<   2012年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

謝罪トラップ。

私は、本当に、悪いと思ったときは、「ごめんなさい」と言います。
私は、本当は、悪いと思ってないときは、「すいません」と言います。
d0018646_2347159.jpg
Photo: 雑誌から閃きのアレ「Question - 」が、アア「Answer - 」なって出来たスタンプを、ペタリ。"gOmenNasAi"


・・・故に。

いやぁ、さすがに今回は、私も、珍しく反省しているなあ、なんて、評価していても。
ついつい、口から出た言葉が、案外、「すいません」だったりすると。
自分の本性を、垣間見たような気になって、ちょっとニヤけてしまう。

嘘のつけない自分の習性を、逆手に取って、自分を引っ掛けて楽しむ、私の日常的遊戯のひとつ。
このコシャクさ、実に、痛快なり。


【類】 消しかすトラップ [keshi-kasu trap]:高校時代の授業中に考案した、自分トラップ。
ノートの端っこに、相当リアルな"消しゴムのカス"を描き、
それを、本物と間違え、手で払ってしまったら、"払った方の自分が負け"という遊び。(笑)




⇒「ハンコ」作品集/⇒「まいにち遊び」一覧
by makisaegusa | 2012-10-29 23:09 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(8)

雨粒の色。

大雨の夜。雨粒の色。
d0018646_0343555.jpg
d0018646_0345282.jpg
d0018646_0344660.jpg
d0018646_0353286.jpg
d0018646_0345783.jpg
d0018646_0345156.jpg
d0018646_0345589.jpg
d0018646_035482.jpg
d0018646_0354363.jpg
d0018646_03556.jpg
d0018646_035580.jpg
d0018646_0351176.jpg


⇒これまでの「写真とことば」/⇒「SORTIE」集
by makisaegusa | 2012-10-28 22:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

天の命。

d0018646_1564284.jpg
「どうやら、人を救い、導き、幸福にするのが、私に、与えられた仕事のようだ。」

幼い頃から、奇妙なほどに、はっきりと、確信に満ちて予感していた、自らの天命。
この人生に於いて、私が、為すべきこと。

悠久の歳月から見れば、刹那。
その期限付きの時の中、どれほどの使命を果たせるか、定かではないにせよ。

心身、内外、日常、環境、あらゆるムダを削ぎ落とすほど。
感覚が、研ぎ澄まされていくという、この体感は。
まるで、明け方の空が、次第に、白んでゆくように。
静かに、緩やかに、私に、顕(あき)らかな指針を与え。

シンクロする森羅万象が、度重なるにつけ、私は、然るべき、方角を知る。
鋭利な感性を、何よりの伴侶として、私は、進む。



⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2012-10-27 00:34 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

マントヒヒの件。

d0018646_2227552.jpg
「マントヒヒ」は、「マント」と「ヒヒ」に分けられるのではないか。

そう、気付いてしまった私の、歓喜たるや。
まるで、新種のヒヒを発見したかのような、極上サプライズに、辞書を確認し、悦に入る。

本日の学び:『マントヒヒは、マントとヒヒの複合語である。』(←マルまで読むこと。)



⇒「そんな日々」一覧/⇒「発見」の項/⇒「言葉」の項
by makisaegusa | 2012-10-25 22:27 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(6)

ときのひと。

d0018646_1184056.jpg
不運も、不遇も、不幸ではない。

驚くべき飛躍を与える、千載一遇の好機は、激痛を伴って訪れるのが、どうやら、この世の常套。

だから、私は、あなたに言おう。
少々、豪快に聞こえるかも知れないけれど。

「おめでとう。」

酷く、辛く、厳しい試練に、逢えたこと。
その、幸運に。


新しくなった、あなたに、出会える日を待ちわびて。
私は、ここから、静かに祈る。



⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2012-10-24 23:12 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

