<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

WA RA SHI BE 2010 : #16-A Kubotienne.

WARASHIBE2010』初の分裂!
前回のJAXAのベルティーグッズたち(#15 Yasushi : Space goods from JAXA - 宇宙からやってきたものたち)!
まとめて交換されるかと思いきや、サテライトロボットと月周回衛星「かぐや」手拭いは、それぞれターゲットの年齢層が真逆だったため、
希望者のニーズに合わせ、ルートを二手に分けて物々交換を続けることにした。
d0018646_3578100.jpg
#16-A Kubotienne : Comemmorative note & coins - 古紙幣と記念コインのセット。

今回発表するのは、ルートAのオトナ道!・・・となると、交換品は、「かぐや手ぬぐい(高級箸付き)」。
相手は、演出家久保田氏。
さすが、富豪でいらっしゃる。笑
故に、私の元にやってきたのは、キラリ輝く財宝たち。
その存在すら、ほとんど忘れかけていた500円紙幣や、数々の珍しい記念コイン!
なんとなく、長者に近づいたかのような錯覚まで体験できる、マジカル品々、アリガタヤ。笑

お金が何よりも好きな方、人生はお金だという方、三度の飯より記念コインだという方。
自分が、これらと同等の価値だと思う品物をご準備の上、是非とも参加申請を!
お待ち申し上げております。

■これまでの「わらしべ」変化はコチラ⇒WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2010-02-28 03:56 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(0)

トラオくんのハンコ。

d0018646_0421232.jpg
新しく完成したハンコは、トラ!
これは、チリ系統の友だちサチの誕生日プレゼントとして制作したもの。
彼女は、8月に赤ちゃんを出産予定で、寅年に由来して胎名を"Tigrito"(スペイン語でトラのかわいい呼び方)と呼んでいるので、私は子トラの図案でハンコを作ることにした。
描いた絵が、ちょっとトラっぽくなかったので、ズルして、最初は、"Tigrito"の文字も一緒に彫ろうとしていたけれど、
女の子だった場合は"Tigrita"と呼ぶことになるので、危ない橋は渡らないことにし、安全策として文字は削除。笑
結果、小さくて、笑顔がキュートなトラのハンコが完成した!
ボニーーーート!!

どこにでもペタペタ、スタンプをどうぞ。
子どもが良いことをした時や、持ち物の自分マークとしても使用可能!
色々使える、未来が楽しみになるステキなハンコ「トラオくん」。
今日は、早速、シークレット誕生日会を開催してサチをお祝い。
フェリスで、美味しいひととき。

新しい毎日に、たくさんのゴージャスでステキなサプライズが溢れていますように。
Feliz cumpleaños!!
con amor, amorer, amorest!!!

これまでのハンコ作品

**********

それはそうと、チリの地震。
無事を確認できて、ひと安心の友だちもいれば、まだ安否を確認できていない友だちもいて、とても心配。
どうか無事で居てくれますように。。。
→チリのテレビ:TV de Chile 道路がことごとく寸断されている模様。
by makisaegusa | 2010-02-27 00:40 | Stamp-ハンコ | Trackback | Comments(4)

CHATANIX × 『生きてく子ども』の世界。

d0018646_4362978.jpg
素晴らしき才能の持ち主、親愛なる友CHATANIX(チャタニクス)より、届いた感激の贈り物!
それは、『生きてく子ども』プロジェクトのために提供された、穏やかな凪の海みたいな、物語みたいなピアノ楽曲。
つい先日の、打ち合わせっぽいお茶会の時に思い付きを話していたらこうなったという、ありがたくもステキなストーリー。笑
もはや、「生きてく」のHPのHOMEのページから、一歩も動けなくなってしまう現象。
じっと、音の波に漂ってたくなる心地よさ。
皆々様も、こぞってヨウコソ、のびやかな深呼吸で「生きてく」の世界。

Special Thanks!!

