<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

[Action!] 2012.8.31 私の10回目「官邸前抗議デモ」。

たった、5分でも、10分でも、時間があれば駆けつける。
そこで、意志を表明する「一人」として存在することにこそ、重大な価値があると思うから。

どんな想いを抱いていても、行動に移さないなら、無きに等しい。
どんな理由を盾にしても、行動に移さないなら、言い訳に等しい。
外から、秘めたる想いを知る術など、ないのだから。

だからこそ。
もしも、その方法を見付けたならば、全力でやり遂げるまでのこと。
一度決めたならば、何としてでも、やり抜く。
そのくらいの"しぶとさ"は、そのくらいの"しつこさ"は、誇れるくらいに、持ち合わせている。

いまや、毎週金曜日には、全国43都道府県93カ所で、脱原発・再稼働撤回の抗議行動やデモが、開催されている。

8月31日の夜、私は、恒例の官邸前へ。
仕事が押してギリギリになりそうだったため、駅中を競歩して、なんとか、終了15分前に到着!ふぅ。
先に到着していたヒサミ (husica)のくれた、フレッシュなホーリーバジルウォーターで、贅沢に、一息ついてから。
いつものように、あらゆる世代の人たち、「再稼働反対」「原子力規制委員会人事案撤回」を求めて、声を上げた。

そして、この日、私が参加したデモは、10回を数えた。
・・・もう10回、まだ10回。
d0018646_1543318.jpg
Photos: 官邸前抗議、約一ヶ月分の写真詰め合せ。(愛用の一眼レフD300、長期点検&修理中につき、ちっちゃいデジカメ撮影。)

[1]. フランス革命を彷彿とさせた、たなびくフラッグ。
[2]. 「これこそ、人生が芸術たる由縁だ」と叫びたくなるほど、自作のプラカードやメッセージボードたちは、アイディアの宝庫。感情の動くところにこそ、創作の原点があるのだと、デモに来るたび痛感させられる。
[3]. 決して暴動などにはならないというのに、警官たちは、毎度、無意味な存在感と役に立たない指導をしてくれる。御苦労!
[4]. おじさんの背中のメッセージ。 「原発(核)撤廃!」
[5]. ファミリーエリアにて。少年の手書きのメッセージ。「No nukes 原発やめろ!」・・・ホント、子どもにこんなことを言わせる国って、実に、終わってる。
中には、大人顔負けに、立派なスピーチをする子どももいる。彼らの言葉は、シンプルでまっすぐで、余計に、グサリ心に刺さる。
[6]. 観たこともないような楽器を鳴らす人や、奇妙なダンスをするおばさん風刺たっぷりのお面を着けたおじさん、、、誰もが、自分らしいスタイルで抗議する。愉快!
諦めない人々。「怒りのドラムデモ」の太鼓の音と共に。怒りのサイカドーハンタイ!
[7]. 自動車や、自転車バイクで、グルグルとエリアを周回しながら、抗議する人たちも。これは、無用な鉄柵越しに、会話する自転車のおじさんと、警官たち。



毎度、拍手で終わる、デモ。
互いへの敬意と、諦めないことへの誓い、そんなものを、いつも感じる。

そしてまた、参加回数を重ねるほどに、「私は行けないから、私の分もよろしく」と言われることに、違和感が増す。
私は、自分の100%しか出せないのだから。
誰しも、自らの全力で抗議しているのだから、他人のために、割く余裕なんてあるはずがない。

私への労いや感謝の言葉なんて、要らないから。
あなたは、あなたの意志を表明し、行動するという一線を越えて欲しい。
他人に委ねて、どこかで安堵しているなんてのは。
所詮、あなたにとって、この生命に関わる問題が、その程度でしかないということ。
何も為さず、軽々しく「諦めない」なんて言葉、口にするもんじゃない。

祈るだけで、変えられる未来なんて、あるはずもない。
アクションの先にしか、変革などない。

だからこそ、諦めない。



9.7大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議:9/7(金)18:00〜20:00 予定 首相官邸前および永田町・霞が関一帯 [呼びかけ:首都圏反原発連合有志]


