<   2010年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

確からしい予知能力。

d0018646_21242864.jpg
どうやら確からしい、私の新たな能力が、私自身によって本日、認定された。
それは、地震予知に関する「夢」に次ぐ才としての「耳鳴り」。
数年前、ある程度の規模で地震が起きる前には、決まってキーンと強い耳鳴りを感じる法則を、自分に発見して以来、
これは調査せねばと意気込むも、当然、早々にチャンスは転がっておらず。(笑)
怠惰に滞る独自調査、、、、しかし、久々に到来した、今朝のキーーーーーン!
ただ、それも気に留めたことを忘れ、何てことないランチタイムを過ごしていた矢先、正午過ぎに起きた地震。
その時、まさか、これが、あれで、あれが、これで、そうか、そうだったのかーーーー!!!と、繋がりを殊更に確信して、合点した私。

よって、かくかくしかじかな事例を幾つも経験したことにより、新たな予知能力を認めるに至った。バンザーイ!!
人体は、素晴らしく未開のポテンシャル。
恐るべし。

⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2010-11-30 21:23 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)

さして重要。

d0018646_22223438.jpg
街灯の光、道路脇、踏みつける落ち葉の音、耳元を過る疾風の触感。
言葉を紡ぐこと自体、私にとって、対話であり、瞑想であるんじゃないかと想えた夜。
大きな納得が、脱力を呼び、姿勢を正させ。
筋の通った冷たい空気が、私の肺の全体に行き渡って、深い安堵が充満して、窒息。
いつでも"其れ"を最適に表現する言葉は、最愛の位置取りで佇む、隠伏しがちな曲者。

・・・この場合、窒息は、ちょっとマズいなぁなんて、未だ最適の最愛に辿り着けないままの帰宅。
他人にとって、さして重要でないことに関する、こういった自分の内部での白熱した議論が、ささやかに重大であるが故、日々は憎く愉しい。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2010-11-29 22:22 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

秋の筑波山の旅:#5 絵文字ミステイク。

本編とは別の余談としての「筑波山の旅」第5弾!
気になる看板の情景。
d0018646_20465819.jpg
山頂付近にあった、迷子予防の看板。
へぇ、78件も迷子があったのかぁと、さらりと流し読みしてしまいそうなところの、、、、アレ?!
・・・絵文字のチョイスが、どこか妙。
ちょっと、違うんじゃないかと立ち止まって、しばらく議論した我々。笑
"注意"の衝撃的な描写とは、格段に違う絵文字のとぼけた表情!
「はぁ〜い!ゲンキだよ〜☆」とでも言っていそうな、呑気さがたまらなく不釣り合いで笑えたワンシーン。

そんなこんなで、上質な秋の気流を、イタダキマシタ!
感謝、爽快、さらば、筑波山!!

※東京リス部は、ドングリを一個たりとも拾うことなく旅の終えた、秋の終焉。 笑

⇒「秋の筑波山の旅:#1 イロヅキ筑波山神社
⇒「秋の筑波山の旅:#2 夕暮れチェイサー
⇒「秋の筑波山の旅:#3 羨望サンセット
⇒「秋の筑波山の旅:#4 紅葉ライティングアップ
by makisaegusa | 2010-11-28 20:45 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

秋の筑波山の旅:#4 紅葉ライティングアップ。

遅ればせながら登頂に成功した、筑波山
凍える寒さの到来に、そろそろ下山を決意した私たちは、再びケーブルカーに乗り込み、
ライトアップされている紅葉を見付ける度に、ワァーーーッと感嘆の声を上げながら、瞬間的観賞を楽しんだ帰りの道程。
d0018646_23564653.jpg
1. 真っ赤なケーブルカー。
上りの早口アナウンスと比べて、ゆっくりじっくり、ご丁寧だった下りの車内アナウンス。
ほとんど聞き取れなかった、あの早口には、特に意味がなかったことを、今更ながら思い出して笑う一同。笑