CHATANIX HP
生きてく子どもHP
by makisaegusa | 2010-02-26 04:33 | IKITEKU KODOMO-生きてく子 | Trackback | Comments(2)

ゾロメガネ男、切符を贈る。

d0018646_20545173.jpg
先日、帰宅したらやたらとラブリーな封筒が届いていた。
差出人は、サックス吹きの友、オグチャン(メガネ)。
中には阿佐ヶ谷駅で買った切符が入っていた。
メッセージには、「気に入ってくれると思うよ」と書いてあったけど、
特別、阿佐ヶ谷に強い思い入れもない私は、どういうこと?!と暫し悩み、マジマジ観察してみてやっと合点・・・・・!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
これは、今年特に話題の「2」のゾロ目の切符!
しかも、時刻まで2のゾロ目!!
どうやって買ったのかと尋ねてみれば、入念なリハーサルの末「22:22」を狙って正しく券売機で購入したというから驚き!
練習の甲斐あって、「2」が9個も揃ったスペシャルな切符を7枚も手に入れられたというからお見事!!
彼には、素晴らしいバカの称号を贈ることにした。笑
ドウモアリガトウ!

感謝の気持ちを込め、お礼の手紙を送るため、私は実物大で切符をスケッチ。
私が山手線を、ただただ自己満足な達成感のためだけに一周歩いたのと同系統。
これはステキなナンセンス!
認定。

「山手線一周ぐるり歩こう会」のまとめ地図(前半)。
「山手線一周ぐるり歩こう会」のまとめ地図(後半)。
by makisaegusa | 2010-02-25 20:54 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(2)

『生きてく子ども』写真展に残された『みんな生きてく』。

私の個展では、ご来場の方々に、テーマに応じて質問が投げかけられるのが恒例です。
19日に幕を閉じた今回の写真展『生きてく子ども』でも、同様に。
しかしながら、今回ばかりは、かなりの難題。
聞かれた瞬間に答えなんて出ないような、今日中でも見付からないような、来週になってもあやふやかもしれないような、、、、そんな質問でした。
とにかく、考える機会を持って欲しいという想いから、答えが聞けなくてもいいやってな感じで。

『Q. あなたにとって「生きる」って、どんなこと?どんな意味? - ¿Como es "Vivir" para ti? ¿Que significa...?- What is "to live" for you? How...?』

ゲストノートに、みんなが書き残してくれた、それぞれの「生きてく」をここに発表します。
住所を書いて頂いた方には、まとめたものをなんとか巧いデザインにまとめて送りたいと思っていますが、膨大なため、ちょっとばかりレイアウトに時間がかかりそうです。
どうぞ、気長に首長(クビナガ)にお待ち下さい。
d0018646_0191872.jpg
「みんなの生きてく」=『みんな生きてく』

