<   2009年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

去年来年。

d0018646_23591874.jpg
除夜の鐘が聞こえないから、
「もしかして今年は煩悩が三つくらいだったのかもね?」と冗談を言って笑っていたら、低く響く鐘の音が聞こえ始めた。
じわり身体に染み込んで、少しずつ次の扉に向かって動く時間を私に教えてくれる、極寒の外気温。

いつもと同じ様で、とても違う、今日から明日への時代の変化を前にして。
不安ではなく、根拠なくとも、私は自信たっぷりに。
もっと鮮烈な光の到来を、自らのミッションとして約束する、深夜色の空の下。

世界に漂う停滞と閉塞と戦闘から、一刻も早く私たちが脱却できるよう。
平和で穏やかな世界の理想も、触感ある現実として信じられるよう。
新たな一年に、また多くの祈りを込めて。
by makisaegusa | 2009-12-31 23:58 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)

笑い納め 2009 - ヒゲとよ子。

d0018646_1115077.jpg
お歳暮がてら、家族に贈るべく制作していた『リラックスひげとスッキリひげ』を、みんなにプレゼントした。
中でも最高のリアクションをしてくれたのは、やはり我らがおばあちゃん、とよこ
ひげ型匂い袋をクンクン嗅いでは、「ええ匂いやわぁ」と堪能。
こうして、ラベンダーの世界に一瞬で旅立ってしまったおばあちゃんは、何度も、色々な角度でヒゲを配してみてから、
「これ、寝たら落ちてしまうから、テープで(鼻の下に)貼り付けとこか?」と、どう考えても名案とは言えないアイディアを発言。笑
それでも、ごきげんにヒゲで遊ぶおばあちゃんに、私が、「いばってエッヘン!って、ゆってみて」とお願いすると、
補聴器修理中が功を奏してか、聞き違えて「エッセンスー!」と声を張ってくれた。笑
なんて高度!髭男爵のギャグ「ルネッサーンス!」に通ずる気配すら感じられる。
さすが、おばあちゃん、どこまでもミラクルメイカー。
これからも、本当に奇想天外であって欲しいものだと祈りつつ、その奇跡のセンスに手を合わせたくなった私。

ちなみに、左下の写真にある造花たち。
中でも右の方にある物体は、おばあちゃんが、ホオズキの丸い種の周りに果物用のネットクッションを巻き付けて制作した『ピンクの花』!
このセンス、私が受け継いでいるような気がうっすら。笑

これまでのとよこの業績★ぜひともご確認を。
by makisaegusa | 2009-12-31 19:10 | Grandma-とよ子 | Trackback | Comments(2)

晦日集。

d0018646_30593.jpg
一年で最も東京の空気が澄み、風通しが良くなる時節。
もうすぐ、終わろうとしている今年。
誰もが、自然と一年を振り返る頃合い。
人間が振り返る生き物でよかったと薄ら考えながら、私もまた、365日のフレーズに想いを馳せる。

何にせよ、所詮、我々が当初に抱く類いのイメージなど、良くも悪くも裏切ってくれるのが、現実の未来というものであって。
私にとっての今年も、ありがたいことに全くもって予測不能、奇遇な事件と奇跡的エピソードの集合作品に完成した。
今は、山も谷も、マルもバツも引っくるめた出来事の連鎖すべてに、愛着と感謝の念。
今年最後の一日くらいは、いつもよりも細やかな気持ちで過ごしたいもの。

・・・などと優雅なことを話しておきながら、あと数時間後には新幹線に飛び乗って、慌ただしくも実家に帰省。
未だ、何も準備していない、私らしい泥沼感が、自分の相変わらずさを感じさせて笑える。
そんな大晦日、太陽手前の時刻。

皆様にとって、すばらしい新年を心から祈願。
by makisaegusa | 2009-12-31 02:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)

アロマティック宝石商:#2 シトリン + #3 クオーツ。

以前、『アロマティック宝石商』のタイトルで披露したのは、宝石型手づくりアロマソープの「ダイヤモンド」。
今回、私は、更に新たな宝石を採掘したため、ここに惜しげも無く公開!笑
d0018646_3421440.jpg
これは、オレンジ色が華やかなマリーゴールドの花びら入りの石けん。
使った精油は、シトラス系のレモン、グレープフルーツと、タンジェリン。
中に何かが入っているという意味では、「琥珀」と呼びたいところだけれども、
宝石名「シトリン」が「シトラス」に由来しているということから、名前は「シトリン」に決めた。
すごく、清々しい宝石。
見ているだけで、元気になってしまいそうな爽快な一品。

d0018646_3424255.jpg
そして、これは、カモミール入りの石けん。
ゼラニウムやベルガモットの精油を使用した、気持ちいい花畑みたいな香り。
先に作った「シトリン」の石けん素地が余ったので、型にちょっとだけ入れて固め、
さらに、上からズルして、この素地を流しこんだので、左側のは、ちょっと黄色くなっている素人臭い、惜しさ。笑
ガーリーな雰囲気が、のどか。
宝石名の由来は、無色だから「クオーツ」と単純。いひ。

