<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ラオスの旅:#16 「精霊人形」の天才的作家★おばちゃんパリィ。

旅に出る理由なんてのは、“くだらない”くらいで、ちょうどいい。

私が、ラオスに行くと言ったとき、興味津々に「なんでラオス?」と尋ねた友だちへの、私の返答は、こうだった。

「めちゃくちゃヘンテコで、めちゃくちゃイイ感じの人形を作る、おばちゃんに会いたいから!」

旅に出ようと決めたとき、旅の友 ヒサミ (husica)と私は、自分たちにとっての未踏の地から、目的地を選び出すことにした。
すべての大陸、すべての国、すべての文化・・・。地球上のどこか!どこでも!

そして、そんな贅沢に悩める日々の最中。
遂に、「すごい人形作るおばちゃんを、ラオスに発見した!」と、ヒサミから歓喜の朗報!
その姿を確認した私は、すぐさま、合意。
「じゃ、ラオス行こう!」
こうして最終的に、目的地は、えらくカンタンに決定されたのだった。ニヤリ★

ラオスに関する情報と言えば、かつて、世界史で勉強したこと以外、皆無に近かったけど。
旅は、時と天の導くままに。
「今」を分かち合いたい旅の友が一緒ならば、愉しくならないはずがない!

つまり、たまたま、会いたいおばちゃんが、とある町(ルアンパバーン)のナイトマーケットに出店していて。
たまたま、その町が、世界遺産都市で。
たまたま、その国が、魅惑的文化を誇るラオスだった、、、ってな具合。

よって、ここまでのラオスの旅フォトアルバム第15弾までは、全て「序章」であったと思ってもらって、差し支えナシ!(笑)

やっと本題 、第16弾は、『「精霊人形」の天才的作家★おばちゃんパリィ』!!
いざ、シーサワンウォン通りナイトマーケットへ!
d0018646_1474596.jpg
1. マーケットでは、少数民族の雑貨や、アクセサリーエスニックフード露店が、所狭しと道いっぱいに並び、歩くだけで、ワクワク愉しい!
このカラフルで、かわいらしい作品は「刺繍ブック」
いろんな国の言語で刺繍してあって、ストーリー仕立てのものや、ことば辞典みたいなものなど、色々。
ちょっとザンネンなとこも含め、とにかく、風合いが味わい深くて、全部欲しくなる!
特に、正体不明のキャラクターなんかに、心臓ワシヅカミされがち。

d0018646_1475098.jpg
2. ギャ!ラオスのなまはげー?!?!?
日本と、何らかの文化的繋がりを連想させる、その風貌。どうやら、お祭りで登場する神様っぽいものらしい。

d0018646_1474541.jpg
3. ヤヤヤッ!!!!この奇怪な人形はーーーーーー!!!!!!そう、これ、これだーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
数あるお店の中から、とうとう、おばちゃんのお店を発見し、喜びに震える旅人二人。
何と言う・・・、何とも言えぬ・・・、何かしらの存在感!!!(笑)

d0018646_1474627.jpg
4. 会えたーーーーーー!!!天才的に、奇抜で、素敵で、独特の「精霊人形」作品を生み出す、おばちゃん。
ガイドブック片手に、ラオス語で名前を尋ねると「パリィ」と教えてくれた。
欧米訛りの英語より、アジア訛りの英語の方が、東南アジアの旅では、断然通じることを体得している私たち。
でも、もうこの際、ニホンゴ!(笑)
しかも、案外、しっかり通じてしまうから、オモシロい。
「おばちゃんに会いたくって、やって来ました!」と自己紹介してから、超個性的な作品たちを拝見。スペシャル嬉々!
お店を開いている最中も、チクチクと新作を制作していた、おばちゃん。
写真は、「それ、どうやって縫ってんのー?」(ニホンゴ)と尋ねたら、「こんな風にねっ!」て、見せてくれたところ。

