タグ:とよ子 ( 32 ) タグの人気記事

あたらしい「みかんのむきかた」:ザ・ミカムキスト品評会。

昨年末に開かれた、型破りな夜会、「あたらしい「みかんのむきかた」合宿」!

あのイベント以来、晴れて、ミカムキスト(ミカンをむく者の意)となった私は、
遂に、おばあちゃん「とよ子」への"ボケ防止土産"という名目で、むきかた本を購入し、
ちょうど、愛媛から届いたばかりの伊予柑を使って、ドーンと豪勢に、家庭内品評会を開催することにした。

チャレンジャーは、大宮からの参加者、叔母のミヨヨ、母マリコ、そして、私。
おばあちゃんは、審査委員長!

そんな、3月はじめの、とある日の記録。

[photos: retouched by LOMO!!] 画像はクリックで拡大。
d0018646_23562661.jpg
[1]. 母マリコ、下絵作業を開始!絵心の無さが、既に、この段階で露呈。(笑)・・・ なんだこりゃ?
[2]. 答え、自分の干支「りゅう」。開始早々、線のつなぎ方で、あたまパニックのテンテコ舞い。
[3]. 下絵が描けたら、カッターナイフで、ザクザク切り込み。そして、皮を剥く!!
[4]. 見守るおばあちゃんも、うふふ。
[5]. 完成した「りゅう」は、口がパカー!知能指数の低そうな、ポカーンの表情も、好印象。(笑)
さらに、顎からは、ヒゲとは似ても似つかぬ、得体の知れない太いものが、ニョロリ生え、ますます、想像上の生き物感を演出。
[6]. マキ作の「うま」は、前作「きんぎょ」に続き、これまた、鳩胸。なぜに毎度、鳩胸!ちなみに、脚が1本千切れ、3本脚仕立て。
[7]. ミヨヨ作の「へび」。さっきまで、ヒョロヒョロだった首が、いつのまにやら、こっそりと、怪しげに改良され、可動式になっていた。なんと!
[8]. ガオーの「りゅう」と、ヒヒーンの「うま」。迫力のない、のどかなコンビネーション。
[9]. とよ子審査委員長、満を持して登場!3つを並べて、「ザ・ミカムキスト品評会」。

結果:「へび」=面白くないから、30点。「うま」=たいしたことないから、60点。「りゅう」=何だか分からないけど、頑張ってそうだから、80点。

そんなわけで、正体不明の伊予柑の集団は、生粋の芸術家とよ子により、無難な成績を授かり、一同は、ただただ「やりきった!」という満足感に、酔いしれた。
次回も、突如、誰かとどこかで、開催したいもの!

何より、気付けば空間いっぱいに漂っていた、シトラスの香りが、すばらしく爽快。
ブラヴォ、フレッシュ、ミカムキスト!!


⇒「まいにち遊び」一覧/⇒「あたらしい「みかんのむきかた」」の記録


[Blog Bingo 2000:DAY 42] Today's nunber is...「4」!=愛媛県の樹園地面積は、全国4位らしい。/⇒「BLOG BINGO 2000」関連トピックス
Report Now!!:4列ビンゴ × 1人、3列ビンゴ × 1人、2列ビンゴ × 5人、1列ビンゴ × 8人。
5列リーチ × 1人、4列リーチ × 2人、3列リーチ × 5人、2列リーチ × 9人、1列リーチ × 14人!
by makisaegusa | 2012-03-21 21:38 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(4)

WA RA SHI BE 2010 : #59 Toyoko.

とんだ、ホラーーーーーーー!(←恐怖の意。)
こういう事件が起こるから、止められぬのだ、『WARASHIBE2010』!
満を持して、今回登場した、歴代最高齢の参加者は、ご存知、我が家のおばあちゃん、その名も「とよ子」!!