存在感/楽しく笑って暮らす事/あいすること/「生きる」って何でしょうね/自分が満足できる道を探すこと/強くなること/人・自然、いろいろなもののあたたかさを感じること/生きることは笑うこと/楽しい事。できるってこと。/意味は、やるって事。今気付いた事を何かやれる形でやるって事。/前をみて歩く事。たまには、座り込んで休みつつね。/生きている何かに恋をすること/感じること/たましいがあること/よろこび/地球/まだ意味を見つけてるところだと思うので、うまく言えないけど、人が元気を与えもらう、感動し感動する、人生を感じるとか・・・。人に想いを伝えていくとか・・・。/自分の存在する世界で自分の役割を見つけ、少しでも周りを幸せにすること/あらためて考えてみます/たくさん笑うこと!!人を想うこと!!が、たくさんできたら素敵だと思う/始まりの連続/To be with you/常に人のため、自分のためを思っていること/生きてゆくこと。/友達や好きな人とわいわい楽しくすごすこと/「前を向いて」明日を迎える事。/矛盾と自己満足で成り立っていること/Vivir es “ “/Vivir es ser la paz de mantener los sentidos y el corazon abierto a las sensaciones del dia dia./きれいごとばかりじゃないけど、素晴らしいことだと信じたい/笑顔/「今が全て。」/自分のしたい事のために学んでいくこと。/自分が幸せになりたければ周りに幸せをそそぐこと。今は周りが幸せにしていることが、自分の幸せに感じるようになりました。/「自分自身を大切にすること」だなぁと、今日写真展を見て感じました。/福祉行きの時一番楽しいです/己を知ること、ですね・・・。/それを探して生きている感じかな。とにかく笑顔で生きたいな。/色々辛いこともあるけど常に笑顔で生きていきたいなと思います。「生きる」って改めて聞かれると難しくてまだよく分かりません。/「生まれて来て良かった。」と思える未来/「死」が停止だとするならば「生」は動詞であり、この時代のこの場に「生」を受けた意味を探し続ける事/「一生懸命!」/私にとってはピアノを弾くことカナ。自分らしさを失わないこと/進むこと。/感じる事。考える事。悟る事。=生きる/自分をみつめ進む事に懸命になる事/命ある限り運命を精いっぱい楽しく幸せに過ごす事/出会いと別れ。知ること。自分を知り、人を知る。/燃えること/悩むこと。自分には何ができるのか。自分は何を学ぶべきなのか、悩むこと。/出会い/毎日を、一日一日を過ごすこと。その中に「生きる」全てが詰まっている。つまり「歩く」ことかな・・・。/自分だけのためではなく大切な人たちと共に「生きている」と感じている今日この頃です。/いっぱい人を愛する+愛される事/前のめりの姿勢で働く事が自分の生きる意味です。/たくさんの人と出会うこと。一日を大切に過ごすこと。今は・・・。/“生きる”一日もムダな日はない。/生死っていうぐらいだから、死っていうよく分からないものの逆なのだろうけど、当たり前過ぎて生きるってこともよく分からない。/Para mi, vivir es “compartir”. 誰かと一緒に、つながりながら進むこと。/誰かにつくすこと。愛し愛されること。/人と接し、自分を高めていくこと。全てが自分の存在に有効に効いてくると信じている/自分に足りないモノ、自分が知らないコトを学び、それを伝えていく。/たくさんの出会いとLOVE/旅/beyond something/愛/昨日は知らなかった人と、今日語り合えること。明日も時間が続いていてほしいと祈れること。/自分を応援すること。/いばらの道だけどすばらしい/“生きることも死ぬことも同じ”と直感でおもいました。/あなたが生きて今、いてくれて、出会えた事。それが生きる喜びです。/生かされていることを知り、自分の時間を何かの役に立たせること。/あきらめないこと!!/希望/出会い。/Justamente Vivir es “amor”./次の世代にがんばって生きてほしいから、がんばって生きている。/Muchos accidents en mi vida! Pero, tambien muchas felicidades y alegrias en mi vida!!/自分の信じるものをみつける旅のようなものです。/知らないことを知ること/愛することです/幸せいっぱいであること。/辛くて、でも楽しくて怖くてでも幸せ。そんな感じ。/成長。/勉強。でも素晴らしいこと/歩くこと。(自分の足でね。)/愛することかな。時々傷つけあうけどね/私にもできることがあるから生かされてる。子供を産んで、さらに生命の大切さを実感したい。/自分の役割を果たすこと・・・/心が毎日を楽しんでいること/Life is simple!!/今を受け容れる。このくり返しかな・・・/“Vivir” それは人生楽しむこと!!!できるだけ遊んで、学んで、大好きな人たちと時間を過ごす。そんなことが生きるってコト。/知らないことを知ること!何かを決断しなければならないときは、この先楽しくなるだろうな〜と思う方へ進んで生きています。/表現すること、そのものかなー??/修行をつむ/私にはやることが沢山あるから!!だから「生きる」の!!/まだわかりません。私は迷っています・・・/「育む」かな?今は娘を育てることで生きてるナアと感じてる毎日。この子には私が必要だしね。/生きるってすばらしい!!精一杯楽しみたい/進むこと。たとえ後ろ向きだとしても進む事。/30年以上生きてきてはじめて考えました・・・。ん〜ムツカシイ・・・。毎日をいかに笑顔で過ごせるか??でしょうか。。。/自分のつながっている誰かに何かを残すこと/与えられた使命を果たすこと/きめたことをやりつづけること。/自分を深めていくこと。個人的には面白い人であり続けたい。/愛/残すことかな・・・/使命/Luz/つながること/Miracle/目に見えて存在していること/自分以外の人の記憶の中に入ること/ESPERANZA...

