タグ:アロマキャンドル ( 5 ) タグの人気記事

アロマティック美人術:第3チャクラのための「チャクリック・キャンドル」Confidence: コンフィデンス!

手作りのアロマアイテムで、美的効果を愉しむアロマティック美人術シリーズ。
またまた誕生したMaki's Cosmetic Lab(⇒LINEUP)によるチャクラに効く新作は、
クリーム()じゃなくバスソルト()じゃなく、キャンドル!

今回、フォーカスしたのは、第3チャクラ!
「火」
のエレメントを持つこのチャクラの活性化のために制作したのは、アロマキャンドル!

コンセプトは、「Confidence: コンフィデンス」

不安な気分のときや、自分がグラついて自信を失ったときに。
キャンドルにを灯せば、うっとり幸せなアロマやさしい光が、まろやかに整えてくれるはず。
d0018646_10080277.jpg
友だちがくれた富士山嶺ミツロウをベースに作った、ビーズワックス・キャンドル。
「オリーブオイル」
を少々加え、第3チャクラに影響力を持つ精油をブレンド。
柑橘系
「グレープフルーツ」「オレンジ・スウィート」「ベルガモット」のフレッシュな香りが、スッキリ爽快!

★★★★★

[CHAKRA / チャクラのテーマ] ※参考にしたサイト⇒Timeless Edition
第1チャクラ*生命力・グラウンディング・現実感覚・揺るぎなさ・物質と精神のバランス
第2チャクラ*感情・創造性・セクシャリティ・境界線
第3チャクラ*自信・自分軸・責任感・自己表現
第4チャクラ*コミュニケーション能力・受容・社会能力
第5チャクラ*人間関係・言葉・感情コントロール
第6チャクラ*直観・洞察力・判断力・先見の明
第7チャクラ*魂との繋がり・心の扉・今を生きる・宇宙の流れに委ねる
第8チャクラ*個を超えた大きな視野・古い観念や手法を手放す

[ESSENTIAL OIL / 精油のテーマ|陰陽] ※●のカラーは、チャクラと対応
「ラベンダー」癒し・自己表現陰陽
「グレープフルーツ」幸福感・楽観性
「オレンジ・スウィート」
:楽観・柔軟性・楽しさ|陰

「ベルガモット」リラックス・解放・自発性|陰
「フランキンセンス」:静けさ・瞑想|陰

★★★★★

緊張
を解き放って、火を吹き消したら、いざ。
リスタート!


【Aromatic Chakric Items】
⇒「8つのチャクラにリンクする「チャクリック・スキンケアクリーム」Revive: リバイブ!
⇒「第1チャクラのための「チャクリック・スキンケアクリーム」Grounding: グラウンディング!
⇒「第2チャクラのための「チャクリック・バスソルト」Creativity: クリエイティビティ!



by makisaegusa | 2017-05-23 23:23 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)

beESwAx CaNdLE!: みつろうキャンドル「Las 4 Estaciones」。

新作みつろうキャンドル

器にしたのは、アルゼンチン紅茶ショップで出会った、ちっちゃなカップ

ブランドイラストの独特の雰囲気が気に入って、紅茶と一緒に買ったモノで、
チリへの国境を越える際、"Té"(お茶)だと主張しているにも関わらず、
如何わしいブツだと怪しまれ、敢えなく没収されてしまったという、紅茶の苦い想い出を再燃せてくれる、アリガタ可笑しい一品。(笑)

先日、改めて、そのデザインを、じっくり眺めてみたところ、"Las 4 Estaciones"(四季)の文字を発見し、
コンセプトもピッタリだとばかり、友だちの誕生日祝いに贈るキャンドルの容器として、採用したというわけ。
d0018646_1430552.jpg
「みつろう」「有機オリーブオイル」のベースに、「マリーゴールド」と、「タイム」を少々。
精油「ローズマリー」「レモン」に、「ベルガモット」をブレンドして、清々しい香り!
燃えるときに漂う、穏やかな「みつろう」の香りも、うっとり、のどかなひとときを演出してくれるはず。

季節が巡り、クルクル、グルグル。
どんなときも、凪の心で、心地良くいられますようにと願いを込めてっ。
オメデトウ、ニューイヤー!!

xxx beESwAx CaNdLE x HapPy biRtHDay!! / deAr: MaKi



⇒「アロマテラピー」作品いろいろ/⇒「みつろうキャンドル」作品/⇒「Birthday GIFT」あれこれ
by makisaegusa | 2014-04-22 22:22 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)

beESwAx CaNdLE!: みつろう「ヌスット・キャンドル」。

友だちの誕生日プレゼント用に作った、みつろうキャンドル

相手の性質や、生活環境までも考慮に入れて、精油のブレンドを調整したというのに。
完成後に、「ちゃんと、香りが広がるかなぁ?」と確かめたくなり、試しに火を灯してみたならば、
それはそれは、いい感じだったので、ついつい、自分のモノにしようと即決した作品。(笑)

