<   2012年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

まいにちのお裁縫 × 子どもの絵:家族みんなのハッピーなコースター。

アイディアが生まれてから、あっという間に完成させ、その日を、ウズウズと待ちわびていたギフト。
それは、オーストラリアに住むナミコの誕生日をお祝いする、コースター作品たち!

しかも、愛息ノアンの描いた、家族の絵を刺繍したスペシャル仕様!!
※ 前回のコラボ作品⇒「子どもの絵そのまんまハンコ:ノアンのファミリー [Mammy, Angie, Daddy, Noahn].

またもや、堀川波さんの本「土曜日のお裁縫」を参考に、アレンジして制作。
ウキウキするような、ナイスな作品に仕上がった! ワーイ。

ついでに言えば、iPadで、練習中だというカタカナも、ノアンの書いたものを採用。・・・って、刺繍には表現できてないんだけど。(笑)
d0018646_1820511.jpg
アンジのは、赤いカップ。虫みたいな、ちっちゃなアンジが、とってもキュート。
d0018646_19314570.jpg
ノアンは、まぁるいカップ。デニム生地に、キミドリ色の刺繍糸で、ピョンピョン、元気いっぱいノアンの絵。
d0018646_19351549.jpg
マミーは、たくさん飲めそうな黄色いカップ。ルンルーン、ナミコ。
d0018646_1937293.jpg
茶色メインの生地に、薄茶色の糸で刺繍したのは、ダディ用。渋ぅい。


一枚の布の、違う場所を裁断して作ったから、それぞれが、ちょっとずつ違って、オモシロイ。
家族みんなの、ハッピーなティータイムに、最適。
エンジョイ、ごきげんな時間!

出会えたことに、改めて、感謝しつつ、感動しつつ。
ナミコ、ハッピーハッピー、バースディ!!
毎日が、愉快に満ちていますようにっ。



⇒「おさいほう」あれこれ/⇒いろいろハフュッフェンなもの「ハブ式会社ハフュッフェン社」の作品/⇒「突如贈答部」のアクションいろいろ
by makisaegusa | 2012-05-31 18:18 | Sawing-お裁縫 | Trackback | Comments(0)

まあたらしいみはらし。

d0018646_1503524.jpg
世界を取り込むパワーと、世界を染め上げるエナジー。

全く別の自分に、出会うチャンスを、臆病にも拒絶しないで。

世界の眺めを、まあたらしくすることなんて、とても、たやすい。
執着してることなんて、所詮は、ちいさな、ちいさな、ちいさな。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「世界」シリーズ
by makisaegusa | 2012-05-30 23:50 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

食卓のデザイン#25:そばかすバナナちゃんの定点観測。

どうやら、約一年振りのシリーズ「食卓のデザイン」!

こちら、ペルー産のバナナ。
三日間の定点観測。

[photos: retouched by LOMO!] - クリックで拡大!ドカーンとドウゾ。
d0018646_23453583.jpg
バナナの皮に出て来た、黒いスポッツが、なんだか、そばかすみたいでかわいい!!と、定点観測を開始。
ところが、なぁんだ、全然変化がないじゃないかと、すっかりガッカリして、三日目にして終了宣言。
あっけなく、モグモグ。

なのに、こうして並べて観てみれば、ちゃあんと、変化してたこと判明。
ツブツブが、徐々に大きくなっている! ギャーア!!