d0018646_1481713.jpg
5. 山岳民族の衣裳を着た、人形たち。
何かに、二人乗りしているところ。厳密には、三人乗り!
細かい細工も、ひとつひとつが、丁寧な手仕事だと思うと、ますます愛おしい。
赤ちゃんを抱いているのは、「ママー」と、英語で教えてくれたので、
「じゃあ、ラオス語では、どう言うの?」って聞いたら、「マーサー」か、「ガーサー」のどっちかだと教えてくれた。
二つのうちの一方は、「パパ」の意味なのに、私が、どっちがどっちなのか忘れてしまった、、、という始末。なんたる、悔しさ!(笑)

d0018646_1474786.jpg
6. 停電中。ときどき、マーケットは、停電したりもするけれど、みんな、そんなの気にしない。

d0018646_1474744.jpg
7. サカナっぽいやつのむこうに、・・・ハッ!!!今思えば、これが、運命的遭遇だったのか。
後に、マーサー・ガーサーと呼ばれることになる、我が旅の化身との出会いの瞬間。(笑)

d0018646_1474710.jpg
8. 驚愕のセンス、圧巻のイマジネーション!
全部が全部、衝撃的にスンバラシ過ぎて、どれにしようか迷って、困って、とりあえず、並べてみた。

d0018646_1474828.jpg
9. 「ネコは、こうやって立てるよーっ。」と、おばちゃん。この表情が、またもや、どうにもこうにも神業!!
中には、ぎっしり綿が詰まっているから、しっかり立つ。
彼女の作品は、乗り物になる動物(下)と、乗る人形(上)が、一対になっていて、
組み合わせは自在だけれど、やはり、こだわりがあるのか、
私たちが、「これと、これはどう?」と、やって見せると、「うーん、こっちのがいい。」と直されたりすることも、しばしば。(笑)

d0018646_1474956.jpg
10. 片言のラオス語と、世界で、唯一無二の作品たち。一緒に、絶品のごきげんな時間を堪能した。
人柄も、纏う空気も、とても穏やかで魅力的だった、おばちゃんパリィ。いい笑顔!

d0018646_1475023.jpg
11. このモジャモジャモジャーーーー!!
何かに似てると、ずっと感じていた、その答えが、やっと今、分かった!
キダタローーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

d0018646_147518.jpg
12. 超絶なマインドトラベルを終えた心地で、宿に戻り、ジャジャーンと記念撮影。「精霊人形オールスターズ」

d0018646_1475178.jpg
13. クール!牛に乗る「マーサー・ガーサー」。(※ 但し、この時、彼の名前は、まだ無い。)


そんなこんなで、私たちは、大量の「精霊人形」を買い占め、満足げに、帰路についた。
まさか、そんな我々の仕業により、おばちゃんが、翌日、店を休むことになろうとは、つゆ知らず・・・。(笑)

ナンテコッタ!!!・・・続。



⇒「ラオスの旅:#00 始動
⇒「ラオスの旅:#01 家族の肖像
⇒「ラオスの旅:#02 Flight = ナリタ(日) → ハノイ(越) → ルアンパバーン(老)
⇒「ラオスの旅:#03 遥かなる朝市への道 - 壱. 近所のワット
⇒「ラオスの旅:#04 遥かなる朝市への道 - 弐. スゴキャラ図鑑
⇒「ラオスの旅:#05 遥かなる朝市への道 - 参. エキセントリック「ミノムシ」と「アリ」の観察
⇒「ラオスの旅:#06 遥かなる朝市への道 - 肆. まんまんちゃんあん
⇒「ラオスの旅:#07 遥かなる朝市への道 - 伍. みんなの朝
⇒「ラオスの旅:#08 「朝市」ギャフン三昧
⇒「ラオスの旅:#09 「朝市」モグモグ
⇒「ラオスの旅:#10 グッド「ハロー」・グッド「シーン」・グッド「ミール」
⇒「ラオスの旅:#11 小学校前の「アイスキャンディーやさん」と「パートタイムふた係」
⇒「ラオスの旅:#12 街角の小坊主さんたち
⇒「ラオスの旅:#13 「ワット・シェントーン」のおっちゃん★オンステージ
⇒「ラオスの旅:#14 「ワット・シェントーン」赤堂と本堂のモザイク画
⇒「ラオスの旅:#15 『ワット・シェントーン』スゴ屋根「本堂」と、金ピカ「霊柩車庫」