食卓のデザイン#28:赤の塩々宝石。

d0018646_2218498.jpg
ガンダーラの塩、パタゴニアの塩、ハワイの塩、南極海の塩、ヒマラヤの塩。

少しずつ時間をかけて、我が家に集結した、世界中の塩々
白から赤まで、それぞれに異なる、綺麗な色彩。
大小さまざま、美しい造形。

折しも、貴重な丹波の黒豆の枝豆が、手に入った頃合い。
私は、大歓迎の意を込め、それらの塩すべてをミックスして、ワールドワイドな塩茹でを決行した。
丹波の黒豆は、突然の異文化交流に、そりゃもう、パニック。(笑)
しかし、そんなこんなの成果なのか、黒豆は、まんまと、世界規模デリシャスな味わいを発揮。グレイト!!

食事とは、素材のセッション。
秋も、秋で、美味なり。



⇒「食卓のデザイン」シリーズ一覧/⇒「自家製デリシャス」あれこれ
by makisaegusa | 2012-10-23 23:10 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(2)

はじめての友だちハフュッフェン化計画:Yuika x Hafüffën!!

平和なフリしをしつつ、ハフュッフェン社が、密かに、虎視眈々と進めているのが、「はじめての友だちハフュッフェン化計画」!!
読んで字の如く、子どもの最初の友だちを、ハフュッフェンくん(ハフュッフェン人形)にしてしまおうというプロジェクト。

・・・カクカクシカジカ、"ゆりかごから墓場まで"、いや、"ゆりかご前から墓場まで"、
なんなら、"ゆりかご前から墓場後まで"をモットーに、日々、明るい侵略を続ける、我が社。(笑)

そんな作品のひとつで、今年のカトコへの誕生日祝いに制作したのが、生まれたての赤ちゃんサイズのハフュッフェン人形、ハフュッフェン・マミー
出産前の赤ちゃんイメトレと、赤ちゃんの最初の友だち、(←当然このポジション確保。イヒヒ!)
そして、生まれてからの子ども成長観察に、抜群の才を発揮する、史上最大のハフュッフェン。(=約50cm)

贈答してより、かれこれ。
まだかまだかと、新しい仲間の到来を待ちわびていたところ、遂に、カトコから「生まれたよーー!」の報告。
名前は、結衣花 (ゆいか)
ウェルカム☆ヨウコソイラッシャーイ!!
そして、しっかり、ちゃっかり、ハフュッフェンくんと記念撮影した写真も、送られて来た。ヤッター!
d0018646_0485468.jpg
むしろ、まだ赤ちゃんの方が、ちょっと小さい。
それでも、ここから、スクスク大きくなるんだから、人間の成長っぷりには、感激するばかり。
完成時に、マアヤ(4歳)や、エイト(2歳)と一緒に撮った写真()と比べても、サイズ感が違い過ぎて、やっぱり、ビックリ。
生命って、スンバラシ!

目覚ましい可能性と、輝かしい未来を秘めた、新しい仲間の誕生に、心からの祝福を込めて。
生誕オメデトーーーウ!!
ユイカ、ハフュッフェンくんを追い越して、グングン大きくなるんだよー♪



⇒いままでの『ハブ式会社ハフュッフェン社』プロダクツ/⇒いままでのハフュッフェン人形/⇒What's Hafüffën?「ハフュッフェンとは?
by makisaegusa | 2012-10-21 22:37 | Hafüffën-ハフュッフェン社 | Trackback | Comments(6)

タンザニアのおみやげ。

d0018646_1412250.jpg
チホちゃんがくれた、タンザニアのお土産。
いい味わいを炸裂させる、素朴な木彫りの人形と、
品質の良さを、これでもかとアピールする、自画自賛パッケージが、愉快な紅茶。

編み込みのヘアスタイル、アクの強い表情、クッキリした輪郭、荒削りな質感、、、
人形の至るところに、タンザニアっぽさを、垣間見て、私は、未踏の地、アフリカ大陸に想いを馳せる。