前回、金太郎クッキーのスペシャリスト、ノリコさん (onnea)からやってきた感動作、
#58 onnea : "Valentine's Day" Special!! - バレンタインディスペシャル!(金太郎クッキー+チョコレート+シアバター)」は、美味しくモグモグ、サヨウナラ。
代わって、到来した、最新ワラシベが、こちら!
d0018646_342475.jpg
#59 Toyoko : 胴のない人+昔のトヨコ似顔絵付きぬりえ手紙を添えて

胴が無いとは、問答無用に、キテレツ!
その上、次の人へのメッセージ用には、いつも使っている"ぬりえ手紙"の、
しかも、よりによって、夏バージョンをチョイスするという、季節感を無視した、憎いセンス。
さらに、山の絵の隣に、あたかも、太陽神のごとき存在感を放つ、似顔絵を描いてくれるという、サービス精神。
ところが、ペンが太くて、シワの描写が難しかったらしく、
自画像が、思いのほか若々しくなってしまったため、"トヨコ"の名前の上に、急遽、"昔の"を追加するという、荒技を披露。
恐るべし、トンチのクオリティ!(笑)

そして、以下が、その手紙に書かれた、メッセージ。
特別に、公開!とくと、ご覧あれ。
d0018646_3472569.jpg
『六〇番の人へ
今日は とよ子です 始めまして。 可愛らしいクッキー有難うございまし多。
私からは 胴のない人 あげます。
変なものですけど 飾って下さいませ。
段々と寒さも訪れるでせう。体には充分気を付けて暮して下さいませ。
私は 早や89才にもなりまし多。又お出合いしましょうね。

ワラシベ兄弟様
又 お時間あれば 遊びに来て下さい   59番 三枝とよ子』

え?!誰、ワラシベ兄弟って!!!(笑)
補聴器の不調によるものか、はたまた、絶好調な才能による、新語創出の奇跡なのか?!
ともかくも、意思疎通の不完全さが生んだ、傑作、ここに。

それにしても、毎晩、ビールの欠かせない、おばあちゃんにとっては、こんな寒さ、なんてことないらしい。・・・驚愕。

さて、この難題。
次のワラシベ参加者は、どう、料理してくれるので、せうか。
否が応にも、期待に、胸を膨らむ。


⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒参加者に送られるカード:"参加証明書" 兼 "未来のワラシベ展への招待状"「"WA RA SHI BE 2010"トランプカード:♣W
⇒いままでの「わらしべ」変化:WARASHIBE2010

+ 2 Days to the "BLOG BINGO 2000"!
by makisaegusa | 2012-02-06 02:06 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(4)

おばあちゃん學枝 :スマスイさんぽ。

私を知る人ならば、もれなく、知ることになるであろう人物が、うちのおばあちゃん
抜群に悲観的で、鬱々とした思考の持ち主ながら、
陰も極まれば、陽に転ずるの理(ことわり)通り、驚くほど後ろ向きに、かつ、独特に愉快な生き様をみせる、御年89才。(笑)

さて、そんなおばあちゃんのボケ防止のために、私が創設した、
おばあちゃん=生徒(本人の流儀では、行人弁に"歩"!)と、私=先生の遊びの学校が、『おばあちゃん學枝』!
数々のカリキュラムを自在に遊ぶ、本校のプログラム、今回は、久々の課外授業を、須磨水族館にて決行することになった。
私が、毒舌の師と仰ぐ(笑)、陽気なかず子おばちゃんが、またもや一緒・・・とくれば、奇抜でオカシな事件は必至。なんて、ワクワク!
気分上々、快晴の空の下、テクテク、トコトコ、御一行。
こうして到着早々、歩く気などサラサラない、おばあちゃんのために、車椅子をレンタルし、いざ海の散歩へ。

[All photos: retouched by LOMO!!] 画像はクリックで拡大
d0018646_2356678.jpg
水族館に入って、すぐの大水槽。その迫力には、幾つになっても、やっぱり歓喜。うわーーーあ。
日差しが射し込んで、幻想的。サメやエイや、小さな魚たち。共存の具合が、いつまでも見飽きない、興味深さを演出している。
前回、ここを訪れた頃、私の身長は130cmだったため、奇遇にも、全長が同じくらいの巨大魚「クエ」の存在を知った、という思い出の地。
あれから、40cm以上も伸びた私は、人って伸びるんだなあと、魚のことそっちのけで、感慨に浸る。(笑)


d0018646_23562313.jpg
敷かれたタイルまでも、海の彩色!ステキ。
眠そうな「フグ」や、水中をビューンと飛び泳ぐ「ペンギン」、シャバダバ走る人っぽい「ヒトデ」。いろんな形、いろんな動き。


d0018646_235634100.jpg
おばあちゃんも、大喜び、エキサイティングなイルカショウ!とんでもなく跳ぶ、イルカたち。とてつもない身体能力と知能には、とにかく感心。
前方の席のちびっ子たちの、ずぶ濡れ具合も、これまた凄まじすぎて見応えあり。必見!(笑)


