タグ:切手 ( 7 ) タグの人気記事

裕次郎の切手が、気になりすぎる件。

d0018646_22512324.jpg
高校時代からの愉快の友・タミ子から届いた郵便に貼られていた、これ!!!
存在感ハンパない、気になりすぎる、裕次郎の切手
じわじわ、、、、来る、この味わい深さ。

さすが、我が友、ナイスなチョイスが、じっつにたまらぬ。(笑)



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「GOOD DESIGN」なものたち/⇒「切手」イロイロ



by makisaegusa | 2017-10-26 00:00 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

ご長寿匠芸術アイテム:奇才おばあちゃんとよ子の似顔絵切手「知らぬ人」と「とよ子」のコンビ!

毎度、独自のメニューで“ボケ防止”を娯楽する、奇才おばあちゃん「とよ子(95歳)のための遊びの学校『おばあちゃん學枝
・・・で誕生した、絶品「ご長寿匠芸術の数々。

今回、完成したオリジナルグッズは、中でもファンの心を揺さぶり続けている、痛快作品の切手!
似顔絵なのに「知らぬ人」という奇跡の傑作(笑)と本人の似顔絵「とよこ」の贅沢なコンビネーション。
d0018646_03215170.jpg
「知らぬ人」「とよこ」

イノセントな表情、あっさり溢れる魅力、醸し出される秀逸なムウド
ぼんやりととらえどころのない二人の視線微妙な距離感、表現しがたい空気
目にした誰もが、クラリと心地よい目眩を覚えることは、だいぶ確か。(笑)

切手付き便りにて文通を求むる方は、ご遠慮なくお申し出を。



⇒ ALL about TOYOKO:「とよ子」の仕業いろいろ/⇒「おばあちゃん學枝」のすべて

⇒「とよ子と似顔絵」作品集/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ/⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子語録」の項/⇒「とよ子と手紙」リスト/⇒「とよ子とぬりえ」リスト/⇒「とよ子とルール」の項



by makisaegusa | 2017-09-29 00:00 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

ご長寿匠芸術:とよ子の傑作『鬼50号』の威厳が、「前島密」にゼンゼン負けてなかった件。

d0018646_19063802.jpg
友だちに出す郵便物に、
うちの奇才おばあちゃん「とよ子傑作似顔絵のひとつ鬼50号から作ったオリジナル切手)と、
郵便制度の父
として知られる「前島密」1円切手を一緒に貼ったら、
「鬼50号」の威厳
「前島密」にゼンゼン負けてなくて、スッゴイ意表を突かれた・・・。(笑)

見れば見るほど、甲乙つけ難く、
偉人
にも決して引けを取らない、50号の落ち着き払った堂々たる佇まいには、圧倒されるばかり。
これは、とよ子の画力が、いかに大したものであるのかということを如実に物語る事件といっても過言ではなく、
かの前島も、まさか横に自分と同等の威厳を放つ、こんな得体の知れぬ生き物が並べられる日が来ようとは、夢にも思わなかったに違いない。(笑)

どこまでも世間を弄ぶ、小気味のいいポテンシャル
魅惑の
ご長寿匠芸術
次は、どんな偉人が、餌食になるのか、、、嗚呼、気が抜けない。(笑)



⇒「とよ子と似顔絵」作品集/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ/⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子語録」の項/⇒「とよ子と手紙」リスト/⇒「とよ子とぬりえ」リスト/⇒「とよ子とルール」の項


by makisaegusa | 2016-09-22 00:00 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

2016年「新緑賀状」の発送、その後。

今年も悪びれもせず、気候が暖かくなって気分が乗って来た頃合いにて、のっそりと発送を終えた独自の賀状。(笑)

※2016年のは、新緑賀状」!
d0018646_2055187.jpg
[Photo: とよ子の傑作「知らぬ人」切手を貼った場合の「新緑賀状」の裏表。

そんなこんなで、我らが奇才おばあちゃんとよ子による、型破りなご長寿匠芸術をベースに制作したスペシャルなオリジナル切手を貼り付け、
「知らぬ人」「鬼50号」「ユノシシ」「五、六〇の知らないおっさん」のいずれか!)
60歳近くの年の差でのtoyoko x maki+」痛快コラボ作品としてお届けした、デラックスな今作に対し、
近頃、続々と愉快なリアクションが返って来ているという、アリガタく、ニンマリな悦ばしき日々。

とよ子への賞賛がてらの「届いたよーっ!」のお知らせメッセージに始まり、
「知らぬ人」の切手オーダーしたいとの切なる依頼、
文通を希望する者
(↑この件については、他の切手が気になるものは「文通希望」と書いて返信するようにと、私が、賀状に記載していたことによるものと推察される)
果ては、「あじさい賀状」なる、それこそ完全に季節にマッチしたオリジナル賀状までもが、到来!・・・の、なんとも多彩なラインナップ!

