<   2011年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

「つまらない道」。

d0018646_1823576.jpg
ここ何年も、私は、最寄り駅から、自宅までの道を、固有名詞で、「つまらない道」と呼んでいる。
特別、愉しい風景もなく、坦々と住宅街だから、というのが、その由来。
ところが、遊びに来る友だちに、いかに、つまらないかを力説してから、辛うじて存在している見所を、幾度となく、紹介していると、
もしかして、「つまらない道」は、意外と、つまらなくないのかもしれない、ということに、気付いてしまった。(笑)
・・・という、逆のつまらなさを発見しつつある、この頃。

■もしものために記録する「つまらない道」の名所。
1. いつも、手作りアイテムで、季節の装いを楽しむ、カエルのケロちゃんと、ゾウのサトちゃんがいる、素朴な薬局。
2. ある日、突如、そこに出現した、衝撃的に簡易な寺。
3. 何ジンなのか、判別不能な苗字の表札。
4. スパイをやってるに違いないと決めている、巨大なアンテナのそびえ立つ、邸宅。
5. 金運を意識したのか、金色に塗られた、とあるポスト。
6. ポストって書かなきゃ、誰も気付かないのに「チラシお断り」と、プレートを貼ってしまったがゆえに、すごく、ポストが分かりやすくなってしまった、ザンネンな家。
7. 頭を割られた陶器のタヌキが、翌日から、何事もなかったように、頭部の陥没を生かして鉢植え置きになっていた、潔い、お蕎麦や。
8. ネズミ男にそっくりのおっちゃんが、やっている、通称「ネズミ男の店」。

このどうしようもない、大したことなさ。
それでも、こういう、なんてことない景色の方が、私は、たぶん、ずっと、覚えているんだろうなあって、想いを馳せてみると。
このつまらなさが、たまらなく、愛おしく思えて来るから、なんだか、いい。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-11-30 18:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

ホウソウキタカ。

d0018646_15144649.jpg
予想外も、不本意も。
ハプニングにも、カウンターにも。
「ほう、そう来たか」と、受けて立ち、「そんなことも、あるだろう」と、受け入れる。

万物は、あらゆる可能性の「るつぼ」より、生まれいずるものだから。
予測不能も、支離滅裂も、その出現に、一寸たりとも不思議はない。
ジャッジばかりに、気を取られ、曇った視界で、明かりを見失わないように。
しなやかな思考で、視野を拓く。

不可抗力を前にしても、受け入れることに始まる、計り知れない強さは、不可能すらも遠ざける。
限界すらも、越えてゆける。

試練の到来を、拒否や否定で、押し返そうだなんて無謀は、止めて。
やおら、たおやかに。

たった、これだけで、物事を整えるには、意外と充分。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-11-29 14:13 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

地球在住の再会習慣。

地球の裏側で出会って、一緒に旅して、そして、別れて、また出会って。
そして、今度は、日本で、何度目かの再会。
バンコクの洪水からの避難がてら、一時帰国している友だち、サチに会うべく、私は、ビューンと、名古屋へ向かった。
d0018646_19392198.jpg
photos: retouched by LOMO!] Click to enlarge! - 画像はクリックで拡大

健やかなランチで、満腹になった後は、カフェで、トークトーク、果てしないおしゃべり。
私たちの再会は、世界のどこか、いつも未定。
場所は、その時まかせで、風まかせ。
そんな感じが、心地良くて、どこだって軽々、出掛けて行ける気がしてしまう。
長いブランクも不在のように、一瞬で、なめらかに溶け合う空気が、嬉しい。
幾つになっても、私たちは、こんな風に、どこかで気軽に、お茶してたりするんだろう。
たとえ、地球の裏側からのお誘いでも、きっと、サラリ、気兼ねなく。