d0018646_23561467.jpg
にょろにょろ、ぷかぷか、ふわふわ、ついー。ウミヘビ、クラゲ、イロトリドリの小さな生き物。

こうして、大興奮のうちに海の旅を終えた、おばあちゃん学校メンバーたち。
次は、かずこおばちゃんが、仕入れた情報に従い、芸術を鑑賞すべく、大丸で開催中のガラス彫刻展へ!
ところが、大丸神戸を訪れてみれば、ガラス展は、京都店で開催だと判明し、愕然!(笑)
ナンテコッターー!という訳で、どうせならと、開催中の生け花展を鑑賞して、生田神社にもなんとなく寄ってから、帰路に着いた。
イヒヒな課外学習、今回もグレイトに、完了。スンバラシッ。


⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」トピックス
by makisaegusa | 2011-10-18 23:13 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(10)

おばあちゃん學枝 :とよ子に学ぶ、長寿の秘訣。

d0018646_09987.jpg
photo: 写真に撮られたくないので、ビニル袋の影に隠れている。おばあちゃん、苦肉の策!

都合の悪いときは、耳が聞こえないフリをする。

もしくは、補聴器が、入ってないフリをする。

さもなくば、補聴器の電池が、切れかけのフリをする。



⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」トピックス/⇒開校のエピソード:「「おばあちゃん學枝」開校!
by makisaegusa | 2011-08-30 23:53 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(4)

おばあちゃん學枝 :お年寄りの学祭。

国語、算数、理科、社会、芸術、文化、ときどき散歩!
あらゆる科目を、貪欲に、そして、気ままに行う、おばあちゃん専用、ボケ防止のための遊びの教室「おばあちゃん学校」!
開校より、はや4ヶ月を経て、既に日常の一部となっている、この頃。
今日のリポートは、おばあちゃんが週3回、通っている正式な方(笑)の学校の"夏祭り"、兼"作品発表会"のこと。
d0018646_1611447.jpg
photo: どれが自分の作品なんだか忘れたけれど、どれかは自分が作ったという、おばあちゃん。壁作品「花火」の前で、うふふ。(写真:クリックで拡大)

会場には、作品や写真がたくさん展示されていて、見所満載。
ウェディングドレスやタキシードを着て、結婚式ごっこする、おじいちゃんおばあちゃんのキュートな写真や、
農園で採った野菜を、料理して、美味しそうに食べている写真など、どれもが、愉しい!
初めて会った、おばあちゃんの学校仲間と話をしたり、一緒にワハハと笑ったり。
もちろん、うちのおばあちゃんは、得意のビールをゴクゴク!
酒飲みであるということが、多くの人にバレて、照れ笑い。(笑)

なかなか、たくさんのお年寄りに触れることがない日々の中。
こうして、多くのご長寿世代と交流することは、とても貴重で、何よりも、新たな見識を与えてくれる、絶好の機会。
・・・長く生きて来たからこそ培われる、人生の厚みと、凝縮されて滲み出て来る、人となりが、それぞれに、何とも言えない、良い雰囲気を漂わせてたなぁ。
ああ、オモシロかった!

我が「おばあちゃん學枝」も、いつか学祭を開くことにしよう。
野望。


⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」トピックス
⇒開校のエピソード:「「おばあちゃん學枝」開校!
by makisaegusa | 2011-08-06 22:27 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