今度は、もうちょっと、我慢強くやってみよっと。


〈まとめ〉
スポッツは、どんどん大きくなっていくことが、ちょっとだけ分かった。
バナナは、すごく甘かった。


⇒これまでの「食卓のデザイン」シリーズ

⇒いろいろ「定点観測」:モアイキャンドルチューリップのワンカップ水耕栽培かつてないほどイカしたズラ
by makisaegusa | 2012-05-29 23:21 | Table design食卓のデザイン | Trackback | Comments(0)

その試練には、未来からの手紙を添えて。

d0018646_22222079.jpg
あなたを、あなたと見込んで。
あなたを、逞しく成長させるため。

これでもかと、試練は、尽きないから。
時々、目眩を起こしそうになるけれど。

逆風が、あまりに強くて、正気を失いそうになるときも。
悪夢のような未来しか、思い描けなくなるときも。
心折れて、立てなくなるときも。

絶望に怯えないで、どうか、私のことを、信じてて。
あなたに代わって、ちょっと未来に散歩して、そして、教えてあげるから。

そんなに怖がらなくても、だいじょうぶだよって。

ここで、休んで、少し、待ってて。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒あなたへの「手紙」各種
by makisaegusa | 2012-05-28 23:18 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)

アロマティック紫外線対策:日焼け止めクリーム。

d0018646_394192.jpg
いかにも、偽物っぽい「テレタビーズ」のポー。いい匂いの、手作り日焼け止めクリームを付けて、ごきげん。ラベンダーの香りで、リラックス!

大概のモノは、自分で作れると思っている私は、紫外線の季節の到来に、ふと、考えた。
「日焼け止め」だって、作れるんじゃあないか、、、と。
そして、調べてみたら、やっぱり発見! しかも、カンタン!!

これは、作らぬわけにはいかぬと、私は、早速、手作りを開始。
こっちのレシピと、こっちのレシピを参考に、ちょっとアレンジして、健やかに完成!
ラベンダーの香りに、リラックス。
肌への馴染みも、スムース。
ニ酸化チタンが、紫外線を撹乱してくれるから、吸着してしまうタイプよりも、肌に優しい。
何より、自分で作ると、原料が分かるから、安心で嬉しい。

これからの季節、大活躍の日焼け止め、実験がてら、手作りがお勧め。
ぜひ、エンジョイ!

そして、私の新たな企ては、コスメの手作り。
これまた、ワクワク、乞うご期待!!


これまでに作ったアロマテラピー作品一覧/⇒季節のアロマ「アロマティック虫よけスプレー:バイバイモスキート

⇒アロマの材料を買うお店『生活の木
by makisaegusa | 2012-05-27 16:03 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(11)

ひょっこりすっかり2000回。

d0018646_12243282.jpg
ハヤトチリにより、2000回記念と銘打って「BLOG BINGO 2000」を、1900回目から開始した、おっちょこちょいも、ご愛嬌。(笑)

ジャジャーン!!
とうとう、今度こそ、我がブログタイトル「2000回」記念の本物!
ブラヴォ、サンキュウ、オメデトウ。

とめどなく流れ込むインスピレーションや、閃くアイディアを書き留めておくための、便利な装置として活用を始めて、かれこれ、7年。
この場所がくれた、新たな出会いは、数知れず。
この場所を訪れて、励まされると言ってくれる友だちや、友だちの友だちも、案外、数多。(笑)
自分のささやかな仕業が、どんなに微々たるものであっても、誰かにを軽やかに出来る力を秘めていることに、
私は、心の底から、ありがたいことだなあと、改めて感激しているところ。

この日々の記録は、私にとって何の苦もないため、常に、ここに在り、私の感覚が生きている限り、続いてゆくことでしょう。
これからも、気ままに、どうぞおつきあいを。
ありがとう。

※ また、私にとって、「知らない人に、知らないうちに会う」の、"Who Are You?"問題は健在ですので、相当お暇な方は、お知らせ頂ければ幸いです。

穏やかな毎日を、祈って。



[My Blog's Anniversaries - いままでの祝いっぷり]
※999回祝い・1000回祝い・毛モジャ祝い用には、オリジナルチロルを制作。
- 444回*サカナササヤカ祝い/- 555回*祝い忘れ/- 666回*数字がコップでのんびり祝い/- 777回*アミーゴス祝い/- 888回*末広がりススキ祝い/- 999回*ヒゲ祝い
- 1000回*ヒゲボーボー祝い/- 毛ぇモジャモジャ祝い/- 1111回*らくがきノートブック祝い/- 1234回*ウシ子祝い/- 1500回*ちょうどメリー祝い


