<   2015年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

【2015年→2016年】2冊目の『10年日記』を終え、3冊目に至る日々と記憶。

私には、幼い頃から、人生のすべてを記憶しておきたいという欲求があり。
だからといって、その容量には限界があるので、記憶の外付けハード的役割として、ずっと日記を付けている。

小学生の頃から、学校の宿題とは別に、もっと正直に想いを残す場として書き始めて以来、かれこれかれこれ・・・!
高校生の頃には、祖父が持っているのを見て、「ナニソレ欲しい!」ということで買ってもらった『10年日記』を採用。
このシンプルかつ感動的システムは、一日分たった4行でありながら、一ページが、10年分の「今日」という仕組みになっており、
例えば、左ページが、1月1日の10年分(4行×10年分)、右のページが、1月2日の10年分(4行×10年分)といった具合になっているので、
去年の、一昨年の、3年前の、、5年前の、、、、、10年前の「今日」、自分自身が何を思い、何を考え、何を行っていたのかが、一目瞭然。

それは、どんなに過去のことであっても、そこに書かれた数行のヒントを引き金として、当時のことを驚くほど思い出すことが出来るという、スンバラシイ逸材!
その日見た夢の記録から、その夢の内容を鮮明に蘇らせることすら、難もない。

私が自分に課している唯一のルールは、「正直であること」
社交辞令や理想的な意見や感想でなく、どんなに汚くても、暗くても、悪くても、嘘偽りない言葉で、感情を書き残すこと。
それは、自分の中のわだかまり具現化して整理する、ある意味、浄化のような作業なので。
日記に想いを解き放つことは、爽快な癒しであったりもする。
d0018646_734092.jpg
2015年12月31日に、2冊目を終え、2016年1月1日より、3冊目を封切る、我が『10年日記』

こうして、10年を振り返るたび痛感するのは、未来は常に未知と未定のカタマリで、だからこそ、不安に苛まれる要素だってなくはないけれど。
結局のところ、人は、それらを乗り越えて成長しながら進むものなんだなあということ。
過去は、なんだかんだで笑い話になるし、当時、巨大だと思っていた試練は、今となってみれば、小さな山

・・・ここから続く次の10年、私は、新たな日記帳に、一体どんな痕跡を残すのだろう。
その一冊を振り返るとき、私は、どんなふうに自分自身の軌跡を辿るのだろう。
そんな未知の未来が、とても頼もしくて、とても興味深い。

さて、イザ、新章!


⇒「トテモステキ」なものたち/⇒「日記」の項/⇒「maki+」についての数々/⇒「記憶」の項
by makisaegusa | 2015-12-31 00:00 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(2)

続・「吾輩は天使である」かもしれない、、、からなのか羽根がよく降ってくる件。

d0018646_23262596.jpg
「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ」の告白から、かれこれ一ヶ月。

仲間連中の仕業なのか(笑)、ここんとこ、羽根がよく降って来る。
なかなかに、エキサイティングでアァル。



【silhouettes】:⇒「「ファン」なる人材」/⇒「「翼ヲ授ケル」業」/⇒「「親の顔が見てみたい」と言われる光栄」/⇒「ブログ10周年★BLOG "maki+saegusa" 10th Anniv.!!」/⇒「虹色オーラの作品を生むヒト」/⇒「「スターピープルなの?」と訊かれるヒト」/⇒「「もはや、私、独立国家になりたい。」」/⇒「イケメン守護霊モーレツ求ム」/⇒「「吾輩は天使である」かもしれないキョウダイ

⇒「そんな日々」一覧/⇒「maki+」についての数々/⇒「正体」の項/⇒「」の項

⇒デザイン素材集「piece of Design Pop&Fun たのしい素材806点」/⇒「POP&FUN」あれこれ
by makisaegusa | 2015-12-29 00:00 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

生活感分布調査"帖":表紙「店シール type_B」#1。

生活圏で手に入る、いろんなシールから、自分の生活感を調査し、観察する遊び生活感分布調査
中でも、独自の単位「ms(ミセシール)を用いて、生活感の検証を試みるのが、店シール」収集癖シリーズ。

そして、「白い本」の一冊すべてを、私の生活感で埋め尽くすという野望を果たすべくスタートした十カ年超計画新プロジェクトが、生活感分布調査"帖"」!

