タグ:社会 ( 6 ) タグの人気記事

ソノ思考ノ主ヲ述ベヨ

d0018646_04154774.jpg
その思考が、本当に、自分自身に、由来する、もので、あるのか。

まず、そこから、思考せよ。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「社会」の項/⇒「思考」の項



by makisaegusa | 2017-04-15 01:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

霧を払う 雲を抜ける 空を駆ける

d0018646_2312170.jpg
「洗脳」の霧を抜けたいのなら。

多数決の勝者が「正」であるという、その思い込みとは、まず決別した方がいい。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「洗脳」の項/⇒「社会」の項


by makisaegusa | 2016-08-13 03:03 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

HATE.

d0018646_23134870.jpg
その悪しき感情の波動が、空気を濁し、滞らせることはあっても。

「厭悪」で、拓かれる未来などない。
「憎悪」で、光射す明日などはない。

そんなに世界は、陳腐じゃないから。


_LOVE_UNITE



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「感情」の項/⇒「社会」の項
by makisaegusa | 2014-08-26 02:06 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

mis-developed.

d0018646_23273011.jpg
私たちが、進化と信じたものは、実は、そうではなかったのかもしれない。
悪意とは、無関係の意味で。

ニュースが、"developing country"と言うのを聞いて、思い出した。
この国が、"developed"だった、ということ。
ただ、それも、"mis-developed"であったと、認めざるを得ない頃合いだろう、ということ。
進行形よりも、完了形の方が、タチが悪そうだ、ということ。
だから、生まれ直さねばならない、ということ。

脳裏に浮かんだ、瞬時の対話。
自身との。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2011-08-29 23:26 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

大麻とひき逃げの答え。

d0018646_13555.jpg
最近のニュースは、どこを見ても「大学生の大麻」と「大阪のひき逃げ」ばかり。
今に始まったわけじゃないというのに、特別、今になって、うるさく言うんだから、違和感も甚だしい。
その他のニュースにしても、物足りない、薄っぺらな報道のみとは、いかにも怪しい。
そういう場合は、決まって何か裏で起こっているのであって、じゃあ、今回は、何だろうかと考えていたところ、、、
今日、遅ればせながら、私はその正体を知るに至った。

答えは、マスコミが報道についての圧力を受けたから。
12日開かれた政府の有識者会議で、政界とも強い繋がりを持つトヨタの奥田氏が、
このところのマスコミによる厚生省への批判が行き過ぎると言及し、
スポンサーを降りることもできるんだと、案に脅しを匂わせるような発言したことによるもの。
そんなわけで、ああいった、差し障りのないといえば語弊があるかもしれないけれども、
偏重した内容のニュースばかりが流され、半ば強制され、報道は、ねじ曲げられたというわけ。

スポンサーがなければ、番組が成り立たないとはいえ、権力に迎合していたんじゃ、何の役割を持つというのかしらね、マスコミは。
結局、政治は特定の一部に利益を供給するためになされているという現状は、本当に私たちをバカにしてる。
まあ、政府からしてみれば、バカな国民がいるほど有り難いのだから、汚い真実など知らせるわけもなく、
欠片でさえも欲しないものには、ただ偏ったニュースばかりを植え付け続けるのだろうけど。
虚しいご時世。

センセイショナルな事だけが、重大だというわけではない。
鵜呑みにしてはならない、現実を知る。
by makisaegusa | 2008-11-18 00:54 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(8)

牛乳とは一度は鼻から出すもんだ。

d0018646_0154274.jpg
とんだタイトルと、絵を描いてしまったのだけれども、それは、ご勘弁願うとして。

独断と偏見で、すべての人の人生のルールと言い切るとすれば、「人はみんな、小学生だった時に、牛乳を一度は鼻から出したことがある。」
さらには、うどんを出す場合もあり。笑

そんな風に、牛乳飲んでる友だちを爆笑させてみたり、冷凍ミカンを丸ごと食べようとしてみたり・・・。
無謀なことを色々やってしまうのが、その時代の子どもだから。
善し悪しは置いといて、早食い競争も、当然やっちゃう。

パンを喉に詰まらせて、先日、男の子が亡くなってしまったため、毎日大々的にニュースは、それを取り上げているけど、
"早食い競争の事実があったのかを調査する"と、言う原因究明への動きを解説していることが、滑稽でならない。
しないクラスなんてあるんだろうか?・・・と、逆に、質問したくもなる。笑
やっぱり、奔放さと無謀さが、その頃の成長には、くっついてくるもので、
きっと、大食いや早食いで、自分のポジションを確固なものとしていた子もいたに違いない。

最近は、のどに詰まらせて命を落とす人が多く、こんにゃくゼリーの生産を中止するという事態まで起こった妙な国、日本。
それならば、自動車事故に遭ったら、あんなに高速で走る鉄のかたまりが悪いんだって、車を責めるのか?って話になるわけで。
結局、なにごとも用法次第といって過言じゃない。
どう使うか、どう用いるかは、その人次第だというのに、それを、物のせいにするだなんて、ほんとにエゴイスティックな考え方だと思う。
このまま、給食のパン中止だなんて、言いかねない、この社会。
問題の本質を見失って、すごくかっこわるい決着をするんだけど、目くらましでしかないから、エンドレス。

また、私は、論点ズレに「気は確かか?」と言いたくなったけど、そっか、いまや、気は確かじゃないんだった、と思ったら、すごく納得。
ああ、虚し。

とにかく。ただ、禁止するだけじゃは、解答にはならないことは確か。
by makisaegusa | 2008-10-24 00:14 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(12)