⇒「DAILY STUDY」一覧/⇒『3.11』トピックス/⇒「原発」トピックス/⇒「ACTION!!」一覧
by makisaegusa | 2012-08-31 23:59 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(4)

旅行代行旅行組合 [act.6]:ロンドン朝の散歩+オリンピック風味「ダルマちゃん」。

旅の化身に、旅の代行を託し、世界を股にかけて旅を遊ぶ、旅行代行旅行組合

どこに居ても、その視線を捉える、深紅のボディ。
真一文字に結んだ、決意の唇。
焦点を定めない、クールな独眼。
いつからか流している、控えめな鼻血。

斯くの如き、人気者の要素を数多く兼ね備え、如何なく、その才を発揮する、深大寺出身のクールボウイ。(笑)
今回は、そんなダルマちゃんロンドン街歩き第二弾!

愉快な一日は、今日も朝の散歩から。
はじまり、はじまりーッ!

[photos: retouched by LOMO!!] - オレンジ文字は、ミドリちゃんからのコメントメモ。
d0018646_19371132.jpg
[1]. トラファルガー広場から、グッモーニン!オリンピック開幕までのカウントダウンをしてた、電光掲示板もある! - 朝の散歩@Trafagar Square
[2+3]. ウォータールー・ブリッジからの眺め。うわぁ、乗りたい観覧車! - 朝の散歩@Wateroo Bridge
[4+6]. バッキンガム宮殿の前で、ズラーリ並ぶ人々。ダルマちゃんは、特別ダルマ席で悠々の人間観察。空は、突き抜ける青。ヒャー、爽快! - Buckingham Palace前
[5]. パレスの中で、カフェ・ブレイク。トレイの上に、ちょこり。カプチーノまでも、王冠付き。なんとコシャクな! - Buckingham Palace内のカフェにて
d0018646_19372685.jpg
[7]. ジャジャジャジャーン!世界のトップアスリートたちが滞在する、選手村(アスリート・ヴィレッジ)にも、ドキドキ潜入。 - Athlete Village
[8+9+10+11]. 私が、フェオちゃんと命名した、痛快にキモチ悪いオリンピックのマスコットは、どうやら「ウェンロック」という名前らしい。ヘー。←かなり、どっちでもいい感たっぷり。(笑)
街中の仮装するウェンロックたちと一緒に、こっそり忍び写りの、ダルマちゃん。チェック矢印!→「ココー!」。
- 8:20.フェオ(Wenlock)とだるま, 9:フェオ(Tourist)とだるま, 10:フェオ(Ravens)とだるま, 11:フェオ(Big Ben)とだるま

ギャーーーーーーーーー!!!
ここに写ってる全員、一つ目だったーーー!!!!・・・と、今気付き、驚愕。(笑)

こうして過ぎ行く、なんとも贅沢で、多彩な日々。
ありがとう、ミドリちゃん。
こんなに、ロンドンの生活を満喫するダルマは、世界広しと言えど、このダルマちゃんだけに違いない。
ファンタスティッーク!

次回、三部作、完結編。お楽しみに!



⇒「世界を股にかける『旅行代行旅行組合』スタートッ!!
⇒「旅行代行旅行組合 [act.2]:ミドリちゃんの「ミドリちゃん」と、西の方へ旅に出る
⇒「旅行代行旅行組合 [act.3]:「ダルマちゃん」のダイナミック山形
⇒「旅行代行旅行組合 [act.4]:「ダルマちゃん」のロンドン滞在中
⇒「旅行代行旅行組合 [act.5]:「ダルマちゃん」のロンドン街歩き

⇒『旅行代行旅行組合』一覧/⇒ロゴアイディア:「おばあちゃん學枝 :「旅行代金」とダルマちゃん
⇒いろいろな毎日を、いろいろに遊ぶ:「まいにち遊び」カテゴリー
by makisaegusa | 2012-08-30 23:32 | A.T.T.U.-旅行代行旅行組合 | Trackback | Comments(6)

