<   2012年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2012年の章。

d0018646_23263650.jpg
これほどまでに、実感のない年越しを前に。
これほどまでに、鋭利な感覚と共に在り続けた年は、過去になかったかもしれないと、回顧する。

まるで、時と時の狭間までを、旅したかの如き余韻の漂う、一年分の体感は。
私が、さらに多くの気付きを得たことの、確かな証拠。

嘘偽りなく、自らの直感と信念に従い、進み行く道の上には。
整えられた、世界の法則が、美しく折り重なり、極めて、シンプルに行く末を照らしてくれる。
宇宙の摂理までをも、呼吸に取り込んだとき、吐き出される言霊は、また、自らを導く力を秘めている。

全細胞から、全宇宙へ向けて、万物への感謝を込めて。
この一年に、結び、繋がり合えた、同志と呼ぶに相応しい、すべての人々との出会いに、歓喜を込めて。

除夜の音色に、溶ける夜。

いかに厳しい時代が到来しようとも。
挑み乗り越える勇敢さを、揺るぎない信念を、真実を見抜く目を。
何よりも、大切なものを守り抜く、逞しさを。
誰もが、失わぬように。

来たる年への、強い祈念を胸に。
私は、また、自らの研ぎ澄まされた感覚と、対峙する。

たとえ、断片であっても、希望と呼べるものを、多くに届けられるよう。
どんな闇でも、光を見失わない決意を、此処に。
私は、私に与えられた使命を、真摯に、全うすべく、新たな一歩を踏み出すことにしよう。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「大晦日」の項
by makisaegusa | 2012-12-31 23:13 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

旅行代行旅行組合 [act.12]:「偽ボブ」のウマキラパンダ香港の旅。

旅立つ者に、自らの「旅の化身」を託し、世界を股にかけた旅と、その代行を遊ぶ旅行代行旅行組合
(※ "旅の化身"とは、自分の代わりに旅をしてもらうキャラクターのこと。)

2012年、年の瀬も瀬に、お届けするのは、今年最後の旅リポート!

旅人は、「ダルマちゃん」をロンドンにも連れて行ってくれた、ミドリちゃん![London Albums: ⇒1,⇒2,⇒3,⇒4]
旅先は、香港マカオ
私が、旅人に託した、旅の化身は、ペルー生まれの偽物ボブ

私が、日本で、慌ただしい日々を過ごしていた頃、異国の地で繰り広げられていた、陽気な旅。
臨場感たっぷりのフォトアルバムで、私も、旅に出ることにしよう。レッツ・ゴー♪

[photos: retouched by LOMO!!] 画像:クリックで拡大! - オレンジ文字は、ミドリちゃんによる、小コメント。
d0018646_22552821.jpg
[1]. 機内食での定位置は、コップの中。イッテキマース! - ANA機内食。当分日本食とはさようならよー
[2]. 夜の町をバスで、ビュビューン!"吉牛"を見付けた瞬間。 - 2階建てバスより吉野家発見!
[3]. ウマウマウーマー!本格飲茶に、ジュルリよだれで、ごきげんなボブ。 - 本場の飲茶。食べ過ぎるくらい美味しい!!
[4]. おはよう、あさごはん - 英語も通じず必死に頼んだ朝食約220円(安)
[5]. キラキラリーンの輝く夜景!うわーーーあ。 - 香港の夜景
[6]. 山しかなさげなのにオーシャンパークってとこらしい。オッモシローイ! - オーシャンパークへ到着!動物園、遊園地、水族館の複合施設なり。
[7+8]. パンダ、パンダ、パンダ!!! - パンダ!パンダ!!パンダ!近い〜。
[9]. ぐったりパンダは、どうやらお昼寝中。グーグー。ボブ、にんまり! - パンダは、お腹がいっぱいになったらすぐ寝る!
[10+11]. とっても広いパーク内を、ロープウェーで大移動。ウッヒャー! - 高所恐怖症で、、、ガクガク
[12]. デラックスなティータイムだって、満喫っ! - グランドハイアットのアフタヌンティー、アイス食べ放題+生演奏付!