[World Journey with Sachi]
⇒「パタゴニアの旅 2007」:1.パイネ国立公園、2.氷河、3.ペンギン・コロニー、4.記憶スケッチ [さっき見たばかりのペンギン]、5.南米大陸最南端の町プンタ・アレーナス、6.プエルト・ナタレス町歩き
⇒ イースター島:「モアイ製造工場」+「昭和カメラ*イースター島
by makisaegusa | 2011-11-28 19:38 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

[ACTION!] Avaaz「福島の子供たちのために20万人の署名を」。

d0018646_230573.jpg
世界的な署名活動「Avaaz」("声"の意) によって、続けられている「フクシマの子どもたちを守れ」キャンペーン。
想像を絶するほど、すさまじい高濃度の放射能汚染地帯に、依然として、30万人の子どもたちが暮らしているという、福島の実情。
その現実に立ち上がった、勇敢な母親たちをサポートすべく、3日で、12万人の署名を集めた、このアクションが、
今、20万人を目標として、さらなる署名を集めている。(既に、13.5万人を突破!)

4日後に、福島在住の母親たちが、子供たちの健康を守るために、抗議活動を開始。(11/24付)
そして、12月1日からは、政府の支援対策を求め、十月十日(とつきとおか)の抗議活動を開始。

助けを求める叫び声に対し、無情にも、無視を決め込んでいる政府を、突き動かす力となるように。
子どもたちを、安全な場所へ避難させるために。
ぜひ、請願メールに署名を!

⇒Avaaz「福島の子供たちのために20万人の署名を


⇒maki+'s Blog:これまでの「DAILY STUDY」/⇒maki+'s Blog:『3.11』トピックス
by makisaegusa | 2011-11-27 23:24 | Daily Study-学ぶこと | Trackback | Comments(2)

「オモシロクナ〜ル」を飲む。

なんとも、関西っぽいもの、到来!
どうやら、大阪のお土産らしき珍品、その名も「オモシロクナ〜ル」。
d0018646_0352525.jpg
"スベる諸症状の緩和"に効くという、この"総合お菓子"。
大人は、一回につき2錠とのことで、とりあえず、服用してみた。
正体は、びっくりするほど溶ける、普通のラムネ!
とはいえ、パッケージに記載されている、効能や成分、使用上の注意が、いちいち、くだらなくて、笑える仕様。(以下転載)

●効能
・話すたびにバカウケ、爆笑、満点大笑い
・オチで噛まない
・MCの急なムチャ振りでもアドリブが出る
・スベったことでもウケる(スベり笑い)
・自信の増加

●成分(2錠中)
・ウケテショウガアレフェン / 150ナール
・ワライトマラフェン / 150ナール
・ミンナエガオナール / 30ナール
・ドカンウケルン酸 / 15ナール
・スベリシラズン酸 / 15ナール
・コナイウケルノナーゼ / 5ナール
・スベルキセン / 2ナール

●使用上の注意
・このような時は服用を避けてください。
「人が牛乳を飲んでいる時」「盲腸の手術をしたばかりの人が近くにいる時」「お通夜や葬式など厳粛な場所に居る時」
・効果には芸歴による個人差がでることもあります。
・スケジュールに空きがなくなる可能性があります。

効果が、あろうとなかろうと、ちょっと試したくなる「オモシロクナ〜ル」。
しばらく、これを友だちに与えて、遊んでみようと、悪企んでいるところ。(笑)
ちなみに、類似品の「ヨクスベ〜ル」には、気を付けるように、、、とのこと!ご注意を。
by makisaegusa | 2011-11-26 14:34 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(0)

へだたりの紐。

d0018646_23343384.jpg
地理的な、遠い近いでもなく。
出会ってからの時間でも、会う頻度でもなく。
あくまでも、気持ちの距離感、それだけのこと。

「つながり合う」と、いうことは。

あくまでも、気持ちの強さ、それだけのこと。
不穏を知らない、つながりは。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-11-25 23:17 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(1)