車窓から観る、鮮やかな紅葉は、暗闇の中から眩しく切り出されて、えらく美しい。
カメラが捉えたスピードは、流れる彩りで、別世界の様相。
スペシャルエキサイティング!
d0018646_23574044.jpg
d0018646_23582363.jpg
d0018646_2359113.jpg
ケーブルカーを降りると、辺り一帯が、紅葉観賞スポット。
d0018646_004362.jpg
2. 浮かび上がるような、見事な彩度。

d0018646_23594611.jpg
3. 夜の闇とのコントラスト。

d0018646_01648.jpg
4. 月とのバランス。

d0018646_013079.jpg
5. 天然のグラデーション。

・・・嗚呼。
寒さの中、彩り豊かでシャープな葉っぱが冴えていた、ワンダフルな秋の光景!
久々に、ちゃんと紅葉を観た今年、少し秋を見直した。
なかなかに見所があるもんだ。
こうして、季節は折々、誇らしげにそれぞれの最高を教えてくれてるんだなって。

・・・では、次回最終回。
なぁんてことない雰囲気のため、期待など微塵も持たず、少々お待ちくださいませ。
※そして、東京リス部、ここまでのドングリ収穫数 0個。 やはり!笑

⇒「秋の筑波山の旅:#1 イロヅキ筑波山神社
⇒「秋の筑波山の旅:#2 夕暮れチェイサー
⇒「秋の筑波山の旅:#3 羨望サンセット
by makisaegusa | 2010-11-27 00:43 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

Design : iPhone Appli. #6 "New Year Card" RELEASE!! + 期間限定無料DLのデラックス!

d0018646_3544421.jpg
iPhone Appli. #6 "New Year Card" (クリックで拡大!)

iPhone Appli. #5 "Xmas Present Card"」と同時リリースの年末年始iPhoneアプリシリーズ!!
私がデザインを手がけた作品の第六弾は、来たる新年にターゲットを絞った、和モダンをテーマにしたグリーティングカードセット。
日本伝統のスタイルを、遊び心で、面白くアレンジした彩り豊かな作品20点を収録。
こちらも、やはり、期間限定で無料ダウンロード中につき、情報を手に入れた人からこっそり着実に手に入れておくことを、強くお薦め致します。
それにしても、来年は、卯年。・・・デザインを初めて、やっと知りました。へぇ
そんな日本のお正月、間もなく、来たる!
準備を怠ること無きよう、新年祝賀アプリは必須DLにて、どうぞッ。

■iTune App Store⇒New Year Card
http://itunes.apple.com/jp/app/newyearcard/id402337085?mt=8

What a cool!!


言語: 英語 / 日本語
著者・絵: maki+saegusa http://makisgs.exblog.jp/
開発: Yute2 http://chatanix-yute2.com 
音楽: Chatanix http://ameblo.jp/chatanix/
Presented by Applix

[Previous Designs for iPhone APP]
⇒「iPhone Appli. #1 "SAKURA CARD"
⇒「iPhone Appli. #2 "CHARACTER CARD"
⇒「iPhone Appli. #3 "生きてく子ども"
⇒「iPhone/iPad Appli. #4 "TAIKO PAD -FULL ver.-"
⇒「iPhone Appli. #5 "Xmas Present Card"
by makisaegusa | 2010-11-26 03:54 | Design-デザイン | Trackback | Comments(0)

Design : iPhone Appli. #5 "Xmas Present Card" RELEASE!! + 期間限定無料DLのスペシャル!

d0018646_3265190.jpg
iPhone Appli. #5 "Xmas Present Card" (クリックで拡大!)

先日、「年末年始のiPhoneアプリとCHATANIXブロマイド」のトピックで紹介していた、iPhoneアプリの新作たち。
とうとうリリースとなった、maki+デザイン第5作目のアプリはクリスマスとお正月のあいさつに最適な、グリーティングカード!
シルエットとシンプルなカラーで魅せるをテーマに制作したもの。
クールだけど、ハッピーなのところが上出来!
ぜひ、年末年始のお供にどうぞ。
しかも、期間限定で無料ダウンロード実施中のため、トニモカクニモ急いで手に入れるべし!!

■iTune App Store⇒Xmas Present Card
http://itunes.apple.com/jp/app/xmaspresentcard/id402333026?mt=8

How to Enjoy...?


言語: 英語 / 日本語
著者・絵: maki+saegusa http://makisgs.exblog.jp/
開発: Yute2 http://chatanix-yute2.com 
音楽: Chatanix http://ameblo.jp/chatanix/
Presented by Applix Thanks a lot!! いつも的確なアドバイスとチームワークに感謝を込めて!

