<   2016年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

流転

d0018646_23503714.jpg
誰かのようになりたいと、願ってばかりいるよりも。
もっと、ほんとの自分自身になれるように。
内へと向かう旅に出ればいい。

始点も、支点も、そして、視点も。
すべて自身の中にある、人生のコンセプトに由来する。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「内界」の項/⇒「」の項



by makisaegusa | 2016-12-23 23:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

流刻

d0018646_8353512.jpg
時、満ちて、紐、解けるとき。
息を吹き返すように、時計は新たな意味を刻み、針は新たな方位を指し示す。
次なる地へと向かうには、気流の乱れを抜けるけれど。
それが、然るべき進化の証。
ひとつひとつを浄化しながら、一歩一歩。

好転反応は、往々にして、激しい。
殊、成長ということに関しては。

始まる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「時間」の項/⇒「始動」の項



by makisaegusa | 2016-12-21 12:21 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

自家製デリシャス:やさしい甘みとラムの香り★和栗のスプレッド!

d0018646_08263263.jpg
親戚のおばちゃんから送られて来た和栗で、渋皮煮を作っていたら、
途中でホロホロに崩れてしまったので、そのままスプレッドにすることにした。

少しのてん菜糖バター豆乳と、ラム酒!
ちょっと煮てからペーストにして、かなりテキトウな自己流の自家製デリシャス「和栗のスプレッド」!!

やさしい甘みラムの香りが、幸福の風味♥︎
むやみに食べてしまいそうな、いいのデーキターッ。

小瓶のフタには、マスキングテープで作った栗ステッカーを貼り付けて、ギフトにも最適。
ジャジャーン★★★★★完成!



⇒たいせつに作る、たいせつに食べる。:これまでの「米田米子 [comeda comeco food. & cafe.]」/⇒「自家製デリシャス」あれこれ



by makisaegusa | 2016-12-19 08:35 | comeda comeco.-米田米子 | Trackback | Comments(0)

旅行代行旅行組合 [act.88]:極寒の地の「ハフュッフェン子ちゃん」★まっ白な雪にダーーーイブ!

友だちから"今朝のダイアモンドダスト"動画が、フツーに送られて来るあたり・・・。
私の生活って、なんて贅沢なんだろうかと思えてならない、今日この頃。

そんなこんなで!
旅立つ者に、自らの旅の化身を託し、世界を股にかけた旅と、その代行を遊ぶ旅行代行旅行組合
[※ "旅の化身"とは、自分の代わりに旅をしてもらうキャラクターのこと。]

最新のリポートは、極寒北の大地に暮らすコショ)によるハフュッフェン子ちゃんの旅!
どっさり雪が降り、大ハシャギで歓喜のダーーーーーイブ!!!の図。(笑)
d0018646_18051688.jpg
さらさら
だから、べちょべちょにならないってのが、さすが北海道!
そして、完全に満足げなハフュ子の様子が、とってもナイス。

もうすっかりと真っ白に覆われている彼の地は、これから、ますますダイブし放題。
今後のダイビングセンスにも期待しつつ、寒さが極端に苦手な私は、
コショから送られて来る極寒ならではの絶景を、ぬくぬくとあったかい部屋で堪能するとしよう。ウフフ

ありがとう、寒々しいリポート!(←しっかり無礼。笑)
次回の雪まみれにも、期待しております。イヒ



⇒『旅行代行旅行組合』の旅アクション一覧

【旅の化身たちの活躍っぷり】
⇒「イカセンセン」(by maki+)/⇒「うさぎちゃん」(by maki+)/⇒「エチオピア子」(エチオピア)/⇒「カオスボーヤ」(ラオス)/⇒「ダルマちゃん」(日本)/⇒「トホホちゃん」(by maki+)
⇒「偽物ボブ」(ペルー)/⇒「ハフュッフェン子ちゃん」(by maki+)/⇒「ハフュッフェン・トリオ」(by maki+)/⇒「ボウヤくん」(日本・おじいちゃんの形見)/⇒「マーサー・ガーサー」(ラオス)/⇒「モンクさん」(ラオス)



by makisaegusa | 2016-12-17 00:00 | A.T.T.U.-旅行代行旅行組合 | Trackback | Comments(2)

生活感分布調査"帖":p.02-p.03「果物シール type_A」#8

生活圏で手に入る、いろんなシールから、自分の生活感を調査し、観察する遊び生活感分布調査
そして、「白い本」の一冊すべてを、私の生活感で埋め尽くすという野望を果たすべくスタートした十カ年超計画新プロジェクト「生活感分布調査"帖"」!