よって、「ヌスット・キャンドル」と命名した。
(※「ヌスット」とは、「盗人」の意!)
d0018646_2463371.jpg
確信犯的自分の行動の可笑しさに、ちょっとした含み笑い。
友だちのは、また改めて、、、、制作の予定。(笑)


【Recipe】
・みつろう 40g
・オーガニック・オリーブオイル 10ml
・精油(ローズマリー・フランキンセンス・マジョラム・ベルガモット・サンダルウッド) 計25〜40滴
・キャンドル芯

1. 「みつろう」と「オリーブオイル」をビーカーに入れて、湯煎で溶かす。
2. 耐熱容器の中心に「キャンドル芯」をセットし、割り箸などで固定する。
3. 溶かした1を、2に流し込む。
4. 粗熱がとれたら「精油」を加える。
5. 固まったら、芯を適当な長さに切って完成!


⇒「アロマテラピー」作品いろいろ/⇒「みつろうキャンドル」作品
by makisaegusa | 2014-01-08 23:51 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)

HAPPY BEESWAX!!:恋する「みつろうキャンドル」。

ベルガモットの"みつろうキャンドル"」に続き、「みつろう(蜜蝋)キャンドル」を新作!

今回は、年明け早々、さらに、新たな年を迎えた、シドニー時代からの友だちノブコへの、誕生日祝福ギフトとして制作したもの。
彼女が、ステキな恋に巡りあえるように、祈りを込めて、厳選した精油のブレンドは、徹底的に恋する仕立て!!
それぞれの精油の持つ、ポジティブなエネルギーが、
きっと、ワクワクする毎日と、ウキウキする出会いを、ビューンと運んで来てくれるに違いない。タノシミーッ♪
d0018646_2343182.jpg
ミツバチの恵み「みつろう」をベースに、オーガニックの「オリーブオイル」を少々。
女性らしさを引き出す「ネロリ」を筆頭に、
気分を明るくする「グレープフルーツ」「オレンジ・スウィート」「ベルガモット」の柑橘系、
甘く優雅な「ゼラニウム」精油を、続々と加え、
最後に、「カレンデュラ」(マリーゴールド)のハーブを混ぜれば、とってもハッピーな「恋するキャンドル」が、完成!

ちなみに、キャンドルを流し込んだのは、アルゼンチンの紅茶やさんで買った、小さな陶器。
私の魔法が、うまく効きそうな絵、、、イヒヒヒヒ!

火を灯して、心地良い香りに包まれてると、めくるめく幸福感に、心が満たされるはず。
ノブコの新しい日々に、ごきげんな出来事が、不要なほどにたっくさん訪れますようにっ!
HAPPY BIRTHDAY!! Buuuuuuuuuuuuuco!!! xxx LOVE



⇒「みつろうキャンドル」作品/⇒「アロマテラピー」作品いろいろ
by makisaegusa | 2013-01-14 23:00 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(2)

MERRY FUNNY HONEY!!:ベルガモットの「みつろうキャンドル」。

キャンドルは、好きだけど、石油系のは、匂いが嫌い。

そんな私に、友だちが、ごっそりと良質の「ミツロウ(蜜蝋)」をくれたので、
ずっと、挑戦したいと思っていた、「みつろうキャンドル」を作ってみることにした。
d0018646_1455080.jpg
作り方は、すごくカンタン!
あっという間に、やさしい香りのキャンドルが、完成した。
キャンドルに混ぜた、柑橘系の「ベルガモット」精油のさわやかで、フレッシュな香りが、心地良い。

湯煎にかけた材料(ミツロウ+ホホバオイル)を流し込む容器も、通常ならば、グラスや耐熱の素材であるべきところ、
私は、お気に入りのベーキングパウダーの空き缶を、チョイス。
部分的に紙なので、燃えないかは、確証なし!
でも、それが、キャンドル缶になったイメージを、どうしても実現したくて、こうなった。
全焼してしまった場合、それはそれで、学習することにして、、、ヴィジュアルに関しては、大満足の出来映え!(笑)
むしろ、スリリングなとこも魅力的と、言えなくもない。
こりゃあ、イイ。バンザーイ。

安全面の欠陥を、伝え忘れぬようにして、友だちに贈るとしよう。
最後まで、無事に燃え尽きてくれることを、祈りつつ・・・。



⇒「アロマテラピー」作品いろいろ
by makisaegusa | 2012-12-22 23:35 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(5)