なんて、なんて、なぁんて、楽しげな風景の数々!!
続く旅路には、一体、何が待っているのか?!
風の便りによると、ボブのちぎれかけ足のオペも行われたというから、ハラハラ、ドキドキ。

そして、来たる年には、旅の化身たちが、世界のどんな場所を旅するのやら、、、想像するだけで、また嬉しい。
続編、マカオの旅リポートも、お楽しみに。
組合員登録も、お気軽にドウゾ。(笑)



⇒『旅行代行旅行組合』の旅アクション一覧/⇒「偽物ボブ」の活躍あれこれ/⇒いろんな日々を、いろいろ遊ぶ:「まいにち遊び」カテゴリー
by makisaegusa | 2012-12-30 23:58 | A.T.T.U.-旅行代行旅行組合 | Trackback | Comments(0)

おばあちゃん學枝 :ザ・とよ子書簡「マキの御友達の皆さんへ」。

すっかり、有名人になった、我が家の痛快おばあちゃん「とよ子

近頃では、私に、「おばあちゃん、元気?」と尋ねる、友だちも多数出現。
そこで、現在、年末年始の帰省中の私は、おばあちゃんに、みんなへの感謝の手紙を依頼してみることにした。

こうして、出来上がったのが、こちらの『ザ・とよ子書簡』!!
ジャジャーン!

[※ 用紙を半分に折って書いたため、左右が逆仕様。左が、先で、右が、後。]
d0018646_1981654.jpg
「毎日、ビールを飲んで元気ですよって書けば??」と、提案する私に対し、
「うん、そうしよか。」と言いつつも、やはり、ビール飲みであることは、極力みんなに知られたくない、おばあちゃん。

そんなこんなで、ビールのことを書かないように、ズルズル先延ばしにしたせいなのか、
やたらと無難で、"心此処にあらず"な前置きの手紙になってしまった。(笑)
しかし、自画像に関しては、完成後に、要らない線を加えすぎて、少々、目つきが不審になったとは言え、
その達筆さと画力には、さすがと言わざるを得ない、匠っぷりを発揮。


『マキの御友達の皆さんへ

何時もマキがお世話になっています
有難うございます。
お世話になっても、何もあげるものなくてわるいと思っています
一度位皆様に嬉しいと思って頂きたいと思っています
毎日一度はビールをよばれていますので 皆様と一緒によばれる日を楽しみにしています
体には充分気付けてね
きたない字ですみません

又 何かあれば 一度位送ります待ってヽね
さようなら

とよこ』



特に注意すべきは、「送ります」の意味するところが、十中八九、「金銭的な何か」であろうと予測される点。
私の友だちが、うちに遊びに来ようものなら、隙あらば、「こづかい」を渡そうとする、抜け目ない巧妙さと、
孫が、断ろうものなら、「あんた、お金嫌いか?」の必殺文句を放つまでの強引さで、広く知られる、我が家のご長寿。(笑)
真意を読み解くほどに、なんとも「とよ子」的だと思えてならない内容の、秀作書簡!

かくかくしかじか。
おばあちゃんは、相変わらず、炸裂、元気に暮らしております。
ひたすら自分に甘く、極力楽をして暮らしたいと願う、悲観の達人「とよ子」の、新年の活躍もお楽しみに。

みんな、いつも、お気遣いをありがとう。
おばあちゃん、元気でいてくれて、ありがとう。

おばあちゃん學枝、春の遠足は、「京都に舞妓さん体験をしに行く」を企画。
どうなることやら、こちらも、乞うご期待!



⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」の仕業いろいろ/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ/⇒「とよ子と手紙」の項
by makisaegusa | 2012-12-29 23:47 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(9)

第十一回報告:果物シール収集癖 + 「新」シリーズ収集スタート済み報告。

比較的安価で、色彩豊富な「アボカド」のシール。
そんな、アボカドの、アボカドの、アボカドの力だけは、借りたくなかったが!!!
背に腹は変えられぬッ、、、2012年大晦日手前の頃合い。(笑)

生活圏で手に入るシールから、自分の生活感を調査しようという遊び生活感分布調査の、
果物シール部門果物シール収集癖シリーズが、前回の「第十回報告」より3ヶ月、開始から数えると、約4年の歳月を経て、
遂に、遂に、遂に、全スペースを埋め尽くしたーーーーーー!!!!!