前回()計測より約2ヶ月を経た、果物シール type_A」第八弾!
(※「帖」2ページ目3ページ目にコレクション中。)
d0018646_11255112.jpg
2015年の春に収集を開始してから、かれこれ1年8ヶ月
変遷を一挙に眺めてみる()と、徐々に領土拡大していくシールたちの増殖感が、圧巻。

最新の貼り付けは、黄緑色の地帯のナイスキャラ2匹!
その日は特に必要なかったアボカドにくっついていたから、ジャケ買い(・・・とは言わないだろうけど!)の衝動と戦うはめになったという逸材(笑)
何か憶えがあると思ったら、かなりカビルンルンにソックリだった。

この色相ピンク黄緑あたりが、どう結ばれるのかが見所な雰囲気。
来年の春までには、きっと完成!
ワクワク★★★★★

グッドデザインのピンクやら黄緑シール、情報求むっ。イヒヒ



⇒「生活感分布調査"帖"」シリーズ
⇒「p.00-p.01「店シール type_A」」リスト/⇒「p.02-p.03「果物シール type_A 」」リスト

⇒「店シール」収集シリーズ/⇒ms:「生活感を表す単位」/⇒「生活感の色」まとめ/⇒これまでの『生活感分布調査


⇒人生芸術:「LIFETIME ART」シリーズ



by makisaegusa | 2016-12-15 12:15 | ms-生活感分布調査 | Trackback | Comments(0)

キヅキのダンジョン

d0018646_09073571.jpg
「道は、1つしかない」と思い込みがちな、自分の癖に気が付いたとき。
新生への鍵を、手にする。

「道は、1つしかない」と思い込ませる、社会の圧に気が付いたとき。
新章への扉が、開く。


⇒これまでの「写真とことば」/⇒「習性」の項/⇒「選択」の項


by makisaegusa | 2016-12-13 00:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

まいにちのお裁縫:おこさまのための「ヒョロながしましまうさぎちゃんマフラー」♥︎

私の暮らしの中で、日々生み出される作品のうち、ちょっとした「お裁縫」作品たちを紹介するまいにちのお裁縫』シリーズ

またまた登場の「おこさまのための」デザイン作品は、「うさぎマフラー」第二弾!
[★★★★★ お手本: 堀川 波さんの力の抜けたナイスな手芸の本『土曜日のお裁縫]

今回は、"ヒョロなが"なところに、やたらと親近感を禁じ得ない(笑)、ヒョロながしましまうさぎちゃん♥︎マフラー
ジャジャーン
d0018646_00220582.jpg
白とピンクのモコモコボディに、赤と水色ボタンの目。
裏地には、やさしい肌触りコットン。
この、だだ漏れのポンコツ臭絶妙のガッカリ感が、子ども心をワシヅカミすること間違いなし。 しめしめ★

寒ぅい季節のごきげんな仲間に、なんともピッタリ!
このうさぎちゃんも、また、友だちのところのハッピーなちびっ子プレゼントする予定。
ウズウズ♥︎待ち遠しーーーーいっ!!



⇒ちょっとした「おさいほう」あれこれ/⇒「まいにちのお裁縫」あれこれ/⇒コドモたちのためのデザイン「DESIGN for Kids」/⇒手縫いの「チクチク」シリーズ



by makisaegusa | 2016-12-11 01:01 | Sawing-お裁縫 | Trackback | Comments(0)

COLLAGE CARD #80 : ARRiGatoO!「アリガトー!」

コラージュ・カード最新作!

二部作完結
の今作は、マサイの戦士たちのしなやかな筋肉を堪能しつつの感謝のグリーティング。
エスパニョールの巻き舌っぽさを要求してくるクドさたっぷり、ダブル"R"の発音仕立て。(笑)
d0018646_21083106.jpg
d0018646_21215116.jpg
2016年お世話になった人々に送る、年末のカードに最適。
今年ピョーン!飛躍の一年であったことに、また来年がさらに飛躍の一年であるようにと祈りを込めて。

アリガトー!

ARRiGatoO!



⇒「コラージュ」作品一覧/⇒「コラージュ・カード」作品たち/⇒「Birthday GIFT」いろいろ/⇒「3D CARD」少々/⇒「GREETING CARD」作品いろいろ/⇒「MEMBER'S CARD」作品あれこれ


by makisaegusa | 2016-12-09 09:09 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(0)

ひとつの旅ひとつひとつの今日

d0018646_21421065.jpg
「昨日」という日を旅してこそ辿り着ける「今日」という日があって。
「今日」という日を旅してこそ辿り着ける「明日」という日がある。

ひとつ飛ばしも、ひとつ戻りもできない、その摂理のシンプルな美しさに、そっと想いを馳せるとき。
際立つ「今日」という一瞬の重みと輝かしさに、ただひたすらの有難さを覚えて。

生きて来たこと、生きていること、生きて行くこと。

描かれる軌跡の終わりない物語に、感涙やら、感心やら、感慨やら入り混じって。
長く静かに穏やかな息を、フゥーーーーーーーーッと、、、、、、ひとつ。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項/⇒「生きる」の項



by makisaegusa | 2016-12-07 07:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

或いは、或る日、或る所

d0018646_00055200.jpg
自然体で居られないのならば、そんな場所に長居は無用。

もはや、自分を偽り演じ
すぎて正体不明になっている場合、その限りではないけれど。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「居場所」の項/⇒「自然体」の項



by makisaegusa | 2016-12-05 05:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)