タグ:ヘンテコ ( 20 ) タグの人気記事

食卓のデザイン#43:ジャガイモグラくん!

わあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎

実家家庭菜園で収穫された大小いっぱいのジャガイモのバケツの中から、
いいのを貰って帰ろうと、シメシメ物色していたところで遭遇した、このちっこいかわいいヤツー!

めちゃくちゃモグラジャガイモが、いたーーーーーーーーーー!!!!

こう来たら、もはや次にやるべきことと言えば、一択
→→→「目を書く」以外にあり得ない。(笑)
d0018646_23280345.jpg
「モグラが出たーーーーーー!!!」歓喜の叫びをあげ、ウキウキとペンを取りに行く私。
「モグラに、目は無い。」を主張する
しかし、そんなことなど、この際、どっちでもいい。(笑)
このモグラ型ジャガイモに、なんとしてでもを書き、愛でたいのだ。

・・・かくして、湧き上がるパッションにて、片目を開眼
ところが、完全に舞い上がり冷静さを欠いていた私は、目のポジションを誤るという痛恨のミスを犯し、
位置
すぎるあまり、ゼンゼンかわいくないというガッカリを演出。(笑)
ならば!と今度は、少し下の方にを書き直しみたら、さっきのとの合わせ技で、まゆげ付きモグラみたくなり、一気に満点の滑稽感
ナルホド、グレイト。

そして、もう片方の目は、に託したことにより、かなり小心者っぽさ漂うモグラ顔となり、見事なコラボ作品が完成したのであった。

トッテモ♥︎ラブリー「ジャガイモグラくん」
デビュー!イヒヒ



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒「ジャガイモ」の項/⇒「ヘンテコ」の項/⇒「動物」の項



by makisaegusa | 2017-06-14 00:00 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(2)

決して吸ってはならない「ビードロ」の恐怖ふたたび!

d0018646_23393096.jpg
引き出しを整理していたら、ずっと前に長崎の友だちがくれた「ビードロ」を再発見した。
ポッペン!!

久しぶりに広げた説明書には、魅惑的なおどろおどろしい注意書き

「吸ってはいけません!!」


ギャーーーーーーーーーッ・・・相変わらず、だいぶん気になる。

トラブル
を求むる生来の性質由来の、いちかばちかチョーーーットだけやってみようかという遊び心をぐっとこらえて、吸わずに吹くっ。(笑)

ペコペコ、ペコ!


これが正しい音色なのか、本場の友にコンタクトを取って一応確認。(笑)
うん、どうやら、これでいいらしい。
なんて、平和な響き



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「ヘンテコ」あれこれ/⇒「民芸」ちょこっと



by makisaegusa | 2017-06-12 12:12 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

南米土産:「ボブ・エスポンハ」のエスポンハ!

d0018646_22133694.jpg
弟からブラジル土産にもらった、素晴らしく南米クオリティな「ボブ・エスポンハ」エスポンハーーーーーーー!!(笑)
(※ボブ・エスポンハのエスポンハ = スポンジ・ボブのスポンジ)

スーパーの店頭に並んでたボブは、プリントの自由度(!)のせいで、全員、違う顔だったらしく、
私のところにやって来たボブは、これでも一番まともな顔のやつだというから、だいぶんウキウキする愉快な品揃え。(笑)
目の下のクマっぽさに、ウヒヒ★ニンマリ。

・・・このクッタリ脱力テイストの懐かしさ、よ。
ジッツニ、南米、ダーーーーーーー!

ほんとにスポンジとして使ってしまうと、
一瞬ボロボロになっても消え失せてしまうのは300%確かなので、これは部屋に飾っておくことにしよう。(笑)

ムーチャスグラシアーーーーース!
ありがとーーーーう。



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「ヘンテコ」あれこれ/⇒「お土産」いろいろ



by makisaegusa | 2017-04-18 02:42 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(2)

珍妙なる『岡山弁トランプ』来たる!

岡山の友・ブンから『岡山弁トランプ』なる珍品が、送られて来た!

