デジャドクス。

d0018646_2002474.jpg
さっき はじめて会ったのに

ずっとずっと 前から 知り合いだったみたいな。

まさか ・・・そういうのって。

むしろ けっこう 信じられる。
# by makisaegusa | 2006-03-18 11:22 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

メロメロなべ子。

d0018646_2123956.jpgはじめまして。
私、圧力鍋子と申します。
今日は、いかに圧力鍋が有用で、素晴らしい道具であるのか・・・
そのことをどうしても、お伝えいたしたく、
決死の覚悟で参上つかまつった次第でございます。

さて、皆様、ご存知“圧力鍋”。
それは、吹き上げる蒸気と、機関車音。
水を100℃以上の高温で沸騰させようという意気込みと根性。
爆発寸前を思わせる様が、見事に風流を演出する、
アグレッシブなキッチンツールです。
あの圧力をもってすれば、頑固に固い根菜も恐るるに足らず。
その能力は、とどまるところを知らず。

白米は3分で、ご飯となり、玄米でも20分。
プリンなど、10秒のハヤワザ。
さらに驚いたことに、魚の背骨までバァリバリ。
幻のように柔らかく、調理してくれるのですから。
サンマにイワシ。
カルシウム!
もちろん、肉料理だってお手のもの。
ミートローフに、ローストビーフ。
あぁ、ジュルリ。
メクルメク豪華料理の数々が、お鍋に放りこむだけで、いとも簡単に完成いたします。

皆様、いかがでしょう。
ミクロコスモス、圧力鍋の世界を体感してみては?
さぁ、レッツ プレッシャー。
イッツ マジック☆魔法の如し。
なんてスリリング、新生活☆ルルル。
# by makisaegusa | 2006-03-17 21:04 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(11)

糸ようじ。

d0018646_7482527.jpg本当に 言いたいことばの。
いつも その隣のばっか選んでたから。
ついに 忘れ去りかい?
率直会話の法式。

だから 私 発狂。

オマエには 歯間ブラシをくれてやろう。
しっかり フロスしやがれ オヤシラズの奥までも。
出血さながら 掻き出してくれ。
邪魔なものが 多すぎる。
それじゃ なんにも届かない。

+ mannish
+ conte
- sketch
- maki+sgs
# by makisaegusa | 2006-03-15 07:47 | Painting/Drawing-エ | Trackback(1) | Comments(0)

なん骨仕様。

d0018646_7484723.jpg
圧力の下 自由を求めるふりをしながら。
本当は 自分の足がどこに向かうのかも知らない。
選択はすべて 他人にゆだねてきたから。
こんなとこ 歩かなきゃいけないのは 自分のせいなんかじゃないなどと。
不平と不満は どこかの誰かに向かって 放ち。
ただ それでも 勇敢な悲劇の戦士 その演技だけは 貫いて。

実に 滑稽。
猿芝居は やめなされ。
演技の裏には 臆病者のツラ。
あらゆる選択肢を 手に入れた途端 動けなくなってしまった 虚しいあなた。

過剰な自愛で 進路を濁らせないよう。
空白にこそ すべての可能性。
変わるなら 今がそのとき。
# by makisaegusa | 2006-03-13 23:47 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

みねうち。

d0018646_2156431.jpg

一寸先の未来でさえ 確かに 不確か。

今 挑もうとする あなたに向けて だれかが。
妖術をかけようと 呪いを投げつけようと。
無闇に信じる必要はない。

意気消沈して立ちすくむなら。
根拠のなく自分を信じる方がナイス。

どうせ誰にも予測不可能。
それが何より信じられること。
# by makisaegusa | 2006-03-12 21:57 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

鳥瞰図。

翼を広げると 3メートルにもなるという そいつは 酸欠間近の高地の空に。
紺碧の空を旋回しながら 生きていて。
世界の動きを眼下に眺め きっと クスッと笑ってる。

どうしたら 手に入れられるのかしら。
コンドルの視界。
d0018646_19565049.jpg

# by makisaegusa | 2006-03-10 20:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

響。

d0018646_22384622.jpgおたんじょうびおめでとう。

たとえば たいせつな おともだちへ。

たっぷりハッピーな あしたを。
もっとルンルンな あさってを。
ずっとずっと すてきなスマイルを。
# by makisaegusa | 2006-03-08 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(6)

はじめの一撃。

d0018646_234564.jpgおたんじょうびおめでとう。

たとえば

遠く離れた家族にむけて。

過激に刺激的な 新年を。

未来を変える 一撃を。
# by makisaegusa | 2006-03-07 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(8)