私の、こんな遊びに付き合ってくれるマトモな大人がこんなに居るだなんて、この世は、まだまだ、頼もしい。(笑)

それでは、皆様、本年も何卒よろしくお願い致します。



⇒「そんな日々」一覧/⇒とよ子とマキの合作シリーズ:「toyoko x maki+」/⇒「賀状」の項/⇒「切手

⇒デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点
/⇒「POP&FUN」あれこれ


by makisaegusa | 2016-06-05 04:03 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

とよ子の似顔絵切手★「知らぬ人」「鬼50号」「ユノシシ」「五、六〇の知らないおっさん」完成!

とよ子と言えば、我が家の奇才おばあちゃん御歳93!
(※ もうチョットで、94!)

型破りなご長寿匠芸術を平然と生み出し続ける、恐るべき天賦の才

さて、この度、そんなとよ子の傑作より選りすぐりの「似顔絵」たちが、切手になってジャジャーンと登場!
尋常ならざる才能、満ち満ちる作品群は、圧巻というより他になし。(笑)
d0018646_542937.jpg
上から、「知らぬ人」「鬼50号」「ユノシシ」「五、六〇の知らないおっさん」!
どれもこれも、個性の濃さが半端ない。


知らぬ人:これぞ、とよ子画伯の真骨頂!
似顔絵なのに「知らぬ人」・・・を、堂々と描き上げる、この度胸。これぞ、唯一無二の作風。ちなみに、そもそも描きたかったのは自画像

鬼50号:アトムを思わせる風貌で、ハイセンスなヘアスタイルが、キラリ光る新種の鬼
「点」「号」と書き間違えるという神懸かり的ミステイクにより、突如、この世に、こんな生き物が、すでに49匹もいることになったという、奇跡の作

ユノシシ:昆虫か微生物を思わせるトリッキーな画。モデルは、「イノシシ」
当初、「イ」「ユ」と書き違えてしまい、修正しようとウヰスキーの「ヰ」の字で上書きしたら、まるで、神社の鳥居のようになり一気に神々しくなったサプライジング作品。

五、六〇の知らないおっさん孫(マキ)を描いていたはずが、途中で似てないと気付いてしまったことにより、"誰かに似せる"という似顔絵の大前提を豪快にシカト。
その機転により誕生した「知らない人」の似顔絵、その元祖とも言える作品。


いちいち、ありあまる魅力に、ギャフン。(笑)
これらの切手は、やっとやっと準備を始めようかという、マキ式新年の御挨拶状「新緑賀状」的なやつ(!)に貼られて発送される予定。
※ コレ⇒「そろそろ年賀状の返事でも書こうと思う。

どの切手がやって来るやら、乞うご期待!
オタノシミニーッ。



⇒「とよ子と似顔絵」作品集/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ/⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子語録」の項/⇒「とよ子と手紙」リスト/⇒「とよ子とぬりえ」リスト/⇒「とよ子とルール」の項


by makisaegusa | 2016-05-05 00:00 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

週刊少年漫画50周年の記念切手。

d0018646_18404656.jpg
今日のすてきな買い物は、この記念切手!
郵便局で、ふと発見して衝動買い。
少年漫画の50周年記念らしく、新旧キャラクターがいっぱい。
2種類のシートのどっちにも、知ってるやつと知らないやつが混在してたため、どっちにするか選べず両方購入。
商売がうまいなぁ。笑
これで手紙が届いたら、なんだかもっと楽しい感じ♪
パーマンがすごくかわいい。
誰にどれをおくろっかしら。

第二弾は、こんなんらしい。⇒週刊少年漫画50周年Ⅱ
これまた、気になる。
by makisaegusa | 2009-03-26 18:41 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(5)

切手まみれの贈答品。

d0018646_411684.jpg
私から郵送されるものには、たいてい記念切手が貼ってある。
切手のいろいろな絵柄までもが、贈り物の一部という私なりの演出なので、
毎度、大量の切手を数える局員さんには申し訳ない気持ちにはなるものの、
決して、頓挫してはならないのだ!という固い決意で、窓口へ挑む日々。笑
特に、海外への発送となると、これがもう、半端なく切手だらけで、今日もこんな具合に封筒が切手まみれになっていた。
楽しい風景。

ちなみに、私のお気に入りは、頭から、ぐるぐると何か出ている風の博士切手。
きれいにびっしり並べられた様子が、気持ちよくカラフルで、ちょっと自慢したくなった。いひひ
これが、太平洋を越えて、地球の裏側まで行くと考えると、
人間なら何十万なのに、2100円はすごい安いなあと雑念も込めつつ、発送準備完了。

ボンボヤージュ!よい旅を!!
by makisaegusa | 2009-02-27 04:01 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(5)