おばあちゃん學枝 :花鳥園の鳥使い。

私が、おばあちゃん(とよ子)のボケ防止ために開校した、遊びの教室「おばあちゃん学校」!(⇒ 開校のエピソード)
今回、紹介する課外活動は、以前に紹介した「古代ギリシャ展」と時を同じくして出掛けた『神戸花鳥園』!
おばあちゃん、かず子おばちゃんと、一緒に出掛けた、とある日。
ゆっくりのんびり、おばあちゃんの車椅子を押しながら、散策のはじまり。
d0018646_3574228.jpg
1. 看板に穴があれば、顔を出すのが流儀というもの。(笑)
孫に言われるがまま、顔を覗かせるおばあちゃん、気付いてみれば、鳥使い。
そして、右下。ムリな姿勢で踏ん張るのは、密かに、ペンギンになっている、かず子おばちゃん。なのに、笑顔!
これぞ、年季の入った、ブラボーな親子の肖像!
d0018646_1474545.jpg
2. さらにドーンとアップで、おばあちゃん。
飄々とした表情とは裏腹に、鳥を平然と手なずける手腕に、動じぬ心を見る。
さすが、匠の技と言ったところか。(笑)
[※この地を訪れた人は、必ず、この愉快な穴から顔を出すように!]
d0018646_3561113.jpg
3. こうして、エキサイティングな館内を、あちこちウロウロ。
天井から吊り下げられた綺麗でゴージャスな花々(photo1)、ビビッドで奇抜な南国の鳥たち(photo2)。
珍しいものばかりの愉しい景色に、ビックリしたり感激したり、目まぐるしくて、忙しい。
おばあちゃんも、上機嫌!(photo3)
そして、私の個人的な喜びは、小さい頃から上に乗るのが憧れだった、アマゾン川に生える巨大なハス「オオオニバス」との遭遇!(photo4)
奇しくも、さすがに、重量オーバー。(笑)
もう少し、子どもだったならと悔しがるも、かつての夢の乗り物に出会えたことには、感激ひとしお!

めくるめく多様な生き物。
まだまだ、課外授業のターゲットは、いっぱいありそうだ。
自由な校風がモットーの「おばあちゃん學枝」、さて、次は、どこに出掛けようか、な。ウズウズ。

また、おばあちゃんの要望により、為になる話をしてくれる講師も、募集中。賢そうな人、求む!(笑)


⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」トピックス
by makisaegusa | 2011-07-06 23:18 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(3)

おばあちゃん學枝 :雨ニモマケズ。

私が、おばあちゃんのために開校した、"遊び"の教室『おばあちゃん学校』!
数々のプログラムを展開し、またここに、新たな課題が誕生した。ヤッター!
d0018646_133048.jpg
今回、弟からの指令により取り組むことになったのは、かの有名な、宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」の暗唱!
どうせなら覚えておきたい、大人のたしなみ。
私も、未だ、たしなめてないんだけども。(笑)

というわけで、まず手始めに、音読。
弟の書いた、素晴らしく読みにくい、筆書きカナ混じり文字を、私が、ひらがな版に書き直したものを、改めて採用。
更に、そんなに乗り気ではない、おばあちゃんのやる気を起こさせるため、
『毎日「雨にもまけず」を声に出して五回よむと、かしこくなる』という、嘘っぽすぎないルールを、本が言ってたとことにして、勝手に制定。(笑)
まんまと、やる気になったところで、準備万端!
こうして、始まった「雨ニモマケズ」暗唱練習。
なぜ、「一日に玄米四合」を食べるのか?
暑いのに、なぜ「さむさのなつ」なのか?
時折、謎に出くわして、説明を受けて、納得して、また同じとこで、疑問が湧いて、、、という調子。
じっくり、ゆっくり、ちょっとずつ。

いつか、しっかり暗記したあかつきには、学習発表会など、開催したなら愉しそう。
とよ子、今後の大躍進に乞うご期待!
また、ご長寿にお薦めの課題、お薦めでない課題(笑)も、御座いますれば、ゼヒお知らせを。


⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」トピックス
by makisaegusa | 2011-06-27 06:10 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

おばあちゃん學枝 :カエルの礼状。

1922年(大正11年)6月8日生まれのうちのおばあちゃんは、2011年6月8日に、人生の32507日目を迎え、めでたく89歳になった。
おばあちゃん学校』の遊びの成果か、ますます元気で、ご長寿とは万々歳!
ちょうど、お世話になっている方から、お誕生日祝いの絵手紙が届いていたので、こちらも負けじと初の絵手紙でお礼を送ることにした。
そして、完成した傑作がこちら!
タイトルは、梅雨の季節にちなんで、雨に喜ぶカエル。
d0018646_1842458.jpg
人生3万日を越えなければ出せないであろう、この風合い。
人生1万日そこそこの我々には、到底及ばない匠の手法!