*****

本当に、読んでいるだけで嬉しくなってくる『みんな生きてく』言葉たち。
(かなりの読みづらさには、ご勘弁。笑)
遅くなったけれど、たくさんのメッセージも、ほんとに、ありがとうございました。
じっくり、読みながらお返事をしたいと思います。
まるでカウンセラー業みたいだった、この一ヶ月間。笑
また、パワーをチャージして、色々に立ち向かって行きたいと思います。
しばしお待ちを。
たらふくの感謝を、詰め込んで。

みんな生きてく。スバラシキコト!!!

※みんなの生きてくを「生きてくみんな」にしなかったのは、「みんな生きてく」の方が語感よいという気まぐれ。

生きてく子どもHP⇒http://ikitekukodomo.com
by makisaegusa | 2010-02-23 22:15 | IKITEKU KODOMO-生きてく子 | Trackback | Comments(8)

Tokyo 1day Jet Trip with MARK #2: Tendon + Imperial Palace.

先日、第一弾をご紹介したトーキョー案内!→「Tokyo 1day Jet Trip with MARK #1: ASAKUSA.
今回は、前回の続き、ランチの天丼から皇居まで!
d0018646_1544926.jpg
1. Asakusa-Nakamise: Smiley Mark! On the way to have lunch!
仲見世、再び。天丼のお店に向けてテクテク。賑わいの通り。

d0018646_1554068.jpg
2. Tendon: Japanese Tempura Rice Bowl - "Owariya" run for 130 years!
創業130年の老舗「尾張屋」にて、江戸前天丼に、初挑戦!
ほほう、これが、江戸前の味かぁ。モグモグ。
お腹いっぱいになったら、皇居へガタゴト、メトロにて。

d0018646_1561679.jpg
3. Buildings look like an aggregate of many boxes! Near Kōkyo (Imperial Palace)
皇居の周りの風景。ビル群が、まるでたくさんの箱の集まりみたい!

d0018646_1564061.jpg
4. Imperial Palace - The stone bridge in front is called Meganebashi (Eyeglass Bridge) for its looks.
皇居 - 入り口にある石造りの眼鏡橋「正門石橋」。この向こう側にある鉄製の橋が有名な「二重橋」なんだとか。
すごく久しぶりに眺めた、懐かしき風景。

d0018646_157750.jpg
5. Under the cloudy sky, Imperial Palace and a willow tree.
曇り空の下、皇居と柳の木。ザ・日本。

d0018646_1572896.jpg
6. Mark and Juma are walking by a beautiful fence toward the bridge.
とても美しく彫刻されたフェンス。奥には、橋に向かって行くマークとジュマ。

d0018646_158095.jpg
7. Play "Plane"!! It's in vogue of the day. Yeahhhhhh!!
東京ジェットツアー式、本日の流行遊び。
飛行機の格好をして、その辺りを走り回る!ワーイと言いながら。

皇居内の参観は、4日前まで(外国からの観光の人は、前日まで)の申し込みが必要な上に、土日祝日はやってない。
そんな情報を前日に知った私には、どうしようもなく、惜しいけれど外観だけを観に行こうということになった。
それでも、マークはとっても楽しんでくれたので、ヨカッタヨカッタ。
何より、飛行機ごっこ遊びを閃いたことは、くだらなさ満点の面白さ。笑
かくかくしかじか、この後も、歩いたり、時折ジェット機に乗ったりで、銀座まで向かった、旅の一味。
まだ、しばらく東京の旅は続く。
to be continued....

Tokyo 1day Jet Trip with MARK
#1: ASAKUSA.
by makisaegusa | 2010-02-21 01:54 | Travel-旅+おでかけ | Trackback | Comments(0)

WA RA SHI BE 2010 : #15 Yasushi.