⇒「BLOG」の記事/⇒「Anniversary」たち/⇒「そんな日々」あれこれ
by makisaegusa | 2012-05-26 23:23 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(16)

新緑の京都ジェットトリップ!:#1 「トロッコ列車」からのグリングリン景色。

#0 偽物ボブと「悟りの窓」」、「#0.5 偽物ボブの「北の方の京都ガイド」」を経て、遂に!
フォトアルバムシリーズ『新緑の京都の旅』、第一回は、嵯峨野の「トロッコ列車」。

保津川下り」の出発点、亀岡を目指し、私たちは、この、えらくのどかな乗り物に乗り込んだ。
ガタン、ゴトン・・・。
そんな旅路の車窓からの眺め。
d0018646_2392055.jpg
[1]. 上手に背の順に並んでいる、タヌキたちの駅。寝そべっているタヌキまでも!嬉しいお出迎え。
d0018646_2395370.jpg
[2]. 木々の間から覗く、保津川の流れ。綺麗な緑の色。
d0018646_23105157.jpg
[3]. 川の上に渡る鉄橋。むこうには、電車が、ビューン。
d0018646_23111879.jpg
[4]. 瑞々しい新緑と、川の流れ。しみじみ、穏やか。
d0018646_23113264.jpg
[5]. 涼しい風が、トロッコ列車の中を、爽快に通り抜けていく。キモチイイーーーー!
d0018646_23114595.jpg
[6]. 鉄橋の下も、くぐり抜けて、ガタンゴトン。空気までも、美味しい。
d0018646_23115746.jpg
[7]. 保津川下りの人たちに、手を振って。オーイ!!私も、早くやりたいなあと、ウズウズ。
d0018646_0575712.jpg
[8]. トロッコ列車の旅、最後には、スペシャルサプライズ!車掌さんのステキな歌声に、感激!!贅沢だ。


まるで、5分くらいだったかのような、所要時間、約20分のトロッコの旅。
ああ、もっと乗っていたいのにと、後ろ髪引かれつつも、次は、念願の「保津川下り」!

どこを見回しても、新緑の青に、深呼吸。
気分上々、リラクシングな旅は、のんびぃり、続く、続く・・・。



⇒「新緑の京都ジェットトリップ!:#0 偽物ボブと「悟りの窓」
⇒「新緑の京都ジェットトリップ!:#0.5 偽物ボブの「北の方の京都ガイド」

⇒「旅とおでかけ」アルバム一覧/⇒フォトアルバムシリーズ『新緑の京都の旅

⇒京都の情報サイト「京都いいとこウェブ
by makisaegusa | 2012-05-25 22:59 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(4)

アロマティック宝石商:#10 オモチャ「琥珀」x フェアトレード烏骨鶏(うこっけい)のタマゴ。

高貴なる宝石を、思いのままに作り出す「アロマティック宝石商」。

なんと、そのお得意様は、大富豪でも、国王でもなく、どうやら、ただのお子様だった様子!(笑)

さて、以前、マアヤの4才の誕生日を祝うべく制作した「地球史を覆す琥珀」。
あの深く物語る作品は、そのコンセプトなど、お構いなし(!)に、子どもたち(マアヤ & 弟エイト)に、大好評だったらしい。
しかも、たくさんの中から、今日は、どの石けんで洗うと言って、愉しく、ちゃあんと手を洗うようになったとのことで、ますます喜ばしい。
ワーイ!!