うわーーーーーーーーぁ★★★☆★ゴーーージャーーーース!!!!
d0018646_1435245.jpg
地味に、地道に、重ねられたシールたちのドラマ!!
なあんて、愉しげ!!
嗚呼、とうとう、終わってしまうのかぁ・・・と、閉幕の名残惜しさも、"ひとしお"かと思いきや、
実は、スケッチブックの向かいのページで、既に、開始していた「新」シリーズの存在が、次のワクワクを醸し出し中。グフフ
d0018646_21672.jpg
次は、一体、どれくらいの年月を要するのやら!?
見開きで、色相調のシールページを眺める、ごきげんなある日を想像するだけで、とっても、幸せな気分。

こっそりと応援してくれていた、ファンの皆様には、ありがとうを。
シリーズ終了を悲しむ涙を拭いて、新作にも、ご声援・ご協力を、ドウゾお頼もうします。いひひ

ヤッターーーーーーーーアーーーーァ!!!!!



⇒これまでの経過観察:「果物シール収集癖」一覧/⇒これまでの『生活感分布調査
by makisaegusa | 2012-12-28 01:40 | ms-生活感分布調査 | Trackback | Comments(2)

逸材各位。

d0018646_232380.jpg
新たな領域へ、先陣切って、挑むなら。

誰よりも先に、誰も知らない光景を、目にする代償として。
誰よりも、痛く頬を切るような鋭い風にも、立ち向かわねばならない。
誰よりも、踏み固められていない道のりを、どんなに体勢を崩してでも、歩んで行かねばならない。

それを果たすことこそが、与えられた使命。
後に、続く者たちのために。

斯様な試練をも、乗り越える才があるからこそ、選ばれし「あなた」という逸材。

決して、諦めることなかれ。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「使命」の項
by makisaegusa | 2012-12-27 23:01 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

イメージの生命力。

d0018646_3224916.jpg
イメージの生命力を、侮(あなど)ってはならない。

好きも嫌いも、良いも悪いも、人間の感情などには、一切関せず。
それは、即座に、現実となる。

一秒前の過去に、想い描いたことが、一秒後の未来に再現されることなど、もはや、珍しくもない。

昨今、極めて顕著に現れる、その法則は、こちらが、怯(ひる)むほどに、明確で。
イメージが、具現化されるまでの距離は、圧倒的な加速度で、縮まり続け。
私の脳内と現実とを、驚くほど直結させている。

誕生した瞬間から、呼吸を始めるイメージの波動は、世界の隅々にまで伝わり、響き渡って。
ヴィジュアライズに向かい、呼応し合い、連動して走り出す。

それこそが、イメージの粒子に内在する、世界を変える、計り知れない力。

未来のヴィジョン。
それは、必ず、現実を呼び寄せる。

だからこそ。

イメージ。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「法則」の項
by makisaegusa | 2012-12-26 23:02 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

120兆メリーメリーの会★「セーーーブッ」なラオス・ナイト!!

今年のメリーの会は、旅を思い出して、ラオス風に開催!
私も、山岳民族の刺繍のストールを、グルリと首に巻きつけ、ラオス仕様で、ウキウキごきげんに参加。

そんなこんなで、60兆個のカラダ全細胞が喜ぶ瞬間を探検する、PROJECT "60000000000000 cells happiness" プレゼンツ、
2012年最後のデリシャス会は、メリーメリー★ラオス・ナイト!!
d0018646_1133563.jpg
やっぱり、主役は、ヒサミ (husica)の実家ピイスフウドから届いた、愛媛の幸せな、たっぷり野菜たち!

