新天地のデザイン:#02 『表札』を彫るべく「イチイ」の木を学ぶ

北海道新天地に暮らすことになった友だちコショから依頼を受け、
制作
をじんわりのっそり(!)開始した新天地のデザイン大原家の表札』!

依頼時に送られて来たイチイの木彫ることは決定づけられているため、
とにもかくにも、まずは、この扱ったことのないについて、勉強するところからスタート。
d0018646_15093594.jpg
Wikiに始まり、うろうろ調査を開始してみると、「アララギ」という呼び名が、イチイを指していたことを知って、ほぅ!と感嘆したり、
種子アルカロイド系の毒があることを知って、うわぉ!と感動したり。
なによりも、イチイの神々しさに、ちゃっかり惹かれてしまった。

さてと、次は、デザイン木に写すステップ。
そろそろ本気出すとしよう。(笑)



⇒「デザイン」カテゴリ

新天地のデザイン」シリーズ
→「新天地のデザイン:#01 「のびやかに大地に根を張り日々を育む」がコンセプトの『表札』

⇒「新伝統のデザイン」シリーズ/⇒「」の項



# by makisaegusa | 2017-07-02 00:00 | Design-デザイン | Trackback | Comments(0)

セカイハキガキク

d0018646_21133904.jpg
世界は。
「他力」に寄っかかった願いを叶えるほど、暇ではない。
けれど。
「自力」で変えようとする意志に力を貸すほどには、気が利いている。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「仕組み」の項


# by makisaegusa | 2017-06-30 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

死なないコトバを放つ。

d0018646_02370712.jpg
近頃、またしきりに、耳に入ってくる友だち達の証言によると。
どうやら、私の放った言葉は、・・・死なない。

一度、いたそれは、永劫の界隈を周回して戻り、然るべきとき、またって、再び心に届くというメカニズム
幾度
も幾度も響き渡って、心幹を整え、まし、いてくれるらしい。
まるで、光の方角を見誤らないように教えているかのように、気付きを与えながら。

どんな言葉が繰り返し聞こえるのかを、友だちに訊いてみたならば、どれもがとても興味深く、なるほどまさしく、その人にピッタリで。
改めて、自分に由来する言葉たちに、時空を超えておしさを覚えたりした。

言葉は、宿る生命体。

もしかしたら、どこまでもいつまでも響き続け、生き続け、
500年生きる豪語している私よりも、場合によっては、寿命が長いかもしれない。(笑)
死なないコトバ!
ナンテステキ!


【Silhouettes】:⇒「「ファン」なる人材」/⇒「「翼ヲ授ケル」業」/⇒「「親の顔が見てみたい」と言われる光栄」/⇒「ブログ10周年★BLOG "maki+saegusa" 10th Anniv.!!」/⇒「虹色オーラの作品を生むヒト」/⇒「「スターピープルなの?」と訊かれるヒト」/⇒「「もはや、私、独立国家になりたい。」」/⇒「イケメン守護霊モーレツ求ム」/⇒「「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ」/⇒「続・「吾輩は天使である」かもしれない、、、からなのか羽根がよく降ってくる件」/⇒「「オノヨーコ」と「小野妹子」の記憶方法にまつわる:マキ式検索エンジンの性能に驚愕するの件」/⇒「私のアセンテッドマスターがキリストで、しかも、その説教がセンスありすぎて笑い悶えた話」/⇒「そろそろ年賀状の返事でも書こうと思う」/⇒「長年、腑に落ちなかった『天地無用』の用法に、やっと納得のスッキリ!」/⇒「【本日の議題】 私の自転車の前カゴに、しなびたミカンを入れたのは誰なのか?」/⇒「私のオーラに金ピカ★プラス!」/⇒「マキ式新年:暗号タイプの祝辞続々「盆が正月★2016」!」/⇒「天才会議 in the BATH」/⇒「【2016年・私のそこそこビッグニュース】ヒーラーになった! 」/⇒「トホホちゃんとシカトちゃん」/⇒「アジサイが嫌いと言う。

⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「」の項/⇒「季節」の項

⇒デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点」/⇒「POP&FUN」あれこれ



# by makisaegusa | 2017-06-28 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

アジサイが嫌いと言う。

d0018646_21250186.jpg
「アジサイって、嫌いーーー。なんせ、冬の姿が、めちゃくちゃホラーだから。」と言ってはばからない者、ここに有り。(笑)

曰く、立ち枯れた状態のアジサイの風貌が、あまりにも悲壮不気味だというのが、その理由
とはいえ、梅雨時には、当然、発言を撤回もせず、しれっとちゃっかり瑞々しい色彩才能愛でているのだから、実に、奔放な話。
そして、むしろ、そのへんの好き嫌いっぷりが、清々しいまでに節操なく、自分でもなかなかに好感が持てるというもの。(笑)
冬場の発言に、乞うご期待!