イントネーション
が的確に伝わるようにとの配慮からか、音階表記付きという親切設計。
なのに、ほぼほぼの用語の構成要素が、「ド」「ミ」というザックリ感(笑)
いやさすがに、そんなことはあるまい・・・と、不信感全開で、とりあえず発音練習を試みてみたところ、で、またもや驚愕

わぁーーーー!この雰囲気、思いの外、岡山の友だちの喋り方にソックリだったーーーーーー!!・・・ってなわけで、
発音面のフォローも申し分のなかった、意外なインテリジェント「ザ・岡山弁トランプ」。(笑)
d0018646_09351555.jpg
学生時代に、岡山の小学校で教育実習に行っていたとき、
私が、あまりにもネイティブ関西弁で、子どもたちの心ワシづかみな爆笑の(!)授業をしていたためか、
後で、指導教諭「教師が教えなくて誰が子どもに標準語を教えるんですか!」を、純度100%岡山訛りで説教されたという、、、シュール記憶も蘇りつつ。(笑)

"はよーしねー"て、大揉めの遺産相続か、完全に殺しにかかってるときに使うやつやん!」などと、
興味深い岡山由来の各種異言語に、ツッコむだの、意表突かれるだので。
なかなかトリッキーでユルい、未知感たっぷりの方言を遊んだりしている、近頃。

デーレー!オオガッソー!からのゾンゾガチーター!

もはや、新手の呪文
コトバが気になってトランプで遊ぶとこまでいかない件。(笑)



⇒ 贈ったり贈られたり:「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒「アイテム」の項⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「ヘンテコ」あれこれ



by makisaegusa | 2017-02-22 02:22 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

食卓のデザイン#42:デコポンって書かれた「デコポン」!

d0018646_03580111.jpg
実家の家庭菜園で採れた「デコポン」
が、他の柑橘と見分けがつくようにと、わざわざ「デコポン」と書いてくれたその姿が、かなりシュールでじわじわ来る。

なんだか、柴犬「柴犬」と書くかのごとき、可笑し味。(笑)



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「果物」あれこれ/⇒「ヘンテコ」の項


by makisaegusa | 2017-02-02 02:22 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)

へなちょこさ★のっぴきならないオニ1号とオニ2号。

d0018646_21134138.jpg
節分なので。
オニの絵らくがきしてみた、・・・ら。
清々しいまでにへなちょこさを醸し出す、脱力しかしない系オニが完成した。[⇒参照:オニ1号]

覇気もなけりゃあ、威厳もない、うっかり添えた「うわーあ」のセリフで、さらには、緊張感もない。(笑)
せめて、もうちょっと強さを出してみようかと、胸毛脇毛(←控えめ。笑)を追加してみたものの、相変わらずのオニ感皆無。

そばらく眺めて、あっそうか!悪さが足りなかったのかーーーーーッ!!
シャキーンと気付いた私は、早速、2匹目をらくがき。
目つきも悪く、まゆげだって釣り上げて、キバもプラス![⇒参照:オニ2号]
これで要素は、完全にオニのそれ!・・・であるはずが、どういう訳か、小物感がハンパない。

こりゃ、どう頑張っても、中学校の窓ガラスを割りに行く程度のワルではないか!
しかも、またまた、うっかり、、、描いてしまった靴下によって、不良になり切れない根の真面目さが、垣間見えてしまうという始末。
ならば、きっと学校指定のソックスに違いないなと、さらに妄想も膨らむってなもので。(笑)
その上、下半身を露出しているように見えなくもない滑稽なファッションセンスも相まって、オニらしさからは程遠い完成度でありながらも、愉快さ的には、すっかり満足した私。

しかしながら、我が家の奇才とよ子の、かの名画鬼50号魂を継承する者としては、
これらは、あるまじきクオリティであるため、日々の精進については、改めて誓っておくことにして・・・。(笑)
なにはともあれ!
こんな、へなちょこなオニを描くような人物のデザイン宇宙に飛んでったりする()んだから、ホント人生って、オモシロイもんだなぁと、つくづく。
ビバラビダ★★★☆★ホンモノの春よ、早く来ーーーいっ!



⇒「絵とイラスト」カテゴリ少々/⇒「ヘンテコ」の項/⇒「季節」/⇒「らくがき」の項


by makisaegusa | 2016-02-03 02:03 | Painting/Drawing-エ | Trackback | Comments(0)

「サエグサ」のアナグラムが「ソーセージ」だった驚愕新事実!

d0018646_2019471.jpg
友だちから、「S」「A」「E」「G」「U」「S」「A」のアルファベット・パッケージのチロルをもらったので、
並び替えて遊んでいたら、「S」「A」「U」「S」「A」「G」「E」になることを発見。

うわあぁぁぁあ!「サエグサ」は、「ソーセージ」だったのかーーーッ!!

期せずして遭遇した、愉快なアナグラムに、"これは、一族全員に知らせるべき新事実だ!"と鼻息荒く、歓喜した私。
ところが早速、に知らせてみたら、なんと、「知らんかったん!?」の返事。(笑)

えーーーーーーーーーー!?!?これ、そんなに有名なヤツーーーーーーー!?!?!

