「言葉」の項/⇒「感情」の項
by makisaegusa | 2015-11-11 11:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

生鮮言葉。

d0018646_22584824.jpg
デジタルなテキストのコミュニケーションに慣れ果てることは、
サプリメントやレトルトばかり摂取して、本来の感覚を退化させることに、とてもよく似ている。

あくまでも、それは、代替。

直接の会話や、直筆の手紙に宿る、言葉の質感、色彩や温度。
真に、私たちを生かすのは、それらに秘められたる「生命力」。

腑抜けたモノを摂取すれば、然るべくして、そういうニンゲンが出来上がる。
食も、言語も。

それが、理。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「生命」の項
by makisaegusa | 2015-08-11 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ことばのおんど。

d0018646_2324385.jpg
感性の棘」が錆び付いて。
言葉の「温度」よりも、「音量」に意識を囚われているから。
あなたは、ただ声高に叫ばれているだけの「空虚な戯れ言」に、まんまと騙される。

本当に、耳を傾けるべきは、どんなに小さくとも、「血」が通い、「魂」が宿る言葉。

要・見極め。
そして、要・聞き極め。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「温度」の項
by makisaegusa | 2015-04-16 01:06 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)