どんなとこなんだろう、タンザニア??
行きたい場所は、増える一方。
妄想だけでも、忙しすぎて、旅に出る暇もない。(笑)



⇒「突如贈答部」の活動いろいろ/⇒「お土産」あれこれ
by makisaegusa | 2012-10-19 23:40 | Gifting club-突如贈答部 | Trackback | Comments(6)

絶佳の振り子。

d0018646_16303218.jpg
いつも、同じ場所から眺めていると、視野が、凝り固まってしまうから。
人生は、光と闇を行ったり来たり。
まるで、振り子のように、高度や速度を変えながら、違った眺めを与えてくれる。

其処でしか、手に入れることに出来ない、至極の風景を、私たちは。
それぞれの地で、呼吸し、感覚し、浸透させて。
次への糧として、歩みを進める。

闇の漆黒は、内に、さらなる、深海の存在を痛感させ。
光の色彩は、外に、さらなる、大海の存在を予感させる。

過る風までもが、体感すべき、価値に満ちていて。

光の粒さえ見失うほどの、闇に取り込まれたとしても。
それは、長い時をかけ振れる、振り子に同じ。
失望する必要なんてない。
再び、光の方角へ向かう、長編の序章を楽しめばいいだけのこと。

絶佳の闇と、絶佳の光。
それぞれの視界こそが、変化し続ける"刻"の証。

希望、そのもの。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「法則」の項
by makisaegusa | 2012-10-18 04:54 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

WA RA SHI BE 2010 : #67 Chikage.

ブツブツの一期一会に歓喜する、私の物々交換遊び『WARASHIBE2010』!

67人目の参加者は、シドニー時代からの友で、愛媛在住のチカゲ
前回、ロンドン帰りのミドリちゃんからやってきた、
#66 Midorinco : Very Pop-up Books + 2012 Olympic goods! - スッゴイ飛び出す絵本と、2012ロンドン五輪グッズ!」は、とってもキュートなワラシベに、変身!
d0018646_0143186.jpg
#67 Chikage : Poppo-chan - キャンドルの"ぽっぽちゃん"


かわいいーーーーー♪
これは、「ぽっぽちゃん」という、キャンドル作品なんだとか。
とっても、チカゲらしいチョイス!!
こんなキャンドルたちに、灯される空間は、きっと、すっごくハッピー!

早速、チカゲからのワラシベ案内を、どうぞッ。

『WARASHIBE No.68 さま

コンニチハ♪
私は、マキのシドニー時代のシェアメイト、WARASHIBE No.67です。:-)

私のワラシベは、キャンドル人形の“ぽっぽちゃん”です。
中四国の名産品(?)を紹介する雑誌で、キャンドル人形を見て、一目惚れ♡
これは、何としても行かないと =3=3=3 と思い、SHOP限定ポッポちゃんをゲットするため、愛媛から倉敷へ♪
さらに自分用は、手作りポッポちゃんに挑戦!
我ながら、あまりの可愛さに毎日見て和んでます(笑)
でも、さすがにそれでは申し訳ないので(笑)、お店の可愛いポッポちゃん(大)、ハロウィーン × 2、サンタ × 2、を贈ります♪
そのまま飾っても良し、ハロウィーンやクリスマスの食卓で使っても盛り上がること間違いなしだと思います!!
No.68さんの楽しいイベントを、ポッポちゃん達が、盛り上げてくれますように♪

Fm WARASHIBE No.67 CHIKAGE』

次なる行き先、次なる持ち主、次なる変化はー??
ワクワク、ウズウズ。
まだまだ、続くワラシベ遊び!
オタノシミニ、ニュー★イチゴイチエ、ニュー★ワラシベ!!



⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒参加者に送られるカード:"参加証明書" 兼 "未来のワラシベ展への招待状"「"WA RA SHI BE 2010"トランプカード:♣W
⇒いままでの「わらしべ」変化全編:『WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2012-10-17 23:13 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(0)