『セーーーーーブ!!』(ラオス語で、"美味しい"の意。)

うん、なんか、こういう雰囲気の料理、現地で見た気がする。スゴーイ!!
★★★★★
そして、竹で編んだ「ティップ・カオ」という"おひつ"に入っているのは、もち米「カオ・ニャオ」!!
おぉ、いかにも、それっぽい。
手で軽く握って頂くのが、ラオス流、、、、だけど、日本のお米だと、ベチャっとしていて、食べづらい。・・・のが、これまた楽し!

私は、例の逸材「ブラツイゴマ油」を、ドドーンと入れて作った、「アジアの太陽味のお芋パウンドケーキ」を持参!
飾り用には、ルアンパバーンのかわいいおばちゃんの作った、ナイスでキュートな「精霊人形」や、
ベーキングパウダー缶入りの手作り「みつろうキャンドル」を、もちろん、忘れずにッ。
ちなみに、写真のフワフワちっこい2匹のクマは、ヒサミが、実家産の天然コットンで作ったもの。かわいい!

グルグル巡る会話は、相変わらず、アハハと、フムフムに満ちて。
アイディアと、イメージと、思考と、思案。
細胞から、自分から、地球から、宇宙から、過去から、未来から、ずっとずっと、どこまでも途切れず、広がってって。
やたらめったら、愉快で、心地良かった。

世の中の瞬発的"メリーぽさ"には、何の親しみもないけれど、本当にメリーなことって、すごく近くに、いつでも在る。
嗚呼、つくづく、、、、、メリー!

それでは、いざ、大いなる晦日へ向けて。
(ま、その実感すら、あんまりないんだけども。笑)

極寒の時季、どうか、皆様、頭寒足熱で、寒風や、風邪などに、挫けぬよう。
健全で、平穏なる日々を、くれぐれも。



⇒いろいろ「60000000000000 cells happiness」プロジェクト/⇒「メリーの会」あれこれ/⇒「そんな日々」カテゴリー
by makisaegusa | 2012-12-24 22:36 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(6)

采配。

d0018646_1457351.jpg
謙虚であること。
感謝すること。

あらゆる生命の繋がりと、悠久の循環を考えること。
別の次元までもを視野に入れ、森羅万象を見つめ直すこと。
宇宙の視点から、足元の惑星を想うこと。

授かるべき報酬と、受けて立つべき試練は、然るべき好機に訪れる。

奇跡を、奇跡とカテゴライズすることすら、違和感を覚えるほど。
日常に、多発する「シンクロニシティ」。

それが、宇宙の采配。
進むべき道への「標」。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「法則」の項
by makisaegusa | 2012-12-23 23:18 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

MERRY FUNNY HONEY!!:ベルガモットの「みつろうキャンドル」。

キャンドルは、好きだけど、石油系のは、匂いが嫌い。

そんな私に、友だちが、ごっそりと良質の「ミツロウ(蜜蝋)」をくれたので、
ずっと、挑戦したいと思っていた、「みつろうキャンドル」を作ってみることにした。
d0018646_1455080.jpg
作り方は、すごくカンタン!
あっという間に、やさしい香りのキャンドルが、完成した。
キャンドルに混ぜた、柑橘系の「ベルガモット」精油のさわやかで、フレッシュな香りが、心地良い。

湯煎にかけた材料(ミツロウ+ホホバオイル)を流し込む容器も、通常ならば、グラスや耐熱の素材であるべきところ、
私は、お気に入りのベーキングパウダーの空き缶を、チョイス。
部分的に紙なので、燃えないかは、確証なし!
でも、それが、キャンドル缶になったイメージを、どうしても実現したくて、こうなった。
全焼してしまった場合、それはそれで、学習することにして、、、ヴィジュアルに関しては、大満足の出来映え!(笑)
むしろ、スリリングなとこも魅力的と、言えなくもない。
こりゃあ、イイ。バンザーイ。

安全面の欠陥を、伝え忘れぬようにして、友だちに贈るとしよう。
最後まで、無事に燃え尽きてくれることを、祈りつつ・・・。



⇒「アロマテラピー」作品いろいろ
by makisaegusa | 2012-12-22 23:35 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(5)

2012年"最遅より最遅"の誕生日祝福作品 from "Zakuro" Kayo and Konoka!!!