日夜その勢力を拡大している、わらしべ長者遊びの『WARASHIBE2010』。
今回の物々交換の相手は、宇宙からアマゾンに潜む私を発見した人物、ウエダくん!
実は、JAXA(ジャクサ/宇宙航空研究開発機構)で、宇宙に携わる仕事をしている彼。
そんなわけで、「#14 Atsushi : Regalos Latinos - 南米からやってきたボニートなモノたち3点」に替わって、人工衛星関連グッズたちがやってきた!
d0018646_23264614.jpg
#15 Yasushi : Space goods from JAXA - 宇宙からやってきたものたち。

これは、ゼンマイ仕掛けで、カタカタと動く人工衛星ロボットのオモチャ。
不安定な動きが、いかにも宇宙っぽくて楽しい。
胸には、地球上空に浮かぶ人工衛星のイラスト!
しかも、JAXAの前身NASDAの文字があることから、このロボの歴史もなかなかのものではないかと推測される。
カラフルで、とってもかわいい一品。
d0018646_23334968.jpg
そして、こちらの和テイストな品は、月面から見た地球の素晴らしい映像を届けてくれた、例の月周回衛星「かぐや」オリジナルグッズ。
この手拭いには、なぜだか、高級な箸まで付いているというから、脈絡がなさすぎて面白い。

今回の交換は、「生きてく子ども」写真展の最終日、すでに搬出が始まっていた時にやってきた最後の来訪者と、かなりのアタフタの中、決行されたため、
品々についてのメッセージを貰い忘れてしまったという失態。
もしも、これを見たならば、どうか解説をお願いします。ウエダくん。笑

・・・そして送られて来たメッセージは以下。ありがとう。
『①「サテライトロボット」:
 入社したときオフィスの隣の席から、いつもあたたかくみまもってくれていた先輩ロボです。
 というのが7年前なので、なかなかの年期ものですが、まだまだいい走りをみせてくれるので、どうかかわいがってあげてください。

ちなみに、本物の彼は、いまも宇宙で 国際宇宙ステーションとかと地球をツナゲるお仕事をがんばりながらいつも日本をみまもってくれています。
ふと空をみあげたときには彼のことを思い出してあげてくださいませ。

② 「長者のてぬぐい」(「かぐや」手ぬぐい w/「かぐや」お箸):
ペラペラのなんてことない手ぬぐいですが、もともとの持ち主は、President of JAXA!
元President of NTT Docomoでもあり、日本のケータイと宇宙開発を成功に導き続けてきた、長者の手ぬぐいなので、
あなたもこれで手をふけばきっとハッピー&長者ライフ♪
あ、でも未使用品なので安心して手をふいてくださいな。お箸は、おまけー。』

さてさて。
結構、レアと思われるこれら宇宙からの品々。
交換希望の方は、同等の価値と思われるものを準備して、私に打診を!
ウェルカムーーー☆

■これまでの「わらしべ」変化はコチラ⇒WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2010-02-20 23:24 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(8)

1234!!

d0018646_025207.jpg
photo: 「ペルー産ザンネンかわいい指人形」より、ウシ子。箱から飛び出て祝賀ムード。

本日、無事に一ヶ月の会期を終了した「生きてく子ども写真展」。
早速、ご来場やご協力の方々に感謝の意を表してみようとしていたところ、新たに発覚した祝い事!
それは、日頃の"おかげさま"により到来した、このブログの1234回目の記念日!ワーイ☆
これからも、日々のインスピレーションをふんだんに詰め込んで展開していこうという企み満載ですので、どうぞ今後ともご贔屓(ヒイキ)に。イヒヒ。
ちなみに最近のマイブームは、今までのブログを振り返って過去作品を発掘すること!
お暇な方に最適な趣味なので、このページ右下にある月別カレンダーをクリックしてお楽しみ下さい。
好きな作品を発見したなら、ランキングするなどして遊んでみるのも良し。
よい出土品があれば、ぜひ私にも、お知らせを。
謎があれば、ご質問を。

