<   2012年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

120兆細胞エキストラの旅:#3 イカしたダンディ。

凄まじく、素晴らしすぎて、紐解くことすらままならず。
爽快に、完全に、まとめることを頓挫している、120兆細胞エキストラの旅シリーズ。
それは、去年の今頃の、岩国・柳井と祝島の旅のこと。

近頃の灼熱に、あの頃の太陽を思い出して、懐かしい写真を眺めていたら、
衝撃のミスター・ダンディに、再会した。
岩国の路地裏で遭遇した、彼の肖像を、出会いの記録として、たいへん遅ればせながら、ここに紹介しておく。
d0018646_22334496.jpg
1. 目を合わせたが、最後。誰もが魅せられる、忘れ得ない、この表情!

d0018646_2234091.jpg
2. 「イカしている」としか言えない、この風貌。
「時代錯誤ではない。彼は、自分のスタイルを貫いているのだ。」という解釈でいくのが、正解。(笑)

d0018646_22341545.jpg
3. 破れるとこまで、抜かりない。カットとパンチ。

カットかパンチ、勇気のある方、ぜひ一度。
本物の観光地は、観光地と呼ばれないところにあり。…まさしく!!

さて、この続きも、相当、気まぐれに、、、、グバーイ、アディオース。



⇒「120兆細胞エキストラの旅:#1 壁語り
⇒「120兆細胞エキストラの旅:#2 残響と残像

⇒「旅とおでかけ」アルバム一覧/⇒60兆のしあわせ:「60000000000000 cells happiness
by makisaegusa | 2012-07-31 22:16 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

[Action!] 2012.7.29 『脱原発 国会大包囲』-20万人の鎖!×「正しい報道ヘリの会」空撮。

「声」を「音」と聞くほどに、故障した首長を抱え、盲目的に再稼働を進める政府。
だからといって、だからこそ、諦めるなどという選択肢は、私たちにはない。
これは、生命と尊厳を守るための戦いであり、未来を変えるためのアクション。

あらゆる人が居て、あらゆる趣味嗜好がある、、、それはそれで、もちろん、構わないのだけれど。
殊、原発のことに関して、無関心であるということは、生命を軽んじるということと同じ。
自らの命綱を、得体の知れない第三者に、任せてしまうことに違わず。

心底の抗議を訴え、国会議事堂を包囲すべく、もはや、馴染みの永田町へ向かった。


2012年7月29日 脱原発「国会大包囲」。


一人一人の強い意志と、固い決意。
誰に強いられるでもなく、ただ、自身の意思表示として、多くの人々が集う。
だからこそ、この行動には、意義がある。

原発再稼働への抗議を表明して、国会を、キャンドルやライトの光で、包囲する。
西からのとんぼ返りで、新幹線で駆けつけただけの私に比べれば、
灼熱の中、デモで歩き続けて来た人たちの疲れは、相当だろうに、それでも、参加者たちの表情は、輝いて見えた。
まるで、自らの意志を、マッスグ声高に表明するという、そのこと自体への突き抜けた喜びに、高揚しているかのようで。
そんな、人間本来の魂と、熱を感じられる空間が、また、この日も、そこにあった。
d0018646_2239083.jpg
Photo: 国会議事堂前は、例の如く封鎖。柵が、バリケードになっていた。相変わらず、クダラナイなぁと思いつつ通過。

私たちは、まず、国会正面へ。
すると、もう正門側は、いっぱいだと言われ、裏手にグルリと廻ることにした。
途中、あらゆる所で、あらゆる異なる人たちと共に、「再稼働反対」のシュプレヒコール!
おじいちゃん、おばあちゃん、ちょっと眠そうな子ども、座っている人も、踊っている人も。
旗やプラカードなどを見ると、関東圏だけではなく、全国各地、遠くは沖縄から、やって来た人たちも居ることを知る。
それぞれが、自分のスタイルで、キャンドルやライトを掲げて、抗議の声を上げた。

こうして、しばらくしてから、再び、国会正面に戻ろうとした頃。
近くの警察官が、「正門の方は、かなり人が居て危険」だと教えてくれたため、そこに、留まることにした。
(何より、近道は、これまた、封鎖されてたからなんだけど。)
どうやら、その頃、国会の正門前では、こんなこと(↓)が起きていたらしい。ファンタスティック!!
広瀬隆さんの呼びかけによって実現した、正しい報道ヘリの会も、素晴らしい空撮を残してくれた。圧巻!