先日、届けられた、北海道のマキちゃんとヒビキからの「2012年最遅誕生日祝福贈答品」を凌ぐ、
"最遅より最遅"の誕生日ギフトが、テキスタイルデザインZakuroカヨと、愛娘コノカから、送られて来た!

うわあ、まだ、居たかーー!?私の盆新年を祝う者たちー!!
★☆★☆★
時期など構わず祝う、この緩い感じに、たいそう好感が持てる。(笑)
ありがとう、嬉しいサプライズ!
d0018646_2252395.jpg
カヨからは、これまでに発表した作品と個展をまとめた、カラフルな『オリジナル作品集』が、1、2、3冊!
ひとつひとつのテキスタイルに込めた想いが、デザインと一緒に紹介されているから、ページをめくる度に、フムフム、へー。
インスピレーションの源へ、私も一緒に、マインドトラベルに出掛けてくような、愉しい気分!
私たちが、まだ出会う前の作品なんて、逆に、新鮮だし、
我が「ハフュッフェン社」とコラボした「Hafüffën x Zakuro &」も、ちゃっかり掲載されてて、懐かしい。ワーイ!
このハッピーなフォトブックたちは、"非売品"だというから、なんともスペシャル。
近い将来、"売品"になって、たくさんの人の元に、届けられますようにっ。
カヨ、ステキなギフトをありがとう。
そして、おめでとう、最遅祝い記録の更新!!
d0018646_07268.jpg
さらに、6歳になったコノカからも、これまた、スッゴイプレゼント!

紙を貼り合わせて作った、楽しいボックス!
フタを開けると、プラーーーーンと、フタに吊るされたキャラクターが、登場するという『びっくり箱』仕立て。
コノカ語では、「びくりばこ」
何が、一番驚いたかって、そこに書かれた文字。

「なすび」

・・・・・・・・・・って、え?!どういうことーーーーーー!??!?!なんで、なんで、なんでーーーー!!!?
助けを求めて、カヨからの手紙を開くも、一切の解説はなし。(笑)

とは言え、こんなに穏やかに、かつ、こんなに、後を引く「びっくり」には、そうそう出会えるものじゃない!
コノカも、奥深い作品を作るようになったなあと、感慨に耽ることにして、
どうしようもない、この謎に関しては、尋ねるなどという無粋なことを、敢えてせず、
いつの日にか、唐突に答えを閃く自分に、期待することにしようと、決意。
・・・するも。いやそれでも、やっぱり気になる、なぜに、なすび。ダレか、教エテー!!(笑)

そんなこんなで、コノカからのギフトは、私への溢れんばかりの"大好き"と、ウキウキのお絵描きが、炸裂。ウフフ
ひらがなだって、とっても上手になっていた。
3歳の頃から、絵手紙をもらっている私としては、その成長っぷりには、感激するばかり。スッゴーイ!

いっぱいの色と、謎の詰め合せギフトに、私は、何度も「グフフ」。
沸き上がる幸福感。
ありがとう、ザクロ一家!
再会の日が、待ち遠しい!!


[Kayo's Exhibition Info.]
⇒"Zakuro"次回個展:「Kayoko Kawata Exhibition Zakuro original print textile展 - 現実と夢の狭間
2013. 1.5_sat ~ 1.28_mon at ALAPAAP

[Konoka's Drawings for me!]
⇒3歳の頃:No.1「コノカ(3才)が描くマキの似顔絵-背後霊も添えて-」・No.2「コノカ(3才)の描く、慌てるマキたまご
⇒4歳の頃:「コノカ(4才)の描くキラキラモジャリなマキの似顔絵
⇒5歳の頃:「WA RA SHI BE 2010 : #62 Konoka.



⇒「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒私がもらったもの:「GIFT to me」/⇒「Birthday GIFT」あれこれ
⇒「Zakuro」あれこれ/⇒コノカと私のいろいろ作品:「Konoka
by makisaegusa | 2012-12-21 23:07 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(8)