⇒「」の項/⇒「ALBUM」シリーズ/⇒「ラオス - Laos」の旅あれこれ

⇒「laos」by hisami (husica)
by makisaegusa | 2013-08-31 01:49 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(6)

魅惑の異国味:パレスチナから来たハーブミックス「ZA'ATAR : ザータル」。

私への誕生日プレゼントに、アキチャンから、珍しいものが届いた。ヤッター☆

それは、「ザータル」と呼ばれるハーブを乾燥させて、すり潰し、
シューマック(酸味のあるハーブの一種)、ゴマ、塩なんかを混ぜ合わせた、パレスチナハーブミックス
d0018646_1324918.jpg
[Photo: ゾウと、ザータルの山。未知との遭遇。hi!]

ふかふかした見た目は、モグサみたい。
匂いは、エンピツの芯みたい。 ←野生のタイムが、ザータルの正体と知り、納得!(笑)

世界に、私の知らない味が、まだまだ、たくさん潜んでいることに、改めて感激。
この魅惑のハーブミックスは、オリーブオイルと一緒に、パンにつけると、スゴく美味!
次は、どうやって味わおうかしらと、ワクワク考え中。

異国の風味は、まだ見ぬ国に想いを馳せるのに、ぴったり。
嗚呼、パレスチナ、いつか、行ってみたいなぁ。
アリガトウ、アキチャン!



⇒「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私がもらったもの:「GIFT to me」/⇒「Birthday GIFT」あれこれ
by makisaegusa | 2013-08-30 19:15 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(0)

ハフュッフェン社の生誕祝福ギフト:生まれたときの赤ちゃんサイズ「ハフュッフェンくん」ひより号。

子どもの人生最初の友だちを、ハフュッフェンくんにしてしまおうという、
ハフュッフェン社の平和な虎視眈々プロジェクト、「はじめての友だちハフュッフェン化計画」

さすがに、生まれてから半年も経ってしまったため、苦々しくも、一等の座は、何者かに奪われてしまったけれど、
それでもやっぱり、人生の始まりには、楽しい仲間と一緒が、イイに決まっているのダ!!

・・・というわけで、コラージュカード「新日々!」と共に、贈答すべく、
従姉妹チエ誕生日ギフトとして、愛娘ひより生誕祝いギフトの「巨大ハフュッフェンくん」を制作。

つまり、生まれたての赤ちゃんサイズ★50センチ!

チエと私は、同じく、かの奇才「とよ子」の孫であるため、
目のパーツには、おばあちゃんから譲り受けた、アンティークのボタンを使用!
ワオ、スペシャル!!!

お腹に、ひよりの名前と、生誕日を刺繍して、エッヘン完成!
d0018646_17141282.jpg
発送してから、ワクワクしつつ、到着の知らせを待っていたら、キュートなおひるね写真が送られて来た!
なんて、仲良し風。(笑)

どうやら、ひよりは、既に、1.1ハフュッフェンくらいに成長した模様。
これからも、ごきげんにスクスク大きくなりますようにっ。
そして、一生、私を敬いますように。ウヒャヒャー!!(笑)

チエ、ひより、お誕生日オメデトウ。
成長の記録用として、遊び友だちとして、ぜひ、ハフュと新日々をエンジョイ!


