タグ:歴史 ( 13 ) タグの人気記事

ご先祖様を訪ねる:『三枝城』跡のお寺探訪 + とよ子の流儀「寺」。

4月初旬、まだ、桜が咲き誇っていた頃。
我らが先祖に繋がるのではと思(おぼ)しき、「三枝城」跡のお寺「宝積院」を訪れた。

「三枝城」は、長寛2年(1160年)三枝氏により築城され、十代、210年余りに渡り、居城とされていたものの、
永和3年(1377年)の落雷による火事で焼失し、城主も、別の地に移り、城を構えるに至ったと、伝えられている。

さて、どんな探訪になったのか。
どうぞ、御覧あれ。
d0018646_0341169.jpg
1. まず、初めの驚きは、電信柱に発見した「サエグサ」の文字!
電信柱までもが、サエグサを名乗る、ここの住所は、「姫路市夢前町前之庄三枝草」。
漢字は違えど、“三枝草”と書いて、これまた、“サエグサ”と読むらしい。ホッホーウ!

d0018646_0342925.jpg
2. イザ、「宝積院」へ!

d0018646_0355456.jpg
3. どれほどの歳月を、この地で過ごし、時の移り変わりを見て来たのか。・・・うっとり、艶やかな
なんなら、この樹に、かれこれの歴史のあれこれを、是非とも取材してみたい。

d0018646_0344540.jpg
4. 石垣が醸し出す、城跡の趣き。
お寺の入り口までは、この坂道を少しばかり、テクテク。
写真左下に見える、細長い案内看板には、『史跡 三枝城跡と的場山宝積院(観音寺)』の文字。

別の面には、以下の解説文
『宝積院は天台宗の寺院で、天安2年(858)玄常上人の開基とされる。
明王寺谷にあって松尾山明王寺と呼ばれていたが、寛文年間(1661~1673)に現在の三枝城跡に移り、的場山宝積院と改称された。』

d0018646_036672.jpg
5. 坂道を上り、石段を上って、門をくぐると、広く開けた空間。
立派なお寺が、堂々姿を現した。うわぁお、スバラシ!

d0018646_0483199.jpg
6. 「本堂」
三枝家の家紋(三階松)は、どこにも見当たらないというのに、武田家の家紋(四つ割菱)が、片っ端から、に!
しかも、窓のカタチまでもが、菱形!
どんだけ、武田びいきなん?!と、ツッコミたくなるほどのタケダ・フェス。(笑)
やはり、三枝と武田には、何かしら特別な由縁があるに違いない・・・と、確信を深めつつ。(
ますますの謎解きの愉しさに、心、踊る。

d0018646_0362857.jpg
7. ここが、まだ「城」だった時代には、一体、どんな景色が見えていたんだろう?・・なんて想像しながら。
見下ろす、外界の面白味! まるで、時空の旅人気分。

d0018646_0363929.jpg
8. 手入れの行き届いた、綺麗な境内

d0018646_0372558.jpg
9. 味わい深い時間だったなあと、しみじみ振り返る、夕陽の刻。

d0018646_0373256.jpg
10.【番外編】とよ子の流儀「寺」

かつて、おじいちゃんと一緒に、お遍路を廻ったときのトラウマにより、「寺」=「歩く」のイメージが、こびり付いているのか、
「寺」と聞くだけで、あからさまに、テンションを落として来るのが、この御老人、とよ子(おばあちゃん)!(笑)
この日も、当然、寺に興味など、1ミリもない。

[左上] 帰る段になって、やっと、元気を出し始める。娘のみよ子を探しているところ。「みよこは?」
[左下] 信心深さ皆無の彼女の気持ちを、代弁。「寺なんか、どっちでもええねん。」
限りなく核心を衝いているであろう、この言葉。(笑)
[右上] にっこり!人形的な何かを持つと、いい笑顔が出る仕組みらしい。「マーサー・ガーサー」と一緒に。
[右下] いかに「どっちでもええ」かが、テキメンに表現されている一枚。(笑)
坂道を下り終わるまで、娘・みよ子と、孫・ダイチに、手を引かれていたはずが、
車が近付くやいなや、猛烈な勢いで、二人の手を引っ張り出すという、分かり易さを発揮。早く帰りたい一心!

揺るぎない、「とよ子の流儀」!

ちなみに、そんなおばあちゃんは、後に、「三枝氏」を臣下とした「赤松氏」の系統を母に持つ、家柄の出身。
いやはや、奇遇!
その上、さらに奇遇なことに、私が、化粧水として愛用している天然水も、まさに、この地に湧き出る水!
それとは知らず使い続けて、かれこれ10年以上。
ナルホド、相性が、イイ訳ダ!

