タグ:あいさつ ( 9 ) タグの人気記事

COLLAGE CARD #73 : KOnNichiWa!「コンニチハ!」

最新「コラージュ・カードは、劇的シンプルワード。

ただの挨拶、「コンニチハ!」
d0018646_2059994.jpg
これは、私の恒例行事、季節外れの年賀状2016年は「新緑賀状」!)に返事をくれた友だちへの返信用に制作!

はじめは、スウィーツスプーン「アリガトウ」のカードにしようと考えていたのに、
写真を切り出していた『VOGUE』を閉じようとした矢先、
スプーンに座るのにピッタリのカンペキなポージングのモデルを発見!
これはステキ♥と心トキメキ即採用。

言葉も、なんだか彼女が言ってそうな「コンニチハ」に変換して、ジャジャーンと完成。
私との文通希望の友人に、届けられる予定。(笑)

KOnNichiWa!



⇒「コラージュ」作品一覧/⇒「コラージュ・カード」作品たち/⇒「Birthday GIFT」いろいろ/⇒「3D CARD」少々/⇒「GREETING CARD」作品いろいろ/⇒「MEMBER'S CARD」作品あれこれ


by makisaegusa | 2016-05-22 02:22 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(0)

マキ式新年:人生13514日目 / DAY 13514 of LIFE.

私を育んでくれる、有形無形、森羅万象との出会いへの感謝つくづく、歓喜ふつふつ、感動じわじわ。
正月がいっぺんに来るのが、マキ式新年!(笑)

2015年8月15日
私が、この世に生を受けてから、地球太陽の周りを37回廻り、人生は、13514日目を刻んだ。
なんてなんて、なんて、アリガターーーーーイ!

朝から、たくさんのオメデトウのメッセージを受け取り、
昼には、友だち一家のちびっ子たちとキャンドルを立てたスイカで、愉快で豪快なハッピーバースデイ。
そして、夜には、"奇才おばあちゃん"とよ子とのしりとりを、彼女の好物「チン」ワード(⇒:1, 2, 3, 4, 5 + 6)で締めくくるという、絶品の一日を堪能。(笑)
d0018646_22444515.jpg
前世では、何も果たすことなく幼くして原爆によって命を落としてしまった私が、(⇒「前世の記憶、原爆の夢」)
次の人生の地として、再び、日本を選び、さらに、終戦記念日を誕生の日として選んだ、深く大きな意味に思いを馳せて。
改めて、私の今世の使命を自分に確認する。

いかなる渦中にも、内なる凪の大海を脅かされることなく。
冴え渡るインスピレーションと、無限のイマジネーションを良き友として。
無二のスタイルと、しなやかな精神で、強くのびやかに日々を切り開き、光の方角へと人を導き続けることを野望して。
より多くのハピネスを、より多くと分かち合うことを、ここに誓い、、、つつ。

底なしのアリガタさを込めに込めて、皆々様ッ、本年も何卒よろしくお頼申し〼。

+ ESPERANZA



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「使命」の項/⇒「マキ式新年」一覧/⇒「あいさつ」の項
by makisaegusa | 2015-08-15 23:59 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

まとめ:2014年『宇宙』の年。

2014年、今年は、私史上最高に「宇宙」な一年だった。

私のデザインした、JAXA人工衛星「だいち2号」(ALOS-2) ミッションマークは、ロケットの一等地に貼付けられて、宇宙へデビューし、
皆々様のお陰様々、私の作品も、遂に、宇宙人にハローのチャンスを獲得。(笑)
(※ 動画と記事:⇒「【LIFTOFF!!】2014/05/24 ★ JAXA人工衛星「だいち2号」(ALOS-2) 打ち上げ成功!!」)

その上、宇宙的にスンバラシイ新たな出会いの数々、そして、念願の「UFO目撃」)に、異次元への旅)!
私のことを、(良い意味で)「宇宙人みたい」と称する友だちとの遭遇も含め、間違いなく、今年は「宇宙」の年と認定されるにふさわしいっ。
d0018646_18231567.jpg
地球誕生程度の奇跡など、常に、起こりうると考えている私は、
自分の作品の宇宙行きについても、"生きてれば、まあ、自分の作品が宇宙に行くこともあるだろう"ってな具合で、さほど、特別に感じてもなかったけれど。
周りの友人知人たちが、自分のことのように、喜び祝ってくれたことが、とても嬉しく幸せで。
そんなサプライズをギフト出来た、自分のグレイトジョブにも、自画自賛のエッヘン!(笑)

来年は、一体、どんな歓喜のサプライズを、皆に届けるだろうかと、自分自身に、ワクワク期待。
新年を見据えて、虎視眈々の年の瀬の日々。

改めて、感謝をたっぷり、詰め込んで。
皆々様々、今年も、宇宙規模にアリガトーーーーーーウッ。


※ タイトルの読み方のイメージとしては、スタンリー・キューブリックの映画「2001年宇宙の旅」の雰囲気が望ましい。(笑)



陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)特設サイト(ファン!ファン!JAXA!)

⇒「JAXAの人工衛星「だいち2号」(ALOS-2) ミッションマークデザイン!!
⇒「Now on SALE!!: JAXA「だいち2号」(ALOS-2) ミッションマークのピンバッジ!