これまでに発表したp.00-p.01「店シール type_A」」「p.02-p.03「果物シール type_A 」から遅れることしばらく、
既に、スタートを切っていた新たな「店シール」コレクションが、コチラ、、、『生活感分布調査"帖"』の表紙!!・・・・背表紙もアリ。
ジャジャーン!
d0018646_105623100.jpg
伊勢丹世界堂京王ユザワヤ」「OK、時折ナチュラルローソン
F&F生活の木
勢い止まらぬ「素麺」を除けば(笑)、ずいぶんと、私の生活感分布っぽい雰囲気が出ているデハナイカ。
オォ、ブラヴォ★★★☆★

この表紙から内側ページにも回り込んでいるシールたちがいるため、次の「店シール」シリーズも、実は既に、展開が始まっているというエンドレスっぷり。(笑)
一冊すべてを私の生活感で埋め尽くす日は、案外、早くやって来るかもしれないなあ、、、なんて妄想膨らませつつ、
来年も再来年も、そんなこんなの地味地道コレクションは終わらないのであった。
進化を続ける生活感的色相の変遷もオタノシミニッ。イヒヒ!



⇒「生活感分布調査"帖"」シリーズ/⇒「表紙「店シール type_B」」一覧

⇒「店シール」収集シリーズ/⇒ms:「生活感を表す単位」/⇒「生活感の色」まとめ/⇒これまでの『生活感分布調査


⇒人生芸術:「LIFETIME ART」シリーズ
by makisaegusa | 2015-12-26 00:00 | ms-生活感分布調査 | Trackback | Comments(4)

出会いの精度。

d0018646_23344939.jpg
出会いの"精度"を上げる一番の方法は、自分を偽るのをやめること。

たった、たった、たった、それだけ。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「出会い」の項/⇒「法則」の項
by makisaegusa | 2015-12-24 03:06 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ワクやぶり。

d0018646_22163397.jpg
思考であれ、行動であれ。
先に「枠」を意識して身構えるから、小さく硬く縮こまってしまう。

えてして。
状況を大きく前進させるのは、おおらかな、のびやかな、しなやかな閃きの躍動力。

「枠」について考えるのは、いったん飛び出してからくらいが、ちょうどいい。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「仕組み」の項/⇒「インスピレーション」の項
by makisaegusa | 2015-12-22 22:22 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

WAPPEN 27:『UFO乗る部』の部員ワッペン「UFOくん」3号。

新作『刺繍ワッペンは、宇宙規模にマイニチを遊ぶ愉快な活動、我がUFO乗る部キャラクター「UFOくん」(ユーフォくん)の第三弾!
その名も、「UFOくん」3号!!

※ ちなみに、「UFOくん」2号は、『UFO乗る部』の部員ワッペン「UFOくん」に続いて制作されるも、
完成するやいなや、撮影もせず、友だちへのプレゼントとして旅立ってしまったので、痕跡はナシ。(笑)
d0018646_2195163.jpg
さて。
改めて、ワッペンを見てみると、このカラーリング何かに似ている
なんだっけなあと、、、しばらく考え、「お、ウルトラマンだ!!」と、ピカリ!
しかし、いやいや、ウルトラ青いパーツはなかったはだ、、、と思い直し、再度、うーんうーん。
そして遂に、「あっ!!!ガンダムかーーーッ!!!!」・・・・の、現在、極めてスッキリ爽快。(笑)

結論:「UFOくん」3号は、ガンダムに似ている。


カクカクシカジカ。
このユーフォくん3号もまた、間もなく、「乗る部」部員のところに贈られる予定。
ベリーメリーシュイーーーーーーン!!



⇒「刺繍ワッペン」シリーズ/⇒「UFOくん」作品たち/⇒ちょっとした「おさいほう」/⇒手縫いの「チクチク」シリーズ
by makisaegusa | 2015-12-21 02:21 | Sawing-お裁縫 | Trackback | Comments(2)

『happy resin』からのスペシャル感謝ギフト作品:半日しか咲かない「亜麻の花」のブローチ。

先日の80番目のワラシベ)と一緒に、実は、私にも、happy resin(ハッピー・レジン)からスペシャルな贈答品が届いていた。

それは、半日しか花を咲かせないという亜麻(アマ)の花を、レジンでそのまま閉じ込めたホンモノブローチ作品!
スゴーイ★☆★☆★なんて贅沢、なんて貴重!
花びら淡い色彩が、可憐で上品。
嗚呼、美し、、、や。
d0018646_1361639.jpg
しかも、「あなたの親切に感謝します」という花言葉までもが、このギフトに込められているというから、サスガの心遣い。
・・・こちらこその、アリガタヤ。
なにはともあれ、デカシタ、私!過去の自分にめっちゃグッジョブ。(笑)

つくづく、ひしひし。
感謝巡る日々は、すごく滑らかで心地良い。
そんな、アリガタさを噛み締めながら、あったかな気持ちで、本日も巡り巡るグッドデイ



⇒「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私への贈り物たち:「GIFT to me」/⇒「」の項/⇒「happy resin」あれこれ
by makisaegusa | 2015-12-19 12:19 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

WA RA SHI BE 2010 : #80 "happy resin".

