タグ:内界 ( 6 ) タグの人気記事

会うべき人に会うために会っておくべき人

d0018646_01023652.jpg
会うべき人に、会いたいと願うなら。
まずなによりも、自分が、在るべき自分であるのかどうか確かめてみるといい。

あなたが、抜かりなく、あなた自身でありさえすれば。
あなたが、揺るぎなく、あなた自身でありさえすれば。

然るべくして、然るべきとき、狂いのない精緻なメカニズムによって。
出会いは、発動する。

装飾や虚栄を、取っ払ったその先で、嘘偽りのない自分自身に会えたとき。
あなたの物語は、真の幕を開ける。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「内界」の項/⇒「出会い」の項


by makisaegusa | 2017-02-11 02:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

流転

d0018646_23503714.jpg
誰かのようになりたいと、願ってばかりいるよりも。
もっと、ほんとの自分自身になれるように。
内へと向かう旅に出ればいい。

始点も、支点も、そして、視点も。
すべて自身の中にある、人生のコンセプトに由来する。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「内界」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2016-12-23 23:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

内界の大海 [naikai no taikai].

d0018646_236288.jpg
カラダにも、ココロにも、たっぷりの潤いを。
どっちが不足しても、瀕死は必至。

他人を、むやみに傷付けることがないように。
自分を、むやみに責め立てることがないように。

たっぷりの水をたたえた、広く穏やかな凪の海を、いつでも、自らの内にイメージして。
呼吸を深く吐き、新たな空気を取り込んで。
柔らかな感情を全細胞に、染み渡らせて。


無限の才は、そこに生まれる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「内界」の項
by makisaegusa | 2015-05-24 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

Journey 0.

d0018646_311895.jpg
外へ向かうすべての旅は、内なる目的地へ向かう旅の「きっかけ」にすぎないことを、知っておくこと。

まっすぐ、自らの「内界」に向き合うことなくして、次なる「扉」は開かないということも、また。



⇒「Destination 0

⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「」の項/⇒「内界」の項
by makisaegusa | 2015-02-16 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

Destination 0.

d0018646_00138.jpg
世界のどんな場所よりも。
まず、あなたが、目指すべき旅先は、自身の中。

虚栄心や、羞恥心のひとつひとつに、折り合いをつけながら。
狂いのないフォーカスで、深く、深く、核に迫る。

ミッションは、本心が、何を語りたいのかを、知ること。
そして、内なる無限の広さを、知ること。



⇒これまでの「写真とことば」作品/⇒「精神」の項
by makisaegusa | 2013-05-24 22:46 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

体、内、海。

d0018646_23441120.jpg
「世界は内側にも 広い とても」。

それは、私が最初に出した本の、最初の一文。
時折、思い返しては、反芻し続けている言葉。
一冊の世界観を投影すべく、配した、最初に投げた、賽(サイ)。

・・・と、思っていたら、思い込んでいたら、思い続けていたのに、まさか!
久々に、本を開いてみれば、それが、単なる記憶違いだったと、判明した。(笑)
レイアウトした写真との組み合わせまでも、しっかり、覚えていたはずなのに。
在るべき場所には、全く別のセンテンス。
結局、私の記憶の一文は、数ページ目の、なんてことないページ右下の方に、特別な主張もなく、在った。

なのに、私には、記憶が、組み替えられていたことが、やけに嬉しくて。
時の滲みと、思い込みと、刷り込みのぼんやりとした、輪郭のなさが、なんとも心地良く。
意識の重心が、いつからか、移り、変わっていたことに、自分の内面の変化を見て、むしろ、心強さを感じた。

記憶が、曖昧であること。
都合よく変化すること。
時とともに、価値を変えること。

そのこと自体が、一筋縄ではいかない、人間のオモシロ味であって。
世界が内側にも広いことの、きっと、ひとつの証明。
そう、思えた。


⇒これまでの写真とことば/⇒「記憶」の項/⇒「内界」の項
by makisaegusa | 2011-08-26 23:43 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)