人生のあらゆる所に蔓延る、シンクロニシティ。
すべては、本来、そういう風になっている。

嗚呼、いい旅!



⇒「旅 + おでかけ」一覧/⇒「ALBUM」リスト/⇒「三枝家」あれこれ/⇒「歴史」の項

とよ子の流儀あれこれ
by makisaegusa | 2014-04-28 04:16 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(2)

おばあちゃんの歴史:とよ子の人生を記録した写真たち。

データを整理していたら、ふいに、おばあちゃんの古いアルバムを撮影した写真たちに、再会した。
そのどれもが、特別な愛おしさで迫って来て、ひたすらに感慨深く。
私は、食い入るように、何度も何度も見返した。

アルバムの一冊には、私の学生時代に103歳で他界した、ひいおばあちゃん(たきゑ)20歳の頃の肖像があり、
生まれて間もない、おばあちゃん(とよ子の姿も、別の一冊に収められていた。
それらは、どちらも、東京・青山の「木村写真館」というところで撮影されたらしく、台紙には、その刻印が記されていた。

時代は、どんな空気で、人々は、どんな暮らしを営んでいたのかと、想像は、どこまでも加速し。
空想の旅の帰路には、なかなか就けず・・・。
d0018646_0284027.jpg
一冊のアルバム。
d0018646_029078.jpg
開けば、「大正拾一年一月 二十才 たきゑ」の文字。
それは、うちのおばあちゃん(とよ子)が生まれる5ヶ月前のこと。
d0018646_0291528.jpg
若かりし日の、ひいおばあちゃん。
そういえば、ひいおばあちゃんと、おばあちゃんとの歳の差は、ちょうど「20」だった!
d0018646_23575887.jpg
別の一冊には、ひいおばあちゃんと、生後間もない、赤子・とよ子
そして、一緒に挟み込んであったのは、大人・とよ子と、長女(かず子)ご近所さんの写真。(運動会っぽい雰囲気!)
この時代を隔てた2枚が、とても、印象的に人生のストーリーを感じさせる。Viva la vida!!
d0018646_23574484.jpg
どうやら、昭和初期尋常小学校での記念撮影のような一枚。
・・・とすれば、広尾小学校?
・・・とすれば、おばあちゃんは?:私は、1列目右方の、よそ見している子じゃないかと推測中。(笑)
d0018646_23501891.jpg
家族写真、炊事、農作業、海岸、子どもたち。
会社務め時代、となってからの日々、イロイロなシーンが、1ページにたくさん。


それぞれの時代に生きる人々、繋がっていく家族、紡がれる想い出
過去未来残像残響

そして、私は、自分が、写真を撮り始めた理由を、久々に、思い出した。

決して、崇高な芸術の表現を目指したのではなく。
「過去」になり続ける、一度きりの「今」という瞬間を、ただ、欲張りにも限りなくすべて、記憶しておきたいという衝動。
たった、それだけ。

旅は、原点に回帰した。 Bravo!



⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子語録」の項/⇒これまでの「とよ子」の仕業いろいろ

⇒「おばあちゃん學枝」のすべて

⇒「写真」の項/⇒「再会」の項/⇒「歴史」の項
by makisaegusa | 2014-04-17 23:49 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

千年と千年の起点。

d0018646_1481074.jpg
千年前と、千年後をイメージしながら、今日を生きてみる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「歴史」の項/⇒「時間」の項
by makisaegusa | 2013-07-22 23:35 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

「歴史は繰り返す」の出口。

d0018646_116367.jpg
もはや私は、「歴史は繰り返す」という言葉にすら、疑いを持っている。

もしかしたら、それも、権力者たちによる、洗脳だったんじゃないかと。

支配構造のループに、人民を縛り付け、抜け出させることのないように。
現状を変えることなど叶わないのだと、変革を、諦めさせるための理由として。
何世代にも渡って、刷り込まれ、植え付けられてきた私たちは、やがて、それを真実だと、信じてしまった。

時に、目醒めた市民が、蜂起して時代の流れを変えたという歴史も、また。
その点においては、繰り返したと言えるのだとして、ただ、それも支配の構造ありきのこと。

私たちには、未来の道筋を変貌させる力が、ある。
負の連鎖を止める力が、ある。

これが、出口。

目が、開く。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「歴史」の項
by makisaegusa | 2012-07-25 23:55 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

家系スタディイラスト版。

d0018646_2329943.jpg
孫が多いため、誰がどこの子なのか混乱しがちな、おばあちゃんのため、
今日は、我が家の家系図イラストを描いて、レッツ・スタディー。

子供4人。孫13人。曾孫4人。

従兄弟のお兄ちゃん家族がやってきた頃には、万全の記憶状態でヨウコソのおばあちゃん。
ほぼ似ていない似顔絵も、しっかり役目を果たし、グッジョブ家系図!!