歩道は、街路樹に遮られて、上空から光の存在は、確認しづらいけれど、確かに、私たちは、国会を光で取り囲んでいた。
これが、20万人の人間の鎖

  
Left:「脱原発の鎖が国会包囲〜議事堂前に解放区!(2012年7月29日)」(OurPlanet-TV)
Right:「7.29脱原発国会大包囲空撮〜人が溢れた瞬間映像」(正しい報道ヘリの会 第2便)


生まれ変わろうとする、大きなうねり。
ここは、時代の切先。

もっと、激しくやらなきゃダメだとか言う批判もあるけれど、これは、そんな次元で、議論するような話ではない。
非暴力の強さを、私たちは、知っている。
権力に対して、これまでと同じ応酬をしていたのでは、この閉塞空間は、抜けられない。
だから、私たちは、ここに、「人間」であることを見せ付ける。
それが、このアクション意味。
この場所に、参加する「一人」となることが、何よりも重大なのだ。

「再稼働反対!」



正しい報道ヘリの会 7.29「脱原発 国会大包囲」空撮写真:撮影 野田雅也(JVJA) / 広河隆一(DAYS JAPAN編集長)

★8.3緊急!大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議
8/3(金)18:00〜20:00 予定 首相官邸前および永田町・霞が関一帯 [呼びかけ:首都圏反原発連合有志]

⇒「DAILY STUDY」一覧/⇒『3.11』トピックス/⇒「原発」トピックス/⇒「ACTION!!」一覧
by makisaegusa | 2012-07-30 22:31 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(2)

食卓のデザイン#26:デリシャス・カラーパレット。

d0018646_2126115.jpg
近頃のキッチンでは、ストック食材作りが、ブーム。

そんな完成品たちの、鮮やかな彩りを眺めていたら、なんだか、とっても嬉しくなって。
絵の具さながら、色順にパレットに並べてみることにした。
ならばと、絵画用ナイフも一緒に添えて・・・、ますます、ほんとに、それっぽい。
こりゃぁ、完璧な演出だっ!

・・・そんなわけで。
愉しい食卓を発見し、心躍らせるシリーズ、食卓のデザインの最新作は、カラフルなデリシャス・パレット!!

トマトジャム → ● にんじんジャム → ● かぼちゃサラダ → ● バジルペースト → ● エヂプト塩 → ● レーズンクリームチーズ

キャンバスに、絵の具を乗せるみたいに、クラッカーにも、ジャムやペーストを、ついつい、ペタペタ重ね塗り。
味も、なにやら、コンガラガッて、グフフと可笑しい。
視覚のトリックに騙される、そんな自分が、なんとも愉しい。
食べられる絵の具の、遊びディッシュ!
スペシャルのデリシャス、色彩の味!!



⇒これまでの「食卓のデザイン」シリーズ

⇒たいせつに作る、たいせつに食べる。:これまでの「米田米子 [comeda comeco food. & cafe.]」/⇒「自家製デリシャス」あれこれ
by makisaegusa | 2012-07-28 23:44 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(4)

キキカイカイロ。

d0018646_2213575.jpg
嘘をつくこと方が、ずっと、自分に背いているというのに。
どうして、ただ、正直であるというだけのことに、これほどまでの勇敢さを、必要とするのか。

そもそも、度胸は、そんな用途のためにあるわけでは、ないのだから。

どこで違えたのか、この回路。
私たちが抱える、奇妙極まりない悲劇、そのひとつ。

根本的に、回線が、混線。
何か、おかしい。



※ タイトル訳=奇々怪々な回路の件。

⇒これまでの「写真とことば」/⇒「人間」の項
by makisaegusa | 2012-07-27 23:44 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(7)

IREBA Fantasista!!:ポップな入れ歯のサシェ。

入れ歯」ファンのみんな、お待たせ!!

あのグロテスクさを、キュートにカモフラージュした、「できるだけ上品に贈る工夫」の"IREBA"ロゴからの飛躍、跳躍!
さらに、大胆なデフォルメにより誕生した、このカラフルな物体は、ハーブの香りが、心地良いサシェ。
d0018646_23352332.jpg
ハフュッフェン社」のハフュッフェンくんタグも、ちょっと参加。
ポップすぎて、インスパイアの源が、入れ歯であったことを、忘れてしまいそうな勢い。
ステキ、ステキ!

シルクとフェルトの、やさしい手触り。
そして今回、中に入れたのは、ラベンダー、ペパーミント、カモミールのオーガニック・ドライハーブ。
鼻の周りに置くと、ラテン系の愉快なのにで、リラックス出来るという、ミラクルな代物。(笑)

完成した瞬間、閃いたネーミングは、「IREBA Fantasista!! (イレバ・ファンタジスタ)」!