ナンテコッタ!!!
いきなりの出鼻挫かれ感が、かなりニガニガしくはあるが、
しかし、我が人生において、これは、やはり大発見のひとつであることに違いなし。(笑)
デザイン素材集『piece of Design Pop&Funからマッチフォントまでも動員し、ここに、仰々しく記しておく。イヒヒ!

あと、「MASSAGE」は、「MAKI SAEGUSA」にチョットだけ似ている。



⇒イロイロな毎日をイロイロに遊ぶ:「まいにち遊び」シリーズ

⇒「ことば遊び」の項/⇒「ヘンテコ」の項/⇒「三枝家」あれこれ

⇒デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点」/⇒「POP&FUN」あれこれ
by makisaegusa | 2016-01-30 03:00 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(0)

食卓のデザイン#37:サラリーマン計測法で、驚愕デッカい「獅子ゆず」を測るの巻。

先日、チカゲからやってきた()、獅子ゆずなる、超巨大な柑橘!
※ 邪気を払う縁起物とされているらしく、ますます、トッテモアリガターイッ。

どれほど、デッカいのかを分かりやすく伝えるために、通勤中のサラリーマンをキャッチして、計測ウヒヒ★
おぉ、半端ない大きさが、一目瞭然!
d0018646_20283337.jpg
サラリーマンは、スタスタ、スタスタ、壁面までも絶妙のバランス感覚で難なく歩き、頂上までも平気で制覇!
サスガッ。
そんな彼の功績により、「獅子ゆず」は、その身長7倍近い標高だということが、判明。
ややっ、これは、間違いなく、未知の物体!
なんなら、住居にすることも可能なのではないかという、気さえしてくる。(笑)
恐るべきポテンシャル!

その後、ぶらり・柚子歩きを終えた彼は、何事もなかったかのように、出勤を果たしたとのこと。
サンキュウ、グッジョブ、サラリーマーーーン!

かくして、サラリーマン計測法「獅子ゆず」を測るの巻、、、完。ジャン!


【追記】
さて。実際の「獅子ゆず」サイズは、直径約15センチだった。それでも、やっぱり、かなりの大きさ。
マーマレードにして、頂くことにする。ルルルーン♫



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒「ヘンテコ」の項/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me
by makisaegusa | 2014-12-21 00:00 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)

「ファン」なる人材。

d0018646_0305925.jpg
オモシロいのは、時折、私の「ファン」を公言する人物に会うこと。

こんな癖のある人物を好むなどとは、一体、どんな人材かと、むしろ、私の方こそ、興味が沸くというもの!
奇特な人もいるものだ、、、、と、つくづく、しみじみ。(笑)

重ねて、本人無自覚のままにして、うちの奇抜おばあちゃん「とよ子」ファンの多さにも、かなり、ニヤける。

ナニハトモアレ、誰かから会いたいと思われるとは、実に、幸福。アリガタヤー★

この世は、ナイス★キテレツ、イヒヒの宝庫!
そんなこんなの日々の娯楽。



⇒「そんな日々」一覧/⇒「ヘンテコ」リスト/⇒「maki+」関連
by makisaegusa | 2014-09-13 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

食卓のデザイン#36:標高5センチメートル「カボチャあたま火山」のスケッチ。

食卓のデザインシリーズ、久々のアップは、未知との遭遇バージョン!

これのホントの名前を何と言うのかは、知らないけれど。
実家からやってきた、でっかいカボチャでスープを作ろうと、まっぷたつに切り、カボチャの上にくっ付いているトンガリ(茎の干涸びた部分)をポキリッ!
取ってみると、なんとも、強烈に個性的な出で立ち。

ウワォ!こんなカタチだったのか、こんな質感だったのかと、感慨深く観察した私は、
突如、このヘンテコな物体を描いてみたくなり、料理を中断して、そそくさ、紙とエンピツを取り出し、スケッチ開始!
d0018646_044013.jpg
標高5センチメートル!

持つと、すごく軽いのに、見た目は、かなりのイカツさで、その上、複雑にうねるデザイン。
実に、オモシロい風貌!
まるで、北米あたりにありそうな火山っぽいんじゃないかと思った私は、
この物体を、世界で初めて、「カボチャあたま火山」命名することにした。(笑)
エッヘン!
気に入った者は、使ってヨシッ。イヒヒ

それにしても、自然界の造形は、どこまでもスバラシく興味深い。
ブラヴォ!ブラヴォ!!



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒「スケッチ」集/⇒「ヘンテコ」の項
by makisaegusa | 2014-08-07 09:10 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)