あた・ふ・かな・ふ。

d0018646_23193969.jpg
どんなに、可能性の僅かさを、知ってはいても。
不可能の気配が、すぐそばまで、忍び寄って来てはいても。
身体の芯にまで、絶望が、染み込もうとしてはいても。

それでも、それでも、それでも。

「無理だ」なんて、口が裂けても言いたくないこと。
それこそ、あなたが、心底、成し遂げたいと望んでいること。

どんなに、微かな光の一粒でさえ、きつく掴んで、放さないよう。
覚悟を同志に、進むことを止めないでいて。



※ 可能=「能(あた)う可(べ)き」の音読。

⇒これまでの「写真とことば」/⇒「信念」の項
by makisaegusa | 2012-08-29 21:59 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ことば外窓口。

d0018646_21173613.jpg
言葉にならない、言葉。
声にならない、声。

そこに、感情の真価は、潜んでいるから。
捉えづらくて、余計に不安で、戸惑って、持て余してしまいがちだけど。

沸き上がる、そのものたちを、封じ込めようとしたりはしないで。
それらは、解き放たれるために浮上してきた、深層からの叫び。

言葉じゃなくて、構わないから。
お願い、どうか、吐き出して。
あなたが、窒息するより早く。

だいじょうぶ。
私が、ちゃんと、受け止めるから。



※ 当然、「時間外窓口」の仲間!

⇒これまでの「写真とことば」/⇒「感情」の項
by makisaegusa | 2012-08-28 08:43 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

私が似ている昆虫。

d0018646_2121751.jpg
ある日のフォトシューティングで、撮影する私を、さらに撮影した写真を見て。
私って、何かに似てるなあ・・・と、思って以来の幾年月。

ハっと、気付いた。

私、ナナフシに似ている。



⇒「Self Portrait」の項/⇒「maki+」の項
by makisaegusa | 2012-08-27 20:43 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(7)

旅行代行旅行組合 [act.5]:「ダルマちゃん」のロンドン街歩き。

旅の化身に、旅の代行を託し、世界を股にかけて旅を遊ぶ、旅行代行旅行組合

今回は、遂に、ダルマちゃんロンドン街歩きシリーズ、第一弾をお披露目。
先日の「マティアスのフィエスタ」にも、帰国早々参加してくれた、多忙のミドリちゃんから届いた写真は、しっかり解説付き。
ワーイ、愉快!
しかも、彼女は、このダルマちゃんの「世界平和」にまつわるストーリーを、会う人会う人に話してくれたと言うから、なんて、ありがたいこと。

そんな、心優しい旅人と共に、この一ヶ月のロンドン滞在中、ダルマちゃんは、一体、どんな毎日を、どんな風に過ごしてたのか??
さてさて、じっくり、見てみるとしよう。ワクワク!

[photos: retouched by LOMO!!] - オレンジ文字は、ミドリちゃんからのコメントメモ。
d0018646_1954136.jpg
[1]. イッテキマース。機内食に埋もれる、特等席のダルマちゃん。ウズウズ! - 出発!
[2]. テクテク、コロリコロリの散歩道!ハローハロッズ、アゲイン。- 昼間の"Harrods"⇔夜の"Harrods"
[3]. 「地球!ダルマ!!UFO!!!」大感激のダルマちゃん。ほんとは、アポロの地球帰還船だけど、ダルマちゃんには黙っておこう。ウシシ! - Science Museumにて
[4+5]. オイシーーーーい!イタリアーンに囲まれて、よだれジュルリ。 - イギリスにもイタリアンはあるよ
[6]. フルーツ、どっさり。くだもの祭り開催中! - フルーツは手に入りやすい
d0018646_19541671.jpg
[7]. ロングロングエスカレーターーーーーーー!!タノシーイ。 - エスカレーターは右側に立ってね!
[8+9]. 夜のお散歩。キレイな景色!うっとり、うるる、ダルマちゃん。 - 夜のお散歩+夜のお散歩@Piccadilly Circus
[10]. どこでも、オリンピック観戦。ガンバレー!!夢中で、応援するダルマちゃん。 - 競泳の結果が気になってしょうがない@Green Park
[11]. おはよう。朝から元気に、あっちこっち。 - 朝の散歩@Covent Garden

