タグ:意識 ( 19 ) タグの人気記事

carpe viam.

d0018646_22462257.jpg
先入観の煙を、払う。 

執着心の沼を、越える。

洗脳の霧を、抜ける。


真に近付くほど、核に及ぶほどに、出会う自分は、また新しい。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「意識」の項
by makisaegusa | 2013-06-25 23:43 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(9)

グゲン化のキー。

d0018646_052262.jpg
どうか、忘れないでいて欲しい。

一瞬のイメージが、それを現実とするのに、充分な強い力を秘めていることを。
僅かな、意識のシフトが、大きな変化の礎となることを。

今、どんなに、困難な状況に向き合っているのだとしても。

心の中に、光を、失わぬよう。
意識は、同じ波長に響き合って、必ず、その現実を連れて来るから。



⇒これまでの「写真とことば」作品/⇒「意識」の項
by makisaegusa | 2013-05-04 00:12 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ルーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・(ッ).

d0018646_223950100.jpg
私たちの根は、不可視の大地に、深く根を下ろし。
そこから流れ込む膨大なエネルギーに、精神は、しんしんと満たされている。

世界の見え方は、意識の次元によって、左右されるから。
昇華された五感が、淀んだ気配を払い、風景を一新することなど、いとも容易い。

私たちに、与えられたミッションは、決して、感覚を落ちぶれさせないこと。
目を見開き、鋭利な感性で、可視ならざる世界までもを突き刺し、知覚すること。

次への扉は、意識をシフトするだけで、いつでも、この目の前に、開かれている。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「ことば」たち/⇒「意識」にまつわる作品


[Blog Bingo 2000:DAY 67 extra game] Today's nunber is...「34」!=かつて、郵便局で「三枝」(サエグサ)を「サンシさーん!」と呼ばれたことを思い出したため。
/⇒「BLOG BINGO 2000」関連トピックス
※ 延長戦の延長、しばし続行中。「DAY 70」を最終日と、定めることとする。 オォ、ついに。
※ ゴールした者は、証拠写真を、私宛てにメールのこと。近日、上位ビンゴカードをお披露目。
5列ビンゴ★オメデトウ!⇒1位 シノ、2位 クロ、3位 このか、4位 とよ子、5位 ともか、6位 まあや、7位 淳也、8位 葉花、9位 プニ、10位 ケン、
11位 カナエ、12位 マサヒロ、13位 カヨ、14位 じゅま、15位 キヨミ、16位 あゆ、17位 しまこ、18位 カド、19位 ゆうき、20位 しょうこ、
21位 コウちゃん、22位 onnea、23位 ノアン、24位 ucchi、25位 namico、26位 武、27位 まゆ!

by makisaegusa | 2012-04-19 18:41 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(5)

歪みの間。

d0018646_483980.jpg
光と、闇と、昔と、今と、虚と、実と、自と、他と、ーーー。
あらゆる異質が、集まり、混じり、離れ、繋がり、散り散りに、去って行く、狭間の世界。

私が、「魂の雑踏」と呼んで来た、あの空間は、どうやら、「膨大な意識」と呼ぶらしい。


⇒これまでの「写真とことば

[Blog Bingo 2000:DAY 20] Today's nunber is...「53」!=ただ、そんな気分。/⇒「BLOG BINGO 2000」関連トピックス
Report Now!!:1列ビンゴ × 1人、1列リーチ × 8人!
by makisaegusa | 2012-02-28 02:47 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(7)

天上天下。

d0018646_2355460.jpg
細胞の集合体である、自分を意識する。
地球の一細胞である、自分を意識する。

自分の足が、地球の中心を指していることを、意識する。
自分の頭が、宇宙の無限を指していることを、意識する。

一日に、たった、一度でも。

生かされていることを、知るために。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-10-30 21:57 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

虚。

d0018646_22341035.jpg
虚空に、昇華されてく意識を、感じながら。
無限と虚無の間に、自分を浮かべて、再生を想った。

深い呼吸と、吐き出される言葉は、体温と同じあたたかさで。
空虚もまた、希望の手触りに、似ていた。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-10-12 23:01 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ありんこみぢんこふかしかし。

d0018646_1740376.jpg
ぼんやりと、変哲のない地面を眺めながら。
フッと、一匹のアリに視線を移したとき。
そこで動き回る、無数の生命たちの営みが、突如として、目に飛び込んで来るように。
意識のシフトは、視覚をすり抜けていた存在たちへの、別次元の視点をくれる。

たとえば、一秒の中に、幾千もの時の刻みがあることを意識して、一日を過ごしてみたのなら。
たった、それだけのことで、私たちは、もっと、不可視の世界に、寄り添うことが出来るような気がする。
境界線の向こう側を、見付けることだって。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2011-08-09 17:39 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(1)

瀑布。

d0018646_234137.jpg
自分と対話もせずに、外側にばかり答えを求めるから、おかしいことになる。
答えがいつも内にあるということに、意識を巡らせておく。
無関係な俗物に流されないよう。
by makisaegusa | 2008-05-25 02:33 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(9)

コロールス。

d0018646_1263632.jpg
いくらかの分かり合えなさを、ときおり痛く抱きながら。
それでも、誤差の面白みに賭けてみたいと。
悲観でもなく、楽観でもなく、意識をシフトする。
by makisaegusa | 2007-03-15 13:35 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)