さて、次の記念は、2222回目に予定。
いつがその日になるのか、当てた人には、何かいいことがあることでしょう。笑
たくさんの感謝を込めて。
Thanks a lot!   MAKI SAEGUSA + ESPERANZA

[previous memorial days - いままでの祝いっぷり]
- 444回*サカナササヤカ祝い
- 555回目*祝い忘れ
- 666回*数字がコップでのんびり祝い
- 777回*アミーゴス祝い
- 888回*末広がりススキ祝い
- 999回*ヒゲ祝い
- 1000回*ヒゲボーボー祝い
- 毛ぇモジャモジャ祝い
- 1111回目*らくがきノートブック祝い
※999回祝い・1000回祝い・毛モジャ祝い用には、オリジナルチロルを制作。
by makisaegusa | 2010-02-19 22:23 | Recommend-トテモステキ | Trackback | Comments(4)

"生きてくぼく"の知らせ*2月19日(金)『生きてく子ども』写真展最終日の私。

d0018646_0275566.jpg
photo: Yuta作-「生きてく子ども」キャラクター"テクテクちゃん"の偽物、「生きてくぼく」ポストカード。

一ヶ月に渡り、共同通信本社ビルで開催してきた「生きてく子ども写真展」も、明後日19日で会期を終えます。
とても長かったような、とても短かったような奇妙な感覚と共に、来て下さった多くの方々と話したあらゆることが、未だ新鮮に思い出される今。

18日は、不在ですが、最終日は、お昼くらいから在廊しています。
この日は、そのまま作品を搬出してしまうので、19:00まで、しっかりとどこかに潜伏しているはず。
時間ギリギリにでも、汐留にいる私に会っておこうという方は、ぜひぜひダッシュでお越し下さい。
一緒に、ワーイ!と、無事終了の瞬間を味わいましょう。笑

あと二日。
どうぞよろしくお願い致します。
ご来場の際は、何らかのメッセージを、熱烈に残して頂ければ幸いです。
Thanks.

*****************

PHOTO EXHIBITION by MAKI SAEGUSA   三枝真紀  写真展 『生きてく子ども』

会期:2010年1月20日(水)〜2月19日(金) 9:00〜19:00 会期中無休 入場無料
会場:汐留メディアタワー(共同通信本社ビル) 3階 ギャラリーウオーク
東京都港区東新橋1-7-1 TEL: 03-6252-8086
■新橋駅から徒歩約7分(JR線・東京メトロ銀座線・都営大江戸線) ■汐留駅から徒歩約1分(新交通ゆりかもめ・都営大江戸線)
主催:生きてく子どもプロジェクト
協賛:チリ大使館・Fundacion San Jose・T.T.T. PROJECT

2007年、南米チリで発足したプロジェクト『生きてく子ども』。
首都サンチャゴの、とある施設に暮らす少女たちを訪れ、私たちは、静かに取材を始めました。
今回の展示は、真摯に今を生きる彼女たちの、写真と言葉の記録。
伝えたいのは、悲劇のリポートではなく「生きる」を動詞することの意味。
・・・これは、少女たちから私たちへの、命のメッセージ。
"Vivir" significa esto. ー 「生きる」って、こういうこと。

生きてく子どもHP⇒http://ikitekukodomo.com 
新橋経済新聞⇒『生きてく子ども』紹介記事
SIO-SITE公式⇒PHOTO EXHIBITION by MAKI SAEGUSA 「生きてく子ども」
by makisaegusa | 2010-02-17 00:26 | Exhibition/Event-展示 | Trackback | Comments(0)

ブランク。

d0018646_22252585.jpg
自暴自棄であることと、楽観主義であることは、別物で。
エゴイスティックであることと、自立も、また別物。
これほどまで明白に解離したる存在を、区別も出来ない混乱のまま、混沌の中。
危うく振りかざして、暴れ回っていることは、常に嘆かわしい。
by makisaegusa | 2010-02-16 22:24 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)