082 Hafüffën "Baby size at Birth" Hiyori ver.!
Dearest : Hiyori & Chie
Embroidery : ひより / :-)2013.2.27
BIRTHDAY : Celebrating for 27-Feb-2013 : Hiyori's BD / 22-Aug-2013 : Chie's BD
Label : Hafüffën Mummy



⇒いままでの『ハブ式会社ハフュッフェン社』プロダクツ/⇒いままでのハフュッフェン人形/⇒What's Hafüffën?「ハフュッフェンとは?

⇒「ハフュッフェン・マミー」作品一覧/⇒「生誕祝い」作品たち
by makisaegusa | 2013-08-29 00:58 | Hafüffën-ハフュッフェン社 | Trackback | Comments(0)

クサラヌセイメイ。

d0018646_2321653.jpg
正しく育てられた、有機野菜たちが、枯れはすれど、腐ることがないように。

私たち人間も、過剰な養分に、甘やかされず、過剰な薬物に、毒されることなく生きるなら。
干涸びることがあろうとも、腐ってくたばることはない。

新鮮な水で、体内を満たせれば、きっと、また、心潤わせることが出来る。
内部から溢れる、しなやかで力強い生命力が、自らに、さらに強く生きる力を与えてくれる。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「生命」の項/⇒「」の項
by makisaegusa | 2013-08-28 23:19 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

おばあちゃん學枝:ご長寿匠芸術「マキがくれたネコのふくろ、あめちゃん入れ・拾点」。

我が家の痛快おばあちゃん、「とよ子のボケ防止のために創設された、おばあちゃん學枝

本人による採点で、辛くも50点だったトホホちゃんの似顔絵に続き、今作も、似顔絵が課題。
モデルは、私が、お土産であげた「飴ちゃん入れのネコ巾着袋」!

どんなことになったのかと言えば・・・、前回を凌ぐ、渋い点数!ギャ!!
謎めく、採点基準が、いとをかし。
d0018646_8243481.jpg
ジャジャーーーーン!!!
点数は、・・・・・「拾点」!!!

エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?!?

数々の偉業(例:⇒「大躍進モーレツご長寿絵画ショウ」)を残し、ここへ来て、斯くの如き、酷い点数!・・・10点てっ!!!
果たして、とよ子は、いかなる境地に、至ろうというのだろうか・・・。(笑)
d0018646_0204793.jpg
「マキがくれたネコのふくろ、あめちゃん入れ」とよ子 拾点


絵の周辺に、ポツポツ、テンテンが散らばっているのは、
袋の現物を、紙の上に置いて、点で目印を付けてから、絵を描く手法が原因。
さすがの頭脳!スマート★スマート!!

そんなこんなで、我が家の画伯・・・・。
抜群に悲観的で、鬱々とした思考の持ち主ながら、自分には、とことん甘く、何事も、他人任せ。
「陰も極まれば、陽に転ずる」の理の如く、驚くほど後ろ向きに、かつ、独特に愉快な生き様をみせる、そんな、おばあちゃんが、
唯一、自分への厳しさを見せるのが、どうやら、似顔絵への自己採点ということらしい。(笑)

さて、次回作には、一体、何点が付けられるのか。
なんなら、点数はあるのか?
次なる、「とよ子の流儀」を心待ちにするとしよう。ワクワク、イヒヒ!



⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子と似顔絵」作品集/⇒これまでの「とよ子」の仕業いろいろ
by makisaegusa | 2013-08-27 20:56 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(6)

進行する過去の浸食。

d0018646_3303981.jpg
「過去形」で、語ることの出来る過去は、
終焉の見えない、「進行形」の過去よりも、ずっと、収まりがいい。

未だ、過去形にすることなど、到底、叶うはずもない、「3.11」に始まる世界の惨禍。
その、進み行く様を、目の当たりにしながら。
終わらないことの残酷さを、痛切に、思い知る。

進行する“過去”が、“現在”を浸食して。
描くべき“未来”に、濁色を混じらせている。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「過去」の項/⇒「3.11」の項
by makisaegusa | 2013-08-26 20:50 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