[Previous Designs for iPhone APP]
⇒「iPhone Appli. #1 "SAKURA CARD"
⇒「iPhone Appli. #2 "CHARACTER CARD"
⇒「iPhone Appli. #3 "生きてく子ども"
⇒「iPhone/iPad Appli. #4 "TAIKO PAD -FULL ver.-"
by makisaegusa | 2010-11-25 02:20 | Design-デザイン | Trackback | Comments(2)

コノカ4歳祝福のダンボールままごとセット。

d0018646_132543.jpg
テキスタイルデザイナーZakuro(ザクロ)宅の3歳児コノカ
私のために似顔絵を描き、オリジナルソングを歌い、お別れの時には号泣してくれる、
そんな奇抜なマキファン(笑)の彼女も、とうとう4歳児になる日がやってきた!!
私は、その人生4度目のスペシャルデイをお祝いして、特別制作を開始!
・・・というか、リメイク!
毎度、アートディレクションを担当している新東京レビューROUGEの第四回公演『ROUGE presents "THE CARROUSEL REVUE!!"』で、
撮影用に作っていたダンボールの品々を塗り直して、再生。
これは、チビッコのままごとにぴったりだ!ということで、満を持して、コノカへギフト。
お気に入りのおもちゃになって、たくさん遊んでくれることを願って。

VERY HAPPY BIRTHDAY!!! DEAREST KONOKA!
ウキウキすることが、もっともっと、いーーーーっぱいやってきますように!!
おめでとう、コノカ!

そして、後日、私の元に送られてきた、コノカ喜びの記念写真がこちら!(photo by: Zakuro)
d0018646_2214775.jpg
ヒゲが、お似合い。
えらくお気に召したご様子、光栄なり☆☆☆

[My work inspired by Konoka+Works by Konoka]
⇒「切り絵工作『ハフュッフェンくんの世界旅行』 inspired by Konoka.
⇒「コノカ(3才)が描くマキの似顔絵-背後霊も添えて-
⇒「コノカ(3才)の描く、慌てるマキたまご
by makisaegusa | 2010-11-24 01:32 | Papercrafts-工作 | Trackback | Comments(6)

秋の筑波山の旅:#3 羨望サンセット。

"秋の筑波山の旅"の第三弾は、悠久が凝縮したみたいな瞬間の日没風景。
自然が見せる、日常は余りにも美しくて、どんなに高性能のカメラを持ってしても、実際の脳内の焼き付けには敵わない贅。
筑波山の頂、ゴロゴロした岩の上に座って、じわじわと姿を消してく夕陽に羨望のまなざし。
なんたる美貌!
d0018646_2339894.jpg
1. 山頂の風景案内。富士山までも、望めるんだとか!ワーオ!!・・・この日は、生憎、見えなかったけど。

d0018646_2339328.jpg
2. 夕焼けのまだ及ばない方角。紅葉が、もこもこポツポツ、かわいらしい。

d0018646_23401385.jpg
3. 流れる雲の優雅な筋と、多彩な光。さてと、夕暮れ。

d0018646_23382578.jpg
4. むこうに見える山々シルエット。ここは、私たちが座っていた岩。・・・ええ、確かに、ちょっと危険。笑

全行程を歩いてここまで辿り着いた人たちよりは、疲労の度合いは少なくとも、やっぱり登頂の喜びは、ひとしお!
刻一刻と変化する空の景色を、じっくり、記憶に染め込んで行く時間を、静かに堪能。
d0018646_23394688.jpg
d0018646_23404572.jpg
d0018646_233807.jpg
d0018646_23395829.jpg
d0018646_23384055.jpg
5. 夜の前の世界の鮮度に、改めて感動の時。

d0018646_23411332.jpg
6. そして、夜がやって参ります。本日も、ごくろう太陽、ありがとう。

さてと、暗闇の前に山を下ろう!・・・と、下り始めるとあっという間に、真っ暗。
本当に夜は、カーテンみたいにやってきた。
ああ、気持ちいい旅。
おにぎりランチタイムは、とうとう、夜に突入してしまったという想定外!も、また愉快な旅の名物。
サンキュウ、トラブル。
冷えてきた、山の夜に、ワイワイ、遅めの昼食を楽しむも、カジカム指先。笑
でも、外で食べると、何でもオイシ!!