嗚呼、紫陽花、ふ、ふ、ふ、ふつくし。



【Silhouettes】:⇒「「ファン」なる人材」/⇒「「翼ヲ授ケル」業」/⇒「「親の顔が見てみたい」と言われる光栄」/⇒「ブログ10周年★BLOG "maki+saegusa" 10th Anniv.!!」/⇒「虹色オーラの作品を生むヒト」/⇒「「スターピープルなの?」と訊かれるヒト」/⇒「「もはや、私、独立国家になりたい。」」/⇒「イケメン守護霊モーレツ求ム」/⇒「「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ」/⇒「続・「吾輩は天使である」かもしれない、、、からなのか羽根がよく降ってくる件」/⇒「「オノヨーコ」と「小野妹子」の記憶方法にまつわる:マキ式検索エンジンの性能に驚愕するの件」/⇒「私のアセンテッドマスターがキリストで、しかも、その説教がセンスありすぎて笑い悶えた話」/⇒「そろそろ年賀状の返事でも書こうと思う」/⇒「長年、腑に落ちなかった『天地無用』の用法に、やっと納得のスッキリ!」/⇒「【本日の議題】 私の自転車の前カゴに、しなびたミカンを入れたのは誰なのか?」/⇒「私のオーラに金ピカ★プラス!」/⇒「マキ式新年:暗号タイプの祝辞続々「盆が正月★2016」!」/⇒「天才会議 in the BATH」/⇒「【2016年・私のそこそこビッグニュース】ヒーラーになった! 」/⇒「トホホちゃんとシカトちゃん

⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「」の項/⇒「季節」の項

⇒デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点」/⇒「POP&FUN」あれこれ



# by makisaegusa | 2017-06-26 06:02 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(2)

ハフュッフェン子どもきょうだいの成長リポート:ゆいか「2.04ハフュッフェン」★けいたろう「1.42ハフュッフェン」!

ハフュッフェン(⇒:マキ造語)な作品たちを、ハフュッフェンな気分で生み出している、我がハフュッフェン社』!

今回のハフュッフェン子ども」スクスクえっへんリポート主役は、
私が最初に制作した、元祖"生まれたときの赤ちゃんサイズ"ハフュッフェンくん)と暮らす、
鳥取在住・カトコファミリーの仲良しきょうだい結衣花 (ゆいか)啓太郎 (けいたろう)

ハフュッフェン子ども??
私作の力の抜けたごきげんなキャラクターハフュッフェンくんと一緒に暮らす、ハッピーなチビッ子たちのこと。

d0018646_00472614.jpg
なんて、めざましいスクスクーーーー!!

生まれたときの赤ちゃんサイズ=ざっくり50センチ「ハフュッフェンくん」との比較による、
オリジナルの成長っぷり確認方法『ハフュッフェン式計測法』によると、
1歳を迎え身長「71センチ」を記録した、弟・けいたろうは、「1.42ハフュッフェン」サイズ。
さすが乳幼児のポテンシャルー!!!すごい伸び率。(笑)
そして、生まれる前からハフュッフェンくんと仲良しだったプロのハフュッフェン子ども(!)、姉・ゆいかは、
4歳8ヶ月を迎え、身長「102センチ」「2.04ハフュッフェン」サイズ!
じわじわ伸びたねーーーっ★★★★★

ゆいかが生まれたとき、私が贈った懐かしい作品で、
生誕の日の空から誕生した空着 -soragi-:「ゆいかの空のネックレス」を身に着けた写真もあって、スゴク嬉しっ♥︎[Photo: 右上]
母・カトコ
は、けいたろうが生まれたときに、同じように空の写真を使って、
生まれた日の空のボールを制作したらしく、二人とも自分の空を持っているだなんて、とってもキュート!