ブツブツの一期一会に歓喜する、私の物々交換遊び『WARASHIBE2010』!
いかなるものを手にしていようとも、あの世には、なぁんにも持ってけないという、この世の理までをも娯楽する、壮大なるプロジェクト。
「誰でも、人生に一度きり」を参加条件に、私が生きてる限り、ズンズン続く、人生まるごとの遊び企画!!

今回は、第80回の物々交換。
参加してくれたのは、私の従兄弟ヒロシが、夫婦で営むレジン(樹脂)のお店happy resin(ハッピー・レジン)!

前回、福岡のケンのお店ALPACA』(アルパカ)からやって来た、
79番目ワラシベ#79 "ALPACA" : Bag! Books!! Blocks!!! - バッグ! ブック!! ブロック!!!」は、こんな愉快なレジン作品に変化して戻って来た。
キラリーン!
d0018646_10311811.jpg
#80 "happy resin" : Resin Accessories - ピーナッツおじさん + お花ブローチ!

人気キャラ「ピーナッツおじさん」のネックレスと、ホンモノの花を閉じ込めた「お花のブローチ」!
作家である奥さんナッちゃんのごきげんな作品たち。
手作りのあたたかみが、ステキ。

それでは、"happy resin"を代表して、ヒロシからのメッセージをドウゾ。

ワラシベ81番様

はじめまして。以前は個人で、今回はお店でワラシベに参加させて頂きました。
全国でも珍しい樹脂(レジン)雑貨店(happy resin)を夫婦で営んでおります。
特徴的な二つの贈りものをしたいと思います。
一つは当店人気のピーナッツおじさん!!
本物のピーナッツを使用したアクセサリーで、こちらは新作の温度が高くなると本来の姿をあらわすというスグレものです。
色々なところにおじさんを連れて行って下さい。おじさんはきっと喜びます。
もう一つは、本物のお花を着色・乾燥させレジンコーティングしたブローチです。
クリスマスにぴったりなアクセサリーです。
自分用にまた大切な人へのプレゼントにお使い下さい。 from ワラシベ80番

ヒロシ&ナッちゃん、アリガトーウ!!

・・・確かに!
オモシロジェントルなピーナッツおじさんと一緒にアッチコッチ、、、♥
いろんな場所で旅行代行旅行組合みたく撮影すれば、ますますも楽しそう。
お花ブローチも、着用してれば、さらにカンペキ!(笑)

そんな、ハッピーな旅をする、次のワラシベ参加者は誰なのか??
さてさて、このワラシベ、次は、一体世界のドコへやら?!
参加者希望は、いつでもヨウコソ。
次回の変化にも、ゼヒゼヒ★ワクワクご期待を!!



⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒参加者に送られるカード:"参加証明書" 兼 "未来のワラシベ展への招待状"「"WA RA SHI BE 2010"トランプカード:♣W
⇒いままでの「わらしべ」変化全編:『WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2015-12-18 12:18 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(0)

「難しい」のカフカ。

d0018646_23115235.jpg
そこに、「可能」を見るか「不可能」を見るかは、自由だけれど。

「難しい」という言葉は、一度だって「不可能」を意味したことなんてない。

断言できる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「可能性」の項/⇒「言葉」の項
by makisaegusa | 2015-12-16 20:24 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

耳を澄まして音を観る。

d0018646_20122924.jpg
外界からの騒音や、他人からの雑音に掻き乱されて。
内界が濁って淀んで、本心の音色を見失ってしまったときは。
心の中に、重ね重ね積もり積もった「べきこと」のクリーニングから始めるといい。

立ち止まって、耳を澄まし、音を観る。

生来、すべての叡智と指針は、あなたの中に織り込まれているから。
不安がることはない。
どんなに多くの「べき」を取っ払ったって、あなたは消えて無くなったりしないのだから。

精神を鎮め、意識を尖らせて。
最後に響くひとつの音を、丁寧に拾い上げる。

それが、あなたの真実の想い。
それこそが、未来への標。



⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「本心」の項/⇒「音色」の項
by makisaegusa | 2015-12-15 18:21 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)