120兆細胞キキの初冬ごはん。

今度の「キキ」は、「嬉々」!
幾多の「奇々」を分かち合う友だちヒサミ (husica)と共に、カラダ喜ぶ、幸せなごはんの会を開いた。
60兆個、全部の細胞が喜ぶ瞬間を、探検する"60000000000000 cells happiness" プロジェクト、プレゼンツの夕食会。
初冬の食卓は、ほんわか、あったか。
ヒサミの実家で、大切に育てられた「ピイスフウド」の安心な野菜たちも、愛媛からザックザク! (お米やモチ麦のオーダーは、コチラ
d0018646_234157.jpg
[photos: retouched by LOMO!!] 画像はクリックで拡大

[1]. もちもちモチ麦の、トマトスープ。 [2]. 季節の銀杏。 [3]. ヒサミ作のスパイシー・ブレッド。ドカーン! [4]. これをかけると、永遠に食べ続けられる、ミラクル調味料、エジプト塩。
[5]. あったかいスープを、あったかな陶器の器に。 [6]. 太陽味のトマトスコーン。黒ごまスコーン。小倉抹茶味パウンドケーキ。マキ作。オーガニック!
[7]. お皿はホタテの貝殻! [8]. グリングリンのフレッシュサラダ!とっても、素材の味がする。緑色は、オイシーイ!

学生時代から続く、のんびり平和な、デリシャスの会。
日頃の事件、アイディア、イマジネーションを、いくつもいくつもシェアする、終わり知らずのトークミーティング!
私たちの会話は、とんでもなく正直で、率直で、その風通しの良さは、温泉みたいに心地いい。
あらゆるジャンルについて、ヴィジョンを分かち合い、考えを研ぎ澄ませていく作業は、まるでデトックスのようで。
ちゃんと頂く、季節の味は、しっかり、心と身体の力になるから、なんだか、私も、頭脳明晰になった気分。
「おいしい」は、「しあわせ」!
by makisaegusa | 2011-11-24 20:24 | Days-そんな日々 | Trackback | Comments(0)

WA RA SHI BE 2010 : #55 Takeru.

そろそろ、開始より2年を迎える、物々交換のワラシベ遊び『WARASHIBE2010』!
ゾロ目記念の、55回目の交換は、これまた、ゾロ目続きの11月22日に決行された。
カタクチイワシか、彼か、というくらい、堅さには定評のある名前の主が、その相手。(笑)
そして、初めて会った時、確実に、私が、「めちゃくちゃ堅いねぇ!」と、驚きを交え、言い放ったであろう人物。
それが、今回の参加者、タカイタケル!!
いつも、心配になるほど、靴下が短いのが特徴の、アパレルデザイナー。

こうして、前回やってきた、長者っぽい逸品「#54 Takaro : HERMES Square Plate - エルメスのクールな角皿」は、
数時間足らずで、次の持ち主の元へと、去って行った。光陰矢の如し!
しかし、センスの良い品が、センスの良い人の元へと届けられて行く様子は、実に、爽快。
そして、私が、新たに手にしたのが、こちらの品々!
d0018646_4582688.jpg
#55 Takeru :ATTAKANBACCHI set - あったかんバッチセット (手袋と靴下+缶バッチの詰め合せ+あったかマフラー)

これまた、デラックス!!
特に、"UNDERCOVER"好きには、たまらぬ、缶バッジのコレクション!
そして、買ったはいいけど、靴下アレルギーだと、後で気付くという彼の、ナイスなエピソード付きの靴下に、お揃い柄の手袋。
さらに、裏側がフリースで、フカフカ気持ちいい、"FRED PERRY"のマフラー。
またもや、スペシャルなワラシベが登場した、魅惑の展開!