次回、紅葉ライトアップのフォトアルバムを発表予定。お楽しみに。
極寒の前、秋を愛でるだけ、愛でておかねば。

※東京リス部、ここまでのドングリ収穫数 0個!! なんと!笑

⇒「秋の筑波山の旅:#1 イロヅキ筑波山神社
⇒「秋の筑波山の旅:#2 夕暮れチェイサー
by makisaegusa | 2010-11-23 23:36 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(2)

秋の筑波山の旅:#2 夕暮れチェイサー。

秋の筑波山の旅:#1 イロヅキ筑波山神社」の続編は、夕方になって山頂を目指そうとする者たちへの宿命、日没との戦い。笑
のんびりしてたら、迫る時刻。
筑波山の山頂は、標高871メートルの男体山と、標高877メートルの女体山。
どうせならば、高い方をと、一行は、女体山の山頂に向かって、いざ出発!!
少しずつ登りながら、迫りくる夕暮れのグラデーションを楽しみつつ、空を見上げて撮った記録写真。
空の移り変わりを、ご堪能あれ。
さて、目指すは頂上!!
d0018646_0221485.jpg
1. はじまりの空。繊細な小枝と雲の表情が、何か物語る風景。

d0018646_0223664.jpg
2. 山のむこうから、放たれるような光の広がり。

d0018646_0225433.jpg
3. 山々の重なり。少しずつ色付いてきた空。

d0018646_02803.jpg
4. とうとう日没の兆し。オレンジ色に輝く太陽。

d0018646_0292679.jpg
5. まだ真上は、青い空。バオバブみたいな木が、そびえていた場所。大きぃぃぃい!!

d0018646_0305865.jpg
6. 強い光が、背中側にまぶしくて、度々、振り返って確認。
ギラギラのキッレイな夕陽を、木々の間から眺めて、うっとり。

d0018646_0311995.jpg
7. 空に広がっていく、深い暖色の浸食。美しの瞬間。

d0018646_0362321.jpg
8. 夕焼け赤と、青空の名残。昼と夜のせめぎ合い。

d0018646_0373836.jpg
9. そろそろ頂上。混ざり合う昼夜の空色。宵の入り。

d0018646_038266.jpg
10. 雲に滲んで見えた、夕方の色彩美。ズルい美しさ。

そして、とうとう登頂したのは、日没ギリギリ。
せっかくだし、おにぎりでも食べよう!と計画していたのに、飲食禁止というガッカリ。 笑
しかし、そんなことも忘れるほどに魅力的な空を前に、しばらく滞在して、ゆっくりと変満喫することにした。
続編は、第3弾リポートにて・・・。

空の表情には、いつだって魅せられる。
ブラボー、ネイチャー!

⇒「秋の筑波山の旅:#1 イロヅキ筑波山神社
by makisaegusa | 2010-11-22 23:47 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(4)

デイジーマグのホットジンジャー。

d0018646_16431481.jpg
photo: B-day gift from Arita "Fire King"のミルクグラス製マグ『ポップフローラル デイジー』に入った、ホットジンジャーのナイスな光景。

私の毎日に欠かせないのが、生姜。
寒風ビュウビュウ、あったかな飲み物が嬉しい、こんな季節には、手作りジンジャーシロップで、ホットジンジャー作りがグッド。
レシピも簡単なジンジャーシロップは、変幻自在の逸材!
寒い日々のポカポカな時間のお供に作ってみれば、毎日がちょっとだけ楽しい。ウフフ
どうぞ皆様も、レッツ、トライ、イット!

【Recipe】
ショウガ 200グラム / てんさい糖(or 砂糖) 100(〜200)グラム / 水 200cc / シナモンスティック 2本 / グローブ 6粒 / レモン汁 大さじ2
1. ショウガをすりおろす。
2. 小鍋にショウガ、砂糖、シナモン、グローブ、水を入れ弱火で10分ほど煮る。
3. レモン汁を小鍋に加えひと煮立ち。
4. 茶こしでこして、保存用ボトルなどに入れる。

材料のバランスは、お好きなように調整を。
完成したシロップは、炭酸水と混ぜてジンジャーエール、お湯に溶かしてホットジンジャー、フルーツジュースと混ぜて生姜フルーツジュースなどなど、独特の味わいをお試しあれ。
・・・あぁ、本気で、越冬のサバイバル術を考えねばならない季節の、、、到来。

[これまでの自家製実験シリーズ]
⇒「活きのいいジンジャーエールを作る
⇒「食卓のデザイン#13:自家製ラムネ 念のためにカナヅチを添えて
by makisaegusa | 2010-11-21 02:44 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(2)