さて、これらは、今年下半期、このブログで人々を虜にしていた遊び「ブログビンゴ」の成績上位者(3〜5位)に贈呈される予定。
また、1位と2位の参加者には、特に珍品「入れ歯型ソープ」を贈呈。(但し、歯茎の色は選べないのでご了承下さい。笑)
すでに、発送済みのため、受賞者は到着までしばしお待ちを。
by makisaegusa | 2009-12-30 03:41 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(6)

WA RA SHI BE 2010 * 参加の心得。

d0018646_0551643.jpg
先日、「わらしべ長者遊び 2010」で発表した新年に始まる新しい日課!
昔話のわらしべ長者の如く、物々交換によって、新たな物を手に入れる日常的な事件を楽しもう!という企画。

今日の午後、海香子と下北にて、本気の作戦会議。
と同時に、ヴィレッジヴァンガードで、血眼の物色により、我々の第一個目の品物も決定。(photo)
私のが、なぜこのシマウマなのかというと、買ってすぐに箱を壊してしまったから。笑

*****

さて、以下がその規約。
参加者希望者は、以下の条項をしっかりと呼んで参加を表明して欲しい。

1. 参加表明者は、2010年1月31日までに申し出るものとする。
2. 最初の一品は、500円相当(500円の価値があるように見えるものも可)であること。
3. 一度交換した人との再交換は認めない。
4. 交換の際には、交換したもの、するものを写真に撮って記録すること。
5. ナマモノ、イキモノの交換は原則不可。
6. 固有名詞で、欲しい品をねだらないこと。
7. 進捗状況は、ブログ(mixi日記でも可)で発表していくこと。
8. プレイヤー同士の交換も可。
9. 1日の交換回数の上限は、特に定めない。
10. 贈与に関する取り決めは、各都道府県の法令に準ずる。
11. マナーを守って楽しく交換しましょう。

参加自由、参加者は上記ルールに則り物々交換すべし。
2010年末には、各自、変貌に変貌を遂げた所持品を持ち寄って、コンペティションを開催予定。
参加資格は、来年1月末までにミカコか私に参加表明(コメントやメールなど)した人のみになるので、ご注意を。

家みたいな高級品に向かうんじゃなく、真逆に、すごくザンネンな感じに進展してってくれることを、個人的には祈願。
みんなで、陽気な新年幕開けをレッツ、レッツ!
by makisaegusa | 2009-12-29 23:54 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(2)

家族に贈るお歳暮『リラックスひげとスッキリひげ』。

ハフュッフェン社と言えば、私が作った造語『ハフュッフェン』を体現すべく、ステキでガッカリなものを制作し、良いトホホ感を生産している会社。
(・・・ということになっている、私の日常的遊びの作品レーベル。笑)
そのハフュッフェン社が、このところ力を入れているのが、「ヒゲ」シリーズ。
さて、本日発表する作品もまた、これまでに生み出された「世界ひげ紳士クラブ推奨のヒゲ」「オーガニックな平和ヒゲ」に続く傑作!
その名も、『リラックスひげとスッキリひげ』。
d0018646_2223352.jpg
思いつきに始まったヒゲ作品も、着々と進化を遂げて、より快適で実用的なものになってきた。
これは、うちの家族へのお歳暮がてら、これまで同様ヒゲ型に切った布の中にハーブを詰めて作った、アイマスクならぬヒゲマスク!
鼻の下に置いてクンクン、もしくは、スースーと使用するのが効果的。
不眠がちなおばあちゃんと、ゆったり時間が必要なお母さんには、ドライラベンダーを入れたリラックス用を。
多忙なお父さんには、頭が冴えるように、ドライのスペアミントとローズマリーを入れたスッキリ用を。
それぞれの用途によって、異なるブレンドで制作した。
d0018646_2224224.jpg
ちゃんと、ヒゲ袋には名前を刺繍してあるので、お互い間違わないようになっている細やかな気遣い。笑
今回は、黒ヒゲではなく楽しいテキスタイルで、カジュアルな雰囲気なのもポイント。

世間の人々は、全員、ヒゲを常に携帯すべきだ!と、もっと主張していきたい、今日この頃。
ヒゲ所持希望者には、きっと、ハフュッフェンな明日が訪れることでしょう。笑
by makisaegusa | 2009-12-29 22:19 | Hafüffën-ハフュッフェン社 | Trackback(1) | Comments(0)