このカエル、確実に「クワーーァ!」と、恐ろしい声で鳴いている。笑
さて、この新たな傑作の出現に、私は、作品のハンコ制作を決意したため、
4本脚にわとり」ファンの皆様、近い将来発表される、忠実再現の直筆ハンコにも、ぜひともご期待を。

ところで、誕生日祝いは、ケーキよりもバナナが良いということで、高級フィリピンバナナをギフトした。笑
お誕生日スペシャルおめでとう、おばあちゃん!
これからも、炸裂に、いつまでも元気でいてくれますように。

⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」トピックス
⇒いままでのハンコ作品/⇒いままでの直筆ハンコ
by makisaegusa | 2011-06-08 22:42 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)

おばあちゃん學枝 :古代ギリシャ展。

おばあちゃん学校』創設以来初の課外授業は、神戸市立博物館で現在開催中の展示「大英博物館 古代ギリシャ展」!
d0018646_19344362.jpg
入ってすぐのホールでは、ギリシャ美術の代表作"円盤投げ〈ディスコボロス〉"と同じポーズで記念撮影出来るように、
円盤とモジャモジャ白髪カツラが用意されているという、ありがたい演出。
関西だからこそなのか、次の東京展 (7/5〜9/25 at 国立西洋美術館)でも出現するのか?!
それが、とにかく気になるところ。笑
ともあれ、ギリシャの美術には全然興味のないおばあちゃんも、孫の言いなりによる珍体験に嬉しそうで、ヨカッタヨカッタ。
d0018646_1938795.jpg
さて、"究極の身体、完全なる美"をテーマとしている今回。
人類史上もっとも美しいと評されるギリシャ美術を、大きく4つのカテゴリーに分けて展示している。
個々の分かりやすい作品解説が、より興味を掻き立て、芸術家たちの創造した世界観を臨場感溢れるものにしてくれた。
実に、完璧な生命体の造形美。
それと、これが、同じ生物だ、、、、とは、、、、と。
作品と観衆を観ながら、愉快な現実と非現実を垣間見た感。笑
神戸展は、あと2週間ほど。
東京展は、7月5日(火)より。
研ぎすまされた美の境地、間近に感じるスペクタクル、体感すべく、ぜひ会場へ。

[Info]
大英博物館 古代ギリシャ展 THE BODY -究極の身体、完全なる美-
神戸展:2011年3月12日(土)〜6月12日(日) at 神戸市立博物館
東京展:2011年7月5日(火)〜9月25日(日) at 国立西洋美術館
・→みどころ

⇒「おばあちゃん學枝」のすべて
⇒これまでの「とよ子」トピックス
by makisaegusa | 2011-05-28 23:15 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(2)

おばあちゃん學枝:にわごはん + 家庭内職安 [フキ業]。

私が、おばあちゃん(とよ子)のためだけに開く"遊び"の教室、『おばあちゃん学校』。
しりとり、ジャンケン、指ずもう、、、昼寝に、似顔絵、、、果ては、インターネットに至るまで! 
ご長寿向けの多彩な内容で、おばあちゃんのボケ防止に一役買っている、エキサイティングなカリキュラム編成。笑
そんな、おばあちゃん学校、今回のイベントは、庭でおにぎりを食べる「にわごはん」!
d0018646_0185038.jpg
【にわごはん】
太陽は、サンサン。新緑は、グリングリン。
心地良い季節を存分に楽しむべく、ウッドデッキに座って、ピクニック気分で食べると、何でもスペシャルな味!
手にくっついた米粒も、ちゃんとパクパク。
お腹いっぱいになった、おばあちゃん、庭の花や草木を眺めながら、しみじみと「狭い庭やけど、気持ちええなぁ」。笑
充分広いわー!とツッコミ交え、みんな、アハハ。
なんて、、、、のどか。
d0018646_9565863.jpg
【家庭内職安 [フキ業]】
さて、うちのおばちゃんは、常に、何かしていないと気が済まない。
いつもいつも、お父さんに「仕事くれ〜」と言っているので、「職安に行ってこい!」と怒られたりしている。笑
そんなわけで、うちでは、おばあちゃんにも出来るような仕事があれば、やってもらうのがきまり。
この日は、お母さんから、庭に生えたフキの葉っぱと茎をちぎる仕事がやってきた。
ワーイ、ワーイ、慣れた手付きで、嬉々と作業。
こういう仕事は、本当におばあちゃんは、上手で早い。

昼も夜も、ごちそうさまの課外授業。
穏やかな日。


⇒「おばあちゃん學枝」のすべて
⇒これまでの「とよ子」トピックス
by makisaegusa | 2011-05-25 15:38 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(3)