タグ:本心 ( 12 ) タグの人気記事

ジンセイ幸福判定員認定通知

d0018646_00125971.jpg
あなたの人生について。
もしも、幸福判定員がいるとして。
もしも、最終判定を下すのだとして。

その最適任者は、あなた以外に、いるはずもないのだから。

お得意の察しのよさを駆使などしつつ、自分を押し殺して善良を演じてみるだとか。
お伺いをたてるように、周りから浮かない言葉を選びながらに会話してみるだとか。
そんな無粋、往生際悪く、未だ、続けたりしてないで。

ご自愛を、とりわけ、ご自身の、ご本心に。
幸いは、それぞれの内なる声の示す場所にこそ、存在し得るもの。

あなたは、他の誰でもなく、あなたを幸福にするために此処に在る。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「幸福」の項/⇒「本心」の項



by makisaegusa | 2017-02-16 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

静寂の音色・本音の色

d0018646_23050053.jpg
「本心」に耳を塞ぐ者は、いともたやすく惑い、迷う。

雑踏の雑音に、掻き消されないように。
外界が、混沌であればこそ。
内界には、静謐なる海を。吹き抜ける風を。輝く光を。

静寂という音色に耳を澄まし、本心の響かせる一滴の音に耳をそばだてて。
広がる波紋は、すぐに消えてしまうから。

逃さずに。
とても大切な真実の音色。

進むべき方角は、その色に示されている。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「本心」の項/⇒「音色」の項



by makisaegusa | 2016-10-21 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ゴ決断ノ際ニハ。

d0018646_2314194.jpg
大切にしなきゃいけないのは、「すべき」よりも「したい」の想い。

周囲の助言や、相手の理想や、世間の常識を、自分の本心とすり替えようとする無自覚の癖が、
あなたの決断の精度を欠いて、その進路をブレさせている。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「本心」の項/⇒「決断」の項


by makisaegusa | 2016-04-01 01:01 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

ウッドベッカー。

d0018646_12294958.jpg
私たちは、自分が傷つくことを許した分だけ、傷つく。

本心不在の作り笑い。
背骨不在の同調の癖。
センス不在の自虐のセリフ。

無自覚のそれらの瞬間に、誰が誰によって傷つけられているのかについて。
たとえば、想像してみるといい。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「本心」の項/⇒「自分」の項


by makisaegusa | 2016-03-21 01:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

耳を澄まして音を観る。

d0018646_20122924.jpg
外界からの騒音や、他人からの雑音に掻き乱されて。
内界が濁って淀んで、本心の音色を見失ってしまったときは。
心の中に、重ね重ね積もり積もった「べきこと」のクリーニングから始めるといい。

立ち止まって、耳を澄まし、音を観る。

生来、すべての叡智と指針は、あなたの中に織り込まれているから。
不安がることはない。
どんなに多くの「べき」を取っ払ったって、あなたは消えて無くなったりしないのだから。

精神を鎮め、意識を尖らせて。
最後に響くひとつの音を、丁寧に拾い上げる。

それが、あなたの真実の想い。
それこそが、未来への標。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「本心」の項/⇒「音色」の項
by makisaegusa | 2015-12-15 18:21 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

SpEAk YOuR TrUTh.

毒舌で、正直で、「一才半から一言多い」とは、つまり、私のことですが・・・。(笑)
d0018646_20125280.jpg
当世、この界隈では、「本心」が、徹底的に枯渇していて。
もはや、風前の灯、絶滅危惧の様相濃厚。

周りを気にして、違いを恐れ。
隠して、抑えて、捻じ曲げて、果ては、嘘までついて。
蔑ろにするうち、自分の真実の気持ちすらも見失ってしまった、哀れな迷子、数多。

あまりの惨劇に、私は、感情を逆撫でしてでも、あなたの本心を引き出してやろうと、常々、企んでいる。

アタマ、オナカ、ココロ、そして、コトバ。
それらが、いつも、一本に結ばれているように。

私たちが、会話するのは、「同じ」に安堵するためではなく、「違う」を知り学ぶため。

自らの「本心」に目を閉ざすのは、世界に目を開かないことと同じ。
表現を怖がる必要なんてない。
そこに在る「感情」を殺めてしまうことの方が、もっと、ずっと恐ろしい。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「会話」の項/⇒「本心」の項

⇒「tO bE」/⇒「TimedroOops」/⇒「TraiL」/⇒「BrAnd NEw Day

【SeRiEs "YoU/yOur/YOu"】
⇒「To bE yOurSeLF...」/⇒「DisCovER yOurSeLf」/⇒「OpEn YouR miNd」/⇒「BrAnd NEw You」/⇒「ReSPECT YourSELF
by makisaegusa | 2014-12-23 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

全自分60兆細胞会議。

d0018646_024268.jpg
自らの、内の声に耳を貸さず、外の雑音に惑わされ。
本心との対話から逃げたままに、決断を下すとき。

決まって、進路を見誤る。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「決断」の項/⇒「本心」の項
by makisaegusa | 2014-08-29 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

ズ・スター。

d0018646_122647.jpg
程度の差こそあれ。
チクリとするのは、図星であるがため。

言葉が刺さるのは。
多少なりとも、身に覚えのあるがため。

そして、本来の自分は、それを、真だと認めているがため。
d0018646_11451.jpg



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「本心」の項/⇒「真実」の項
by makisaegusa | 2014-02-26 23:13 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

漂流するこころ。

d0018646_36642.jpg
その場しのぎの、稚拙な「嘘」を重ねるほど。
人は、自らの本心にも、ますます盲目になっていく。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「本心」の項
by makisaegusa | 2013-12-24 22:55 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ココロツリビト。

d0018646_21582133.jpg
あなたの神経を、逆撫で続けた、甲斐があった。

これまで、ずっと。
本音を隠し、感情を抑え、場で最適な役割を演じてばかり、いたがために。
自分の本心にまで、盲目になってしまっていた、あなたが。

遂に、本当の胸の内を、露(あらわ)にし始めた。

こんなにも劇的な、あなたの変貌には、心からの祝福を。
そして、私は、ここに誓おう。
例え、これより先、自らに、仕返しの刃が降ろうとも、それを、歓んで受け入れることを。

あなたが、自分自身に巡り会う、新境地までは、あと僅か。
それは、余りにも頼もしい、躍動までの道のり。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「本心」の項
by makisaegusa | 2013-02-08 18:36 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)