藤子・F・不二雄ミュージアム」で手に入れたと言う、ドラえもんのメモ帳に書かれた、
愉快なタケルからのワラシベ解説を、以下に。どうぞ。

『どうもこんにちは 次のわらしべさん

プレゼント内容 ・手袋と靴下のセット ・缶バッジの詰め合せ ・あったかマフラー

今回は、冬も近いという事で、"あったかんバッチセット"となっております。
靴下と手袋は、かなり渋い色となっております。
あなたが男性なら、うまく着こなして下さい。
あなたが女性なら、お父さんにプレゼントしちゃって下さい。
缶バッチは、次のユニクロとのコラボレーションで有名になったブランド、"UNDER COVER"の缶バッジです。
オシャレにつけちゃって下さい。
マフラーは、これからの季節にもってこいのアイテムです。

あなたの人生が幸せでありますように!!では、では、ごきげんよう。   2011.11.22』

メッセージの最後を、次の参加者に、幸福を祈って締めるとは、なんという、格式の高さ!(笑)
この心のこもったワラシベと、手紙は、またもや、そそくさと次なる参加者へと、渡って行くはず。
ワクワク、次なる物々交換!
次は、一体、どんなものに?? どうぞ、ご期待を!


⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒いままでの「わらしべ」変化:WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2011-11-23 00:25 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(0)

キキ。

d0018646_2385685.jpg
「みんな ちがって みんな いい。」

この余りにも有名なフレーズを、誰もが、幾度となく、耳にしていはいるくせに。
多くの人は、それを、ただ情報として知るのみで。
その本質を、深くにまで、浸透させてはいないから。
異質に遭遇すると、いつでも、排除や制圧を試みようと、「奇」なる者への当たりを強める。
その異常なまでに、同じであることを強制する、狂気の気質は、相も変わらず、嘆かわしく。
その幼稚なやり方に、心を傷める者もまた、相も変わらず、不憫でならない。

ただ、本物の知者は、黙して示す。
「異」なる存在を、なんら、怖がることはなく、咎めることなく、静かに、そこに、居場所を認める。
百万回の、もっともらしい言葉よりも、態度は、ずっと、物語る。
その人から、無言で漏れる、本心の質を。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-11-22 00:58 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(1)

WA RA SHI BE 2010 : #54 Takaro.

なぜに、こんなことになってしまったのか?!
いきなりの超展開をみせた、今回の『WARASHIBE2010』!
しかし、こんなこと如きで、取り乱すようでは、真の長者とは、言えるはずもない。
私は、再び、襟を正して、平常心でワラシベの交換を終えたのだった。・・・と、ここまで、イントロ。

さてさて、54人目の参加者は、中学校からの同級生であり、実は、驚くほど、家が近所だったということが、最近発覚した人物、タカロウ。
一体、何年ぶりなんだろうかと、記憶も怪しげなほど、久々の、再会を果たした我々。
私の大好物のピッツェリア "TONINO"にて、美味なるものを食すかたわら、最新の物々交換を、決行。
というわけで、前回の「#53 Kiyomi : Happy Chopstick rests - めおとイヌと、寿ネコたちのメデタイ箸置き」に代わりやってきたのが、こちら!
d0018646_17582736.jpg
#54 Takaro : HERMES Square Plate - エルメスのクールな角皿

あ、、、、、んぐり。(笑)
まさか、こんな、ことに、なって、しまう、だなんて。
とてつもなく、それっぽいものが来てしまい、これはたいへんだー!と、一瞬怯むも、めくるめく、ワラシベ遊びのポテンシャルに、感動する私。
そして、この展開の読めなさが、醍醐味に違いないと、ますます、遊びの愉しさへの確信を深めたのだった。

ではここで、愉快なサプライズをくれたタカロウからの、ワラシベ案内を。
『エルメスは、マンション購入祝いに。ただ、うちのマンションには、どーも合わないため、寝かすなら有効活用をと。』

どうやら、彼の豪邸では、扱いきれなかったらしい。ありがたや。(笑)
それにしても、ほんとに、ステキなデザイン。
はてさて、これは、誰の手に渡るのか?!
一人、ほくそ笑みつつ、ワラシベは、まだまだ続く。


⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒いままでの「わらしべ」変化:WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2011-11-21 23:03 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(0)