⇒「だいち2号」デザイン関連/⇒「JAXA」あれこれ/⇒「デザイン」カテゴリ

⇒「そんな日々」一覧/⇒「あいさつ」一覧
by makisaegusa | 2014-12-27 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

宇宙系統「感謝状」。

遂に、去る25日の日本時間12:00に、投票終了!

この度、我がデザインのエントリーするJAXA人工衛星「だいち2号」ミッションマーク・デザインWEB投票に、
ご参加下さった皆々様には、心より、御礼申し上げます。
d0018646_22445493.jpg
どうなることやら、ワクワクウズウズ!
・・・結果発表まで、しばし、お待ちを。
宇宙行きを決定した暁のための「祝杯」準備ならば、今からでも、決して、早すぎることはないでしょう。(笑)

兎ニモ角ニモ。
このような機会を与えて下さった方々、投票して下さった方々、
驚くほどの熱意で、私よりも、ずっと本気の広報活動を展開してくれた(!)、友人知人たちにも、とめどない感謝を。

イベントを、楽しんでもらえたことが、私には、とても嬉しかった。
いろいろまとめて、ホントニ・ミンナ・アリガトーーーーーウ!!

あとは、ファンタスティックな知らせを、待つだけで宜しいかと。・・・ウシシのシ!



⇒「デザイン」カテゴリー/⇒「だいち2号」デザイン/⇒「JAXA」あれこれ/⇒「宇宙」の項

⇒「あいさつ」の項/⇒「ご先祖さまの遊び心
by makisaegusa | 2013-03-26 23:00 | Design-デザイン | Trackback | Comments(4)

サンキュウのサンキュウのサンキュウ。

d0018646_19533951.jpg
少し前、ご来場への感謝の気持ちを込めて発送していた「『生きてく子ども』写真展のお礼状」
この頃では、そんなお礼状「みんな生きてく」を受け取った友だちたちから、続々とアリガトウのメールや手紙が私の元に到来。
それは、とっても嬉しい知らせ!
ひとつの発信から、繋がって、巡って、導かれる、贅沢ループは、ささやかに喜びを増幅しながら、次に届くシステム。
だから私は、またここで、みんなへアリガトウ。

たくさんの人と、こうやってコミュニケイトするなんて、ある意味、これはマスコミュニケーション?!と、ぼんやり妄想したけど、
一方通行である性質を指すマスコミの定義からいくと、どうやら、私は、マスコミとは違う様子。
やっぱり!!笑

インタラクティブであるから、コミュニケーションは、楽しい。
こんな風に、想いが行き交うから、毎日は喜ばしい。
by makisaegusa | 2010-03-28 19:43 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

ジェットタダイマ。

d0018646_17323133.jpg
唐突な旅より、ただいま戻りました。
すこしばかりのブランクハロー。
本日の東京は、ぬるい。
by makisaegusa | 2010-03-16 17:31 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

『生きてく子ども』写真展のお礼状発送完了!

d0018646_15454062.jpg
危うく腱鞘炎の手前を横切りつつ、「生きてく子ども」写真展のお礼状の発送をほぼ完了しました。
会場に残された「みんな生きてく」をデザインにアレンジしたものです。
まだ、届いてない方は、もうしばらくお待ち下さい。
私が、近いうちに直接渡せると見込んでいる人は、しばらく待っても届かないので、今度私に会うときに、手渡されると信じていて下さい。笑

お越し頂いた方々、ご協力頂いた方々、その他多くの方々に、多大なる感謝を込めて。
次は、関西に降り立ってやる野望を抱きつつ。

かしこ
by makisaegusa | 2010-03-13 15:37 | IKITEKU KODOMO-生きてく子 | Trackback | Comments(14)

オソメ謝辞。

d0018646_325364.jpg
今週20日より、汐留の共同通信本社ビルで開催中の『生きてく子ども』写真展。
会期に入ってから、準備の疲れか喋り過ぎか、とにかく夜は、強烈睡魔にやられてグーグーの日々。
故に、たいへん遅くなりましたが、ここに謝辞を。
展示に至るまでに、ご協力・ご尽力頂いた多くの方々、そして、突然のお願いを快く引き受けてくれた仲間たち、
そして、写真展にお越しいただいた方々、これからお越しいただける方々にも、心からの感謝を申し上げます。

写真展を通じて繋がる、新しい関係を目撃するのが最近の喜び。
繰り返しのように思える毎日が、ささやかな偶然の重なり合いに誘発されて、事件に変わる瞬間的ケミストリーが喜ばしい。
温かな心の持ち主に囲まれて、生きていられることが心底嬉しくて、感謝の言葉は永遠に言い終われない。

幸福は、感謝に似た形をしているのかも。
by makisaegusa | 2010-01-22 23:58 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

いばりんぼ方々。

d0018646_0462884.jpg
単純なきまりごとの提案。

「ありがとう」や、「ごめんなさい」すら言えないような人は、大人というカテゴリから即刻、除外すべき。
そんな基本さえも出来ないとは、えらく、果てしなく、かっこわるい。
えらそうなこと言うだけの、ただのザンネンな成り下がり。

「すいません」は、感謝や謝罪の代用には、不適切。
by makisaegusa | 2009-08-30 19:32 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)