そんなこんなで、新作の依頼が到来。
それなら、もっと子どもが喜ぶようなモノを中に入れてしまえと、作ってみたのが、こちらのオモチャ入り石けん!
子どもたちの大好きな「ゴーカイジャー」や「プリキュア」のオモチャが入っていたら、かなり楽しそうだと思ったのだけど、
それらには、愛着がありすぎるためか、あっさり提出を断られ、オモチャのボタンがやってきた。

それでも、ひとり混じっている、トップハム・ハット卿(「きかんしゃトーマス」)のシュールさ、、、よ。(笑)

というわけで、またもや生み出された、アロマティック宝石ソープ!
(今回は、マヌカ蜜入りで、抗菌作用もバッチリ。)
d0018646_21271931.jpg
d0018646_1472535.jpg
[画像はクリックで拡大!]

代わって、送られて来たのが、烏骨鶏のタマゴ!!
庭先で飼っている、烏骨鶏が毎日生んでくれるという、贅沢な品。
すでに、顔付き!

そして、マアヤの描いた私(まっきん)の似顔絵
下マツゲと、6本の指が印象的な傑作。
マアヤのサインは、一見「もあう」に見える、トリッキーさ。

その上、家庭菜園から収穫したという、まだちっちゃい大根

こんなにもデラックスな面々。これこそが、フェアトレード!
(※ ちなみに、私からは撮影した写真も送っているので、そんなにアンフェアではないはず。笑)

私が、続けている物々交換『WARASHIBE2010』にも通ずる、精神。おぉ。

もしも、当方「アロマティック宝石商」と取引をしたいという方が、いらっしゃって、
だからと言って、資産がどうしても足りないという場合は、こちらの方法がございますので、ご安心を。

手はしっかり洗いましょう。アディオス。


⇒いままでの「宝石ソープ」#1〜#7/⇒いままでの「アロマソープ」
これまでに作ったアロマテラピー作品一覧
by makisaegusa | 2012-05-24 20:41 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(5)

[Know,Think, Act!] BBC制作『放射能と子どもたち - Children and Radiation』。

どんなに人間が怠けても、毎日毎日、まじめにまじめに、空を、海を、大地を、汚染し続ける放射性物質。(⇒スイス気象台による放射性物質拡散予測
あの日から、一日だって、拡散は止まっていない。

収束など、していない。
何も、終わってはいない。

目に見えたら、どんなにいいだろうか。
私たちは、想像力を試されているのだろうか。
そんな考えが、いつも、私の頭を過る。

まだらに汚染された、この国土。
もはや、放射性廃棄物と呼べるほど、汚染されてしまった土地にも。
だからといって、放棄することのできない日々を生きる、多くの人生がある。
あの日以来、「異常」という日常が続いている。

ここに紹介するのは、イギリスBBC制作の番組『放射能と子どもたち - Children and Radiation』。
子どもたちへのインタビューを中心に、構成されている。
ぜひ、観て、知って、考えて欲しい。
表面には出てこない、ひとつひとつの生活。
放射能と共にある、世界。
こんなにも、身近な。


BBC「放射能と子どもたち」Children and Radiation』(15分)

私たちに必要なのは、「忘れない」を続けること。



⇒「DAILY STUDY」一覧/⇒「3.11」トピックス/⇒「フクシマ」のこと

⇒『nanohana ナノハナ』:地球と七世代先のこどもたちを元気にしていく情報サイト
by makisaegusa | 2012-05-23 22:34 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(5)

うまれかわるかわるがわる。

d0018646_1295319.jpg
毎朝、、、私たちは、生まれ変わる。

だから、明日の可能性は、到底、誰にも計り知れない。
だからこそ、望みは、決して、ついえない。

明日の自分は、また、新しい自分を纏(まと)っている。



※ 追記:私たちの身体は、少しずつ新しくなって、だいたい3ヶ月で、全部の細胞が新しくなるらしい。
だから、3ヶ月後に、今の私は、もういない。
だから、3ヶ月後の私のことは、知りません。イヒヒ。

そっか、私を束ねているのは、ただひとつの意識。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「変化」のことば
by makisaegusa | 2012-05-22 23:50 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)