A. これは、新しい入れ歯です。

d0018646_22923100.jpg
A.それは、歯茎ですか? - B. いいえ、これは、入れ歯です。」のタイトルで、自慢した立派に不気味な入れ歯型ソープ!
それを、いかに本物らしく、さらにポップにするのはどうしたらよいか思案していた私による、入れ歯ソープの新作が登場。笑
『歯は、もっと歯らしく。歯茎は、もっと歯茎らしく。』をモットーに制作されたこれらは、歯と歯茎での色を変え、よりリアルさを追求した。
ホワイトニングしたかのように輝く白い歯と、ドライローズヒップパウダーで色付けられた、ほんのりピンクの歯茎。
さらに、冒険したい人には、緑の歯茎がオススメ。
こちらは、高級感溢れる、抹茶の芳しさが魅力的な一品。

さて、相変わらずの怪しさと共に、心地よいアロマの効果も健在。
精油の調合は、グレープフルーツと、ローズマリーにラベンダーを少々。
しっかりと、石けんとしての役目も果たし、美肌効果も発揮する上に、誰をも驚かす日常のサプライズとして無二の品。
何よりのサプライズは、本当に、依頼がやってきたということ!笑
出っ歯の友だちにギフトしたいという、その贈答センスが気に入り、もちろん了承。

今後の目標は、さらに厳密に歯と歯茎のバランスを研究していく所存。
歯型マニアには、たまらない珍品を、乞うご期待!
by makisaegusa | 2009-12-29 02:27 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback(1) | Comments(2)

わらしべ長者遊び 2010。

d0018646_1412398.jpg
年の瀬という言葉が、ふさわしいほどに、2009年も瀬戸際になったこの頃。
来年の抱負は、何にしようかと考えてたら、またまたよいアイディアが閃いた。
それはスバリ、「わらしべ長者遊び」!!
その名の通り、物々交換をして、だんだんに品を変えながらどんなものが手に入るのかを楽しむ遊び。
もちろん最初は、なんてことない品であることが肝心。
かつて、アメリカかどこかで、わらしべ長者プロジェクトで、最終的に家を手にした人がいたけれど、私の「わらしべ」は一体、何に変わるんだろう。
それを妄想するだけで、もうウズウズ。
新年が待ち遠しい!

それを、海香子に話したら、一緒にやりたーーーい!みんなで競争しよう!ということになったので、それはますます愉快なことだ!という運びになり、
まず明日は、第一弾となる、くだらないものを物色することになった。
どうか、私に、将来化ける、どうしようもないくだらない物の神様降りて来てください。笑

というわけで、参加者!求む。
野望たっぷりの人も、惰性で参加する人までも、歓迎。笑
どちらさまも、こぞって名乗りを上げるがヨロシ。

2010年の始まりは、エキサイティングな企画よりスタートすることが決定!
経過は、ブログにて随時発表。
年末には、それぞれが最終的な品を持ち寄って、お披露目会を予定。
なにやら、またインスピレーション炸裂の新年になりそうで、頼もしい。にやり。
by makisaegusa | 2009-12-28 23:39 | Daily fun-まいにち遊び | Trackback | Comments(4)

スクラップラブ的満員御礼。

d0018646_17444532.jpg
盛大に開催された新東京レビューROUGE本公演『メリーゴーラウンドトーキョウ4〜スクラップラブ〜』
27日に大盛況の内に終演を迎え、感謝感激。
公演のたびに華やかになり、そして出演者の表現も一段と面白みを増していくROUGEの舞台。
今回も、当世を風刺した小気味いいレビュー。
お越し下さったお客様に、そして、すばらしい舞台で私たちを魅了してくれたメンバーに、携わったすべてのスタッフに、心からの感謝をこめて。

我ながらのナイスデザイン「ご臨終ラヴTシャツ」も、完売!スバラシや。

公演のために制作した数々の工作(美術)は、未だ、すべてを発表出来ておらず。
また、何かの機会にまとめて、、、、たぶん。笑

(上は、当日パンフレットのデザイン。)

ROUGEのご臨終ラヴTシャツ★デザイン。
ダンボール工作★巨大ハサミのイーアルサン。
ダンボール工作★卒業式のダサ黒板。
ダンボール工作★病気のオトコさま向け。
ダンボール工作★昭和の町。
by makisaegusa | 2009-12-27 23:43 | [AD]新東京レビューROUGE | Trackback | Comments(4)

一円玉返し袋。

d0018646_14474320.jpg
友だちが、うちに一円を落っことして帰ったので連絡したら、それは家宝なんだと言われたため、丁重に返却することにした。
これは、それ用の袋。
雑誌とマスキングテープで作った、ちょうどサイズの小型封筒に、本物を見ながら一円玉の絵を描いて出来上がり。
昭和三十九年・・・と書き込みながら、当時を想像。
ここまでやると、一円玉が、一円様に見えてくるから楽しい。笑
by makisaegusa | 2009-12-26 14:35 | Papercrafts-工作 | Trackback | Comments(0)