とってもごきげんに、活動的な毎日を過ごした様子の、日本ダルマ代表「ダルマちゃん」。
その底無しのポテンシャルにより、どこでも、ダルマひとつで、こんなに景色が、オメデタくなるだなんて!
これは、世界に誇る大発見!
旅には、ダルマが必需品であることの、決定的証拠!(笑)

次は、どこへ行くのか、ダルマちゃん。
さあ、続くフォトアルバムにも、ご期待を。



⇒「世界を股にかける『旅行代行旅行組合』スタートッ!!
⇒「旅行代行旅行組合 [act.2]:ミドリちゃんの「ミドリちゃん」と、西の方へ旅に出る
⇒「旅行代行旅行組合 [act.3]:「ダルマちゃん」のダイナミック山形
⇒「旅行代行旅行組合 [act.4]:「ダルマちゃん」のロンドン滞在中

⇒『旅行代行旅行組合』一覧/⇒ロゴアイディア:「おばあちゃん學枝 :「旅行代金」とダルマちゃん
⇒いろいろな毎日を、いろいろに遊ぶ:「まいにち遊び」カテゴリー
by makisaegusa | 2012-08-26 14:08 | A.T.T.U.-旅行代行旅行組合 | Trackback | Comments(2)

WA RA SHI BE 2010 : #65 Katoko.

ブツブツの一期一会に、歓喜する、物々交換遊び『WARASHIBE2010』!
私が生きてる限り、ズンズン続く、壮大なる娯楽プロジェクト。

前回、"1040 -ten forty-"のトヨシマ氏からやってきた、
宇宙規模のワラシベ「#64 Toyoshima *1040 : Solar System T-shirt - 羊毛プラネットの3D太陽系T-shirt + 製作過程の記録」は、鳥取のカトコの元へと、ビューンと渡鳥。
もうすぐ生まれて来る赤ちゃんに、ここが、あなたの星だよって、宇宙の住所を教えてあげるのにピッタリだと、大歓喜の彼女。
そんなカトコは、学生時代、ゼミは違えど (katoko=自然地理, maki+=法学)、同じ研究室だった仲良しの後輩。ナッツカシーィ!

そして今回、鳥取で生まれ育った彼女から届いたワラシベは、かわいいエピソード付きのまんまるいもの!
d0018646_17474012.jpg
#65 Katoko : ○ garasu-dama + ◎ shuki daruma - ガラス玉と酒器ダルマ

初めて見た、初めて知った、こんなステキな「ガラス玉」のこと。
大きさは、7センチくらい。
キレイなまんまるじゃなくて、歪なところが、いい味わい。
カトコは、子どもの頃、これを水晶玉に見立てて、遊んでたんだとか。ま、かわい!
そして、もうひとつは、まぁるいもの仲間、まぁるいトックリとオチョコが、合体させると雪だるまみたいになる、愉しい「酒器だるま」

それでは、本人からワラシベにまつわる解説と、次の参加者へのメッセージをどうぞ。


『WARASHIBE No.66さま

はじめまして。海王星が守護星のNo.65です。
さて、私のWARASHIBEは、海王星人らしく、はるばる海をただよってきたガラス玉です。
このガラス玉の正体は、実は、漁に使う浮き玉。
今は、浮き玉といえば、プラスチック製ですが、その昔、漁網につけられて大海原で、ひと仕事も、ふた仕事もしていたヤツです。
私が、子どもの頃は、嵐の後の海岸に行くと、流木や海藻に混じってキラリと光る、このガラス玉が流れついていたものでした。
が、そこは繊細なガラス製。
割れていたり、ヒビが入っていたり・・・キレイな状態のガラス玉をみつけると、子どもながらにとてもテンションが、あがったものです。
今となっては、なかなかお目にかかれない、このガラス玉。
すべて職人さんの手作りなので、色も形も大きさも、ひとつひとつ違います。
今回は、私のお気に入りの緑色のこの子をどうぞ。
そして相棒は、まんまるつながりで、雪だるまちゃんならぬ、酒器だるまちゃんです。
まんまるを愛する次なるWARASHIBEの方へ。それでは!      WARASHIBE No.65 カトコ』


次は、どこへ旅するのやら、コロコロ、コロコロ、まぁるいワラシベ!