いかなる時代も、況んや、家族は、偉大である。
by makisaegusa | 2010-09-09 23:27 | Painting/Drawing-エ | Trackback | Comments(2)

三枝祭と神様のてがみ。

d0018646_6112035.jpg
私が、神様に違いないと、心から慕っている奈良の富美子さん
今年で、88歳になると思われる、特別な友人。
先日、その富美子さんに、私の名字と同じ「三枝祭」という伝統のお祭りが、奈良市にあって気になっている旨を伝えたところ、
お祭りについての新聞記事が、手紙と一緒に届いた。
優しい心遣いに感涙。ほろり。

たまたま飛行機で隣合わせになった、気の合う人が、奈良からやってきた富美子さんだったことも。
私の名前と同じ名前のお祭りが、奈良にあることも。
全部、正体不明の不思議な力が、私を呼んでるように思えてならない。笑
来年こそは行ってみたいものだと野望して、富美子さんの手紙を何度も読み返しながら、たくさんのメッセージを体内に蓄積。
「世の中いろいろですが、どうか平和な日が来ますよう それを見て死にたいです」
このフレーズが、すごくすごく、心に刺さり、一刻も早く成し遂げて見せてあげたいと私は強く自分に誓う。
・・・ほんと、神様のセリフみたい。

***
ちなみに、三枝という名前の由来は、文字通り「三つの枝」。
けれども、それは木の枝ではなく、ヤマユリが三つの首に分かれて花をつけることが、いわれなんだとか。(親戚談)
だから、「ゆりまつり」とも呼ばれる「三枝祭」が、私には、かなり気になる存在。
ユリを手にした巫女が舞を奉納するらしい。
シカにせんべいを食べさせがてら、ちょっくら旅に出てみたいなぁ、奈良。

関連→三枝埋蔵金
by makisaegusa | 2009-06-25 05:46 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(8)

三枝埋蔵金。

d0018646_2355834.jpg
庭の草むしりをしていたら、埋蔵金を発掘したーーーーーー!!!!
それは、この一銭硬貨。

最初は、土のこびりついた硬貨を「和同開珎が出たー!!」と冗談を言いながら、
実はゲームのコインか何かだと思っていたから、実際にこんな歴史的な品で凄く驚いた。
土を取っても、だいぶん読みづらかったけど、ちょっとずつ汚れを落としていくと一銭だと判明!ワーォ。
ちょっと調べてみると、成分の98%が銅らしく、この色味はたぶん緑青。
百年以上前の先祖が使ってた「一銭」だなんて、すばらしい発掘品。

面を読むと、鋳造は明治十五年で、「以百枚換一圓」(百枚で一円に換えられるよという意味)の一文もあるという丁寧さ。
判別しづらい絵柄は、竜らしく、ローマ字で「1SEN」と書いてあったりもして、国際的でもある。
ちなみに現代の価値で、100円程度らしい。ほほう。

今日、私によって発見されるまでこの土の上には、どんな生活が繰り広げられていたんだろうと想いを馳せると、本当に感動的!!

法事で親戚一同が揃って、うちの三枝家がどうやって始まったのか?という話をしたばかり。
秀吉が行った寺の焼き討ちで、この地域では家系図を消失してしまったということを聞き、
逆にそれが歴史への興味を増幅中だったところに、この出来事とはうまいタイミング。
歴史の上に、先祖の人生続きに、私の人生があることをひしひしと痛感。
埋蔵金を、今後とも探していく野望なり。

余談*伯父の情報によると、毎年6月17日に奈良で三枝祭り(ゆり祭り)という伝統の祭りがあるらしい。
これは、一度行かねば。何かつながりがあるのかも。
by makisaegusa | 2009-05-14 23:00 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(8)

形見のアコーディオン。

d0018646_315925.jpg
実家で、おじいちゃんの部屋を片付けていて、見付けたのは、古い古いアコーディオン。
ずうっと前、私が子どもだった頃、おじいちゃんがそれを発見して、懐かしそうに弾いてくれたのを思い出した。
おんぼろになってしまった小さなアコーディオンを、陽気に鳴らしながら昔話を聞かせてくれた日は、
いまだとても近くに感じられるのに、楽器を残しておじいちゃんは、もういないだなんて、どこか不思議な感じがしてしまう。
まるで、人の一生が、物の一生を追い越してしまったみたい。いや、その逆?