奪回のルート。

d0018646_033978.jpg
何かになろうとするよりも、先ず。
自分を取り戻すことから、始めること。

私たちは、大人になるにつれ。
どんどん、本来の自分から、遠ざかってきがちだから。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「自分」の項/⇒「」の項
by makisaegusa | 2013-08-25 22:30 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

COLLAGE CARD #5: NeW dAyS!「新日々!」。

数多い、8月生まれ仲間の一人で、
私の誕生日から、ちょうど一週間遅れの8月22日に、その日を迎えた、従姉妹チエに贈る、コラージュ・カードを制作。

デザインカッターの切れ味が、痛快に鋭利で、私の機嫌も、絶好調にシャキーン!(笑)
d0018646_1922425.jpg
枝影に潜む、ナナフシよろしく、には、白猫を忍ばせ、
日本画ので、そこはかとなく、花鳥風月的ニュアンスを加えつつ、
縁起の良い黒豆と、大根の桜という、和食を織り交ぜ仕上げたのが、今作の面白さ。

謹賀新日。
オメデトウ、新しい毎日!

CHie * NeW dAyS! 20130822



⇒「コラージュ」作品一覧/⇒「コラージュ・カード」作品たち/⇒「Birthday GIFT」いろいろ

⇒Special Edition:『「弟ダイチ誕生日祝いのコラージュカード」- とよ子止まらぬ勢い ver. -
⇒1.「COLLAGE CARD: hApP¥BiRThDay「誕生日祝いのコラージュカード」
⇒2.「COLLAGE CARD: pAra ti「あなたへ」
⇒3.「COLLAGE CARD: YES!「イひげエス!」
⇒4.「COLLAGE CARD: haPPY NEw YogHurT YEAr!!「謹賀ヨーグル新年!」
by makisaegusa | 2013-08-24 18:55 | Collage-コラージュ | Trackback | Comments(3)

呼吸と食事と表現。

d0018646_1727017.jpg
それには、苦もなく、難もない。
私にとっては、「呼吸」と同じく、生きるために、不可欠な行為であって。
私にとっては、「食事」と同じく、方法を学ぶべき対象でもない。

それは、抑えがたい衝動で。
強要される類いのものでは、ないが故に、疲労や退屈とは、永遠に無縁。

それこそが、私の、絶えることなき創作の源、表現の理。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒質疑への「回答」集/⇒「表現」の項
by makisaegusa | 2013-08-23 13:07 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(5)

おばあちゃん學枝:とよ子と謎の「白ビール」。

日々、「息する仕事」に勤しみ、毎晩のビールを獲得する、勤労老人、我が家のおばあちゃん「とよ子」!

ビールらしきものには、ただならぬ執着を発揮し、他人が、飲んでいるものにまで、興味津々。
この日も、父の飲む炭酸水を見付けて、キラリ★ジロリ★ギラリ。

とよ子:「それ、何〜??」

キタキタ!と面白がって・・・父:「白ビールや。」

早速、グラスを差し出しつつ・・・とよ子:「ちょっと、入れてか〜♬」
d0018646_1144554.jpg
[Photo: 昼寝の寝癖も、気にしない。新種の「白ビール」をゴクゴク、ゴクゴク☆とよ子!]


とよ子:「ほんまや、ビールやーっ!」


どうやら、炭酸の“のどごし”は、すべて、「ビール」に分類されるらしき、とよ子式ビール認識法。(笑)
そいつぁ、めでたい、おばあちゃん!
謎の「白ビール」との、至福の夜。
この世の未知は、幾つになっても、まだまだ、尽きないのであった。グレイト!



⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒「とよ子の流儀」あれこれ/⇒「とよ子とビール」一覧/⇒これまでの「とよ子」の仕業いろいろ
by makisaegusa | 2013-08-22 11:44 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(0)