参加希望は、いつでも、ご一報ウェルカム。
今後の展開にも、ワクワク、ご期待をッ!!



⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒参加者に送られるカード:"参加証明書" 兼 "未来のワラシベ展への招待状"「"WA RA SHI BE 2010"トランプカード:♣W
⇒いままでの「わらしべ」変化全編:『WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2012-08-25 23:06 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(2)

どこへでもドア。

d0018646_18443528.jpg
たった、二択しかない道なんて、あるはずもない。

あなたを困らせる原因は、その思い込み。
あなたを苦しめる原因は、その視野の狭さ。

こんなにも、どんなにも、進んで行けるというのに、ね。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項
by makisaegusa | 2012-08-23 18:24 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

とよ子とマキの合作贈答品:ダルマチヤンの「とよコースター」。

まだ、具体的なデザインも決まってないのに、既に、Tシャツのオーダーが入っているという、、、とよ子画伯の人気作「ダルマちやん」!

そして、この度、その絵のモデル「はなだるまちゃん」を作ってくれた、ヒサミ (husica)の誕生日を祝うべく、私は、「ダルマ返し」を決行!
おばあちゃんの描いたダルマチヤンの絵を、そのまま、チクチク刺繍して、贅沢なコースターを作った。
ジャジャーン!!
d0018646_1158311.jpg
Photo:「ザ・とよコースター」原画: とよ子 × 刺繍: マキ / "ひさみちやん おめでとう"バージョン" & "ダルマちやん"バージョン。常に「や」の字は大きく書くのが、とよ子流!

さらに、おばあちゃんからのメッセージ「ひさみちやん 誕生日おめでとう」と、おかっぱの女の子の絵までも追加して、
なんとかかんとか、直筆の忠実な再現を試み、このデラックスな一品、二品が完成!!ヤッター!!!
シルクの質感に、素朴な絵が、なんとも、いい塩梅。
デザインだけを重視し、コースターの使用目的には、そぐわない配置になっている紫色の紐も、これまた、いい風味。

絶品のコラボレーション「ザ・とよコースター」
ちなみに、とよ子のサインは、きいちのぬりえのサインを真似ている。

こうして、私が、もらった、米田米子コラボのポーチと同じく、
ヒサミの手から生まれた作品もまた、新たなアレンジを経て、再び持ち主の元へ・・・。

新たな出会いで生まれる、作品のケミストリーは、ホーント愉しい!

人生が、始まったことおめでとう。
人生が、続いてきたことおめでとう。
人生が、これからも、多くの学びを与えてくれることを。
おめでとう。ありがとう。



⇒とよ子とマキの合作シリーズ:「toyoko x maki+」/⇒もらったもの、あげたもの:「Birthday GIFT

⇒これまでの「とよ子」トピックス/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ/⇒手縫い作たち:「チクチク
by makisaegusa | 2012-08-22 11:29 | Sawing-お裁縫 | Trackback | Comments(0)

ふたたびのはじまり。

d0018646_22334078.jpg
数秒前までは、その先も続いていると信じていた道が、突然、崩れ去ったとしても。
狼狽(うろた)えて、足がすくんで、茫然と、立ち尽くすようなことがあったとしても。

私たちに、怖じ気づいている暇などはない。

今日は、すぐ、昨日になってしまうから。
明日に、追い抜かれないうちに。
どんなに僅かでも、進むしかない。

望みを諦めないこと、その信念を信じ抜くこと。
たった、それだけのことでいい。
それだけで、未来への矛先は、軌道を少し変えるから。

まずは、顔を上げて、明日の方角を仰いで。
大きく息を吐いて、静かに、まばたきをひとつ。
次に、目を見開き、世界に向かい合ったなら、目指す地点を、決意で射抜いて。

再始の一歩を。また、そこから。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「未来」の項
by makisaegusa | 2012-08-21 22:33 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(9)