★★★★★

【ゆいかのハフュッフェン式成長記録】
★0歳⇒生まれたとき:1ハフュッフェン
★0.5歳⇒ハーフバースデイ:1.3ハフュッフェン
★1歳⇒バースデイ:1.4ハフュッフェン
★3歳⇒バースデイ:1.8ハフュッフェン
★3歳8ヶ月⇒2.0ハフュッフェン
★4歳2ヶ月⇒まだまだ2.0ハフュッフェン
★4歳8ヶ月⇒じわじわ2.04ハフュッフェン!

【けいたろうのハフュッフェン式成長記録】
★0歳⇒生まれたとき:1ハフュッフェン
★0.5歳⇒ハーフバースデイ:1.35ハフュッフェン
★1歳⇒1.42ハフュッフェン!

★★★★★

お誕生日おめでとう、お誕生日じゃない日もおめでとう!
これから、どんなふうにおっきくなってくのか、ワクワクうきうき。
いつか会える日が、とっても楽しみーーーーっ。

どこまでも、のびのび健やかに育ってくれたまえ、世界中ハフュッフェン子どもたち!



⇒いままでの『ハブ式会社ハフュッフェン社』プロダクツ/⇒いままでのハフュッフェン人形/⇒What's Hafüffën?「ハフュッフェンとは?

⇒「ハフュッフェン・ベビー」作品一覧/⇒「ハフュッフェン・マミー」作品一覧/⇒「生誕祝い」作品たち/⇒「ハフュッフェン子ども」たち



# by makisaegusa | 2017-06-24 04:04 | Hafüffën-ハフュッフェン社 | Trackback | Comments(2)

異才と彩 [i/sai to sai]

d0018646_01050195.jpg
このセカイを彩るのは、森羅万象の差異。
比類なき異才たちの放つ、光の奏で。

だから。
アナタは、こんなにも、誰よりも、アナタであるのだ。

たとえ。
無粋にも比較して何かを見付けたとして。
唯一無二の光の価値が、失せるわけじゃない。

ただシンプルに。
誇れ。
その差異、その異才を。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「色彩」の項/⇒「」の項



# by makisaegusa | 2017-06-22 22:22 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

天と天 [ten to ten]

d0018646_23375100.jpg
天から降り立ち、いつかまた天へと戻る、私たちが。
次元を超え、持ち帰ることができるものなんて。

不可視で、不変で、不屈。
たった、唯一、愛。

地上で、どれほど多くの持ち物を捕えたところで、それらは、その刻、無に帰する。
許された時間の中、ここで為すべきことなんて、知れている。

ただシンプルに。
愛を。
与え、受け取り、分かち合え。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「」の項


# by makisaegusa | 2017-06-20 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

新天地のデザイン:#01 「のびやかに大地に根を張り日々を育む」がコンセプトの『表札』

北海道新天地に暮らすことになった友だちコショから、『表札』の制作依頼を受けてから、幾年月。(笑)
さてと、そろそろ始めるかと、のっそりデザインをスタートし(!)、最終的に、数種類の中からこのに決定。

コンセプトは、「のびやかに大地に根を張り日々を育む」
d0018646_20225346.jpg
オモシロいのは、
1) 私が、過去「表札」の制作をやったことがないなんてことはお構いなしに、ヤツならいいのを仕上げてくれるに違いないという、友だちからの絶対的信頼と、
2) さっかがヤル気になるタイミングをどこまでも気長に待つことのできる究極的忍耐
そして、
3) 未知に飛び込みたがる、私自身冒険家的性質
4) "彼女なら、やってできないわけがない"という、チョットだけ未来の自分に対する愉快犯的確信
それらのカラッとしたオメデタさ合わせ技として、
豪快な無茶振り級のイベントが実現しているという、この展開の全部。(笑)

のグラフィックをデザインに入れて欲しいという要望を起点として、広大な大地大空の間にある暮らしをイメージしたら、こうなった、的。
かつて、空間デザインを手がけたShisui deuxの雰囲気も好きだよとのことなので、その世界観継承

・・・とはいえ、これはまだ序章の序章
すでに彫るべき素材である、「イチイ」の木が届いており、次は、この木の攻略方法を学習せねばならない。
ワクワク!
一体、私が、どんなことをしでかすのやら。(笑)

誰も読めない今後の展開に、こっそりご期待をっ。



⇒「デザイン」カテゴリ/⇒「新天地のデザイン」シリーズ/⇒「新伝統のデザイン」シリーズ/⇒「」の項



# by makisaegusa | 2017-06-18 18:18 | Design-デザイン | Trackback | Comments(2)