さてと、この作品は、友達へのお中元セットのひとつとして、、、グフフ。

入れ歯の常識を覆す、このシリーズ。
どこまで進化を遂げるのか、今後の展開にも、乞うご期待!
我こそは、入れ歯ファンという諸君、どうか躊躇せず名乗り出るようにッ。(笑)



⇒「入れ歯」コレクション/⇒「ハブ式会社ハフュッフェン社」の作品/⇒「おさいほう」あれこれ
by makisaegusa | 2012-07-26 23:01 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(4)

「歴史は繰り返す」の出口。

d0018646_116367.jpg
もはや私は、「歴史は繰り返す」という言葉にすら、疑いを持っている。

もしかしたら、それも、権力者たちによる、洗脳だったんじゃないかと。

支配構造のループに、人民を縛り付け、抜け出させることのないように。
現状を変えることなど叶わないのだと、変革を、諦めさせるための理由として。
何世代にも渡って、刷り込まれ、植え付けられてきた私たちは、やがて、それを真実だと、信じてしまった。

時に、目醒めた市民が、蜂起して時代の流れを変えたという歴史も、また。
その点においては、繰り返したと言えるのだとして、ただ、それも支配の構造ありきのこと。

私たちには、未来の道筋を変貌させる力が、ある。
負の連鎖を止める力が、ある。

これが、出口。

目が、開く。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「歴史」の項
by makisaegusa | 2012-07-25 23:55 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

火星が気になる、謎めくお告げ。

d0018646_20584149.jpg
「順位に、こだわってるのは、一位とか、二位の奴らだけ。
四位や、五位の奴らは、そんなこと、全然、気にしてないんだよ。火星とか・・・」

エッ?! ・・・となったところで、目覚まし時計に、呼ばれて起床。

今朝の夢の謎めくお告げ。
「火星」の後が、だいぶん、気になる。


⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項
by makisaegusa | 2012-07-24 20:58 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

おばあちゃん學枝 :とよ子90歳の夢。

最新の『おばあちゃん學枝』は、90歳になったおばあちゃんの語った「夢」!
一体、どんな答えが返ってくるのだろうかと、ドキドキしながら、尋ねてみた。

「おばあちゃんの夢って、何??」
d0018646_013101.jpg
Photo: 何かに集中していると、口がとんがる、おばあちゃん。

これが、その答え! (↓: Left)
さらに、正直な心をさらけ出した、「当たり前のこと」のオマケ付き! (↓: Right)

実際、最初に閃いたのは、四番なんだけれど。
お年寄りなのに、"ビール飲み"であることへの良心の呵責と、世間体を考えてか、それを最後の項に記したという、おばあちゃんのプライドと、ささやかな抵抗。(笑)
そして、さすが時間をかけ、唸りながら、捻り出されただけのことはある、、、一番から三番のお手本回答的美しさ!
d0018646_23544187.jpg
トヨコの夢  90歳

一、自分で出来る事は出来るだけ考へてして見たく思います

二、人には出来るだけ迷惑を掛けぬよう頑張りたいです

三、心安い人と近かくでもよい 旅行したく思います

四、おいしいビールを友達とのみたく思います

***

当たり前のこと

一、誰でも苦しいことはしたくない しんどい事はしたくない。

二、ほんとうは楽しいことだけしたい 楽な事だけしたい

三、ほんとうは健康でいたいです。

四、皆仲よく過したいです。

           とよ子

*****

ブラヴォ、ブラヴォ!
スンバラシイ、この味わい!!
この筆運びが、より情感と奥深さを、増幅させている。

人は、幾つになっても、夢を語ることは出来るのだ!

私は、90歳の頃、何を夢みているんだろう?
おばあちゃんみたいに、姑息にも、最大の本音を、一番最後に持って来るんだろうか。
・・・同じくバレバレなやつを、バレバレなくせに。(笑)
ワクワク、イヒヒ!



⇒「おばあちゃん學枝」のすべて/⇒これまでの「とよ子」トピックス/⇒「ご長寿匠芸術」あれこれ
by makisaegusa | 2012-07-23 21:11 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(7)

伍の真髄。

d0018646_053526.jpg
この五つの感覚が、今を現実にする。そしてまた、幻想にする。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「感覚」の項
by makisaegusa | 2012-07-22 23:04 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

Sticker DESIGN for Kids:「チームうつぼ」のステッカー。

d0018646_23454519.jpg
史上、最も毒の抜けた、平和なウツボが、愛くるしいと大好評だった、
チビっ子たちのランニングバイク(ストライダー)のチーム、チームうつぼのための「チームうつぼ T-shirt」!
[⇒着てみたところ:「DESIGN for Kids:うつぼ T-shirt × まあや」]

今度は、ヘルメットに貼る、ステッカーをデザイン!
サイズは、横幅、55mmと90mmの二種類。

どうやら、奈良のチーム「鹿」を初めとした数々のチームと、黄緑色のTシャツが、散々かぶってたらしく、謙虚にも、チームカラーを大胆に変更したとのこと。
うん、たしかに、若草山の若草色だなんて、正当な理由には勝てない。そりゃ!(笑)

よって、今回のステッカーも、ワイン色の新しいチームカラーにて制作!
これまた、現物の到着が、ウズウズ待ち遠しい。

うつぼキッズ!!新しいステッカーで、ごきげんに、勢いいっぱい走るのだーーッ!


⇒いろいろ「デザイン」/⇒「チームうつぼ」のためのデザイン
by makisaegusa | 2012-07-21 20:39 | Design-デザイン | Trackback | Comments(2)