人の命がいつかは尽きることとか、物はずっと想いを留めて生き続けることだとか。
そういうことを改めて考えていると、まるで新感覚の無重力空間にいるみたいになる。

全部の音を上手に奏でられないところも、修理跡がいっぱいのボディも。
すべてが愛おしく感じられるのは、愛おしい人の大切な想い出を含んでいるからに違いない。
今は、私のもとにある、そのアコーディオン。
手に取るたびに感じる、歴史のにおいは、じんわりあたたかな体温を感じさせて、タイムトラベルの気分。
時を超えてつながりあえることに、感動。
自分の時間も、すこしずつ染み込んでいくことをイメージしながら、ずっと大切にしようと私は誓う。
by makisaegusa | 2009-02-22 03:14 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

たべっ子の元になった「動物四十八士」。

ギンビスのたべっ子どうぶつといえば、今も昔も変わらず愛されているみんなのためのお菓子。
その「たべっ子どうぶつ」ルーツになったという、素朴な味わいの「動物四十八士」を友だちにもらった。
パッケージの哀愁漂うコアラの表情がたまらない。
全体的な昭和臭も、またいい。
d0018646_1834086.jpg
さてと、手に入れたからには、数えねばならない。
まず、各動物から代表を選ぶ作業(photo1)をし、仲間分けが完了したら(photo2)、いくつあるのかをカウント(photo3)。
普段は「たべっ子どうぶつ」を手に入れても、食欲に負けてあっという間に平らげてしまうため、このたび、やっとのことで念願叶って調査完了。
すぐに食べたい衝動を押さえて動物の数を数えたことや、アルファベット順に並べたことなど、
自分なりには、かなり頑張ったんじゃないかという満足感。
合計は、28匹!
四十八士には、あと20匹も足りないという大欠乏が、またいい味を醸し出している。
d0018646_18342394.jpg
判明したのは、それぞれ、みんなそっくりなのに、使い回しの型はないということ。
ただ、文字にすべてを任せ、勢いだけで「私は◯◯(動物名)だ!」と主張しているもの続出のため、
(よくあるほうの「たべっ子どうぶつ」よりも形が、ふわふわしているので、さらに難解。)
動物名のスタンプが捺してなかったならば「なにがなんだか分からない率」が、かなり高くなることが予想されるものの、その男気には感心しきり。
天下のたべっ子だなあ。堂々としている。
もしも出会ったなら、お試しあれ。

追記*上の写真を見て、形だけで何の動物なのか当てたりすれば、暇潰しにぴったり。笑

ギンビスのHPでも商品のページに発見できないことを考えると、相当レアなのかも?
(HPのオープニングが、これまた夢いっぱい。)
by makisaegusa | 2009-02-13 18:32 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(4)

我が家コンツェルンの財宝。

d0018646_1275819.jpg
うちの先祖、とかいうと大げさな感じがするけど、今から80年くらい前に生きてた我が家の先祖は、
今の私みたいに何でもやりたい症だったようで、本屋さん、新聞やさん、写真やさんなどなど、色んな商売をやっていたらしい。
そんな家族の歴史を、先日、発掘。
老朽化の為、惜しくも今は解体されてしまった本家の蔵で発見された、魅惑の品々が実家で大切に保管されていたので、私が気になるものを、強奪させてもらった。笑
d0018646_1281916.jpg
すごく興味深いこれらは、全て板ガラスに写された写真。
つまりネガ。
光に透かしてみると、当時のお祭りの様子や建物、オシャレした人々や軍服の人々が映し出されている。
職業柄か、サエグサ家の顔した人もそうでない人もたくさんいて、様々な暮らしが垣間みられて、本当に楽しい。
劣化が激しいネガもあるものの、これをこれからプリントしてみようと計画しているところ。
まだカウントしてないけれど、けっこうな枚数がある。
ステキに再現できたなら、展示なんてやりたいなと野望もあったりなかったり。
結果は、気長にご期待あれ。
d0018646_1283727.jpg
そして、私のハートをキャッチしたキュートなデザインのこれらは、
統制のマッチ箱や、(何に使うのか不明の)ニードルとオリエンタルコーナーズ。
ちなみに大辞泉によると「統制」とは、「国家などが一定の計画や方針に従って指揮・制限すること。」とある。
実に、時代を感じる逸品。

そんなわけで、タイムトラベルを新しい趣味にしようというこの頃。
これからの展開が、ますます楽しみ。
ありがたや、ご先祖様。
あなたがたあっての我々。笑
by makisaegusa | 2009-01-10 01:26 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(12)